FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 ■「山間地」では人口が半減
      source:産経新聞 2019-11-17 「日曜講座 少子高齢化時代」



 農林水産政策研究所の「農村地域人口と農業集落の将来予測」によると,2045年の山間農業地域の人口は,2015年と比べて54・2%も減り、高齢化率は53・7%と推定している。

 農村部の人口減少は著しい。平地農業地域は31・6%減、中間農業地域も41・6%減と、都市部の10・7%減に比べて大きく下落する。高齢化率は「平地」が43・3%,「中間」は46・9%である。

 農業集落単位では,1集落あたり平均世帯数は50戸だが、このうち販売農家は6戸。この5年間で8割以上の集落において人口が減り、中山間地域では空き家が激増している。農業世帯が減ると,用排水路の保全・管理といった集落活動そのものが停滞しがちになる。
 とりわけ「9人以下」になると集落活動が著しく低下をするが、こうした9人以下の集落が45年には全体の8・8%(山間農業地域は25・0%)を占めると予想されている。
 農業に携わる人数の減少もさることながら、高齢者が増えると農業を続けること自体が懸念されるようになる。 農業を続けられるかどうかではなく、地域住民の暮らしが成人立ち得るかどうかの瀬戸際にある。


2019-11-農業地域類型
     
               source:産経新聞 2019-11-17 「日曜講座 少子高齢化時代」
スポンサーサイト



参院選格差訴訟

 最大格差が3・00倍だった7月の参院選を巡り,二つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に起こした一連の「1票の格差」訴訟の判決。これまで判決の出た14件では「違憲状態」が2件,「合憲」12件である。「違憲状態」とした高松、札幌両高裁は「抜本的な制度の見直しが必要」などと指摘していた。一連の訴訟は12月に判決が出そろい、その後最高裁が統一判断を示す見通し。

 参院選で最高裁は、2010年選挙(最大格差5・00倍)と13年選挙(4・77倍)を違憲状態とし,合区が導入された16年選挙(3・08倍)を合憲と判断。18年の公選法改正で定数6増(埼玉選挙区2、比例代表4)となり,今回の選挙で格差はわずかに縮小した。



◆合憲
・福岡高裁那覇支部  11月13日 
・広島高裁      11月13日 
・名古屋高裁     11月  7日
・仙台高裁      11月  5日
・広島高裁岡山支部  10月31日
・東京高裁      10月30日
・福岡高裁宮崎支部  10月30日
・名古屋高裁金沢支部 10月29日
・仙台高裁秋田支部  10月25日

◆違憲
・高松高裁      10月16日
・札幌高裁      10月16日
>>> 泉佐野市除外の再検討勧告 ふるさと納税で国地方委

ふるさと納税の大阪府泉佐野市への規制をめぐり,国地方係争処理委員会は分権の観点から規制の理由が乏しいと判断した。国と自治体を対等とした地方分権一括法の成立から20年。曖昧な権限で国が自治体を統制し続けることに警鐘を鳴らした。


国の第三者機関の国地方係争処理委員会は8月2日,総務省がふるさと納税の新制度から大阪府泉佐野市を除外したことに関し,総務相に対して30日以内の再検討を勧告すると決めた。総務省は過去の実績のほか,6月以降も同市が返礼品基準を守らない見通しであることも除外の理由に挙げていた。


富越和厚委員長は記者会見で,改正法施行前の返礼品の状況を除外の根拠としたことについて「直ちに不指定の理由とすべきではない」と述べた。


決定を受けて泉佐野市は「主張をおおむね理解いただき感謝する」,石田真敏総務相は「勧告文の内容を精査のうえ対応について検討する」とのコメントをそれぞれ発表した。

3月成立の改正地方税法に基づき,6月からふるさと納税は返礼品を寄付額の3割以下の地場産品に限る制度に変わった。2018年11月~19年3月の過度な返礼品を理由に泉佐野市など4市町は対象から外された。

泉佐野市は「過去の実績を基準にすることは改正法の遡及適用で無効だ」として国地方係争委に審査を申し出ていた。国地方係争委は「法律違反の恐れがある」と同市の主張を認めた。

総務省は過去の実績のほか,6月以降も同市が返礼品基準を守らない見通しであることも除外の理由に挙げていた。富越和厚委員長は,「泉佐野市は6月以降は返礼品を提供しないと言っていたが,それだけで提供の可能性がないと言えるか。そこが判断基準になる」と指摘した。「泉佐野市の寄付集めの手法が是正を求めるべき状況にあったことは理解する」とも述べた。

ふるさと納税の新制度ではギフト券など過度な返礼品で多額の寄付を集めた大阪府泉佐野市,静岡県小山町,和歌山県高野町,佐賀県みやき町の4市町が対象外と除外されている。

 





   ・・・・・・・・・・・・・・・・ 経 緯・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>>> 泉佐野市,係争委に審査申し出 ふるさと納税除外巡り

大阪府泉佐野市は6月10日,6月に始まったふるさと納税新制度への参加を総務省が認めなかったことを不服として,同省の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出た。新制度からの除外を取り消す勧告を求めている。係争委は90日以内に総務省の決定の適否を判断する。


>>> 「ふるさと納税」新制度開始,泉佐野市など対象外に

「ふるさと納税」で過度な返礼品競争を是正する新制度が6月1日から始まった。自治体が寄付した人に送る返礼品は寄付額の3割以下の地場産品に限られた。返礼品にかけられる額が減った後も,地方の活性化につながる制度として定着するかが焦点になる。


ふるさと納税では自治体に寄付すると住民税と所得税の支払いが減る。新制度ではギフト券など過度な返礼品で多額の寄付を集めた大阪府泉佐野市,静岡県小山町,和歌山県高野町,佐賀県みやき町の4市町が対象外となった。

泉佐野市は5月24日から31日まで,アマゾンギフト券を最大で40%分贈るキャンペーンを展開。新制度への批判も込めて駆け込みで寄付を集めた。一方,小山町は「復帰をめざし次の返礼品を考える」とした。対応が改善したとみなされれば再び対象になる可能性があり,みやき町も「地元の商店や住民と新たな返礼品を開発する」という。

>>>18年度ふるさと納税,泉佐野市が全国の1割 497億円

総務省は8月2日,2018年度のふるさと納税の寄付受け入れ額を自治体別に公表した。関西では大阪府泉佐野市が17年度の3.7倍の497億円で全国首位となった。和歌山県高野町も同97倍の196億円だった。ただ寄付者にアマゾンのギフト券を贈った泉佐野市,旅行券を贈った高野町は,今年6月からの新制度への参加を総務省に認められなかった。

泉佐野市は牛肉やビールなど1千品目を超す返礼品やギフト券を贈り,全国の1割弱の寄付を集めた。高野町は寄付額に対し最大5割の旅行券などで寄付を増やした
企業版ふるさと納税,寄付額の9割軽減へ 政府検討

 政府は地方自治体に寄付した企業の税負担を軽くする「企業版ふるさと納税」を拡充する。税負担を軽減する割合を現在の約6割から,約9割に広げたうえで,2019年度までの時限措置を24年度まで5年間延長する方向で調整する。「個人版」に比べ伸び悩む企業の寄付をテコ入れし,地方創生への資金の流れを促す。
 企業版は「個人版」で一定の範囲で許容されている返礼品のような経済的な見返りがない。企業側のメリットの分かりにくさが寄付低迷の一因との指摘がある。これまでの例では企業が創業の地や工場がある地域,被災地などの自治体に寄付する例が多い。自治体は地域の再生に企業資金を呼び込むことができ,企業にとっては社会的責任(CSR)活動の一環として地域貢献をアピールできる利点がある。今後は企業の寄付を促すため,表彰制度の創設も検討する。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2019-09-内閣府
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 内閣府発表の「令和2年度税制改正要望」 https://www.cao.go.jp/yosan/soshiki/r02/zei/02zei.pdf   によると,地方自治体に寄付をした企業が税優遇を受けられる「企業版ふるさと納税」制度について,現在は寄付額の約6割が上限となっている減税の割合を約9割まで引き上げる方針が盛り込まれた。今年度で終了予定だった制度の期限も令和6年度まで5年間延長する。好調な「個人版」に比べ,寄付額が伸び悩む「企業版」を促進し,地方への資金の流れを強化するのが狙い。

 減税の対象となるのは内閣府が認定した自治体の地域活性化事業に寄付をした企業。現在は企業が自治体に寄付した場合,国や自治体に納める法人関係税から約3割が減税される制度に加え,特例措置としてさらに3割が控除されている。

 内閣府は今回,特例分控除の約6割引き上げを掲げており,実現すれば企業側の税負担は寄付額の約1割で済むことになる。年末の税制大綱での取りまとめに向けて調整する。


人口減少に伴う日本の消費市場の縮小は,これから本格化する。消費を担う中心世代を20~59歳として、25年ごとの人口の変化をみると,1970~95年に同年齢層は1241万人増加した(21%増)。95~2020年は1020万人減少(14%減)。その一方で、この四半世紀はその上の世代である60~74歳が651万人も増加した。そこで、多くの企業はターゲットを高齢者にシフトし対応してきた。
 これから(20~45年)は状況がはるかに厳しくなる。20~59歳は1542万人も減少する(25%減)。しかも、60~74歳も73万人減少する。

 人口減少による内需減少への対応策としては,
  ①出生率を高める
  ②輸出を増やす
  ③インバウンド(訪日外国人)観光客を増やす、
  ④移民による内需喚起
 が,あげられる。
中小・小規模の定義

A. 原則として、中小企業基本法上の中小企業等となる。
1)旅館業は資本金5千万円以下又は従業員200人以下、ソフトウェア業・情報処理サービス業は資本金3億円以下又は従業員300人以下とする。
2)資本金又は出資金が5億円以上の法人に直接又は間接に100%の株式を保有される中小・小規模事業者は補助の対象外とする。
3)事業協同組合、商工組合等の中小企業団体、農業協同組合、消費生活協同組合等の各種組合は補助の対象とする。
4)一般社団法人・財団法人、公益社団法人・財団法人、特定非営利活動法人は、その主たる業種に記載の中小・小規模事業者と同一の従業員規模以下である場合、補助の対象とする。

上記業種に記載の中小・小規模事業者と同一の従業員規模以下である、一般社団法人・財団法人、公益社団法人・財団法人、特定非営利活動法人、事業協同組合、商工組合などの中小企業団体、農業協同組合、消費生活協同組合など対象業種・事業でも、条件によっては対象外になることがある。
 国立感染症研究所 ​https://www.niid.go.jp/niid/ja/​ の23日発表によると,全国約3000の小児科定点医療機関が報告した1週間(8~14日)の手足口病の患者報告数が1医療機関あたり12.64人だった。過去10年で最も流行した2011年のピークの10.97人を超え,過去最多の報告数である。

 感染研によると,1週間の患者数は,3万9913人で,今年の累計患者数は計15万人に達した。都道府県別では,
  ・石川(28.52人)
  ・福井(26.39人)
  ・富山(21.59人)

    が多く,国の警報レベルの5人を大幅に超えた。34都道県でも前週よりも患者数が増加した。

​​◆​手足口病-どんな病気なの?​
 4歳くらいまでの幼児を中心に夏場に流行する疾患で,コクサッキーA6(CA6)やエンテロウイルス71などのエンテロウイルスに感染して発症します。口内や手のひら,足の裏などに水疱(すいほう)状の発疹が出るほか,3人に1人程度の割合で熱が出ます。通常数日で治りますが,髄膜炎などの合併症を引き起こすこともあります。

​◆手足口病の予防法​-感染しないようにするために,どのようなことに注意すればよいですか?
  出典:厚生労働省     ​https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/hfmd.html#hfmd04

 手足口病には有効なワクチンはなく,また手足口病の発病を予防できる薬もありません。治った後でも,比較的長い期間,便などからウイルスが排泄されることがあります。また,感染しても発病はせず,ウイルスを排泄している場合があります。これらのことから,発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策とはならず,現実的でもありません。 

一般的な感染対策は,接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと,排泄物を適切に処理することです。特に,保育施設などの乳幼児の集団生活では,感染を広げないために,職員とこども達が,しっかりと手洗いをすることが大切です。特におむつを交換する時には,排泄物を適切に処理し,しっかりと手洗いをしてください。

手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。また,タオルの共用はしてはいけません。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ​​⇒⇒ ​国立感染症研究所  感染症疫学センター ​​ 風疹流行に関する緊急情報:2019年07月23日
    ​https://www.niid.go.jp/niid/ja/rubella-m-111/rubella-top/700-idsc/2131-rubella-doko.html


「ひとえに私の責任」=忖度発言の塚田さん落選-新潟

 新潟選挙区で、道路整備をめぐる「忖度(そんたく)発言」で国土交通副大臣を辞任した自民党の塚田一郎氏(55)が落選した。
 塚田さんは新潟市内のホテルで支援者らにあいさつ。「私自身の発言により大きなマイナスからのスタートになった。ひとえに私の責任」と述べ、深々と頭を下げた。

>>>広島選挙区,自民現職の溝手氏が落選

 広島選挙区(改選数2)で,6選を目指した自民現職で元防災担当相の溝手顕正氏(76)が落選した。

 自民党が21年ぶりに2人を擁立し,議席独占を目指す広島選挙区(改選数2)。「自民一強」を確固たるものにする試金石との見方もあるが,内情は「地方vs中央」の構図による,党内の“仁義なき戦い”であった。

 広島は,「ポスト安倍」をにらむ党政調会長・岸田文雄(衆院広島1区)率いる岸田派(宏池会)の牙城。溝手は広島県内に6人の国会議員を抱える岸田派の最高顧問で,平成25年の参院選では後続候補に倍以上の票差で圧勝している。


>>>スリランカ出身の大学教授・にしゃんた氏の落選 大阪選挙区

 参院選大阪選挙区(定員4人)で立候補の,国民民主党の新人、にしゃんた氏(50)は落選。

 にしゃんた氏は、スリランカ出身で、18歳のときに来日。大学や大学院で経済を学び、現在は羽衣国際大教授。平成17年に日本国籍を取得し、テレビやラジオでタレント、社会人落語家としても活躍する。来日したときの「みんな笑って、夢を語っていた」日本を取り戻したいと、国政を目指していた。



   ................................................
参院選投票率、戦後2番目の低さ

 今回の参院選の投票率(選挙区)は,48.8%と,24年ぶりに50%を切った。前回2016年参院選の54.7%を約6ポイント下回り,戦後最低の1995年に次ぐ,2番目の低さとなる。

【産経・FNN合同世論調査】参院選投票「必ず行く」55% 若年層は3割、投票率低い懸

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が14、15両日に実施した合同世論調査で、21日投開票の参院選の投票に行くか尋ねたところ「必ず行く」が55・5%に上った。ただし10・20代の若年層は男女ともに3割と低調だった。今年は統一地方選と参院選が12年に一度重なる「亥年選挙」で有権者らの「選挙疲れ」による投票率の低下が懸念されており、前回の平成28年参院選(54・70%)を上回るかが焦点となる。

 調査によると、投票に「たぶん行かない」は7・9%、「行かない」は4・8%にとどまった。これに対し「できれば行く」は20・1%、「期日前投票を済ませた」は10・2%で、投票に前向きな回答が否定的な回答を大きく上回った。

2019-07-党派別立候補者数-2

「過疎」の代替語検討へ、総務省 

 過疎地域の支援策を検討する総務省 http://www.soumu.go.jp/index.html の有識者懇談会は7月2日の会合で,離島や中山間地など人口減少が進む地域を指す「過疎」という言葉について,代わりとなる用語を検討する方針で一致した。マイナスのイメージがある言葉は実態に合わないと判断したことによる。

 総務省資料によると,過疎という言葉は昭和40年代に一般的に使われるようになった。


 過疎問題懇談会  http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/2001/kaso/kasomain3.htm

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
┏┓
 過疎対策について(総務省)

              http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/2001/kaso/kasomain0.htm

 過疎地域については、昭和45年以来、四次にわたり議員立法として制定された過疎対策立法のもとで各種の対策が講じられてきました。

 現行の過疎地域自立促進特別措置法は、人口の著しい減少に伴って地域社会における活力が低下し、生産機能及び生活環境の整備等が他の地域に比較して低位にある地域について、総合的かつ計画的な対策を実施するために必要な特別措置を講ずることにより、これらの地域の自立促進を図り、もって住民福祉の向上、雇用の増大、地域格差の是正及び美しく風格ある国土の形成に寄与することを目的としています。過疎地域が、それぞれの有する地域資源を最大限活用して地域の自給力を高めるとともに、国民全体の生活にかかわる公益的機能を十分に発揮することで、住民が誇りと愛着を持つことのできる活力に満ちた地域社会を実現することが求められます。