エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
「陸王」経済効果は3カ月間で10億円,埼玉県が試算 行田市内の観光案内所,放送期間中の来客増加率77%
 
  ▼行田タビ

   出典: 行田市HP   http://www.city.gyoda.lg.jp/41/03/10/japan_heritage/images/tabi.jpg

 埼玉県は昨年10~12月,TBSで放送されたドラマ「陸王」の埼玉県内経済波及効果は3カ月間で約10億2千万円となったと発表した。「陸王」は行田市 http://www.city.gyoda.lg.jp/  の老舗足袋業者がランニングシューズの開発に挑む物語。同市内で行われた撮影では,延べ4万人の市民らがエキストラとして参加した。
 なお,行田の忍城をテーマに2012年11月公開の映画「のぼうの城」による埼玉県内全体の経済波及効果は約40億円と試算されているが,「ロケ地が北海道中心だったのぼうの城に比べ,陸王は行田市が中心であることから,地元経済効果という観点からすると,「陸王」との声が多い。


 経済波及効果は,埼玉県統計課 http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/a0206/index.html が開発した「経済波及効果分析ツール(イベント版)」で算出。2012~16年の同市の3カ月当たりの平均観光客数を40万5001人と割り出し,ドラマ放送期間中に市内2カ所の観光案内所の来客増加率77・61%(前年同時期比)を乗じ,観光客の増加数を31万4300人とした。

 増加した観光客数の飲食代や土産代,撮影スタッフの宿泊費などの直接効果に,関連商品の生産額の増加分などの間接効果を加え,経済波及効果額をはじき出した。同課によると,今回と同様の手法で外部機関が算出した行田の忍城をテーマにした映画「のぼうの城」の県内経済波及効果は約40億円という。

 統計課が開発した経済波及効果統計ツールは埼玉県のホームページ  http://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a152/bunseki-tool.html  から利用できます。










「陸王」効果で行田活況 観光観光館も盛況
     出典:埼玉新聞 2017年12月22日(金) http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/12/22/09_.html

 行田市を舞台に老舗足袋業者の奮闘を描くTBSドラマ「陸王」は地元を活気づかせている。陸王関連の地元商品は10種類以上に上り,回を重ねるごとに売り上げが上昇。行田の観光・物産施設の来館者数は放映前の5倍に増えた。

 ドラマは池井戸潤さんの小説「陸王」が原作で,老舗の足袋業者「こはぜ屋」が会社の存続を懸けてランニングシューズの開発に挑む物語。市によると,市内の6社が陸王の公式商品を手掛けている。

■注文殺到
 戸塚煎(せん)餅(べい)店は「陸王たび煎餅」(8袋入り税別千円ほか)を発売。足袋型の煎餅が6種類入った商品で,こはぜ屋のマーク入り。回が進むにつれて注文が殺到し,TBSストア赤坂店(東京都港区)では一番人気の商品となっている。

 店主の戸塚昌利さん(48)は「今まで付き合いのなかった企業からも注文をいただけるようになった。良い流れを東京五輪までつなげたい」と意欲的。妻の世知子さん(44)は「地域活性化の一助となればうれしい」と語る。

 市内に本店を置き,県内外で38店舗を展開する十万石ふくさやは「陸王 十万石まんじゅう」(5個入り税別575円ほか)を発売。当初,日曜限定販売だったが,注文が多いため11月から全店で毎日販売するようになった。

 そのほか,横田酒造が陸王ラベルの本醸造酒を発売。武蔵野ユニフォームは陸王のネクタイなど,北埼ダンボール工業はキーチェーン,コスモプリンツは名刺ケースやマグカップを販売している。

■足袋も好調

 伝統の足袋販売も好調だ。「創作足袋 千代の松」の代表戸塚節男さん(81)は「遠方からもお客さんが来てくれるようになり,毎日が楽しい。最盛期は市内に200社近くあった足袋業者も今は数えるほどだが,まさに“復活の狼煙(のろし)”といった感じ」。


■市民も“共演”

 ぶぎん地域経済研究所は,のぼうの城の経済波及効果を約40億円と試算したが,市内の小売店などからは「実感として,のぼうの城を上回る」との声も上がる。

 陸王は行田を中心に撮影が行われ,水上公園や忍城址など現在の街並みが登場し,市民を中心に延べ約4万人がエキストラで“共演”している。

 足袋という行田の「伝統産業」に地元の「場所」と「人」が加わり,市民にとっても身近な番組に。番組は最高視聴率17・5%を記録するなど,近年のドラマとしては高い視聴率を維持しているという。

 行田市は今年4月,文化庁から「和装文化の足元を支え続ける足袋蔵のまち行田」として県内初の「日本遺産」に認定された。工藤正司市長は「陸王の効果で,観光やエキストラとして本市を訪れる方が増えている。このチャンスをまちの活性化につなげたい」としている。

スポンサーサイト
群馬県の運転免許保有者数は昨年12月末時点で141万4675人。人口に占める保有率は全国1位の71・9%。

高齢ドライバーの数も多くなるが、県警や行政は高齢者の関連事故を防ぐため運転免許の自主返納を呼びかけている。その結果、昨年10月末現在で、75歳以上の返納者数は3654人と一昨年の2893人を上回った。

群馬県大泉町 スバル車念頭に購入補助へ 地元自治体,受注減受け支援
   
 群馬県大泉町は4月から,スバル車を念頭に安全性の高い車を購入した高齢者に対し,町独自に補助金を交付する方針。無資格検査問題で,国内向け受注が大幅に減るなど窮地のスバルを地元自治体として支援する狙いがある。

 群馬県大泉町は,スバル大泉工場からの法人町民税が全体の9割弱を占めている。同町は3年連続で普通交付税の不交付団体となっており,「スバルから恩恵や多額の寄付を受けながら,困ったときに手を差し伸べないのはいかがなものか」と,補助金制度を導入する理由を説明している。

            .........................

>>>スバルの不正,80年代からか 無資格検査で報告書提出

 スバルは2017年12月19日,無資格検査問題の調査報告書と再発防止策を国土交通省に提出した。不正は1980年代から始まっていた可能性があり,遅くとも90年代には定着。検査員を認定する社内試験でも不正が見つかった。

 外部の弁護士による調査報告書によると,スバルは,知識や技能が十分と社内で判断した従業員を,資格を取る前にもかかわらず出荷前の「完成検査」にあたらせていた。検査後は,資格をもつ検査員の印章を借りて押していた。社内外の監査のときには,工場の班長らの指示により,無資格の従業員を検査ラインから外す隠蔽(いんぺい)工作をしていたことも明らかになった。

 また,認定するための社内試験の回答を試験官が受験者に教えるなどずさんな運営の実態も発覚した。

 再発防止策は,資格を持つ検査員の配置に関する記録を残し,検査員への登用前後の教育の充実を図る――などとした。

          ..................................




いま,箱根で温泉宿の高級化が進み,高単価を見込める外国人客やシニア層にねらいを定めた一泊10万円のホテル,旅館が続々開業している。
箱根の温泉宿の高級化が過熱するのは,箱根の恵まれた環境がある。宿の開業に適した土地が少ない上に建築の規制もあり,土地や源泉の権利が高額で,熱海や鬼怒川に比べて新規参入のハードルが高い。低額な料金を訴求する伊東園ホテルズや大江戸温泉物語の2者は他の温泉地では増殖しているが,箱根ではそうした宇動きは見られない。

■ 藤田観光 「箱根小涌園 天悠」




 箱根小涌園 天悠は,黒を基調にした重厚な雰囲気のロビー,高台の立地を生かした絶景露天風呂。総工費110億円を掛けた豪華な新築旅館が4月,オープンした。箱根の名門企業,藤田観光による箱根小涌園 天悠です。天悠の平均客単価は1泊2食で3万円である。


□ オリックス 「箱根・芦ノ湖 はなをり」



 今年,芦ノ湖畔に新築開業したのが,オリックスが運営する,「箱根・芦ノ湖 はなをり」である。 客単価は2万円弱と低めに設定されている。

◇仙石原に開業の二つの小規模高級ホテル



 
 仙石原の老舗,パレスホテル箱根は,,耐震基準の改正により補強工事を余儀なくされた事により,来年4月,休館となる。
 この,パレスホテル箱根の近隣に,客単価10万円以上を設定した,二つの小規模高級ホテルが開業した。
一つは広大な森の中に100平方メートルのスイートルームを設けたKANAYA RESORT HAKONEKANAYA。もう一つは高級レストランひらまつが新展開する箱根仙石原温泉 オーベルジュ漣−Ren−オーベルジュです。どちらも,客足は好調である。







○宮ノ下の富士屋ホテル



 創業140周年の宮ノ下の宮ノ下温泉 富士屋ホテル富士屋ホテルは,耐震基準の改正により補強工事を余儀なくされ,来年4月,休館となる。老舗宿の富士屋ホテルは,建て替えにより見晴らしの良い温泉大浴場を造るなど,伝統は残しつつ,ニーズに合った設備を足すことで,2020年春の再開業後は現行より1万円高い客単価4万円を設定している。











茨城県の県都・水戸市 http://www.city.mito.lg.jp/  は,東京から直線距離で約100キロメートルと,恵まれた立地環境にある。だが,駅の北口を出ると,人口290万人を抱える県の中心地にしては,いささか物寂しい。駅前のペデストリアンデッキや,大通りを歩く人の数はまばら。駅から見渡せる範囲でも,空きビルや空き店舗が多い。
7月に国税庁が発表した今年の路線価は,全国の平均値が前年比0.4%増と2年連続で上昇しているが,水戸市の地価は下げ止まらない。国土交通省が毎年3月に発表する公示地価でも,水戸市の平均は2009年以降9年連続で下落している。

水戸市内で衰退が著しいのが駅周辺の中心市街地である。市街地空洞化の一番の原因は,「郊外型の店舗に人が流れたことにある。市郊外に2005年に「イオンモール水戸内原」がオープン。駐車場が遠くて少ない駅前よりも,すぐ隣に車を停められる郊外の大型商業施設に流れていった。

 
トピックス「2017/8 茨城知事選告示,保守分裂 改造後初選挙に自民総力戦」 

任期満了に伴う茨城県知事選が10日告示され,現役知事最多となる7選を目指す現職の橋本氏と,自民,公明両党推薦の新人の大井川氏ら3人が立候補を届け出た。保守分裂の構図となり,激戦が予想される。
 自民党は7月に東京都議選で大敗を喫し,続く仙台市長選でも与党系候補が敗北した。安倍晋三政権に逆風が吹く中,自民党は内閣改造後初となる茨城県知事選に勝利し,反転攻勢のきっかけにしたいところ。

 ◇茨城県知事選 届け出順
 橋本  昌 71 知事     無現〔6〕
 大井川和彦 53 元会社役員  無新  【自】【公】
 鶴田真子美 52 NPO理事長 無新  【共】
茨城知事選告示,保守分裂の構図 改造後初選挙に自民総力戦

 任期満了に伴う茨城県知事選が10日告示され,現役知事最多となる7選を目指す現職の橋本氏と,自民,公明両党推薦の新人の大井川氏ら3人が立候補を届け出た。保守分裂の構図となり,激戦が予想される。
 自民党は7月に東京都議選で大敗を喫し,続く仙台市長選でも与党系候補が敗北した。安倍晋三政権に逆風が吹く中,自民党は内閣改造後初となる茨城県知事選に勝利し,反転攻勢のきっかけにしたいところ。

 ◇茨城県知事選 届け出順
 橋本  昌 71 知事     無現〔6〕
 大井川和彦 53 元会社役員  無新  【自】【公】
 鶴田真子美 52 NPO理事長 無新  【共】





「だから群馬は…」 仮称の“官製”名を採用 「県境稜線トレイル」に失望の声

 「山の日」の11日,群馬県立森林公園「21世紀の森」(沼田市、川場村)で行われたイベントで群馬県は新潟、長野県境の約100キロの稜線トレイルの正式名称を「ぐんま県境稜線トレイル」に決定した。稜線トレイルはググっとぐんま観光キャンペーンの目玉企画の一つ。名称も公募にして盛り上げ効果をはかってきたが結局,仮称として使ってきた“官製”名を,そのまま採用した。その理由を県スポーツ振興課は「(仮称は)安定感のある名称で地域性を十分に感じられる。わかりやすく名前を聞くだけで,おおよその場所がイメージできる」などと説明した。

 公募は目玉事業の名前と顔を選ぶイベントだっただけに、“官製”名の決定に失望感は否めない。ある県議は「これだから群馬のブランド力は上がらないんだ」と,ぼやいていたという。

 名称は群馬県が5月から6月中旬にかけて公募した。県内外から693点の応募があり,山岳団体などでつくる「ぐんま県境稜線トレイル検討委員会」で最終候補を5つに絞り,県が仮称と合わせて検討した。応募作の4割が県外からだった。

 残った5つは、「ぐんま天空トレイル」「ぐんまパノラマトレイル」「ぐんま県境稜線トレイル100」「上信越国境トレイル」「ぐんまやまなみトレイル」。応募者からは「稜線歩きをしていると空を散歩している気分になるから」(天空トレイル)▽「山が連なっているから」(やまなみトレイル)▽「絶景を存分に楽しんでもらいたいとの願い」(パノラマトレイル)-など、それぞれが作品に“夢”を込めて提案していた。

 
 稜線トレイルは、みなかみ町土合-嬬恋村鳥居峠の約100キロのロングトレイルで、未整備区間の中之条町三坂峠-白砂山の約9キロが来年夏に開通すれば,国内最長になる。周辺には草津やみなかみなど有名温泉もあり,観光資源としても県はPRに力を入れる。

 
女性として初めて都知事に就任の小池百合子氏。


 当選 小池百合子 2,912,628票(得票率44.49%)
 落選 増田寛也  1,793,453票(   27.39%)
 落選 鳥越俊太郎 1,346,103票(   20.56%)
 落選 上杉隆    179,631票(    2.74%)

  有効投票数6,546,362

東京都知事選で小池百合子氏が得た約291万票の得票数は、都選挙管理委員会のデータによると、歴代で4番目に多い。得票で最も多かったのは、2012年に猪瀬直樹氏が初当選して獲得した約433万票(得票率67.35%)。次いで1971年の故美濃部亮吉氏の約361万票(64.77%)、2003年の石原慎太郎氏の約308万票(70.21%)。

・初当選時の得票数では,猪瀬直樹氏に次いで2番目の多さであった。
・・都知事選の投票率は59.73%で前回より13ポイント余り上昇。前回、男性よりやや低かった女性の投票率は61.22%と,男性の58.19%を約3ポイント上回った。
.

⇒⇒ 小池ゆりこからのメッセージ ⇒ https://www.yuriko.or.jp/senkyo/









10月には1日に常陽銀行と足利銀行を傘下に置く足利ホールディングス(HD)が経営統合した。

<常陽銀と足利HD「あくまで地元のため」>

 10月1日,常陽銀と足利HDが1日,経営統合し,新会社「めぶきフィナンシャルグループ(FG)」を立ち上げ常陽銀と足利銀は傘下に入る。統合後の総資産は約15兆円と地域金融グループで第3位となった。「統合によるシナジーを発揮」(常陽銀の寺門一義頭取)し,地域の活性化を目指す。

 めぶきFGは社長に常陽銀の寺門一義頭取,副社長に足利HDの松下正直社長が就任した。本社は常陽銀東京営業部(東京都中央区)に置き,両行の本店所在地は変更しない。
 統合により茨城と栃木を中心に東京,千葉,埼玉,群馬などにわたって広域営業ネットワークが構築される。店舗数は常陽銀が179店舗,足利銀の153店舗。両行を合わせると332店舗,従業員数は約6700人となる。
 両行は事務手続きやシステム共通化などを推進。経費削減などで20年度までに150億円の相乗効果を見込む。また統合による業務などの効率化を図り,150人程度の人員を捻出し,顧客対応へシフトさせる目論見。5年間で約15店の新規出店を目指す。


 常陽銀は16年7月,水戸市とまちづくり全般に関する包括連携協定を締結。市内で事業創出を目指す企業を支援する融資制度などを新たに設けた。足銀も6月までに宇都宮,小山,下野の栃木県内3市などと商工振興などに関する連携協定を結んでいる。

<茨城・栃木が得意とする農産物で>

 両県が得意とする農産物の品目も茨城は白菜やレンコン,栃木はイチゴやかんぴょうなどで競合せず,製品開発などで協力関係を築ける余地がある。両行は統合後,初めて合同で食やモノづくりに関する展示会などのイベントも複数回開く予定で,県境という垣根を越えて企業の取り組みを後押しする。

 
利根川水系のダム貯水率,過去最低

2016-06-tone-dam01

                      出典:http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000647855.pdf

 国土交通省関東地方整備局 http://www.ktr.mlit.go.jp/ の発表によると,首都圏の水がめともいわれる、利根川水系の矢木沢ダム,渡良瀬貯水池など8つのダムの貯水量が,過去最低となった。6月7日0時現在の利根川上流8ダムの貯水量は,2億2,562万立方メートルで貯水率は49パーセント(平年に対し57パーセント)である。この数字は1992年に観測を始めて以降最低である。

 雪解けの水がダムに流れ込み,今年4月下旬には、薗原ダムを含む5つのダムが満水になったが,その後あまり雨が降らなかったため貯水率が下がっている。

⇒⇒ 国土交通省 関東地方整備局 ⇒⇒ 渇水対策支部を設置しました -利根川ダム統合管理事務所-
                 http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/tonedamu_00000066.html