FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
​​​

じゃらん九州 2019年 08月号 [雑誌]​2019年8月号 (2019年07月01日発売) ​

 ​思い出に残る!夏絶景ドライブ​

じゃらん九州 最新号:2019年8月号 (2019年07月01日発売) の目次
・令和初の夏休みの計画は,じゃらんにおまかせ!
・夏絶景,テーマパーク,水遊びなど,「夏にやりたいコト」の情報はもちろん,
・糸島,阿蘇,指宿など,気になる「人気エリア」もベストルートでご案内。
・花火&夏祭りBOOKもこの夏大活躍間違いなし★
・思い出いっぱいの夏にしよ♪

​★思い出に残る!夏絶景ドライブ​
・プール×温泉×ランチ!日帰りエンタメホテルって最高!
・まんぷくロード発見!夏グルメドライブ
・九州・山口 夏祭り&灯りイベント 徹底ガイド
・3万本超え!九州の絶景ひまわりスポット15



  じゃらん九州 2019年 08月号 [雑誌]​​​

スポンサーサイト



九州北部地方・29日夜から大雨の恐れ 災害級の長雨警戒 福岡,48時間550ミリ予想

 梅雨前線と低気圧の影響で,九州北部地方は29日夜から7月2日ごろまで大雨の恐れが高まっている。福岡管区気象台によると,1日朝までに予想される福岡県の48時間雨量は450~550ミリ。大雨はその後も続く見込みで土砂崩れや河川の氾濫を引き起こしかねない雨量となる可能性がある。

 気象台によると,梅雨前線は2日ごろにかけて対馬海峡付近に停滞。30日には前線上の低気圧が九州付近を通過する見通し。この前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み,大気の状態が非常に不安定な状態となるという。

 九州北部の30日朝までの24時間予想雨量は熊本,大分200ミリ,福岡,佐賀,長崎150ミリ。7月1日朝までの24時間雨量は福岡,熊本,大分300~400ミリ,佐賀,長崎200~300ミリ。前線の活動が活発な状態は2日にかけて続く見通し。



>>>九州北部,渇水は深刻化

 九州北部・山口地方は22日も梅雨入りせず、統計を取り始めた1951年以降最も梅雨入りが遅かった67年の記録(6月22日ごろ)を52年ぶりに更新した。
 梅雨入りが遅れたのは,太平洋高気圧の西への張り出しが弱く,梅雨前線が北上しないため。南米沖の海水温が上昇するエルニーニョ現象も影響している可能性がある。

 九州北部・山口地方の5月の降水量は平年の3割程度で、各地のダムは軒並み貯水率が低下している。福岡県内では油木(あぶらぎ)ダム(添田町)が14・4%(21日現在)まで落ち込み、下流の行橋市や苅田町は水道水の給水圧力を10~15%下げて対応。県内最大の江川ダム(朝倉市)も22・3%(22日)にとどまる。

 佐賀県内最大の嘉瀬川(かせがわ)ダム(佐賀市)も貯水率が過去最低の16・1%(22日)まで低下し、一部地域で上水道の取水制限を実施。熊本県苓北(れいほく)町の志岐(しき)ダムも17・7%(21日)まで下がり、農業用水の断水が続く。一方、78年と94年に長期間の給水制限を経験した福岡市は運用前試験中のダムの水も利用しているため、市水管理課は「市民生活に影響が出ることはない」としている。

  
  
  
  
  
 
岡山県立図書館は、都道府県立図書館としてはなんと12年連続で全国一。個人貸出冊数、購入冊数でみても1位。




岡山県立図書館は,来館者数,貸出冊数も日本一。平成26年度の統計によると年間個人貸出冊数は144万冊で1位。2位大阪の89万冊をぶっちぎっている。年間来館者数も104万人で1位。2位山梨の90万人、3位大阪の75万人を大きく引き離している。全国1位の集客力。1年のうちに,ざっと県人口の半分以上が訪れる。そんな岡山県民に圧倒的な人気を誇る岡山県立図書館。これにはどんな秘密があるのだろうか。

■都道府県立「図書館」の来館者数ランキング(2013年度)
 1位 岡山県立図書館 105万1432人
 2位 山梨県立図書館  91万5452人
 3位 大阪府立図書館  82万4243人
    (出典:日本図書館協会2014年調査)




情報化時代の今、公共図書館の役割とは‐岡山県立図書館の挑戦‐

県内の図書館を支援し、館内では利用の利便性にこころがけ、またネットワーク面では県内の横断システムの構築といった施策を試み、入館者数と貸出冊数が12年連続トップという結果を出した岡山県立図書館。その成長の歩みを紹介し、情報化時代の公共図書館の役割を問う。

◆主な目次

第一章 がまんの限界
第二章 新館計画は動かず
第三章 待ってばかりじゃいられない
第四章 新しい風が吹く
第五章 ここからが正念場
第六章 待ちに待った県民の図書館
第七章 数字で見る新県立図書館の状況
第八章 基本方針─ 実現できたことと、できていないこと─
第九章 いま心配なこと
第十章 これからの課題─ 指定管理者制度をどう考えるか─
あとがき








<風力発電>青森10年連続首位 宮城除く東北5県で増 17年度全国導入実績


 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)http://www.nedo.go.jp/library/fuuryoku/case/調べによると,2018年3月末の都道府県別の風力発電導入実績では青森県が前年同月比8.4%増の41万7463キロワットで,10年連続全国1位。秋田県が前年と同じ2位,福島県が前年の7位から5位に上がった。
 稼働中の設備(単基10キロワット以上、総出力20キロワット以上)の最大出力を合わせた発電規模と基数は表の通り。6県の発電規模は9.5%増の113万3072キロワットで、全国(約350万キロワット)の3分の1を占めた。

2018-09-風力発電導入実績


2018-09-風力発電設置基数

出典
・日本における都道府県別風力発電導入量(導入量順)国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
(2018年3月末現在)
  http://www.nedo.go.jp/library/fuuryoku/pdf/09_pref_dounyuu_ryou_sort.pdf

・日本における都道府県別風力発電導入量(基数順): 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
(2018年3月末現在)
 http://www.nedo.go.jp/library/fuuryoku/pdf/10_pref_dounyuu_kisuu_sort.pdf




甲府市は髪を染める人が日本一多いらしい - 地勢が影響?

   出所: 産経新聞 「甲府市は髪を染める人が日本一多いらしい ワケを調べてみた」
           https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000523-san-soci



 髪染めのヘアカラーにかける年間のお金で,甲府市が全国1位になった。 "産経新聞 甲府市は髪を染める人が日本一多いらしい ワケを調べてみた" によると,同市内の美容業界関係者を取材すると,女性で白髪染めをする人の数が多いことや,若者が明るい色で染める傾向があり,使用量が多いことが分かった,という。

 調査は総務省の家計調査。県庁所在地・政令指定都市を対象に,平成26~28年平均を求めた。
 それによると,甲府市は,ヘアカラーリング剤への年間支出額は2278円で全国1位。これに,大分市,高知市などが続く。

 消費行動に詳しい山梨学院大経営情報学部の野村千佳子教授(経営学)は「服は東京に買いに行くが,美容院の数が多く価格が安いので,ヘアケアは市内で行うケースが多いと聞いた」と話す。その上で「甲府市特有の盆地の地形も関係しているのでないか」と興味深い問題提起も。

地勢が影響?
 野村教授は「四方が山に囲まれ冬は寒さが厳しいため,明るめに染めて気分を明るくしたいのでないか」と推測する。






梅毒患者数5千人を突破 患者最多は東京 若い女性らに感染拡大

2018-01-梅毒感染者

       出典:国立感染症研究所 https://www.niid.go.jp/niid/ja/syphilis-m/syphilis-iasrs/4582-pr4112.html

 国立感染症研究所 https://www.niid.go.jp/niid/ja/  の梅毒患者に関する集計(感染症発生動向調査システム)によると平成29年の患者数は、現行の集計方式となった11年以降で初めて全国で5千人を超えた。うち3割を占める。

 梅毒は近年、特に20代の女性で増えているとされ、母親が妊娠前や妊娠中に感染すると、胎盤を通じて胎児も感染する「先天梅毒」になり、生まれた赤ちゃんが死亡することもある。

 国立感染症研究所によると、2017年12月17日までに報告された患者数は5534人。都道府県別で見ると東京都が1705人と最多で、大阪府(788人)愛知県(325人)神奈川県(312人)など都市部で目立つ。

 梅毒は抗菌薬で早期に治療をすれば完治するが、放置して進行すると脳や心臓に合併症を引き起こす。


 ⇒⇒ <速報>東京都における梅毒の発生状況(2007~2013年)
  https://www.niid.go.jp/niid/ja/syphilis-m/syphilis-iasrs/4582-pr4112.html


管理者ページ  標高がわかるWeb地図を試験公開
>>>緯度と経度を指定してその場所をを特定する-
<地図検索> 緯度と経度を指定してその場所を表示するサービス

knecht(クネヒト): http://api.knecht.jp/geocoding


>>>緯度、経度への換算---測量計算サイト
  http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/surveycalc/surveycalc/xy2blf.html


地図は世界測地系に対応してるため、「変換方向」の選択に関わらず、入力された座標値は世界測地系の数値としてプロットされます。また、地図上で選択した場合、その位置に対応する座標値は世界測地系の数値です。



 このウェブサービスでは、緯度と経度を指定してその場所を表示したり、逆ジオコーディングもできます。住所やランドマーク、一般的な英語表記による外国住所を入力すると、世界測地系と日本測地系の緯度経度を計算することができます。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
標高がわかるWeb地図を試験公開
  http://www.gsi.go.jp/johofukyu/hyoko_system.html

国土地理院のホームページで、任意の地点の標高値を簡単に知ることができるWebシステムを試験公開します。津波や水害対策のための基礎情報として活用いただけます。


国土地理院は、地形図に表示されている基準点や標高点の数値、等高線の間隔から標高値を読み取る技術がなくても、任意の地点の標高値を簡単に知ることができるWebシステムを試験公開します。
このシステムでは、Web地図上の任意の地点にマウスのカーソルを移動し、右ボタンをクリックするだけでその地点の標高値を知ることができます。

このシステムの活用により、津波災害に備えた避難場所の選定、水害時における氾濫地域や水没危険箇所の予測などに役立つ基礎的な情報が容易に得られ、公共機関における防災計画の策定や見直し、ハザードマップの作製や見直しへの活用だけでなく、個人における防災意識の向上に繋がっていくことが期待されます。

なお、このシステムで表示される標高値には、元となる標高データの精度や計算方法による誤差が含まれていますので、そのことを十分にご理解の上注意してご利用くださるようお願いいたします。

このシステムは、以下のURLでご覧いただけます。
http://saigai.gsi.go.jp/2012demwork/checkheight/index.html

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Google Maps 標高 (SRTM版)
  http://wisteriahill.sakura.ne.jp/GMAP/GMAP_ALTITUDE/index.php





.............................

観測地点での月の出、南中、月の入りの時刻、方位角、高度と正午の月齢を求めます。

http://keisan.casio.jp/exec/system/1184729668


http://keisan.casio.jp/exec/system/1184729668



....................
波田陽区さん 2016年春,妻子を伴い活動拠点を東京から九州に移す
                                   出典:「新潮45」8月号

 「新潮45」8月号で「一発屋」を自称する髭男爵山田ル 「新潮45 2017年 08 月号」で「一発屋」を自称する髭男爵山田ルイ53世が,同じ芸人の立場から波田陽区の芸を分析,また福岡の後輩芸人たちにも取材し,波田陽区の辿りついた境地を笑いたっぷりに描いている。

「●●ですから!残念~!!」

 ギターを手に,数々の有名人を斬る芸で一世を風靡した“ギター侍”こと波田陽区。
しかし,いつしか“一発屋”と呼ばれるようになり,東京での仕事も激減する。

 波田は,「丁度,子供が小学校に上がるタイミングで,自分の環境を変えるには,もうここしかないと」し, 2016年春,波田陽区は,妻子を伴い活動拠点を生まれ育った山口にほど近い九州に移した。 

一時期を作り,全国区の知名度を持つ“一発屋”が地方に移り住み活動したという例は,前例がないという。その意味で,波田の決断は画期的だったと言える。芸の発明ではなく,生き方の発明……一発屋の働き方改革である。

「『東京から逃げた』『福岡舐めるな!』と言う人もいると思う。でも,決して福岡を舐めて来たわけじゃないし,東京に戻りたいとは一切思わない。お笑い芸人として福岡にずっと住むつもりです」


◆波田陽区の言・・・・・・・
「福岡では,一日に2,3個仕事が入る時もあり,『働いてる! 人に必要とされてる!』と凄く嬉しい。事務所や先輩……色々な方が助けてくれて,“今は”一つ一つの仕事に感謝してます」

「九州方面の営業が増えました。東京から芸人を呼ぶより交通費がかからないから有利なんです!」

「義母が何年か前に病気で亡くなって,義父は熊本に一人暮らし。僕の親は山口だから,両方2時間ぐらいで行ける。福岡は丁度良いんです」


◆髭男爵・山田ルイ53世
 正直波田のことは,好きでも嫌いでもない。一発当てた彼の芸は尊敬するが,人間としては欠点の多い男だと思っている。



「地方銀行」の経営懸念が再燃した マイナス金利で「合併」加速へ


日銀のマイナス金利導入で、地方銀行の収益低下懸念が強まっている。長期金利が初めてマイナスとなり、資金の運用難や利ざやの縮小が避けられないためだ。

金融庁は地銀が収益確保のためにリスクの高い運用に走らないか監督を強める構え。市場では、地銀の再編が一段と加速すると予想する声も出始めた。


「罰金」導入で銀行株は軒並み急落

「収益環境がさらに厳しくなることを覚悟しなければ」。2月9日、長期金利の代表的な指標である新発10年物国債の流通利回りが初めてマイナスをつけたことを受け、ある地銀幹部はため息をついた。日銀のマイナス金利導入(1月29日決定、2月16日実施)に、世界経済の先行き不安が追い打ちをかけ、安全資産とされる国債に投資資金が殺到。長期金利は当面、低迷しそうな雲行きだ。

長期金利低下の引き金になった日銀のマイナス金利は、銀行が日銀に預けているお金の一部にマイナス0.1%の金利をつけるというもの。これまで銀行は、日銀にお金を預けていれば0.1%の金利がついた。しかし、今後は眠らせているお金を融資や投資に回さなければ「罰金」をとられる形になる。このため、国債へ資金を移す動きが加速しているのだ。

日銀のマイナス金利導入決定を受け、銀行の収益が悪化するとの懸念から、銀行株は軒並み下落した。ただ、日銀は銀行経営が大打撃を受けないよう、マイナス金利の適用範囲を銀行が預けているお金の一部にとどめており、「罰金」による収益への影響は大きくないとみられている。その額は全体で10兆円レベルにとどまるとされる。これだけなら、銀行経営への直接の影響は限られる。


収益圧迫から「ハイリスク商品」に手を出す可能性

しかし、地銀が恐れているのは、長期金利のマイナス化による貸出金利のさらなる低下だ。ただでさえ、資金需要の伸び悩みや金融機関同士の競争激化を受けて貸出金利は低下を続けてきた。今後は住宅ローンや企業向け融資の金利が一段と下がる一方、顧客離れにつながる預金金利の引き下げには限界があり、本業の貸し出しによる収益の減少は避けられない。

国債価格の上昇(金利は低下)により、当面は地銀が保有している国債も含み益が生じるため、「すぐに地銀の経営が悪化することはない」(金融庁幹部)。しかし、中長期的には国債の運用利回りも低下する。市場では「預金を集め、担保を取って融資し、余ったお金で国債を買うという伝統的なやり方だけでは立ちゆかなくなる」(アナリスト)との厳しい見方が大勢だ。

金融庁は、運用先に困った地銀が、収益確保のためにハイリスクの金融商品の運用を増やす可能性があるとして、十分なリスク管理体制をとっているか、監督を強める方針。従来から地銀に対して、担保に頼らない融資を増やし、収益力を強化するよう求めてきたが、一段とハッパをかける構えだ。金融庁幹部は「ベンチャー企業など将来性のある貸出先を掘り起こしたり、取引先の紹介やM&A(企業の買収・合併)の支援などさまざまなサービスを提供したりすれば、まだまだ利ざやや手数料は稼げるはずだ」と指摘する。

ただ、新たな収益源を確立できない地銀は、苦境に立たされそうだ。市場からは「利ざやの縮小を貸し出しの量で補うのも限界。さらに量を増やそうして『規模の利益』を追求するとすれば経営統合しかない」(アナリスト)との見方が強まっている。マイナス金利が地銀の再編を一段と加速させることになるのかも、一つの注目点である。