FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
長野県,気候変動「適応策」推進拠点- 「信州気候変動適応センター」を4月に設置へ

 地球温暖化による気候変動の被害を軽減する「適応策」の推進拠点として,長野県は2019年度に「信州気候変動適応センター」(仮称)を設置する方針を固めたことが3日分かった。気温上昇による災害や農業などへの影響を予測して市町村や企業に情報提供し,具体策の検討を支援する。6月に北佐久郡軽井沢町で20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合が開かれることもあり,信州発の環境施策を加速させる。

 信州気候変動適応センターは,気温上昇に伴う農作物の栽培適地の変化,地域ごとの熱中症患者の増加見込み,豪雨による土砂災害の発生確率といった予測データを,市町村や企業などに提供。高温に強い農作物の品種開発,熱中症予防の対策や効果的な搬送方法の確立,災害に備えたインフラ整備や避難対策といった,適応策の検討と実施に役立ててもらう。データの収集や分析に当たっては大学や研究機関と連携する。

 長野県内では14年11月,国や県,大学など公的機関が観測する気象データを集約し,気候変動を予測する「信州・気候変動モニタリングネットワーク」(事務局・県環境保全研究所)が発足。16年10月には,産学官で情報を共有するための「信州・気候変動適応プラットフォーム」(事務局・県環境部)ができた。

 信州気候変動適応センターは両組織を母体に,県環境部と県環境保全研究所が共同で設置する見通し。これまでの情報収集や共有といった活動から踏み込み,具体的な適応策の実践につなげる。設置時期は19年4月1日を予定している。

 気候変動の影響が表れてくる中で,18年12月には気候変動適応法が施行。自治体には地域の自然や経済の実情に応じた「地域気候変動適応計画」の作成,情報収集や対応策の助言をする拠点の設置を促している。

 国立環境研究所(茨城県つくば市) http://www.nies.go.jp/  によると,こうした適応策の推進拠点は都道府県レベルでは埼玉県が設置しているが,全国的には先進例という。

▼国立環境研究所  出典:http://www.nies.go.jp/gaiyo/pamphlet/nies2018.pdf
国立環境研究所は,幅広い環境研究に学際的かつ総合的に取り組む国立としては唯一の研究所であり,1974年の発足以来,様々な環境問題の解決に資する重要な役割を果たしてきました。2016年4月から5年間は第4期の中長期計画期間にあたり,4つのキーワードすなわち,「束ねる」(環境科学分野全体を俯瞰した広範囲な研究),「繋ぐ」(基礎から社会実装を目指した総合的研究),「結ぶ」(国内外の研究ネットワークの発展・充実),「引っ張る」(広く環境問題の理解と解決に資する高い水準の研究を牽引)を掲げて活動を展開しています。具体的には,まず5つの「課題解決型研究プログラム」を設定し,個別分野を超えて統合的に取り組んでいます。また福島支部を2016年,琵琶湖分室を2017年にスタートさせ,それぞれ「災害環境研究プログラム」,水環境保全研究を展開しています。2018年12月には気候変動適応センターを設置して適応策にかかわる研究と対策を推進します。さらには,環境の保全に関する基盤的な調査研究,環境データの取得・解析,環境試料の保存・提供等,広く活用できる研究基盤の整備,衛星観測・エコチル(大規模環境疫学)調査など研究事業ネットワークの中心的役割も務めています。これらの研究や事業の成果を含め,わかりやすい環境情報の発信・提供も実施しています。 研究所では,今後も4つのキーワードを念頭に環境研究を推進し,我が国全体の研究開発成果の最大化を図り,社会との橋渡しに努め,国内外の環境政策の進展に貢献していきます。皆様のご支援,ご協力をよろしくお願い申し上げます。




スポンサーサイト
長野県のホテルや旅館 - 長寿前面 食で誘客
  たっぷり野菜メ二ユ一や漬物体験   長野県も普及へ後押し

                  
 信州が「長寿県」であることにちなんだ料理や食材を前面に打ち出し、誘客を図るホテルや旅館が県内で増えている。県民の平均寿命は全国トップクラス。健康長寿を支える食文化に触れられる宿泊プランを提案することで、集客を強化する狙いだ。「食」を目的に訪れる観光客の割合が全国平均より低いーとの民間調査の結果もあり、県観光部も信州らんい料理メニューの普及に乗り出している。

 志賀高原プリンスホテル(下高井郡山ノ内町)は、県産の野菜や発酵食品をふんだんに取り入れたメニューを昨冬から提供。「信州のおいしい朝ごはん」と名付けた朝食は、長野県産のキノコや野菜の蒸し料理、リンゴ入りのみそソースで味わうオムレツ、野沢菜入りのパスタなど亀富なメニューを用意した。夕食も信州牛や信州サーモンを使う。
 厚生労働省が昨年12月に発表した都道府県別の平均寿命で、長野県は女性が全国1位、男性が2位。1日の野菜摂取量は長野県が全国トップとあって、同ホテルも「長寿の秒辞とされる発酵食品や信州の郷土料理を用意した」。地元野菜や野沢菜を食べた宿泊客からは「味わいや食感が新鮮」と好評という。

 星野リゾート(北佐久郡軽井沢町)は大町市で運営する旅館「界アルプス」で来年1月、長野県内の潰物文化に触れる1日1組限定の宿泊プラン「信州お漬物滞在」を始める。「健康長寿の秘訣ともいわれ、信州の生活に欠かせない存在」と紹介し、乳酸発酵のすんき浸けやわさび漬けなど10種類の漬物を提供。漬物の仕込みも体験する。
 池の平ホテル&リゾーツ(北佐久郡立科町)は、県産野菜を使った料理や寒天、漬物などを組み合わせた「健康いきいき会席」を提供している。「長野は日本一の長寿県。
地元の食材を使い健康で長生きできるような料理を用意した」と説明。一品料理として佐久地方の佐久鯉も「健康長寿の源として親しまれてきた」と紹介している。

 長野県観光部は昨年11月、県内の発酵食品や保存食、伝統食を活用した料理メニューを提供する方法を学べる「信州感動健康料理アカデミー」を長野市で開講した。「信州らしい健康・長寿食」を普及する狙いで、今春まで計5回を予定。
 県信州ブランド推進室によると、県内には刺し身やカニといった他県の食材でもてなす旅館が少なくないが、「旅先でしか味わえない料理」を求めるニーズに応える必要があると説明。食べると健康になる感覚が味わえるメニューを普及させることで「『食』を目的とした信州への来訪者を増やしたい」としている。



>>>「高齢者定義75歳以上に」 長野・松本両市長が共同提言発表

 長野市の加藤久雄市長(75)と松本市の菅谷昭市長(74)は21日,現在は「65歳以上」の高齢者の定義について「75歳以上を『高齢者』と呼びましょう」と転換を求める共同提言を発表した。「65歳以上の市民にこれからも元気に活躍する意識を持ってもらう」趣旨だと説明。今後,連携して県や県内市町村に賛同を呼び掛ける。

 両市長は「長野県の平均寿命や高齢者就業率は全国トップレベルで,人生100年時代のモデルとなるべきだ」とした。長野市保健福祉部は65歳以上の求職者と企業をマッチングする事業を来年度予算に盛り込みたい考え。

 提言は理念的なもので社会保障政策などの変更はしないが,長野市は65歳以上の活用を企業などに促す施策を講じていくという。



旅と酒を愛した歌人・若山牧水(わかやま ぼくすい,1885年~1928年)

生涯に作った歌は約8800首,歌集は15巻。日本各地を旅して,その風景を詠んだ歌人・若山牧水の歌碑は全国に300以上にも及び,その歌は現在もなお広く愛唱されています。

長野県佐久市 武重酒造--武重酒造正面には,若山牧水によるこの地で作り,また御園竹を詠み込んだ,和歌を刻み込んだ石碑がある。

P1060504.jpg




  音声だけでリモート操作できるスマートスピーカー 
機能スピーカー付きコンパクトサイズスマートホーム・ハブ内蔵
>東御 八重原に咲くアシビ(馬酔木)
○ わが背子に わが恋ふらくは 奥山の 馬酔木の花の 今盛りなり
○ 春山の 馬酔木の花の 悪しからぬ君には しゑや 寄そるともよし
                                  -万葉集-

asibi-1


>黄梅(オウバイ)
先駆けて咲き,あたかも春を迎えているかのごとく思わせる

2018-3-oubai
『神様のカルテ』-小平奈緒選手の所属先病院がモデル



 平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)のスピードスケート女子500メートルで,小平奈緒選手(31)は金メダルを獲得。1000メートルでは惜しくも頂点に届かなかったが,不利なアウトスタートで1分13秒82をマークしての2位。

 小平奈緒選手の所属先の相澤病院(松本市) http://www.ai-hosp.or.jp/。 相澤病院は小説『神様のカルテ (小学館文庫)』(夏川草介著)のモデルとなり,櫻井翔や宮崎あおいが出演して映画化され話題を呼んだ名物医院である。
 大学卒業時,内定していた企業への入社が白紙となり,選手生命の危機に陥ったことがある。それを救ったのが,現在の所属先の相澤病院である。当時の日本経済は低迷し,学生は就職難。信州大教育学部の学生だった小平も,内定を得ていた企業への入社が白紙になった。
 相澤病院にはスケート部があるわけではなく,所属アスリートも小平ただ1人。小平は電車で1時間ほどかかる長野市のスケートリンク「エムウェーブ」を拠点に,大学時代から師事する結城匡啓コーチ(52)の指導を受けている。




栗原一止は信州にある「二四時間,三六五日対応」の病院で働く,悲しむことが苦手な二十九歳の内科医である。職場は常に医師不足,四十時間連続勤務だって珍しくない。ぐるぐるぐるぐる回る毎日に,母校の信濃大学医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば最先端の医療を学ぶことができる。だが大学病院では診てもらえない,死を前にした患者のために働く医者でありたい…。悩む一止の背中を押してくれたのは,高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。二〇一〇年本屋大賞第二位,日本中を温かい涙に包み込んだベストセラー,待望の文庫化。



ミッション

わたしたちは,時代の要請を的確に捉えて,医療・介護の改革に夢と情熱をもって挑戦する
わたしたちは,治す医療,癒す医療,支える医療・予防医療・介護・生活支援を統合して提供し,安心してその人らしく暮らし続けることができる地域を創る
わたしたちは,医療・介護・経営の質を高める努力を継続し,社会に貢献する

ビジョン

相澤病院は,救急医療と急性期医療を充実・強化し,急性期基幹病院として地域の医療機関との役割分担を明確にして連携を推進する広域型医療を展開する
相澤東病院は,支える医療を中心として,在宅医療・介護・生活支援との円滑な連携を図る地域密着型医療を展開し,地域包括ケアシステムの医療の中核として,地域在宅医療支援センターと緊密に連携し,その人らしく安心して暮らし続けることができる地域を創る
地域在宅医療支援センターは,地域包括ケアシステムにおける訪問系サービスと生活支援の中核として,相澤東病院やかかりつけ医と協働して,人生の最後まで安心して自分らしい暮らしが続けられる地域を創る
相澤健康センターは,疾病の早期発見と生活習慣病の予防を推進して,健康寿命延伸に貢献する
医療・介護の継続的な質改善を促進し,安全で質の高い医療・介護を行う
患者・利用者の視点に立った思いやりと確かな専門技能を有し,チームの一員として互いに協力し合い,情熱をもって前向きに行動できる人財を育て,時代の要請に応える
組織マネジメントを強化して,コストの適正化と仕事の効率化を図り,変革に的確に対応できる組織文化を創る

"財政破綻寸前"の町--長野県上水内郡飯綱町 http://www.town.iizuna.nagano.jp/ が挑んだ,起死回生の議会改革。全国の自治体から視察が殺到しているという。

飯綱-map01



地方議会を再生する (集英社新書)

内容紹介

町の政治を変えた、起死回生の議会改革とは?

各地で相次ぐ、議員の政務活動費不正使用。
東京都に象徴される、首長と議会の「対立」。
あるいは、大阪府の不明朗な教育行政……。
いま、地方政治は、国政以上に重要なトピックである。

そんな中、「地方政治」を考えるための、格好のモデルケースがある。
スキー場経営の失敗等で財政破綻寸前の状態に陥った長野県飯綱町は、
「住民参加」「首長に妥協しない議会」を旗印にした議会改革に着手。
その成果が認められ、全国から視察団が殺到する「日本一有名な町議会」となった。

本書は、緻密な取材に基き、飯綱町の政治再生のプロセスを描く。
具体的な事例に基づいた地方政治の処方箋であり、
「地域再生」のプロセスを綴った感動的なドキュメントである。

【目次】
第1章 異色の町議会
第2章 反骨の議長
第3章 「飯綱町」ができるまで
第4章 どん底からの出発
第5章 加速する議会改革
第6章 「議会力」が上がっていく
第7章 戦う議会
第8章 課題と未来






地方議会を再生する (集英社新書)


養命酒健康の森



 中央アルプスと南アルプス。日本を代表する2つの山脈に囲まれる水の恵みが豊かな場所に、薬酒「養命酒のふるさとがある。
 製造元の養命酒製造は、駒ヶ根工場を中心とした一帯を「養命酒健康の森」と名付けており、敷地内には体に優しいこだわりのスイーツやランチが味わえる「カフェ」、昭和初期の酒蔵を移築し、ここならではのみやけがそろう「記念館(ショップ)」、縄文、弥生、平安時代の住居跡もある自然環境に恵まれた「散策路」など見どころ沢山。養命酒健康の森には,毎年的10万人の来場者がある。
youmei     出所:https://www.yomeishu.co.jp/komagane/


 岡谷市にあった工場が昭和47年にこの地へ移転。その後、少しずつ施設を拡張し、平成17年に現在に近い形となった。
 工場見学も受け入れており、個人単位で訪れた客には体験、体感を意識したガイドと巡るディスカバリーコースを用意。ただ製造ラインを回るだけでなく、五感を通じて行う養命酒の作り方体験や、各種製品の試飲など、充実度満点の80分である。

 「36万平方㍍の7割が自然の中にあるので、憩いの空間が広がり清らかなせせらぎの音が聞こえるのも魅力。 中央自動車道・駒ヶ根インターから約15分。
 

住所 : 〒399-4117 長野県駒ヶ根市赤穂16410
電話 : 0265-82-3310




「村の生活に満足」9割近く 男性平均寿命全国1位の松川村

 男性の平均寿命82・2歳が全国1位(2013年)になった北安曇郡松川村で,自分を健康だと感じている住民の割合が8割を超え,村での生活に満足している人の割合も9割近くに上ることが,県厚生連新町病院(長野市)の本郷実院長を中心とした信州大などの研究チームの調査で分かった。全国調査の傾向を大きく上回っており,本郷院長は「長寿の要因の一つではないか」としている。

 調査は15年度,村の特定健診に合わせてアンケート形式で行い,30〜80代の約580人から回答を得た。

 自身の健康について「非常に健康」「まあまあ健康」としたのは男性82・8%,女性86・8%。一方,国民生活基礎調査(13年)の全国平均では,自分の健康について「よいと思っている」「まあよいと思っている」と答えたのは男性40・3%,女性36・9%。対象年齢や問い方が異なるため単純比較はできないが,村は倍以上高い結果だ。

 また,村での生活について「非常に満足」「まあまあ満足」は男性89・4%,女性89・2%。ストレスの有無についても「普通」「少ない」と答えた男性が88・1%,女性は78・6%に上った。
           出典:信濃毎日新聞 2016-11-26- 33面