FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


新幹線開通・金沢の日本一 <菓子とアイスクリーム>

 北陸新幹線開通に合わせてにぎわう北陸三県。中でも名所旧跡の多い金沢市は人気でホテルや旅館の予約が取りづらい状況が続いている。そんな、金沢の知られざる「日本一」。

【金沢日本一 菓子類の年間支出金額】

 家計調査によると,金沢の1世帯あたりの菓子類の年間支出金額9万5614円。和菓子やチョコレートの年間消費支出額もNo.1である。


【金沢日本一 アイスクリーム・シャーベットの年間支出金額 】

  家計調査によると,1世帯あたりのアイスクリーム・シャーベットの年間支出金額9857円。2位は9064円でお隣の富山市。

  アルミ建材メーカーの「YKK AP」は、「6年後の東京オリンピックを前にアルミ建材の需要増加が見込まれることから、黒部市の製造所のアルミを鋳造する装置を入れ替えるなど、今年度から90億円を超える大規模な設備投資を行う。

 「YKK AP」によると,国内の生産拠点となっている黒部市の3つの製造所では,アルミ鋳造から部品の生産、組み立てまでの「一貫生産」を行っている。それを,さらに効率を高めるため,今年度から10年かけて、製造所内の工場の建て替えを進めるとともに、アルミ鋳造装置を入れ替える。

 なお,現在の鋳造装置は電気を使っているが,東日本大震災以降の電力の供給事情の変化にあわせて、新しい装置にはLNG・液化天然ガスに対応した装置を導入する。

  同社は,東京オリンピックに向けて首都圏などでビルやマンションの着工が増えると見込まれることから、アルミ建材の生産強化に取り組むことにした」としている。



黒部事業所    (同社HPより)

YKK APの製造と技術の中核拠点としての役割を担う事業所で、富山県東部の黒部市に黒部製造所、黒部越湖製造所、黒部荻生製造所の3製造所を擁しています。
地域社会とともに歩む事業所を目指し、新川地区広域市町村圏の中核都市としての住民福祉増進と新時代にマッチした町づくりに貢献しています。

黒部事業所

北陸本線生地駅に隣接する製造所です。
昭和34年(1959年)に生地工場として操業を開始し、後に黒部製造所として改称されました。

操業 昭和34年11月(1959年)
敷地総面積 345,000㎡
建物総面積 延254,000㎡
住所 〒938-8610
富山県黒部市吉田200

黒部事業所

黒部越湖製造所

富山湾に面し、昭和51年(1976年)にアルミ建材に使われる部品工場として設立。部品要素技術・開発力をベースにクレセント、戸車、網戸用ネット、ビス等の機能部品を生産しています。

操業 昭和51年8月(1976年)
敷地総面積 234,000㎡
建物総面積 延154,000㎡
住所 〒938-8613
富山県黒部市吉田9425

黒部越湖製造所

黒部荻生製造所

北陸道黒部ICに近接する住宅用建材加工製造所です。
平成7年(1995年)に操業を開始し、急速な技術革新と市場環境の変化に合わせ、多様化するアルミ建材のニーズに応えられる最新設備を導入し、本格的CIM工場へと発展。
建材加工部門の拠点製造所として、美しく高品質な建材を生産しています。

操業 平成7年7月(1995年)
敷地総面積 337,000㎡
建物総面積 延170,000㎡
住所 〒938-8612
富山県黒部市荻生1





企業情報(同社HPより)

会社概要

商号(社名) 和文 YKK AP株式会社
英文 YKK AP Inc.
本社所在地

〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1番地

※2011年9月より仮移転(現住所)

〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル10F

資本金 100億円
設立 1957年7月22日
決算期 毎年3月31日
APグループ売上高 3,585億円<4,033億円>
< >海外を含む ※2013年4月~2014年3月
APグループ
従業員数
12,200名<16,500名>
< >海外を含む ※2014年4月末
営業品目

下記商品の設計、製造、施工および販売

住宅用商品 窓、サッシ、シャッター、雨戸、網戸、面格子、住宅用電装商品、玄関ドア・引戸、勝手口ドア、浴室出入口、室内ドア・引戸、室内階段、フローリング、バルコニー、テラス、オーニング、門扉、フェンス、カーポート、外装材、複層ガラス 等
ビル用商品 超高層・高層・中層・低層ビル用窓・サッシ・ドア・カーテンウォール、スチール商品、改装用商品、エントランス商品、景観商品 等
その他 アルミ形材、建材加工用機械、建材部品 等


75歳以上2030年ピーク 全国より25年早く






 富山県の推計によると,高齢化が進む富山県内で,65歳以上人口が全国より20年早い2020年,75歳以上人口は25年早い2030年に,それぞれピークを迎える。

 県内人口は1998年に112万6336人でピークを迎えて以降、減少局面に入った。その後,少子化に伴い高齢化率は上昇し続けている。65歳以上人口は2020年に33万7000人,75歳以上人口は2030年に20万9000人と,それぞれピークを迎える見込み。


 全国と比べて急速なペースで進む高齢化により,在宅医療のニーズが高まったいるが,訪問看護ステーションは44か所と人口10万人あたりの設置数で全国41位(2013年4月)にとどまる。自宅で亡くなる高齢者は2030年には現在の1.5倍の2000人を見込んでおり、在宅医療や訪問介護の充実が求められるとしている。
 富山県は医師や看護師らの人材確保を進めるとともに、市町村、医師会、ケアマネージャー、訪問看護ステーションなどの多職種会議を地域に設け、在宅高齢者の包括的な支援を目指すとしている。




 2015年春の北陸新幹線長野-金沢開業で東京まで最速約2時間半で結ばれる金沢市。兼六園や金沢21世紀美術館など全国的な知名度を持つ観光名所も多い金沢市。
 首都圏をはじめとした他地域との交流人口が大きく増加することが見込まれることから,都道府県庁所在地の最高路線価は金沢駅東広場通りが全国トップとなる6.3%の上昇を記録した

 人口約45万人の金沢市は周辺を合わせると60万人以上となり、北陸随一の商圏。「ビジネスと観光の両方で需要を見込める」とし,金沢市の中心部に北陸新幹線開業の開業効果を見込み,ホテルや外食企業の進出が相次いでいる。銀行やオフィスが中心だった街並みが生活感もある景色に様変わりようとしている。

 ホテルは百貨店の大和香林坊店隣に「ホテルトラスティ金沢」が6月、北国銀行本店そばに「ドーミーイン」が2015年12月をメドに開業する。既に金沢駅から徒歩2分の場所に「ドーミーイン金沢」があるが,新たなホテルは観光客が食を楽しめる近江町市場にも近く、価格が高めの「プレミアム」版とし、すみ分けを図る。

 外食では、金沢中心部が居住地にもなりつつある。喫茶店のコメダ(名古屋市)は4月、JTB金沢支店の2階に「金沢武蔵店」を開いた。店の特徴は380円のコーヒーに無料でパンや卵がつくモーニングサービス。既存店は周辺住民が多く通うことで知られる。王将フードサービスはめいてつ・エムザ近くで6月に「餃子の王将金沢武蔵店」をオープンした。

>>>地場企業の苦境  東京ストアー民事再生法申請、他地域からの参入が打撃

石川県内に10店舗を持つ食品スーパー、東京ストアー(金沢市)は今年1月、民事再生法の適用を申請し,2月に再生手続きの開始決定を受けた。今後は比較的採算のいい5店に絞って経営を継続することになった。

 同社の経営危機が言われ始めたのは2012年秋口。東京ストアー首脳が岐阜県のバロー首脳に支援を要請。バローは資金支援の名目で東京ストアーの石川県野々市市などの3店舗を買った。好立地の3店舗の売却は,自ら危機にあることを示す,結果となった。
 同社は1959年に創業。金沢市の食品スーパーの草分け的存在だった。生鮮品に定評があり「価格は少々高めだが、品物がいい」と言われた。

 金沢市は02年、中心街の空洞化を防ぐため、郊外で一定面積以上の大型店の出店を認めない指針を作った。こうした行政の規制により,金沢周辺の地場スーパーは豊かな商圏に慣れすぎて、競争が不得手となった。2010年にも金沢市内で4店を持つスーパーが事業停止しており、東京ストアーの破綻は地域外の勢力に押される地場企業という構図をより鮮明にしたといえる。



産能マネジメントスクール

 -新エリアマーケティング実践-小商圏市場戦略を考えるー 





第58回 2013年12月11日~12日
第59回 2014年09月01日~02日
第60回 2014年12月09日~10日







1.支店・営業所のエリア単位での市場分析と、それに基づく具体的な営業計画の立て方を学ぶ
2.現在のエリア営業戦略の適合性、妥当性を検証するための手段を学ぶ
3.現顧客の満足度を高め、新たな顧客層を開拓する策を学ぶ













地域別に販売組織を組んでいる企業の方々が参加対象です。自社の特定エリアの活性化策を実際に策定する演習を通して、「地域対応のマーケティング」の実践的進め方を学んでいただきます。お客様の現状、ニーズ、具体的に欲している事柄をひとつひとつ明確にしていくことによってマーケットセグメンテーションを見直し、営業活動や販売促進のあり方を再構築します。


参加費:73,500円       講師:小林 隆一 
  お問い合わせ先:産能マネジメントスクールへ 0120-113644
  会場(東京・代官山)         
   セミナー Q and A (セミナーで何を知り,実務にどのように役立つか)


「身の丈」を強みとする経営―縮小の時代に勝つ「新リージョナルマーケティング」
小林 隆一
日本経済新聞出版社


 2015年春の北陸新幹線長野-金沢開業で東京まで最速約2時間半で結ばれる金沢市。兼六園や金沢21世紀美術館など全国的な知名度を持つ観光名所も多い金沢市。
 首都圏をはじめとした他地域との交流人口が大きく増加することが見込まれることから,都道府県庁所在地の最高路線価は金沢駅東広場通りが全国トップとなる6・3%の上昇を記録した

 市内中心部やJR金沢駅周辺でホテルやマンションの建設が進んでいる。ホテルはリゾートトラストが6月、共立メンテナンスが2015年12月をメドに開業する。外食では周辺で増えるマンション住人の需要を狙い、喫茶店のコメダ(名古屋市)や王将フードサービスの出店が続く。金融機関、オフィスが中心だった街並みは生活感もある光景に変化しようとしている。

「身の丈」を強みとする経営―縮小の時代に勝つ「新リージョナルマーケティング」
小林 隆一
日本経済新聞出版社



産能マネジメントスクール -新エリアマーケティング実践セミナー 

              
小商圏市場戦略を考える -








第58回 2013年12月11日~12日
第59回 2014年09月01日~02日
参加費:70.350円       講師:小林 隆一 
  お問い合わせ先:産能マネジメントスクールへ 0120-113644
  会場(東京・代官山)         
   セミナー Q and A (セミナーで何を知り,実務にどのように役立つか)
 「ビジネスと観光の両方で需要を見込める」とし,金沢市の中心部に北陸新幹線開業の開業効果を見込み,ホテルや外食企業の進出が相次いでいる。銀行やオフィスが中心だった街並みが生活感もある景色に様変わりようとしている。

 ホテルは百貨店の大和香林坊店隣に「ホテルトラスティ金沢」が6月、北国銀行本店そばに「ドーミーイン」が2015年12月をメドに開業する。既に金沢駅から徒歩2分の場所に「ドーミーイン金沢」があるが,新たなホテルは観光客が食を楽しめる近江町市場にも近く、価格が高めの「プレミアム」版とし、すみ分けを図る。

 外食では、金沢中心部が居住地にもなりつつある。喫茶店のコメダ(名古屋市)は4月、JTB金沢支店の2階に「金沢武蔵店」を開いた。店の特徴は380円のコーヒーに無料でパンや卵がつくモーニングサービス。既存店は周辺住民が多く通うことで知られる。王将フードサービスはめいてつ・エムザ近くで6月に「餃子の王将金沢武蔵店」をオープンした。




2013-0526-turuga 

 「敦賀2号機活断層,原子力規制委が正式了承」

 原子力規制委員会 http://www.nsr.go.jp/ は,福井・敦賀原発2号機 http://www.nsr.go.jp/jimusho/tsuruga/の真下を通る断層について活断層だと断定した専門家会合の報告書を,5月22日,正式に了承した。報告書では,現地調査で新たに見つかった断層が,活断層の定義となっている「12万から13万年前以降に動いた」可能性を否定できないことや,南北に延びる方向や傾きが2号機の真下を通る断層とほぼ同じだとして,「2号機の真下を走る断層は活断層である」と結論づけた。

 原子力規制委員会・田中委員長は「活断層であるとの指摘のある報告を受け,その結論について真摯(しんし)に受け止める必要がある」と述べ,2号機直下の断層が「原発に影響を与える恐れのある活断層だ」とした専門家会合の報告書を了承した。規制当局が原発の直下に活断層の存在を認めるのは初めてのこと。

 また,田中委員長は会見で,今後,事業者である「日本原子力発電」が運転再開に向けた審査を申請したとしても,審査を行うのは難しいだろうと述べ,事実上,運転再開は認められないことを明らかにした。

 日本原電は,今回の評価を不服として追加調査を続けているが,2号機は事実上,運転再開が認められず,は廃炉に追い込まれる可能性がより濃厚になった。  

>>>福井知事「議論尽くしていない」=規制委に不信感,敦賀活断層

 福井県の西川一誠知事は5月 22日,原子力規制委員会が日本原子力発電敦賀原発2号機(同県敦賀市)直下に活断層があると認定した専門家調査団の報告書を了承したことについて,「科学的な議論を尽くしていない。地元として納得しにくい状況だ」と述べた。
 西川知事は,原電の追加調査を待たずに活断層の存在を認めた規制委に不信感を示した上で,「専門的知識を結集し,公平で公正な結論を出す方向付けをすべきだ」と政府に求めた。
 また,敦賀市の河瀬一治市長は「なぜ結論を急ぐのか疑問に思っていた中,残念だ。立地地域に混乱を招く」と批判。敦賀2号機が廃炉となった場合は,「国策としてやってきたので,代わりの対策を示すなど地域への協力が国の責務だ」と述べた。




敦賀港:昨年のコンテナ取扱量、3年連続で過去最高 
 昨年の敦賀港(敦賀市)の貿易用コンテナ取扱量が、前年比19・2%増で3年連続、過去最高を更新した。県が17日発表した。韓国への液晶テレビ用ガラスの輸出や、東南アジアからの繊維原材料輸入が増えたことなどが要因という。
 県によると、昨年のコンテナ貨物取扱量は2万8228TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個分に相当)。敦賀港は10年に韓国と結ぶRORO船が就航して取扱量が大きく増え始め、昨年の取扱量は07年の約5倍だった。液晶テレビ用のガラスは、主に滋賀県内のメーカーが韓国メーカーに輸出しているという。
 昨年11月には、中国との定期コンテナ船が約6年ぶりに再開され、現在は韓国や中国との定期航路が計週5便ある。県は今年も過去最高を更新すると見込んでいる。


▼『敦賀港』ってどんな港?
 敦賀港は、全国に43港ある重点港湾の一つに指定されています。日本海側有数の港です。
石炭、木材、鉱物、ガラス類、再利用資材、化学薬品など様々な貨物が国内外から敦賀港利用しています。全体取扱量は、日本海側では新潟に次いで2番目に多く、その中でコンテナ貨物の取扱量は7番目です。


▼敦賀港のコンテナ貿易量
 012年の外貿コンテナ取扱量が過去最高の28,228TEUを記録しました(実入り)。昨年比4,553TEUの増加です。

2013-鶴賀港--貨物
   出典:【社団法人 敦賀港振興協会】http://www.tsurugaport.jp/tokei/index.htm

ガジェット
2012-10-koufuku

 日本で一番幸せな県民は、福井県 -。悩みやストレスを抱える人が少ないのは、沖縄県。社員が辞めないで長く働くのは、広島県。10万人当たりの老衰死亡者数が多いのは、島板県。障害者の雇用比率が高いのは、山口県。法政大学大学院制作創造研究科(幸福度指数研究会)は2011年10月に「47都道府県幸福度ランキング」を発表し、幸福度という新たな指標で様々な順位付けを行った。

 幸福度ランキング1位は福井県。働きやすさを図る「労働・企業部門」と心配なく過ごせるかを測る「安全・安心部門」がともに全国1位。具体的には、障害者就労支援施設の平均工賃月額の高さは1位、障害者雇用比率の高さが2位、完全失業率の低さが2位、離職率の低さが3位、正社員比率の高さも3位と上位を占めた。それ以外にも、安全・安心部門の悩みストレス比率の低さが5位などと高数値である。

 2位の富山県も同様に、「労働・企業部門」「安全・安心部門」がともに3位。福井県と同様に働きやすく心配なく過ごせる構造だ。3位は石川県、4位鳥取県、5位佐賀県と続く。
上位に共通しているのが、働きやすさを測る「労働・企業部門」の充実で、全体の職位を押し上げていることがわかる。雇用の安定が生活、治安、社会福祉へと好循環している。

        出典:http://www.hosei.ac.jp/documents/koho/photo/2011/11/20111110.pdf


様々な社会経済統計の中から、地域住民の幸福度を端的に示していると思われる40の指標を抽出・加工。これら40の指標を上位から順にランキングを付すとともに10段階評価(1~10点)をした。
→1~5位=10点、6~10位=9点、11~15位=8点、
16~20位=7点、21~25位=6点、26~30位=5点、
31~35位=4点、36~40位=3点、41~45位=2点、
46~47位=1点
そして、40の指標ごとの評点の平均値(総合平均評点)を計算し、 ランキングした。

<40の指標>
■生活・家族部門/9指標

1. 出生率

2. 未婚率

3. 転入率

4. 交際費比率

5. 持ち家率

6. 畳数

7. 下水道普及率

8. 生活保護比率

9. 保育所定員比率

■労働・企業部門/10指標

10. 離職率

11. 労働時間

12. 有業率

13. 正社員比率

14. 就業希望者比率

15. 就業期間

16. 完全失業率

17. 障がい者雇用比率

18. 欠損法人(赤字企業)比率

19. 平均工賃月額



■安全・安心部門/12指標

20. 刑法犯認知数

21. 公害苦情件数

22. 交通事故件数

23. 出火件数

24. 労働災害率

25. 地方債現在高

26. 負債現在高

27. 貯蓄現在高

28. 老人福祉費

29. 手助け必要者比率

30. 悩みストレス比率

31. 相談できない人比率
■医療・健康部門/9指標

32. 休養時間

33. 趣味娯楽時間

34. 医療費

35. 病床数

36. 医師数

37. 老衰死亡者数

38. 自殺死亡者数

39. 平均寿命(男)

40. 平均寿命(女)


  参考:「週刊エコノミスト」p108,2011/12/13号 



 石川県は北陸地方の中部に位置する。東は富山県と岐阜県に,南は福井県に接し,北は能登半島となって日本海に突出している。地形は,西南から東北に向かって細長く,東西100.4km,南北198.5km,海岸線は約581.5kmの延長を有し,現在金沢市ほか7市27町6村から成る。廃藩置県の際,加賀一国が金沢県に,能登および越中の一部をあわせた地域が七尾県となり,その後,分離合併を経て現在の行政区域となった。

 石川県で,伝統工芸が隆盛した起源は江戸初期に遡る。外様ながら百万石の雄藩であった加賀前田藩は江戸幕府に謀反の意志のないことを示すため,惜しみなく工芸に藩の財源を注いだ。以来,400年にわたり,この地方で工芸は潰えることなく,いまに続いて来た。

●県庁所在地-金沢市-百万石の城下町 
県都の金沢の面積 467.77k㎡ ,人口455,486人,世帯数 184,004(06年12月1日現在)。そのイメージは,「謡が空から降ってくる町」。金沢の町の起こりは,農民を中心とした信者が「金沢御坊」として建立,以来,寺のまわりに,後町,南町などの町がつくられたことがはじまりと言われている。
 金沢は江戸時代,多くの文学者,芸術家を輩出し「天下の書府」と呼ばれた。

 時代の変化は伝統工芸にも影を落とし,徐々に需要が減っている。そこで「もう一度金沢の工芸を盛り上げうと,金沢市は,04年に「金沢ファッション都市宣言」を謳い,05年1月にはその実践機関である「金沢ファッション産業創造機構」を設立。



県民性 
「富山,福井と一緒にしないで」といった,加賀100万石のプライドが今も根付く。海の幸,山の幸に恵まれた豊かな県。勤勉な北陸気質ながら経済的な豊かさはのんびりしたお坊ちゃん気質を生んだともいう。また,保守的で何事も控えめ・忍耐強い気質という見方もある。
 なお,江戸時代,加賀に独自の文化が生まれ育たなかったのは,加賀藩の町人や農民に対する圧政によるとの見方もある。また,前田家の上下関係の厳しさ,秩序を重視する姿勢が,「保守的」「控え目」「忍耐強い」という県民性を作り上げたとも言われている。 
 石川県は加賀(金沢市・小松市)と能登(七尾市・玖珠市)の二つの地方から成り,県民性も若干相違する。能登地方は,金沢を中心とする南部に比べて保守的であり,開発が遅れていて消極的だが,人柄は誠実で信義に厚い。
 

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

エリアマーケティング実践セミナー  2010/11/08~2010/11/09産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097




 ***:::        :::::******    ******:::::



新刊  「身の丈」を強みとする経営  縮小の時代に勝つ「新リージョナルマーケティング」 ―日本経済新聞出版社刊