エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
「だから群馬は…」 仮称の“官製”名を採用 「県境稜線トレイル」に失望の声

 「山の日」の11日,群馬県立森林公園「21世紀の森」(沼田市、川場村)で行われたイベントで群馬県は新潟、長野県境の約100キロの稜線トレイルの正式名称を「ぐんま県境稜線トレイル」に決定した。稜線トレイルはググっとぐんま観光キャンペーンの目玉企画の一つ。名称も公募にして盛り上げ効果をはかってきたが結局,仮称として使ってきた“官製”名を,そのまま採用した。その理由を県スポーツ振興課は「(仮称は)安定感のある名称で地域性を十分に感じられる。わかりやすく名前を聞くだけで,おおよその場所がイメージできる」などと説明した。

 公募は目玉事業の名前と顔を選ぶイベントだっただけに、“官製”名の決定に失望感は否めない。ある県議は「これだから群馬のブランド力は上がらないんだ」と,ぼやいていたという。

 名称は群馬県が5月から6月中旬にかけて公募した。県内外から693点の応募があり,山岳団体などでつくる「ぐんま県境稜線トレイル検討委員会」で最終候補を5つに絞り,県が仮称と合わせて検討した。応募作の4割が県外からだった。

 残った5つは、「ぐんま天空トレイル」「ぐんまパノラマトレイル」「ぐんま県境稜線トレイル100」「上信越国境トレイル」「ぐんまやまなみトレイル」。応募者からは「稜線歩きをしていると空を散歩している気分になるから」(天空トレイル)▽「山が連なっているから」(やまなみトレイル)▽「絶景を存分に楽しんでもらいたいとの願い」(パノラマトレイル)-など、それぞれが作品に“夢”を込めて提案していた。

 
 稜線トレイルは、みなかみ町土合-嬬恋村鳥居峠の約100キロのロングトレイルで、未整備区間の中之条町三坂峠-白砂山の約9キロが来年夏に開通すれば,国内最長になる。周辺には草津やみなかみなど有名温泉もあり,観光資源としても県はPRに力を入れる。

 
スポンサーサイト
茨城知事選告示,保守分裂の構図 改造後初選挙に自民総力戦

 任期満了に伴う茨城県知事選が10日告示され,現役知事最多となる7選を目指す現職の橋本氏と,自民,公明両党推薦の新人の大井川氏ら3人が立候補を届け出た。保守分裂の構図となり,激戦が予想される。
 自民党は7月に東京都議選で大敗を喫し,続く仙台市長選でも与党系候補が敗北した。安倍晋三政権に逆風が吹く中,自民党は内閣改造後初となる茨城県知事選に勝利し,反転攻勢のきっかけにしたいところ。

 ◇茨城県知事選 届け出順
 橋本  昌 71 知事     無現〔6〕
 大井川和彦 53 元会社役員  無新  【自】【公】
 鶴田真子美 52 NPO理事長 無新  【共】





女性として初めて都知事に就任の小池百合子氏。


 当選 小池百合子 2,912,628票(得票率44.49%)
 落選 増田寛也  1,793,453票(   27.39%)
 落選 鳥越俊太郎 1,346,103票(   20.56%)
 落選 上杉隆    179,631票(    2.74%)

  有効投票数6,546,362

東京都知事選で小池百合子氏が得た約291万票の得票数は、都選挙管理委員会のデータによると、歴代で4番目に多い。得票で最も多かったのは、2012年に猪瀬直樹氏が初当選して獲得した約433万票(得票率67.35%)。次いで1971年の故美濃部亮吉氏の約361万票(64.77%)、2003年の石原慎太郎氏の約308万票(70.21%)。

・初当選時の得票数では,猪瀬直樹氏に次いで2番目の多さであった。
・・都知事選の投票率は59.73%で前回より13ポイント余り上昇。前回、男性よりやや低かった女性の投票率は61.22%と,男性の58.19%を約3ポイント上回った。
.

⇒⇒ 小池ゆりこからのメッセージ ⇒ https://www.yuriko.or.jp/senkyo/









10月には1日に常陽銀行と足利銀行を傘下に置く足利ホールディングス(HD)が経営統合した。

<常陽銀と足利HD「あくまで地元のため」>

 10月1日,常陽銀と足利HDが1日,経営統合し,新会社「めぶきフィナンシャルグループ(FG)」を立ち上げ常陽銀と足利銀は傘下に入る。統合後の総資産は約15兆円と地域金融グループで第3位となった。「統合によるシナジーを発揮」(常陽銀の寺門一義頭取)し,地域の活性化を目指す。

 めぶきFGは社長に常陽銀の寺門一義頭取,副社長に足利HDの松下正直社長が就任した。本社は常陽銀東京営業部(東京都中央区)に置き,両行の本店所在地は変更しない。
 統合により茨城と栃木を中心に東京,千葉,埼玉,群馬などにわたって広域営業ネットワークが構築される。店舗数は常陽銀が179店舗,足利銀の153店舗。両行を合わせると332店舗,従業員数は約6700人となる。
 両行は事務手続きやシステム共通化などを推進。経費削減などで20年度までに150億円の相乗効果を見込む。また統合による業務などの効率化を図り,150人程度の人員を捻出し,顧客対応へシフトさせる目論見。5年間で約15店の新規出店を目指す。


 常陽銀は16年7月,水戸市とまちづくり全般に関する包括連携協定を締結。市内で事業創出を目指す企業を支援する融資制度などを新たに設けた。足銀も6月までに宇都宮,小山,下野の栃木県内3市などと商工振興などに関する連携協定を結んでいる。

<茨城・栃木が得意とする農産物で>

 両県が得意とする農産物の品目も茨城は白菜やレンコン,栃木はイチゴやかんぴょうなどで競合せず,製品開発などで協力関係を築ける余地がある。両行は統合後,初めて合同で食やモノづくりに関する展示会などのイベントも複数回開く予定で,県境という垣根を越えて企業の取り組みを後押しする。

 
利根川水系のダム貯水率,過去最低

2016-06-tone-dam01

                      出典:http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000647855.pdf

 国土交通省関東地方整備局 http://www.ktr.mlit.go.jp/ の発表によると,首都圏の水がめともいわれる、利根川水系の矢木沢ダム,渡良瀬貯水池など8つのダムの貯水量が,過去最低となった。6月7日0時現在の利根川上流8ダムの貯水量は,2億2,562万立方メートルで貯水率は49パーセント(平年に対し57パーセント)である。この数字は1992年に観測を始めて以降最低である。

 雪解けの水がダムに流れ込み,今年4月下旬には、薗原ダムを含む5つのダムが満水になったが,その後あまり雨が降らなかったため貯水率が下がっている。

⇒⇒ 国土交通省 関東地方整備局 ⇒⇒ 渇水対策支部を設置しました -利根川ダム統合管理事務所-
                 http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/tonedamu_00000066.html


5日 東海以西で雨 関東も梅雨入りか

4日,前線や低気圧の影響で、九州から東海地方にかけて曇りや雨となり,九州北部・南部、中国、四国、近畿、東海と一斉に梅雨入りとなった。

4日夜からは関東甲信地方でも雨の可能性があり,早ければ5日に梅雨入りとなる。梅雨入り早々、局地的に強い雨になるから,、足元にご注意を。雨具やレインブーツなど,梅雨時に使えるグッズの見直しをお忘れなく。

<4日に発表された梅雨入り>
       平年差   昨年差
九州南部 4日遅い 2日遅い
九州北部 1日早い 2日遅い
四国   1日早い 2日遅い
中国   3日早い 2日遅い
近畿   3日早い 1日遅い
東海   4日早い 1日遅い

>>>中国・四国と九州地方が梅雨入り

  気象庁は4日午前,中国,四国,九州の各地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。

 平年に比べ,中国地方は3日,四国と九州北部(山口を含む)地方はともに1日早く,九州南部地方は4日遅い。気象庁によると,中四国や九州では,低気圧の影響で今後1週間ほど,雨や曇りの日が続く見込みです。

 -----

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ★センズ アンブレラ mini  最強の傘  壊れない傘 (全429件 リストアップ)★

>>>持ち運び便利な女性用レインブーツ アキレス

---

 アキレスの女性用レインブーツ「Fit


 読売新聞(2016年05月11日付け)によると,埼玉県内5市町におけるコンビニエンスストアでの各種証明書1通あたりの発行経費は,最低で1405円,最も高いのは小鹿野町で3万1509円である。

◆小鹿野町の状況

 小鹿野町は2011年度からシステムを導入した。2014年4月~2015年3月の1年間に,コンビニ交付された証明書は,住民票の写し49通,印鑑証明書65通の計114通だった。

 町総合政策課は「町外で証明書が必要になることもあるし,役場への来庁が難しい人もいる。導入自治体が増えれば,負担金が下がることも期待できる。町としても,コスト削減に取り組みたい」としている。
埼玉県が「うどん県」目指す! 香川県に挑戦状?

「うどん県」といえば、讃岐うどんで知られる香川県であるが,埼玉県の「うどん好き」が「香川を超える『うどん県』にしよう」として名乗りを上げた。

埼玉県内のうどん店を巡って、フェイスブックなどで情報を発信する「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」は、うどん店への来店客を増やし、「うどん熱」を盛り上げようと呼びかけている,

農林水産省の「米麦加工食品生産動向」によると、2009年のうどんの生産量(生めん、ゆでめん、乾めんの合計)は、香川県が5万9643トンで第1位,埼玉県は2万4720トンの第2位,

うどん店の店舗数は、埼玉県は1905軒で第2位,香川県は657軒で15位だった(NTTタウンページ調べ),しかし、人口10万人あたりの店舗数では、香川県がダントツの1位で65.97軒,埼玉県は26.48軒である。

さらに、総務省の家計調査による「うどん・そば消費量ランキング」(1世帯あたり年間消費金額)では、第1位は香川県の1万2570円,埼玉県は6715円の第8位と、水をあけられている,

香川県といえば、自他ともに認める「うどん県」。一方、埼玉県も江戸時代から長い日照時間を活かして小麦の栽培が盛んだった,うどんを食べる習慣が根づいていて、加須市や熊谷市、鴻巣市などは、県内有数の小麦の作付け地域で、生産される小麦の約9割がめんに向いているとされる,

 県内各地には「ご当地うどん」があって、毎年6月25日を「うどんの日」と定めている「加須うどん」、「熊谷うどん」や、めんの幅が5センチメートル以上ある「川幅うどん」(鴻巣市)、深谷市の「煮ぼうとう」や川島町の「すったて」などが有名である。








福島の人口5.7%減,原発事故の爪痕深く 2015年国勢調査

 2015年国勢調査速報値によると,東京電力福島第1原子力発電所事故が起きた福島は10年の前回調査に比べ人口が5.7%減った。減少率は05~10年の5年間に比べて2.7ポイント大きくなった。岩手も3.8%減った。復興需要で人口が流入した宮城は0.6%減に踏みとどまった。宮城県では仙台市の人口が3万6199人増えたが,津波で大きな被害が出た女川町では37.0%減、南三陸町は29.0%減と軒並み人口を大きく減らした。

 今回の国勢調査では,住民票がある自治体ではなく、実際に住んでいる場所で人口をカウントしている。人口の増減を市町村別に見ると原発事故の避難区域や津波の被害を受けた沿岸部で人が戻っていない。

 福島では全域が原発事故の避難区域になった富岡,大熊,双葉,浪江の4町で人口がゼロになった。楢葉町も87.3%減り,全国で最も減少率が大きかった。県内は現在も9市町村に避難区域がある。ただ県の調べによると,県外から県内への移住世帯数は震災直後の11年度に大幅に落ち込んだものの,その後は徐々に回復している。

 国勢調査は国から地方に配る地方交付税の算定に使われる。福島県は人口減で交付額の減少が見込まれる。内堀雅雄知事は「各自治体の個別の算定状況を注視しながら,関係自治体の財政運営に支障が生じることがないよう対応したい」としている。




>>> Fukushima Pref. sees 5.7% fall since 2010

The population of Fukushima Prefecture, where many residents are still being forced to live away from home due to damage caused to their hometowns by the 2011 Great East Japan Earthquake, decreased by 115,458, a 5.7 percent decline from the last census. The two other prefectures hit hardest by the disaster — Iwate and Miyagi — also saw population declines.


那須塩原、市長の退職金は20円 那須塩原、最後の月給は1円

 今月21日に退任した栃木県那須塩原市 http://www.city.nasushiobara.lg.jp/  の阿久津憲二・前市長(72)の退職金は20円である。

 阿久津氏は給料の3割カットと退職金ゼロを公約に掲げて2012年の市長選で初当選。自らの給料を減額する特例条例を定めて同年4月以降の月給を96万円から67万2千円にし,退任時の月給を「1円」と定めた。退職金事務を扱う県市町村総合事務組合は退任時の月給と在任期間を元に退職金を支払うことから,阿久津氏の退職金は20円になる。

 特例条例がなければ退職金は1935万3600円だった。特例条例は21日で失効した。


>>>那須塩原市長選 市長に君島氏, 阿久津氏、引退表明 


 任期満了に伴い2015年12月27日投開票された那須塩原市長選は,無所属新人で元副市長の君島寛氏(67)が、再選を目指した無所属現職の阿久津憲二氏(72)を大差で破り、初当選した。前回選と同じ顔ぶれでの「再戦」は,前回114票差で及ばなかった君島氏が,雪辱を果たす形となった。阿久津氏は引退を表明した。

 当選した君島氏は,最大の争点とした新市庁舎建設の延期は「市議会の理解を得て進める」とし,予定地の民有地買収は先行取得する方針を示した。人口減少対策では「若い世代を市外から呼び込み,在住の若い世代が市外に出ていかないよう雇用の場の確保などを進めたい」とした。

●市長選開票結果=選管最終発表

当 27047 君島寛 67 無新

   16479 阿久津憲二 72 無現