FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
vホームページ案内
ホームページ『マーケティング&マニュアルゼミ』では,経営実務に役に立つ情報を発信しています。
マーケティング&マニュアル・ゼミ
   ・エリアマーケティング 
 (リージョナルマーケティング)
 流通のいま   マニュアル講座 
     県民性 身の丈経営 著作・論文集
★。*・。.☆。・*・。.★.。*・。*・。.☆。・*・。.★.。*・。☆
JR北海道 来秋の運賃値上げを正式表明

JR北海道の経営は極めて厳しい。各線の利用者数は人口密度の低さもあって極端に少なく,今後も期待はできない。寒冷地であるため車両や橋,トンネルの老朽化は深刻な問題である。

JR北海道 https://www.jrhokkaido.co.jp/  の島田修社長は,2018年10月の道庁の関係者会議で,運賃値上げを正式に表明した。来年10月の消費税10%引き上げのタイミングを想定している。実施されるのは23年ぶりで,発足以来2回目となる(消費増税転嫁分を除く)。値上げ効果は年間40億円規模。1996年の運賃改定と比較すると,消費税の転嫁分込みで10%前後の値上げと予想される。

島田社長は,「5年間の収支見通しについて」との文書も公表した。営業収益について2017年度897億円から2023年度933億円の増収を見込む。災害のあった2018年度予想と比べると,2023年度は96億円の収支改善を期待する。

JR北海道は,5年間の収支見通しにおいて,国から年200億円の継続支援があると推計した。青函トンネルや貨物列車の走る函館線や石勝線などの設備改良を進めれば,中期的に修繕費は抑制できて,北海道新幹線など幹線の赤字は大幅に減少するとする。

ただし,JR北海道は,5カ年計画の終わる2023年度でも,単体の当期純利益を90億円の赤字(2017年度は109億円の赤字)と試算している。黒字化のメドを示せないのは,沿線自治体からの財政支援額を「ゼロ円」としたからである。

 ⇒⇒ JR北海道  地域交通を持続的に維持するために  https://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/index.html

JR北海道では,将来にわたり持続可能な形で安全最優先の鉄道事業を運営する社会的な使命を果たすために,地域における交通手段の確保を前提に,鉄道を持続的に運営するための方策や地域にとってより効率的で利便性の高い交通サービスのあり方など,それぞれの地域に適した「持続可能な交通体系のあり方」について,地域の皆様にご相談させていただき,皆様とともに取り組んでいきたいと考えております。



スポンサーサイト


☆☆☆☆  下田 はな岬 インスタ映えスポット!! ☆☆☆☆

静岡県伊豆半島の南方に位置する下田は,一年を通して暖かな気候に恵まれた国内有数のリゾート。
温かい季節は「田牛サンドスキー場」や「弓ヶ浜」などで海水浴,寒い季節には「水仙まつり」や温泉めぐりと様々な魅力があります。

☆☆☆☆ 下田水仙まつり:12月20日~1月31日まで ☆☆☆☆ 

300万本のざわめき 香りの絶景みさき水仙

須崎半島の景勝地「爪木崎」には野水仙の群落地があり、ピーク時には300万本もの水仙が甘い香りを漂わせ、ひと足早い春の訪れを知らせてくれます。

最盛期は1月。その期間に合わせて水仙まつりが開催されます。期間中は楽しいイベントも計画され、多くの来園者でにぎわいます。

「水仙まつり」のオープニングセレモニーとして,テープカットをはじめ,よさこい演舞,池之段煮味噌鍋サービス(先着200名様)が催されます。
その他の日程でも定期的に,下田太鼓の実演や池之段煮味噌鍋サービス(先着200名)が行われ,多くの来園者でにぎわいます。
地場産品や郷土料理のお店も並びますので,下田の魅力がぎっしりつまったイベントと言えます。
同じ園内でも満開の場所があったり,遅咲きで3分咲きの場所があったり,すべて同時の開花ではない分,長期間楽しめます。

爪木崎は冬でも暖かいと言われ,水仙まつり会場周辺にはグリーンエリア遊歩道や,上級者向けの須崎・爪木崎遊歩道もあり,海や緑を眺めながらハイキングをお楽しめます。








海を見下ろす落ち着いた雰囲気の和室と開放感

のある露天風呂。海の幸中心の多彩なバイキング

形式のお食事。


[最安料金(目安) 5,184円~]









ホテルの予約は”楽天トラベル”-クチコミランキング・が充実-便利な宿泊予約サイト!




人文地理学者による本書には、世界の島嶼における非常に多岐にわたる事例が、人文的視点、政治・経済の視点も含めて記されている。
地球のあらゆる海域に、規模も経済状況もさまざまに分布する幾千もの島々。それらがもつ遠隔性、狭小性、隔絶性、周辺性といった「島嶼性」ゆえの制約に光をあて、境界を限られた陸地ならではの自然と人間社会との関わりを、自然地理学および人文地理学の視点から総合的に描き出す。


 本書からは、さまざまの重要な政治経済課題を考える際の多岐にわたるヒントを得ることができる。なお,特定の地域、たとえば北海道の問題を、沖縄単体特有の問題として扱いがちである。だが、北海道と同様のケースは世界に多数にあり、そこではどういった選択がなされたのかを知ることで視点や選択肢を複数持つことができる。

 
   ................................

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

島の地理学 小さな島々の島嶼性 [ スティーヴン・A.ロイル ]
価格:4752円(税込、送料無料) (2018/12/4時点)


楽天ブックス






銚子に醤油工場ができたワケ

千葉県銚子市でヤマサが醤油醸造を始めたのは1645年。銚子に醤油工場ができた理由は海,そして黒潮にある。

 銚子沖は暖流の黒潮と寒流の親潮がぶつかるところ。水温が適度で栄養塩が多いことから,天然の大漁場である。その漁業を発展させたのが,遠く紀州からやってきた漁師たち。紀州の漁師は近海に留まらず,黒潮の魚を追って関東まで漁場を広げていた。黒潮に乗って紀州の漁師がやってきて,銚子の港を整備した。銚子の人々のなかには,ご先祖のお墓が和歌山県にある人も多いという。

 醤油製法を銚子に持ち込み,醤油を作り始めた人物がヤマサ醤油の創業者,濱口儀兵衛である。銚子は紀州と気候が似ており,背後には大豆に適した耕地があり,大消費地の江戸へは川の水運が使えた。時代とともにて銚子の醤油産業は成長した。明治後期に総武鉄道が銚子に到達し,のちに国有化されると,醤油の船便は鉄道便に切り替わった。


千葉県銚子市のヤマサが醤油工場は,約7万坪の敷地(東京ドーム4つ分)に,第1工場と第2工場を置き,醤油をはじめとするヤマサ商品を製造・出荷している。
所在地 〒288-0056 千葉県銚子市新生町2-10-1
敷地面積 約7万坪
主な製造品目 しょうゆ,各種調味料,医薬品類,その他
工場見学(要予約)
工場見学のご案内 受付時間: AM9:00~11:00 / PM1:00~3:00
所要時間: 約50分(映画上映及び工場見学)
※工場休業日は映画上映のみで約20分

★ 楽天市場 「ヤマサ醤油 (全1,061件リストアップ) ★



いなげや 楽天市場店




埼玉県川口市は外国人の急増で大きく変貌しつつある。東京駅から電車で約30分。かつては風俗街として栄えた川口市の西川口が、いまや“中国化”している。

 西川口が大きく変貌を遂げた背景には、2004年に埼玉県警が「風俗環境浄化重点推進地区」に指定したことで、多くの違法風俗店が摘発され姿を消したことがある。

 西川口駅の隣、蕨駅から徒歩10分ほどの芝園団地では、団地周辺に住む約4900人のうち約2600人が外国人で、その9割を中国人が占める。団地内の店舗も多くは中国系だ。

 今後も川口市は外国人が急増している。日本人の人口が減少するが、中国人は右肩上がりに伸びると見られる。