FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 総務省は10月3日,ふるさと納税の新制度から大阪府泉佐野市を引き続き除外すると決定し,市に通知した。除外は過去の不適切な寄付集めが理由。第三者機関「国地方係争処理委員会」の勧告は,新制度を定めた改正地方税法に反する恐れがあると指摘したが,総務省は「適法」と受け入れなかった。
 総務省は新制度参加を認めるかどうかの判断に過去の寄付集めを考慮するのは,自治体間の公平性を確保し国民の理解を得るために必要と主張。泉佐野市の参加を認めれば他自治体が納得せず,適正な制度運営が困難になると説明した。

 泉佐野市は不服として,総務相を相手取って高裁に提訴する方向で検討すると明らかにした。泉佐野市は,総務省の決定に不服がある場合,高等裁判所に提訴することができることになっていて,今後,司法の場で,両者の争いが続く可能性もある。

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 総務省は,ことし6月から始めたふるさと納税の新しい制度で,大阪・泉佐野市を除外したことについて,先月,国と地方の争いを調停する「国地方係争処理委員会」から「除外の理由は法律違反のおそれもある」などとして,異例となる再検討を勧告された。

 
スポンサーサイト



総務省,「ふるさと納税制度泉問題」で泉佐野市に完敗 

ふるさと納税制度からの除外をめぐる総務省と大阪府泉佐野市の対立で,総務省の第三者機関・国地方係争処理委員会が2日,石田真敏総務相に除外の内容を見直すよう求めた。国地方係争処理委員会は,法的拘束力のない通知への違反を除外理由にしたことを「法に違反する恐れがある」と認定しており,事実上,総務省の「完敗」となった。


大阪的 「おもろいおばはん」は、こうしてつくられた (幻冬舎新書)


 大阪というと,芸人顔負けのおばちゃん、アンチ巨人の熱狂的阪神ファン、ドケチでがめつい商売人……といった,大阪人像が浮かぶ。これは主としてテレビでつくられた大阪側も話を盛ってひろがった,作り物の大阪的イメージであり,実態とは異なると異議をとなえる。興味深いのは阪神タイガース関連の話。1960年代までは阪神地区でもタイガースファンは少数派で,甲子園球場は対巨人戦以外ガラガラだった。そこで,開局したばかりの地方テレビ局とジリ貧のラジオの後押しが,タイガース人気を盛り上げるきっかけになったという。
 数多くの文献や事例を基に、理詰めで,従来の大坂像を崩していく。関東大震災で東京から関西に居を移した谷崎潤一郎は,大阪の女性が抑制のきいた静かな物言いを好むと感じたというエピソードは,興味深い。
京都ぎらい (朝日新書)』の著者が、紋切型の大阪像に異議をとなえをくつがえす本である。






『万葉集』『古事記』『日本書紀』でも描かれた吉野。歴史もブランド力もある修練の聖地には,まちづくりのヒントがあった。

なぜ京都・綾部市は限界集落を再生・元気にしているのか?
本書からは地方創生の秘訣やヒントを得られる!
 --小川、里山、棚田…守りたい、守らなければいけないニッポンの原風景を次世代にどうつなげていくか。限界集落を水源の里と呼び換えて、元気を取り戻した集落から得られるヒント--。

*「(活性化は)いまさらもう無理」「なにをやってもダメ」とあきらめていたおばあちゃんたちが「これまででいちばん幸せ」と俄然元気になった理由は?
*荒れ果てた杉林を間伐したら、400万株のシャガの花を発見! 毎年一万人が来る一大観光スポットに!
*地元の小さな山に手を入れることで、週末トレッキングで注目!
*自分たちが忘れていたものが、集落外で思わぬ評判に。右肩上がりに販売数を伸ばす「瀬尾谷粕漬」等々

本書はこういった、限界集落を水源の里に呼び換えて「再生」を図っている、京都府綾部市の16集落の事例を紹介しています。そして「水源の里」という考え方は全国へと広がり、「全国水源の里連絡協議会」が生まれ、現在全国161の市町村が参加しています。綾部以外の取り組みも最終章で紹介しています。集落再生、まちづくりのヒントになるだけでなく、暮らしやビジネスヒントにもなるものでしょう。
-----------


主な内容
第一章 「水源の里条例」指定集落をたずねて

「人は誰でも何かの役に立てる」ことが実感できる/どこにでもある花、ここでしか出合えない風景/思い出の山を、観光資源に再生させる/美しい風景を守りたい、その想いは食の恵みとリンクする/おかあさん、おばあちゃん、おじいちゃんの愛情はインスタ映えをはるかに超える/新しい人の流れが集落の状況を変える/帰ってこられるという安心感/オーナー制度や体験作業でファンを増やして、地域を活性化ほか
第二章 水源の里条例を進める綾部市の現在・過去・未来
水源の里条例施行10年の足跡/水源の里 いま抱える問題/「水源の里条例」単体でなく、複合的施策で取り組む/地域の健康づくりを支援する「コミュニティナース」/「人財教育」もあやべが誇れる地域資産です
第三章 あやべから全国へ広がる「水源の里」~全国17市町村の取り組みを紹介~
コーヒーの飲める図書館 ~和歌山県有田川町/古湯温泉を本好きの聖地に ~佐賀県佐賀市/たくあん漬け&郷土料理会を通して強める地域の絆 ~東京都檜原村/「水源を守る」を発展させて ~群馬県みなかみ町/Iターンでユリの花づくりに挑戦~岐阜県揖斐川町/化石と自然と健康と ~北海道中川町/フットパスとかつぬま朝市を体験 ~山梨県甲州市/女性が活躍する獣害対策 ~島根県美郷町ほか







夏の参院選 大阪選挙区

◇日本維新の会の現職が立候補予定
 大阪選挙区では、日本維新の会の現職が立候補予定で、維新は2人目を立てることも検討している。公明党、共産党はそれぞれ現職を擁立し、立憲民主党と国民民主党の新人らも出馬を予定している。

◇自民党,参院選2人目擁立を断念 
 自民党大阪府連は2日、夏の参院選大阪選挙区(改選数4)で模索していた2人目の公認候補の擁立を断念した。党本部からの指示を受け、すでに公認している元府知事の太田房江参院議員(67)=比例代表=に候補者を一本化する。

 夏の参院選をめぐり、自民は太田氏のほかに元大阪市議の新人、柳本顕氏(45)を公認していたが、柳本氏は4月の大阪市長選に出馬し、参院選の公認を辞退していた。


「京町家」の危機-企業が京町家を活用する動きも

 伝統的建築物として価値の高い「京町家」ですが,近年その数は減少し続けています。
 京都市は「京町家」とは,建築基準法が施行された1950年以前に建てられた木造建築物で、平入りの屋板や坪庭といった特徴を有するものと定義しています。
 京都市では2008~10年に市内中心部に約4万7000軒の町家があることを確認しましたが、16~17年に追跡調査をしたところ、約5600軒が消滅。残存する町家も1割以上が空き家であることが分かりました。町家減少の原因は、高齢化による住人の減少や後継ぎ不足、さらに修繕ができる職人が減っているという問題も指摘されています。。

 そんな中、婦人下着大手のワコールは2018年年4月,京町家をリノベーションした宿泊施設をオープンしました。この事業は京町家の特性を活かしながらリノベーションを行い、泊まるだけではなく京都に暮らしているかのような滞在体験の提供を目指しています。岡崎を含め、京都市内に4軒の開業しています。





             [最安料金(目安)] 14,888円~






「青バイ」-「ひったくり全国ワースト1」の汚名返上を期して誕生


「青バイ」とは。青バイは、白バイとは違い、その誕生には訳がある。

大阪では、ひったくり事件の発生が20年以上、全国でワースト1の状態だった。そこで、大坂府警は1997年、その汚名を返上しようと、ひったくり犯を中心に取り締まるバイク部隊「大阪スカイブルー隊」を発足させた。そのバイクが「青バイ」で、ボディが青いことから名付けられた。

従来の白バイよりも小さい250㏄の中型バイクを主に使用し、小回りが利くため路地裏などでも機動力を発揮する。府警の青バイはその後、ひったくり少年団の摘発などで活躍してきた。大阪でのひったくり事件発生は、2010年には、35年ぶりに全国ワースト1を脱出した。その件数も、ピークだった2000年の約5分の1にまで激減したという。



大阪府知事と大阪市長のダブル選は4月7日投票され、知事選は前大阪市長の吉村洋文(ひろふみ)氏(43)、市長選は前大阪府知事の松井一郎氏(55)が、いずれも当選した。「大阪都構想」を争点とする選挙で、地域政党・大阪維新の会が事実上の勝利を収めたことで、都構想が前進する可能性が高まった。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>>>橋下徹「これが真相・大阪維新の大勝負
 https://president.jp/articles/-/28437

大阪維新の会が圧勝した大阪ダブル・クロス選挙に続き、4月21日の衆院大阪12区補欠選挙でも維新系の候補が議席を確保した。2015年の大阪都構想住民投票で一敗地にまみれた維新は、いま、なぜ再び旋風を巻き起こしているのか。そこには維新創設者の橋下徹氏が「維新のニューリーダー」と絶賛する吉村洋文大阪府知事の深謀遠慮があった。橋下氏が一部想像を交えながら内幕を明かす。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(4月23日配信)から抜粋記事――。


>>>橋下徹「これが真相・大阪維新の大勝負」 
     https://president.jp/articles/-/28437

大阪維新の会が圧勝した大阪ダブル・クロス選挙に続き、4月21日の衆院大阪12区補欠選挙でも維新系の候補が議席を確保した。2015年の大阪都構想住民投票で一敗地にまみれた維新は、いま、なぜ再び旋風を巻き起こしているのか。そこには維新創設者の橋下徹氏が「維新のニューリーダー」と絶賛する吉村洋文大阪府知事の深謀遠慮があった。
                 (略)

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「大阪都構想」
「大阪都構想」とは,大阪府と大阪市の二重行政を解消するためのプランである。大阪都構想」の行方は,これからの地方自治のあり方に大きく影響を及ぼすのは必至とされる。もし大阪で「都構想」が実現すると,廃藩置県以来、大きな見直しがされてこなかった地方自治の枠組みの再構築が全国に広がる可能性もある。




兵庫 明石市長選挙 暴言で辞職の前市長 3回目の当選


職員への暴言で前の市長が辞職したことに伴う兵庫県明石市の市長選挙は17日、投票が行われ、辞職し、改めて立候補した前市長の泉房穂氏が、3回目の当選を果たしました。

◇明石市長選挙開票速報(平成31年3月17日執行)

当日有権者数

 247,930人

投票者数

116,134人

投票率

       46.84%

 

開票状況

届け出順

候補者名

第1報

午後10時10分

開票率/0%

第2報

午後10時40分

開票率/

16.36%

 第3報

午後11時10分

開票率/

57.69%

第4報

午後11時40分

開票率/

98.16% 

確定

午後11時45分

開票率/

100%

北口 ひろと

0票

8,000票

20,000票

26,500票

26,580票

新町 みちよ

0票

3,000票

7,000票

7,000票

7,321票

いずみ ふさほ

0票

8,000票

40,000票

80,500票

80,795票

 

得票順

候補者名

得票数

いずみ ふさほ

   80,795票

北口 ひろと

26,580票

新町 みちよ

7,321票



泉氏は55歳。
衆議院議員などを経て、平成23年の明石市長選挙で初当選しました。



 かねてから ,全国学力テストの結果を教員の給与に反映させる方針を打ち出している大阪市 http://www.city.osaka.lg.jp/  の吉村洋文市長は,来年のテストで全政令指定都市中最下位を脱することができなければ,自身の夏の賞与を全額返上するという。

                                       画像:大阪市HPより

 吉村市長は「教員らに対して結果に責任を負うよう求める以上,自身もそうあるべきだ」とする。学力向上の指導をする教育委員会の担当者にも責任を持ってもらうとして,教員と同様にテスト結果が給与に反映する制度の構築を検討するとした。

 各学校の目標については一律に決めたいとしていたが,学校の実情や地域の特性なども考慮して個別に決める可能性もあるとした。

 大阪市は小学6年と中学3年を対象とした全国学力テストで,2年連続で全政令指定都市中最下位。市長は改善に向けた制度改革を進めるとしており,詳細は市長と市教委などでつくる「総合教育会議」で本年度内に結論を出す予定。

◆大阪市
・人口(平成30年4月1日現在:推計人口): 2,716,989人
・人口密度(平成30年4月1日現在:推計人口):1平方キロメートルあたり12,064人
・世帯数(平成30年4月1日現在:推計人口): 1,401,429世帯