エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
vホームページ案内
ホームページ『マーケティング&マニュアルゼミ』では,経営実務に役に立つ情報を発信しています。
マーケティング&マニュアル・ゼミ
   ・エリアマーケティング 
 (リージョナルマーケティング)
 流通のいま   マニュアル講座 
     県民性 身の丈経営 著作・論文集
★。*・。.☆。・*・。.★.。*・。*・。.☆。・*・。.★.。*・。☆
復興応援なのに...今年も福島県外し グリーンコープ連合
       出典:福島民友新聞 9/24(日) 11:45配信  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00010006-minyu-l07

 九州や中国地方など西日本の14生活協同組合でつくるグリーンコープ連合(本部・福岡市) http://www.greencoop.or.jp/   がホームページに掲載している東日本大震災の復興応援企画に,被災3県のうち福島県の商品のみが掲載されていない。

 同連合は昨年,震災復興企画のギフトカタログに福島県を除外する形で「東北5県」と記載し,東京電力福島第1原発事故の風評被害の助長につながるとの抗議が相次ぎ,謝罪した経緯がある。
 特集が掲載されたのは同連合の公式ホームページで,「被災地でがんばっている生産者・メーカーを応援しましょう」と銘打ち,同連合が取り扱う宮城,岩手両県の事業者の商品を紹介しているが福島県の商品は一切掲載されておらず,インターネット上などでは福島県の除外について「批判を聞く気がないのではないか」などの声が上がっている。

 ギフトで昨夏謝罪

 同連合は昨夏,組合員向けに配布したギフトカタログ掲載の震災復興特集に福島県を除外する形で「東北5県」と記載したほか,福島県の入っていない東北地方の地図などを使用。原発事故の風評被害を助長するなどの抗議を受け,「福島の方たちの気持ちに配慮できていない表現になってしまった」などと謝罪し,福島県の業者とつながりがなかったことなどを理由に挙げていた。

>>>参考 グリーンコープの東日本大震災支援活動

          出典:グリーンコープHP

グリーンコープは東日本大震災発生直後から、支援活動に取り組んでいます。その状況をお知らせします。

●支援活動一覧

2017.9.6 2017年8月1日~7日
福島から「子どもひまわり大使」がやってきました!コチラから、または、右側「支援活動」からご覧ください

2017.8.7 復興応援商品を利用して、生産者・メーカーを応援しましょう。 コチラから、または、右上「復興応援商品」からご覧ください

2017.2.27 復興支援募金のご協力のお願いとこれまでの募金総額をご案内しています。 コチラから、または、右側「お知らせ&お願い」からご覧ください

2016.7.13 東日本大震災後の5年間のグリーンコープの支援活動の動画(15分・短縮版)をご覧いただけます。  コチラから、または、右側「動画」からご覧ください

2016.7.5  2016年3月11日の東日本大震災五年後集会で配布した支援記録集『「3.11」東日本大震災から5年』を掲載しました。 コチラから、または、右下『「3.11」東日本大震災から5年』バナーからご覧ください

2013.9.9 現地にお届けした支援物資一覧を更新しました  コチラから、または、右側「救援物資内容」からご覧ください



スポンサーサイト

東京23区には、それぞれ子育て支援や医療サービスの充実度など行政の政策に差がある。さらには、住んでいる人の年収や職業にも大きな違いがある。総務省統計局のデータを活用して算出した23区の年収ランキング「ワースト5」と「トップ5」の特徴を紹介しよう。
まずはワースト5「19位〜23位」
■19位 江戸川区「346万円」 平均年齢が都内で3番目の若さ

19位は、346万円で「江戸川区」。東は千葉県と接しており。北は小岩、南は葛西臨海公園までが区域だ。総武本線、都営新宿線、東京メトロ東西線に京葉線と各線が都心からつながっており、交通の便は比較的良い。区の平均年齢は42.83歳と都内で3番目に若いことや、中学3年生まで医療費の助成が受けられる制度など子育て支援に力を入れていることから、ファミリー向けの区であることが分かる。
■20位 荒川区「345万円」 区の面積、人口が少なさが影響?

20位は、荒川区の345万円。都電荒川線が横切る古くからの住宅エリアだ。区の面積も小さく人口も少なく、目立った観光スポットもないどちらかというと地味な区かもしれない。港区や中央区とは反対に昼間の人口が極端に少なく夜になると人が帰ってくるエリアだ。

つまり事業所など働く場所の数が少ないことをあらわしているが、その中で目立つのが製造業の多さだ。かつて工業地帯だったことの名残といえるが、小規模な企業が多く周囲の平均年収を下げることにつながっているようだ。
■21位 北区「344万円」 幅広い層に支持!

21位は北区の344万円。19、20位との差はほとんどなく、取り立てて「貧しい」というほどの金額ではない。京浜東北線の赤羽駅と王子駅を中心とした区域で、荒川を挟んで埼玉県と接している。区内には飛鳥山公園、清水坂公園、赤羽自然観察公園など公園が多い。区内の単身者向け物件の家賃相場は8万円程度(1K、新築)。

山手線の内側よりは少し下がるため、幅広い層に支持されている。長いアーケードを持つ十条銀座商店街や赤羽スズラン通り商店街、霜降銀座商店街など新旧入り交じる商店街が並び物価も比較的安いため、中流層の住みやすさにつながっているようだ。
■22位 葛飾区「333万円」 人情味が残る下町エリア
(写真=PIXTA 柴又帝釈天)


22位の葛飾区の平均年収は333万円。「こち亀」や「男はつらいよ」でおなじみの区だ。劇中のイメージそのままの人情味が残る下町エリアで、住み慣れた人には居心地の良い街だ。人気は京成押上線・立石駅周辺や北部の水元エリア。治安の良さが若い女性などに支持されている。京成線は京急線と乗り入れているものの、都心部に出るには日暮里駅や押上駅で乗り換える必要があり、少し不便な交通事情が単身者用世帯(1K、新築)で6万8000円という家賃相場に影響していそうだ。
■23位 足立区「324万円」 利便性向上、かつてのイメージに変化


そして23区の中で一番平均年収が低いのが足立区。その金額は324万円。日暮里・舎人ライナーと東武スカイツリーライン、つくばエクスプレスが縦断している23区最北の区だ。以前は治安が悪いイメージがついて回っていたが、最新の犯罪発生率は1.626%。新宿区(3.319%)や中央区(2.750%)と比べると低くなっている。

単身者用世帯の家賃は平均で6万9000円ほど。しかし2015年3月に北千住駅を通る上野東京ラインが開業。利便性が向上したため経済効果が周辺地域に派生することが期待されておりかつてのイメージとは大きく変わっていくかもしれない。



■5位:文京区「544万円」 犯罪率も少ない落ち着いたエリア


5位は文京区の544万円。山手線の内側にすっぽりと収まる文教地区で、犯罪発生率が約0.9%と治安がいいことでも知られている。六義園や小石川後楽園、東大植物園など緑も多く住環境の良いエリアだ。ゆったりとした造りの戸建て住宅が並び、学生向けに貸し出しを行っている家主も多い。しかし港区や中央区のタワーマンションのように、「飛び抜けたお金持ち」が少ないことがこの順位に収まっている理由だと考えられる。あまり時代のあおりを受けない、落ち着いたエリアといえそうだ。


■4位:中央区「556万円」 まだまだこれからのエリア!

位は中央区の556万円。銀座や日本橋など由緒ある名所が多いエリアではあるが、東は下町の風景を残す月島や工業地域である晴海まで範囲であることから、この順位になったと考えられる。しかしベイエリアの一端をなす月島は街の再整備も進み、高層マンションも多く建設されている。豊洲・有明エリアと並んで2020年の東京オリンピックに向けての注目エリアでもあり、数字は今後上昇していくかもしれない。区の平均年齢が42.24歳と都内で一番若いことからも、「これからのエリア」であることがうかがえる。


■3位:渋谷区「703万円」 広尾や恵比寿など大人の街

3位は渋谷区の703万円。渋谷や原宿といった若者の街のイメージが強いが、広尾や恵比寿といった「大人の街」が数字を押し上げ、4意位との差を大きくつけた。

この2つのエリアをはじめ東京メトロ日比谷線沿線は、六本木や霞ヶ関、日比谷や銀座まで1本で行けるためビジネスマンに人気の土地だ。恵比寿駅周辺はサッポロビール工場跡地の再開発事業として開業した恵比寿ガーデンプレイスや駅ビルアトレのほか、商店街もあり買い物に困らないことなどから、特に女性の人気が高い。


■2位:千代田区「784万円」 エリートが集う”働く街”

2位は千代田区の784万円。真ん中に皇居があり、東京駅から永田町、飯田橋まで中央省庁などが集中している。住む街というよりは「働く街」のイメージが強く、夜間人口が極端に少ない地域でもある。それでも公務員宿舎や丸の内に住む「エリート」たちや、近年の都心回帰志向の高まりを受けて移住してきたビジネスマンたちが数字を押し上げた。一方で神田や九段下など古くから住んでいる世帯が多く残っているエリアも多いことが港区との差につながったと考えられる。


■1位:港区「902万」 2位に100万円以上の差

年収第1位は、言わずと知れた港区。その額はなんと902万円。会社員の平均年収が400万円台前半といわれているだけに、その金額がいかに多いかが分かる。六本木や赤坂、品川やお台場までを区域におさめており、大手の情報通信企業など羽振りの良い会社が集まっている。それらの企業に勤める裕福な層が「麻布」「白金」「青山」といったエリアに住んでいるとみられる。

古くからの町並みも残していた品川から田町にかけてのベイエリアにもここ数年で多くの高層マンションが建設されている。家賃50万円を超える物件も普通で、高収入の人しか住めないような物件が多くあることからもこの順位は必然といえるだろう。

東京23区在住者 平均年収ランキング

1位:港区(902万円)
2位:千代田区(784万円)
3位:渋谷区(703万円)
4位:中央区(556万円)
5位:文京区(544万円)
6位:目黒区(537万円)
7位:世田谷区(506万円)
8位:新宿区(477万円)
9位:杉並区(436万円)
10位:品川区(427万円)
11位:豊島区(412万円)
12位:大田区(395万円)
13位:練馬区(395万円)
14位:江東区(389万円)
15位:中野区(387万円)
16位:台東区(385万円)
17位:墨田区(350万円)
18位:板橋区(350万円)
19位:江戸川区(346万円)
20位:荒川区(345万円)
21位:北区(344万円)
22位:葛飾区(333万円)
23位:足立区(324万円)

*ランキングは、2013年度の各区の課税対象所得を納税義務者数で割り計算

https://zuuonline.com/archives/107761/2
奈良県は日本のほぼ中央部、紀伊半島の真ん中にあり、大阪府・京都府・和歌山県・三重県に囲まれて 海のない内陸県である。西方を山に囲まれ,地勢は吉野川により南北に二分され,北が丘陵地と奈良盆地,南は大山岳地帯となっている。 西78.6km、南北103.4kmと南北に長めの長方形の県である。 人口約145万人(全国 126百万人),面積約3700k㎡と,人口,面積ともにほぼ全国の1%を占める。
 なお,県の面積の6割を占める吉野郡全体(2257k㎡・人口密度28人)が殆ど過疎地域である。
 全国的に見ても1000k㎡を超える地域で人口密度が吉野郡を下回るのは北海道,福島県南会津郡(2,341k㎡・人口密度16人),長野県木曽郡(1,688k㎡・人口密度26人),宮崎県東臼杵郡(2.096k㎡・人口密度28人)と数少ない。

 2010年は平城遷都1300周年。聖徳太子が住んだという斑鳩宮がつくられたのは、それよりさらに100年以上前のことだから、遙か昔から、奈良は政治・文化の中心であった。
山梨,八代,巨摩,都留の4つの郡からなる甲斐の国は,明治の廃藩置県で「山梨県」となった。県名「やまなし」の由来は,くだもののヤマナシがたくさんとれたから山をならして平地にした「山ならし」からきているなどの説がある。
  山梨県 http://www.pref.yamanashi.jp/ は首都圏の西部に位置し,中部山岳地帯の一角を占め,面積4,465平方km(2016年現在)で,日本の総面積の約100分の1(全国第32位),県土の約78%が山林で,可住地は県土の21.1%,経営耕地面積も5.3 %ほどである。

 甲府盆地を中心とした地域は典型的な内陸性気候で,降水量が少なく,昼夜・夏冬の気温の差が激しい気候である。
 東は秩父山地と丹沢山地,西は南アルプス,南は富士山,北は八ヶ岳と,県土の四囲がすべて山であり,俗に「山があるのにやまなし県」ともいわれる典型的な山国である。

 面積は4,465.27平方km(2016年10月現在)で,日本の総面積377,914.78平方kmの約100分の1にあたり(全国第32位),県土の約78%を山林が占める。2016年10月の総人口は829,8841人,世帯数は333,262世帯。(山梨県常住人口調査)。

 2017-09-全国からみた山梨01
 

昭和20年(1945),終戦を迎え,戦後の農地改革によって自作農中心の体制となり,その後の農業経営は果樹への転換が著しくなります。高度経済成長期には本県でも商工業が発達しました。さらに,昭和57年(1982)の中央自動車道の全線開通後,物流が一気に増大し,ますます工業化が進みました。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
  ◆ 県民性
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 「人は石垣 人は城」──甲斐国(山梨県)が生んだ戦国時代の名将・武田信玄と配下たちの出陣を描く流行歌『武田節』の有名な一節である。戦いに勝つも負けるも,要は人(兵士たち)の団結いかんであることを歌っているのだが,山梨県人の最大の特徴は,その強い結び付きにある。

 それを象徴するのが「無尽」だ。江戸時代に始まったもので,かつての相互銀行の原型を成した互助システムのことをいう。毎月1度,決まったメンバーが集まって,決まった金額を出し合い,それをプールしておく。メンバーの誰かが,冠婚葬祭はもちろん,商売の資金が足りない,急な物入りがあるといった事態に遭遇したとき,蓄えたお金から融通するのである。

 金融システムが近代化された今では,本来の目的=お金の融通という役割は失われてしまったが,決まったメンバーが毎月集まるという形は今も続いている。
┏┓
 新日本三大夜景 


新日本三大夜景は,夜景倶楽部の有志によって組織された非営利団体「新日本三大夜景・夜景100選事務局」 http://yakei.jp/official/office.html が,2003年4月選定・発表した,日本で特に美しい3か所の夜景。

2017-09-夜景-フジ


○笛吹川フルーツ公園(ふえふきがわふるーつこうえん) 山梨県山梨市

傾斜面に作られたフルーツ公園は、園内至るところを散策しても甲府盆地の夜景を見渡せます。また果実園帯を抜ける約7kmのフルーツラインからは、流れるゆく夜景を楽しめる点が、これまでにない夜景スポットといえましょう。さらに周辺には温泉やワイナリーなど観光名所が点在し、首都圏から約100kmと多くの観光客を引き寄せることができる立地条件も特徴です。




○「若草山」(わかくさやま) 奈良県奈良市

奈良は日本有数の観光都市でもあり、若草山周辺には奈良公園や東大寺をはじめとする観光名所や宿泊施設が点在します。また「ライトアッププロムナード・なら」として、奈良県観光課にて夜の観光にも力を入れています。展望台までは若草山スカイラインとして整備された道路が続き、展望所からは平城京を中心に生駒山から京都市内まで幅広い地域を見渡すことができることが特徴です。


2017-09-皿倉山-夜景



○「皿倉山」
(さらくらやま)福岡県北九州市八幡東区

山頂までケーブルもしくは自家用車で登ることができます。展望広場には「100億ドルの夜景」と謳われた看板があり、その名に恥じない視野率200度以上のパノラマ夜景を眺望できます。全新幹線が停車する小倉駅からも近く、北九州市と同じく政令指定都市である福岡市からも比較的近く多くの観光客を引き寄せることができ、名実ともに新日本三大夜景に相応しいスポットといえます。