エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
  2015-09-gan01 画像:NHKテレビニュース画面より

 国立がん研究センター http://www.ncc.go.jp/jp/ は2007年に治療を始めたがん患者を追跡調査し,5年後の生存率を都道府県別や部位別にまとめました。それによると,日本人の5年後の生存率と比べた,がん患者全体の相対生存率は64.3パーセントあった。

 がんの「5年相対生存率」は,がん患者を治療によって,どのくらい救えたかを示すもので、特定の年齢の日本人が,5年後も生存している確率を100%とした場合に,同じ年齢のがん患者が,治療後に何%生存しているかという,相対分析で計算している。今回のデータは,国立がん研究センターが,2007年に全国177のがん拠点病院で治療を受けた患者およそ168,000人(n=168,000)のデータによりまとめた。それによると胃がんや肝がん,それに乳がんなどすべてのがんを合わせた「5年相対生存率」の全国平均は64.3%であった。

>>>都道府県別の生存率
 都道府県別の「5年相対生存率」では,1位が東京都で74.4%、次いで、長野県が70.5%、新潟県が68.9%で、最も低かったのは、沖縄県の55.22%であった。

 また、がんの部位ごとに生存率の全国平均は,乳がんが最も高く92.2%,次いで大腸がんが72.1%、胃がんが71.2%、肺がんが39.4%、肝がんが35.9%であった。
 これを都道府県別にみると,乳がんでは長野県が最も高く96.1%,青森県が最も低く81.1%,大腸がんでは香川県が最も高く79.6%,青森県が最も低く63%,胃がんでは東京都が最も高く78.8%,群馬県が最も低く60.9%。肺がんは,長崎県が最も高く50.7%,沖縄県が最も低く20%,肝がんは富山県が最も高く51.3%、香川県が最も低く22.6%で,いずれのがんもがんを早期発見できた患者の割合が高い都県で生存率が高くなる傾向が見られた。

  ⇒⇒  【プレスリリース】 ⇒   がん診療連携拠点病院の院内がん登録による5年相対生存率初集計
スポンサーサイト
トップは秋田、ワーストは沖縄…NHK受信料支払率 過去最高75・6%

 NHKは26日,平成26年度末の受信料世帯支払率(推計)を発表した。全都道府県で前年度を上回り,全国平均は過去最高の75・6%(前年度比0・8ポイント増)となった。最も高かったのは秋田の97・0%(前年度比0・5ポイント増),最低は沖縄の46・8%(同1・8ポイント増)だった。

 支払率のトップ5とワースト5は前年度と同じ。上位は1位の秋田に続き,(2位)島根(94・2%)(3位)新潟(92・7%)(4位)鳥取(91・5%)(5位)山形(91・4%)の順。
 低い順では,47位の沖縄に続き、(46位)大阪(59・7%)(45位)東京(64・2%)(44位)北海道(65・9%)(43位)京都(69・4%)と,都市部で低い傾向が見られた。

関連情報 <NHK新センター計画>建設費3400億円

 建て替え予定のNHK放送センター(東京都渋谷区)は,建設費を3400億円と見込む。白紙撤回となった新国立競技場の総工費2520億円を上回り、建設積立金は今年3月末現在で1348億円に上る。総床面積は現在の23万平方メートルより広い26万平方メートル。在京キー局の新社屋建設時の実績から建設費約3400億円と見積もった。

 20年の東京五輪・パラリンピック終了後に着工予定。1965〜88年に建てられた四つの建物を取り壊しながら、40年ごろまで約20年間かけて順次建て替える計画。来年6月ごろまでに建設費を盛り込んだ具体的な計画を策定する。
>>>3月の各県の求人倍率
 

 有効求人倍率とは,ハローワークで職探しをしている人1人当たりの、企業からの求人数を示す数値。倍率が高いほど就職しやすい環境とされる。求人の内容が求職者の希望と合わなければ、倍率が高くても就職に結びつかない場合もある。



◎青森県:0.79
 青森は0.02ポイント上昇したものの0.79倍で東北最低。

◎岩手県:1.07
 1.07の岩手は11カ月連続、1倍超となった。

◎宮崎県:1.25
 宮城は,1.25と24カ月連続で1倍超となった

◎秋田:0.88倍
 秋田は前月と同じ0.88倍で、秋田労働局は「求人は底堅いが力強さに欠けるとする。

◎福島県:1.36
 1.36の福島は21カ月連続で1倍超となった。

◎千葉県:0.89
 3月の千葉県内有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0・02ポイント上昇の0・89倍だった。7カ月連続で改善し、前月に続きリーマン・ショック前と同水準を維持した。

◎群馬県:1.17
 3月の県内の有効求人倍率は、1.17倍と企業からの求人が減少し、半年ぶりに前の月を下回った。群馬労働局は「消費税率の引き上げによる売り上げの減少を見込んだ一時的なもので、県内の雇用情勢は引き続き改善が進んでいる」としている。


◎新潟県:1・14倍
 新潟労働局が2日発表した3月の県内雇用失業情勢によると、パートを含む全数の有効求人倍率(季節調整値)は1・14倍で、前月より0・03ポイント改善した。


◎山梨県:0.92
 3月の県内の有効求人倍率は、0.92倍で前の月を0.01ポイント上回り、2か月ぶりに上昇した。山梨労働局は「全体的に大雪の影響から回復し、雇用情勢は持ち直してきている」としている。


◎富山県:1.34倍
 3月の有効求人倍率は、15か月ぶりに前の月を下回り、1.34倍となった。労働局では消費税率の引き上げに伴う駆け込み需要が終わり、製造業で求人を減らした影響と見られるとしている。働局によると、県内で仕事を求めている人は、3月、前の月よりも3.3%減り、1万7433人であった。これに対し企業からの求人は前の月より5%減り、2万3419人でした。この結果、有効求人倍率は、前の月より、0.03ポイント減り、1.34倍となった。

◎滋賀県:0.93倍
 ことし3月の有効求人倍率は0.93倍となり、前の月より0.01ポイント低下した。去年12月以降、0.93倍から0.94倍を行ったり来たりしていて、ほぼ横ばいの状態が続いている。


◎岡山県:1.47倍
 県内のことし3月の有効求人倍率は、消費税率の引き上げ前の駆け込み需要で建設業や製造業などの求人が好調だったことから前の月を0.06ポイント上回り1.47倍となった。岡山労働局によると,ことし3月、県内で仕事を求めた人は、3万3710人だったのに対し、求人は5万1376人でした。この結果、仕事を求めている人1人に対し、何人の求人があるかを示す有効求人倍率は、前の月より0.06ポイント高い1.47倍となった。


◎広島県:1.19倍
 広島県内の有効求人倍率は、自動車や造船を中心に企業の求人が堅調だったことなどから、前の月より0.03ポイント改善して1.19倍となった。広島労働局によると,ことし3月に県内で仕事を求めていた人は4万8947人で、前の月と比べて2.5%減少した。

◎山口県:1.06倍
 県内の3月の有効求人倍率は、1.06倍で、前の月より0.02ポイント上回り7か月連続で上昇しました。
山口労働局によりますとことし3月、県内でハローワークを通じて仕事を探した人は、2万4099人いたのに対し、企業からの求人は、2万5664人でした。

◎福岡県:0.93倍
 福岡県内で仕事を求めている人1人に対し何人の求人があるかを示す3月の有効求人倍率は0.93倍で、前の月に比べて0.01ポイント上昇し、9か月連続で改善した。
福岡労働局にると,3月に県内で仕事を求めている人は9万9000人あまりで季節による変動を調整した値で、前の月より1.5%減った。

◎佐賀県:0・88倍
 佐賀県内のことし3月の有効求人倍率は0・88倍と、前の月を0・02ポイント上回り7か月連続で改善した。佐賀労働局は「先月の消費税率の引き上げが雇用にどこまで影響するか注意深く見ていく必要がある」としています。


◎長崎県:0.77倍
 3月の県内の有効求人倍率は0.77倍で、前の月を0.01ポイント下回りましたが、13か月連続で0.7倍台となり、長崎労働局は、厳しい雇用情勢の中でも緩やかな改善傾向が続いているとしている。

 全国共通に存在し歴史が新しいにも関わらず、呼び方に大きな地域差が存在するのが、自動車教習所である。「教習所」 「自動車校」「車校」といった比較的広く通じるものから、「自校」 「自車学」 「自練」といったマイナーな呼び方まで、多くの地域で固有の言い回しが根付いている。

 最も広い地域で使われていたのが「教習所」である。東北から中国、四国にかけ多くの都道府県でトップ回答となり、事実上の標準語となっている。次いて多いのが「車校」。利用エリアは石川・福井をはじめとする北陸、鳥取、さらに福岡など北九州にまで及ぶ。
 狭い地域でしか利用されていないレアな呼び方では、青森県のトップ、「自軍校」。同じく東北地方では、秋田県で「自車学(じしゃが)」がトップ。
 北日本に独自呼称が多いのに対し、東海以西では比較的こうした地域差が小さい。
              出典:「車校」「自学」・・・(Jタウンネット)夕刊フジ  2014/4/25
 NPO法人「地球生物会議ALIVE」( http://www.alive-net.net/ 東京都)の全国動物行政アンケート調査によると,茨城県が犬の処分頭数の都道府県別で全国最多だった。茨城県は8年連続で全国最多。処分頭数は前年度より157頭減ったが、全国で唯一3千頭超の3177頭と,際立っている。なお,全国の処分頭数は,3万9233頭(前年度比12・6%減)。ワースト2位は沖縄県の2501頭、3位は広島県の2236頭。
 
 NPO法人「地球生物会議ALIVE」は,1997年度以来,動物行政を所管する都道府県や政令指定都市などの全自治体を対象に調査を実施し,100の%回答を得ている。

⇒⇒全国動物行政アンケート調査報告 平成23年度(2011年度)
        http://www.alive-net.net/companion-animal/hikitori/gyousei_enquete/H23-gyousei-anke.htm






■沖縄は赤、北海道は青、関東は緑が好まれる

 琉球王朝時代から首里城を筆頭に赤を基調とした建造物が多く造られ、今も伝統的な民家には赤瓦が使用される。

 北海道や東北地方は青系の色を好み、中部地方・近畿地方はベージュやゴールドを好むそう。名古屋城の“金のシャチホコ”は成り金趣味ではなく、ゴールド好きの中部人ならではの色の選択。東京は皇居を取り巻く緑のようなグリーンを好む傾向にある。

地域イメージを活かす 景観色彩計画地域イメージを活かす 景観色彩計画
(2008/04/30)
日本カラーデザイン研究所

商品詳細を見る


るるぶ沖縄'14 (国内シリーズ)るるぶ沖縄'14 (国内シリーズ)
(2013/12/07)
不明

商品詳細を見る


「郷土 (パトリ」)」とは、生まれ育った地域(土地)のことである。
 ただ、それはどこか地図上に表せるものではない。あくまで内面に宿る情景として、郷土は個人とともにある。郷土を考えると何とも言えない気持ちになるのも、このためである。母の顔、食卓、通学路、友だちの家、校庭、空の色、川のにおい、言葉、繰り返し見た夢など、生まれ育つ過程の身体化された記憶が、郷土の実体である。

 このため他人が郷土を語ることはできず、本人からしか郷土は発せられない。そして相手は、目の前の本人と、発せられた文化や伝統、祖先といった郷土の情報とを対照して、本人が何者なのか知ることができる。こうして郷土は、パスポート以上に自分を証明するアイデンティティになる。
                 
 また、郷土は自分にとっても心の拠り所となる。行動様式や価値観の祖型をつくる郷土が持つ文化風土は、郷土を捨てた本人に息づき、迷いが生じたら自分自身でそれを辿って確認できる。郷土は自らのルーツであり、何かあったら戻るべき場所になる。

 近代人は郷土(土地)を出て、というより郷土を捨てて都市を目指した。そのため近代人には、「いつか郷土に帰らん」という心情がつきまとってきた。日本でも明治以降、近代化の過程で都市に出て一旗揚げるという人生ゲームが広がりをみせ、地方から東京や大阪へ大最の人が流れた。都市に彷裡える多くの地方出身者には郷土意識や郷土愛がつのり、望郷の詩人石川啄木をはじめ、多くの詩人や小説家はその心根を著した。

 ところが次第に、地方出身者の二世、三世が東京の郊外に定着し、郷土に戻らねばならないという意識が薄らぎ、郷土としての地域も一様に都市化を目指して個性を喪失していくなど、「郷土」はほとんど使われない言葉になっていった。
  『ウェブが創る新しい郷土 地域情報化のすすめ』丸田 一著 (講談社現代新書)


ウェブが創る新しい郷土 ~地域情報化のすすめ (講談社現代新書)ウェブが創る新しい郷土 ~地域情報化のすすめ (講談社現代新書)
(2007/01/19)
丸田 一

商品詳細を見る
 日本は、それぞれの地域に独自の文化があり、東京とは違った風習や生活習慣、食事などに触れることができます。それこそが日本国内で旅行をする楽しみの1つです。
 寺院は全国に7万7069寺,神社はそれを上回る8万1245社である。この数字が示すように日本全国,かなり辺ぴなところにも,寺や神社はある。

 寺の数が最も多いのは兵庫県で3280寺,2位は滋賀県(3217),3位京都府(3074)。東京都の寺数は2868である。(2009年宗教統計調査)

 ところで寺の多い地域に神社も多いのかというと,そうとも言い切れない。全国の神社数は81,320社。神社数で1位が新潟県(4780),2位が福岡県(3422),3位愛知県(3365)と続く。滋賀県は1477社,京都府は1764社と寺の数に比べて神社の数は少ない。なお,東京都の神社数は1467社である。(2009年宗教統計調査)

神社・仏閣ぴあ (ぴあMOOK)神社・仏閣ぴあ (ぴあMOOK)
(2013/01/31)
不明

商品詳細を見る


『 47都道府県ランキング発表! ケンミンまるごと大調査
は、全国の3万2千人に、心理テストからライフスタイルに関するものまで合計225問のアンケートを実施。その調査結果に基づき、”ケンミン性を分析している。たとえば、「不倫したことがある」1位は島根女子、「犯罪衝動に駆られることがある」1位は香川男子、「もらえるものはなんでも受け取る」1位は群馬女子など。

 心理テストからライフスタイルに関する225の質問には性に関するものも多い。調査項目はすべて47都道府県でランキング化されており、セックス好き1位の男子が岩手県で、女子が沖縄県であることや、不倫をしたことがある1位がこれまた若手の男子とある。つきあいたい女子ナンバーワンが大分県で、今後日本が参考にすべき県民性が長崎県とある。                                    文芸春秋・1260円