FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
泉佐野市 特別交付税4億円減 ふるさと納税めぐり事実上の不交付

 高市早苗総務相は、今年度12月分の特別交付税について、ふるさと納税制度で多額の収入を得た大阪府泉佐野市を減額とすると発表した。交付されるのは災害対応分710万円のみで、事実上の不交付。前年度12月分の4億3502万円から大幅減となった。同市の特別交付金は18年度3月分も同様の措置で約2億円減だった。ふるさと納税増額による災害対応分のみの交付は同市だけ。

 泉佐野市は、総務省が求めた過度な返礼品の見直しに応じなかったことから、総務省が6月に始めたふるさと納税の新制度から除外された。

 特別交付税は、当初予算で見込めない災害復旧や地域医療対策などとして国から地方自治体に交付される。普通交付税と合わせた地方交付税全体の約6%を占め、年2回配分される。



       ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
      ★:☆  泉  佐  野  市  問  題 ☆:★
        ┗…┛┗…┛┗…┛┗…┛┗…┛┗…┛┗…┛



>>>ふるさと納税で国提訴 新制度除外取り消し求める 大阪・泉佐野市


  6月開始の新制度では,返礼品を「寄付額の3割以下の地場産品」などとする基準を満たす自治体が対象。総務省はこれに先立ち,大臣通知で同様の基準を守るよう,自治体に要請していた。だが泉佐野市は従わず,インターネット通販「アマゾン」のギフト券などを贈って,昨年11月~今年3月に332億円の寄付を集めた。総務省は基準を満たしていないとして5月に新制度からの除外を決めた。

 大阪府泉佐野市は,ふるさと納税制度除外した総務省の決定は違法として,大阪府,高市早苗総務相を相手取り,決定の取り消しを求める訴訟を大阪高裁に起こした。地方自治をめぐる両者の対立は,法廷闘争へ発展した。

 泉佐野市は訴状で,通知は法的拘束力のない「技術的助言」にすぎないと主張。助言に従わなかったことを理由に,新制度から除外するのは市に不利益を強いるものだと訴えている。さらに,新制度の法規制が適用される6月以前にさかのぼり市の行為を除外の判断材料としたのは,裁量権の逸脱に当たるとしている。

 総務省はこれまで「健全で公平な制度運用のため,過去の実績を考慮するのは許される」と反論していた。

 総務省の除外決定をめぐり泉佐野市は6月,同省の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出。係争委は9月,過去の不適切な寄付集めを理由とした除外は違法の恐れがあるとし,同省に再検討を勧告したが,同省は10月に除外判断を維持した。


>>>泉佐野市が基金300億円を目的外使用 地方自治法違反の疑い

 大阪府泉佐野市が平成30年度に,公共施設の整備を目的に設置した基金「公共施設整備基金」から358億円を取り崩し,そのうち約300億円を目的外の用途で活用していた。多額の寄付金を集めたふるさと納税の返礼品などの費用に充てており,地方自治法違反となる疑いがある。

 泉佐野市はふるさと納税の返礼品にアマゾンギフト券などを提供して30年度に497億円もの寄付金を集め,歳入は前年度比約8割増の1330億円となった。予想以上に寄付金が増加し,570億円を自治体の貯金にあたる基金への積み立てに充てている。

 このうち,公共施設整備を目的に設置された公共施設整備基金に,30年度は480億円が積み立てられた。同基金からは358億円が取り崩されたが,30年度に公共施設の整備などの建設事業費に充てられた「投資的経費」は53億円にとどまる。差額分の約300億円は目的外の用途で処分したことになる。

 地方自治法241条では「特定の目的のために基金を設けた場合は該当目的のためでなければこれを処分できない」と定めている。

◇◆◇◆◇ 地方自治法について ◆◇◆◇◆◇
       Source:http://www.soumu.go.jp/main_content/000051164.pdf
地 方 自 治 法
「この法律は、地方自治の本旨に基いて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全な発達を保障することを目的とする。」(第1条)

地方公共団体の種類について

2019-11-地方自治


スポンサーサイト





 兵庫県三田市 https://www.city.sanda.lg.jp/  は県南東部に位置する面積約210平方㌔㍍の街である。南は神戸市,東は宝塚市と猪名川町,西は加東市と三木市,そして北は篠山市と接する。

 三田市が脚光を浴びたきっかけは,、1981年に入居が開始された「北摂三田ニュータウン」 の開発である。面積は1200㌶に及び、ニュータウン全体が「フラワータウン」「ウッディタウン」「カルチャータウン」「テクノパーク」 の4エリアに分けられ,期を分けて長期間にわたって分譲するなどの工夫が施された。

 1985年に3万人台だった人口は,開発に伴い急速に増加し,97年に10万人を突破。88~97年に人口増加率は10年連続で全国1位を記録した。だが,開発・分譲の終了後は人口の流入が止まり,2011年の11万5000人をピークに人口は横ばいとなり,現在は11万2000人にまで減少した。開発終了後は人の新陳代謝が進まず,人口減少に転じた。

○都市と農村が融合した街

 現在、三田市の高齢化率(65歳以上が占める割合)は21・3%と、全国平均の26・6%に比べて低い。空き家率も13年に10・8%と、全国平均の13・5%はもとより東京都の11・1%に比べても低い水準にある。
 だが,三田市の将来は楽観視はできない。国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば,三田市の高齢化率は今後急速に高まり,25年にば30・8%と国の平均値30%を超え,45年には40・7%に達すると推計されている(国の平均値36・8%)。
 ニュータウンであるが故の急速な高齢化を,三田市はこれから迎えるのである。人の新陳代謝を活発にするには、人を集める「仕掛け」が必要である。

ニュータウンとしての顔ばかりが目立つ三田市だが、この街を歩くと「都市」とT農村」が見事に融合した街であることに気づく。
 とくに市北部は豊かな里山が残っている。有馬富士や千丈寺山、天神岳などの山々に囲まれている。88年に完成した千丈寺湖はブラックバスの釣り場として人気だ。ブランド牛の三田牛の肉を扱う店はミシュランガイドに載っており、三田米もおいしい米として名をはせている。
 三田市は「地域おこし協力隊」を16年度に結成。地域外の人材を積極的に呼び込み、産業創成やコミュニティー活性化を図っている。地元の名産・母子茶をクリームに繰り込んだどら焼きや、三田牛の牛糞を堆肥として利用した減農薬のにんにくの生産などの成果が出ている。
 近隣の加東市や三木市のような「ゴルフ場銀座」となるのでなく、地道な人の呼び込み作戦を展開している。新しい三田の像を生み出せるか期待したい。   
京都商議所新会頭に塚本氏 創業の京都,再興へ布陣

 京都商工会議所  https://www.kyo.or.jp/kyoto/    の会頭が13年ぶりに交代する。4期を務めた立石義雄会頭(80,オムロン名誉会長)に代わり,副会頭を務める塚本能交氏(71,ワコールホールディングス会長)が2020年4月に新会頭に就任する。なお,次期会頭に内定している塚本能交副会頭は,来年4月から引き継ぐことも決め,新たな副会頭には村田製作所の村田恒夫社長,京都銀行の土井伸宏頭取の60歳代の新たな副会頭2人を選任した。続投する堀場厚堀場製作所会長,山口悟郎京セラ会長との5人の副会頭で支える。

 新人事で,次代の京都を担うスタートアップ企業の育成を加速する。


 ◆◇◆◇◆◇ 京都商工会議所 ◆◇◆◇◆◇
京都商工会議所は、主に京都市内に事業所をおく企業で運営される商工会議所。会員数は約1万2千社。京都検定を主催する。京都経済4団体のひとつ。
>>>ふるさと納税で国提訴 新制度除外取り消し求める 大阪・泉佐野市

  6月開始の新制度では,返礼品を「寄付額の3割以下の地場産品」などとする基準を満たす自治体が対象。総務省はこれに先立ち,大臣通知で同様の基準を守るよう,自治体に要請していた。だが泉佐野市は従わず,インターネット通販「アマゾン」のギフト券などを贈って,昨年11月~今年3月に332億円の寄付を集めた。総務省は基準を満たしていないとして5月に新制度からの除外を決めた。

 大阪府泉佐野市は,ふるさと納税制度除外した総務省の決定は違法として,大阪府,高市早苗総務相を相手取り,決定の取り消しを求める訴訟を大阪高裁に起こした。地方自治をめぐる両者の対立は,法廷闘争へ発展した。

 泉佐野市は訴状で,通知は法的拘束力のない「技術的助言」にすぎないと主張。助言に従わなかったことを理由に,新制度から除外するのは市に不利益を強いるものだと訴えている。さらに,新制度の法規制が適用される6月以前にさかのぼり市の行為を除外の判断材料としたのは,裁量権の逸脱に当たるとしている。

 総務省はこれまで「健全で公平な制度運用のため,過去の実績を考慮するのは許される」と反論していた。

 総務省の除外決定をめぐり泉佐野市は6月,同省の第三者機関「国地方係争処理委員会」に審査を申し出。係争委は9月,過去の不適切な寄付集めを理由とした除外は違法の恐れがあるとし,同省に再検討を勧告したが,同省は10月に除外判断を維持した。


>>>泉佐野市が基金300億円を目的外使用 地方自治法違反の疑い

 大阪府泉佐野市が平成30年度に,公共施設の整備を目的に設置した基金「公共施設整備基金」から358億円を取り崩し,そのうち約300億円を目的外の用途で活用していた。多額の寄付金を集めたふるさと納税の返礼品などの費用に充てており,地方自治法違反となる疑いがある。

 泉佐野市はふるさと納税の返礼品にアマゾンギフト券などを提供して30年度に497億円もの寄付金を集め,歳入は前年度比約8割増の1330億円となった。予想以上に寄付金が増加し,570億円を自治体の貯金にあたる基金への積み立てに充てている。

 このうち,公共施設整備を目的に設置された公共施設整備基金に,30年度は480億円が積み立てられた。同基金からは358億円が取り崩されたが,30年度に公共施設の整備などの建設事業費に充てられた「投資的経費」は53億円にとどまる。差額分の約300億円は目的外の用途で処分したことになる。

 地方自治法241条では「特定の目的のために基金を設けた場合は該当目的のためでなければこれを処分できない」と定めている。

◇◆◇◆◇ 地方自治法について ◆◇◆◇◆◇
       Source:http://www.soumu.go.jp/main_content/000051164.pdf
地 方 自 治 法
「この法律は、地方自治の本旨に基いて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全な発達を保障することを目的とする。」(第1条)

地方公共団体の種類について

2019-11-地方自治


 総務省は10月3日,ふるさと納税の新制度から大阪府泉佐野市を引き続き除外すると決定し,市に通知した。除外は過去の不適切な寄付集めが理由。第三者機関「国地方係争処理委員会」の勧告は,新制度を定めた改正地方税法に反する恐れがあると指摘したが,総務省は「適法」と受け入れなかった。
 総務省は新制度参加を認めるかどうかの判断に過去の寄付集めを考慮するのは,自治体間の公平性を確保し国民の理解を得るために必要と主張。泉佐野市の参加を認めれば他自治体が納得せず,適正な制度運営が困難になると説明した。

 泉佐野市は不服として,総務相を相手取って高裁に提訴する方向で検討すると明らかにした。泉佐野市は,総務省の決定に不服がある場合,高等裁判所に提訴することができることになっていて,今後,司法の場で,両者の争いが続く可能性もある。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 総務省は,ことし6月から始めたふるさと納税の新しい制度で,大阪・泉佐野市を除外したことについて,先月,国と地方の争いを調停する「国地方係争処理委員会」から「除外の理由は法律違反のおそれもある」などとして,異例となる再検討を勧告された。

 
総務省,「ふるさと納税制度泉問題」で泉佐野市に完敗 

ふるさと納税制度からの除外をめぐる総務省と大阪府泉佐野市の対立で,総務省の第三者機関・国地方係争処理委員会が2日,石田真敏総務相に除外の内容を見直すよう求めた。国地方係争処理委員会は,法的拘束力のない通知への違反を除外理由にしたことを「法に違反する恐れがある」と認定しており,事実上,総務省の「完敗」となった。


大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた (幻冬舎新書)


 大阪というと,芸人顔負けのおばちゃん、アンチ巨人の熱狂的阪神ファン、ドケチでがめつい商売人……といった,大阪人像が浮かぶ。これは主としてテレビでつくられた大阪側も話を盛ってひろがった,作り物の大阪的イメージであり,実態とは異なると異議をとなえる。興味深いのは阪神タイガース関連の話。1960年代までは阪神地区でもタイガースファンは少数派で,甲子園球場は対巨人戦以外ガラガラだった。そこで,開局したばかりの地方テレビ局とジリ貧のラジオの後押しが,タイガース人気を盛り上げるきっかけになったという。
 数多くの文献や事例を基に、理詰めで,従来の大坂像を崩していく。関東大震災で東京から関西に居を移した谷崎潤一郎は,大阪の女性が抑制のきいた静かな物言いを好むと感じたというエピソードは,興味深い。
京都ぎらい (朝日新書)』の著者が、紋切型の大阪像に異議をとなえをくつがえす本である。






『万葉集』『古事記』『日本書紀』でも描かれた吉野。歴史もブランド力もある修練の聖地には,まちづくりのヒントがあった。

なぜ京都・綾部市は限界集落を再生・元気にしているのか?
本書からは地方創生の秘訣やヒントを得られる!
 --小川、里山、棚田…守りたい、守らなければいけないニッポンの原風景を次世代にどうつなげていくか。限界集落を水源の里と呼び換えて、元気を取り戻した集落から得られるヒント--。

*「(活性化は)いまさらもう無理」「なにをやってもダメ」とあきらめていたおばあちゃんたちが「これまででいちばん幸せ」と俄然元気になった理由は?
*荒れ果てた杉林を間伐したら、400万株のシャガの花を発見! 毎年一万人が来る一大観光スポットに!
*地元の小さな山に手を入れることで、週末トレッキングで注目!
*自分たちが忘れていたものが、集落外で思わぬ評判に。右肩上がりに販売数を伸ばす「瀬尾谷粕漬」等々

本書はこういった、限界集落を水源の里に呼び換えて「再生」を図っている、京都府綾部市の16集落の事例を紹介しています。そして「水源の里」という考え方は全国へと広がり、「全国水源の里連絡協議会」が生まれ、現在全国161の市町村が参加しています。綾部以外の取り組みも最終章で紹介しています。集落再生、まちづくりのヒントになるだけでなく、暮らしやビジネスヒントにもなるものでしょう。
-----------


主な内容
第一章 「水源の里条例」指定集落をたずねて

「人は誰でも何かの役に立てる」ことが実感できる/どこにでもある花、ここでしか出合えない風景/思い出の山を、観光資源に再生させる/美しい風景を守りたい、その想いは食の恵みとリンクする/おかあさん、おばあちゃん、おじいちゃんの愛情はインスタ映えをはるかに超える/新しい人の流れが集落の状況を変える/帰ってこられるという安心感/オーナー制度や体験作業でファンを増やして、地域を活性化ほか
第二章 水源の里条例を進める綾部市の現在・過去・未来
水源の里条例施行10年の足跡/水源の里 いま抱える問題/「水源の里条例」単体でなく、複合的施策で取り組む/地域の健康づくりを支援する「コミュニティナース」/「人財教育」もあやべが誇れる地域資産です
第三章 あやべから全国へ広がる「水源の里」~全国17市町村の取り組みを紹介~
コーヒーの飲める図書館 ~和歌山県有田川町/古湯温泉を本好きの聖地に ~佐賀県佐賀市/たくあん漬け&郷土料理会を通して強める地域の絆 ~東京都檜原村/「水源を守る」を発展させて ~群馬県みなかみ町/Iターンでユリの花づくりに挑戦~岐阜県揖斐川町/化石と自然と健康と ~北海道中川町/フットパスとかつぬま朝市を体験 ~山梨県甲州市/女性が活躍する獣害対策 ~島根県美郷町ほか







夏の参院選 大阪選挙区

◇日本維新の会の現職が立候補予定
 大阪選挙区では、日本維新の会の現職が立候補予定で、維新は2人目を立てることも検討している。公明党、共産党はそれぞれ現職を擁立し、立憲民主党と国民民主党の新人らも出馬を予定している。

◇自民党,参院選2人目擁立を断念 
 自民党大阪府連は2日、夏の参院選大阪選挙区(改選数4)で模索していた2人目の公認候補の擁立を断念した。党本部からの指示を受け、すでに公認している元府知事の太田房江参院議員(67)=比例代表=に候補者を一本化する。

 夏の参院選をめぐり、自民は太田氏のほかに元大阪市議の新人、柳本顕氏(45)を公認していたが、柳本氏は4月の大阪市長選に出馬し、参院選の公認を辞退していた。


「京町家」の危機-企業が京町家を活用する動きも

 伝統的建築物として価値の高い「京町家」ですが,近年その数は減少し続けています。
 京都市は「京町家」とは,建築基準法が施行された1950年以前に建てられた木造建築物で、平入りの屋板や坪庭といった特徴を有するものと定義しています。
 京都市では2008~10年に市内中心部に約4万7000軒の町家があることを確認しましたが、16~17年に追跡調査をしたところ、約5600軒が消滅。残存する町家も1割以上が空き家であることが分かりました。町家減少の原因は、高齢化による住人の減少や後継ぎ不足、さらに修繕ができる職人が減っているという問題も指摘されています。。

 そんな中、婦人下着大手のワコールは2018年年4月,京町家をリノベーションした宿泊施設をオープンしました。この事業は京町家の特性を活かしながらリノベーションを行い、泊まるだけではなく京都に暮らしているかのような滞在体験の提供を目指しています。岡崎を含め、京都市内に4軒の開業しています。





             [最安料金(目安)] 14,888円~