FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
vホームページ案内
ホームページ『マーケティング&マニュアルゼミ』では,経営実務に役に立つ情報を発信しています。
マーケティング&マニュアル・ゼミ
   ・エリアマーケティング 
 (リージョナルマーケティング)
 流通のいま   マニュアル講座 
     県民性 身の丈経営 著作・論文集
★。*・。.☆。・*・。.★.。*・。*・。.☆。・*・。.★.。*・。☆


ドキュメント豪雨災害 西日本豪雨の被災地を訪ねて

 200人以上の死者を出し、平成穀藩の水害となった昨年7月の西日本豪雨から1年。被害が拡大した要因に「逃げ遅れ」がある。避難勧告が出ているのに、なぜ人々は動かなかったのか。岡山、原島両県の被災地を歩き、今後への教訓を探るルポである。
 近年は雨の降り方が局所化、激甚化しており、想定外の短時間で生活圏が危険地帯へと変わる。常に危機意識を持て、などといった人間心理を無視した空疎な説教ではなく、具体的な改善策が取材の中で模索される。つい先日も九州南部で記録的な豪雨が発生したばかりの今夏、意義ある本。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人はなぜ逃げ遅れるのか

「あと少し早ければ助かった命もある。
情報やノウハウだけでは人命は助からない。
大災害時代を生き抜くための「新常識」がここに!

「平成30年7月豪雨」別名、西日本豪雨。
このまだ記憶に生々しい災害において、14府県で200人を超える死者が出た。
岡山県倉敷市の真備町地区では、河川の堤防の決壊による大規模水害で、
約4600棟の家屋が全壊し、51人が亡くなった。

その一方で、真備町に隣接する総社市下原地区では、
浸水とそれに伴う工場の爆発という二重の被害に見舞われながら、
迅速な全戸避難を実現して、ひとりの犠牲者も出さなかった。

なぜ人は逃げ遅れるのか。
正しい判断は何に基づくべきか。
生き延びられた理由は何だったのか。

気象現象の「局地化」「集中化」「激甚化」が叫ばれ、従来の常識が通じなくなっている昨今、
「大災害時代」をいかに生き抜くかに迫る。


2018(平成30)年7月に発生した「西日本豪雨」は、
全国で200人以上の死者を出した。

被害が広がった要因はいくつかあるが、そのひとつに「逃げ遅れ」がある。
避難率を見ると、たとえば広島県では、避難勧告・指示が最大で236万人に出されたが、
このうち避難所への避難が確認されたのは1万7000人余 り(0.8%)に留まった。

人はなぜ逃げ遅れるのか。そして、いざというときに迅速に避難するにはどうすればいいのか。
気鋭のノンフィクションライターによる渾身のドキュメントで被災現場をリアルに再現するとともに、
災害心理学や気象学の専門家へのインタビューも収録。



[目次]
序 章 生活の消えた町
第1章 西日本豪雨の被災地を訪ねて
西日本豪雨 概要
 事例1 岡山県倉敷市真備町有井地区
 事例2 岡山県倉敷市真備町川辺地区
 事例3 岡山県総社市下原地区
 事例4 広島県広島市安芸区矢野東 梅河団地
第2章 人はなぜ逃げ遅れるのか
第3章 生き延びるためにすべきこと
第4章 ポスト災害 ~町と人の再生に向けて~
終   章   人とのつながりを土台に

 
 Kindle版   Kindle版
スポンサーサイト
「過疎」の代替語検討へ、総務省 

 過疎地域の支援策を検討する総務省 http://www.soumu.go.jp/index.html の有識者懇談会は7月2日の会合で,離島や中山間地など人口減少が進む地域を指す「過疎」という言葉について,代わりとなる用語を検討する方針で一致した。マイナスのイメージがある言葉は実態に合わないと判断したことによる。

 総務省資料によると,過疎という言葉は昭和40年代に一般的に使われるようになった。


 過疎問題懇談会  http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/2001/kaso/kasomain3.htm

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┏┓
 過疎対策について(総務省)

              http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/2001/kaso/kasomain0.htm

 過疎地域については、昭和45年以来、四次にわたり議員立法として制定された過疎対策立法のもとで各種の対策が講じられてきました。

 現行の過疎地域自立促進特別措置法は、人口の著しい減少に伴って地域社会における活力が低下し、生産機能及び生活環境の整備等が他の地域に比較して低位にある地域について、総合的かつ計画的な対策を実施するために必要な特別措置を講ずることにより、これらの地域の自立促進を図り、もって住民福祉の向上、雇用の増大、地域格差の是正及び美しく風格ある国土の形成に寄与することを目的としています。過疎地域が、それぞれの有する地域資源を最大限活用して地域の自給力を高めるとともに、国民全体の生活にかかわる公益的機能を十分に発揮することで、住民が誇りと愛着を持つことのできる活力に満ちた地域社会を実現することが求められます。





中部国際空港 -にマツキヨやビックカメラ 今年9月開業のLCC向け『第2ターミナル』に出店へ-

 愛知県の中部国際空港は,LCC(格安航空)の新規就航や需要拡大を受け,LCC向けの「第2ターミナル」を今年9月の開業に向けて建設している。その第2ターミナルのショッピングエリアなどに入る店舗が発表された。

 第2ターミナルには14の店舗が出店する予定で,コンビニや銀行のほか,中国や東南アジアなど外国人旅行客への商品を充実させたマツモトキヨシやビックカメラが入る。また,海外でも人気の高い日本の化粧品を取り揃えた免税店も出店する。








『万葉集』『古事記』『日本書紀』でも描かれた吉野。歴史もブランド力もある修練の聖地には,まちづくりのヒントがあった。

なぜ京都・綾部市は限界集落を再生・元気にしているのか?
本書からは地方創生の秘訣やヒントを得られる!
 --小川、里山、棚田…守りたい、守らなければいけないニッポンの原風景を次世代にどうつなげていくか。限界集落を水源の里と呼び換えて、元気を取り戻した集落から得られるヒント--。

*「(活性化は)いまさらもう無理」「なにをやってもダメ」とあきらめていたおばあちゃんたちが「これまででいちばん幸せ」と俄然元気になった理由は?
*荒れ果てた杉林を間伐したら、400万株のシャガの花を発見! 毎年一万人が来る一大観光スポットに!
*地元の小さな山に手を入れることで、週末トレッキングで注目!
*自分たちが忘れていたものが、集落外で思わぬ評判に。右肩上がりに販売数を伸ばす「瀬尾谷粕漬」等々

本書はこういった、限界集落を水源の里に呼び換えて「再生」を図っている、京都府綾部市の16集落の事例を紹介しています。そして「水源の里」という考え方は全国へと広がり、「全国水源の里連絡協議会」が生まれ、現在全国161の市町村が参加しています。綾部以外の取り組みも最終章で紹介しています。集落再生、まちづくりのヒントになるだけでなく、暮らしやビジネスヒントにもなるものでしょう。
-----------


主な内容
第一章 「水源の里条例」指定集落をたずねて

「人は誰でも何かの役に立てる」ことが実感できる/どこにでもある花、ここでしか出合えない風景/思い出の山を、観光資源に再生させる/美しい風景を守りたい、その想いは食の恵みとリンクする/おかあさん、おばあちゃん、おじいちゃんの愛情はインスタ映えをはるかに超える/新しい人の流れが集落の状況を変える/帰ってこられるという安心感/オーナー制度や体験作業でファンを増やして、地域を活性化ほか
第二章 水源の里条例を進める綾部市の現在・過去・未来
水源の里条例施行10年の足跡/水源の里 いま抱える問題/「水源の里条例」単体でなく、複合的施策で取り組む/地域の健康づくりを支援する「コミュニティナース」/「人財教育」もあやべが誇れる地域資産です
第三章 あやべから全国へ広がる「水源の里」~全国17市町村の取り組みを紹介~
コーヒーの飲める図書館 ~和歌山県有田川町/古湯温泉を本好きの聖地に ~佐賀県佐賀市/たくあん漬け&郷土料理会を通して強める地域の絆 ~東京都檜原村/「水源を守る」を発展させて ~群馬県みなかみ町/Iターンでユリの花づくりに挑戦~岐阜県揖斐川町/化石と自然と健康と ~北海道中川町/フットパスとかつぬま朝市を体験 ~山梨県甲州市/女性が活躍する獣害対策 ~島根県美郷町ほか







6月街角景気,小幅悪化

2019-06-DI.jpg


 内閣府 https://www.cao.go.jp/  が8日発表した6月の景気ウオッチャー調査 https://www5.cao.go.jp/keizai3/2019/0708watcher/bassui.html  によると,街角の景況感を示す現状判断指数(季節調整値)は,前月比0.1ポイント低下し44.0と,2カ月連続で悪化。なお,基調判断は「このところ回復に弱さが見られる」に据え置いた。
 2〜3カ月先の見通しを示す先行き判断指数は,5月調査に比べ0.2ポイント上昇の45.8である。