エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 東京の千代田区・港区・中央区の都心3区への人口回帰が止まらない。千代田区は36年ぶりに6万人を突破。駅に近く,通勤,買い物,飲食と便利であることから,都心への人口回帰が続く。
 東京都心にもかかわらず,なぜか最寄りの電車や地下鉄の駅から離れている「陸の孤島」とも言える空洞エリアがある。

東京の“陸の孤島”――最寄り駅から15分以上かかる街は独自の発展を遂げている!?


 東京都心にもかかわらず,最寄りの電車や地下鉄の駅から離れている「陸の孤島」とも言える空洞エリアがある。

◆文京区小石川ハデさはないがエスタブリッシュメントな雰囲気漂う
 国道17号(本郷通り)国道254号(春日通り)に挟まれた文京区小石川地区。麻布(港区)や牛込(新宿区)などとならび山手の外郭を成すエリアである。都心の一等地だけに小洒落たスタイルの飲食店が目立つ。付近には筑波大学附属高校など多くの名門校や大学関連施設が集まっており、学生や子供の姿が目立つ。

 北に隣接する白山は一戸建ての住宅が立ち並び、住宅街は入り組んだ細い路地が続く。一方通行だらけで坂道も多い。地下鉄春日駅のほうへ足を向けると、地域住民の買い物客で賑わいを見せるえんま通り商店街に出る。

「文京さくらまつり」などでも知られる播磨坂、小石川植物園など、自然が豊かで公園も多いのも特徴だ。実はこちらの小石川地区、薄幸の石川啄木が北海道放浪後に移り住んだ終焉の地で、幸田露伴もこのあたりに居を構えていたことでも有名。徳川所縁の伝通院を中心に神社仏閣が溶け込んでいる。

 駅から最も遠い地点は小石川植物園周辺、御殿坂の坂下付近の地点。白山駅まで9分、茗荷谷駅まで13分、春日駅まで14分と相成った。

◆西麻布(港区):六本木や青山に隣接する都内の一等地

 六本木や青山に隣接する都内の一等地,西麻布。首都高渋谷線・六本木通りの北側にはブルーノート東京や根津美術館のほか,高いフェンスで囲まれた警戒厳重な在日米軍地区がある。コンビニに置いてあるお酒までどことなく西麻布感を感じる品揃え。

 ここは広尾駅には徒歩で13分,六本木駅徒歩14分,麻布十番駅徒歩15分と,最寄り駅が遠い。


◆山谷(台東区):ファミリー層の流入など多様化進む

 山谷とは,一般に南千住から清川・日本堤・橋場にまたがる地域を指す。 このエリアは,南千住駅まで徒歩23分,浅草駅まで徒歩21分,荒川の向こう曳舟駅までは徒歩25分かかる。南千住から小塚原刑場があったことから「骨通り」とも呼ばれる464号線を南千住駅から南下していくと,簡易宿泊所が立ち並ぶドヤ街へ向かう。 山谷といえば昔ながらのドヤ街といったイメージが強いが、近年は日雇い労働者の高齢化が進んでいる。昼間から道の脇に座り込みワンカップ片手に酒盛りなんて光景は,小石川や西麻布では見られない。

 この一帯は区が進めている老人ホームの再開発地区にも指定されている。夜になるとカラオケスナックや居酒屋などの明かりが灯る。

一人勝ちとも言われる東京で進む「格差」。ある区で少子化や高齢化が止まった理由 とは? 子育て支援や医療の手厚い区、学歴・年収・職業が非凡な区とは?
その力 強さの秘密を東京23区研究所所長がデータで解析。成長のヒントはここにある! 23区通信簿付き。
かつての自由が丘は、今の蔵前、北千住、人形町、清澄白河?

家賃が高くても都心に住む人々はどんなメリットを見出しているのか?

かつての人気の街はなぜ衰退したのか?

どこに住むかの重要性がかつてなく高まっている時代の都市暮らしの最新ルールを探る。
MM新書シリーズ第5弾。商店街の衰退や隆盛を徹底的に分析した一冊。


スポンサーサイト



東京都 http://www.metro.tokyo.jp/ の小池百合子知事は就任から1年を迎えた8月2日,都庁で幹部を集めた庁議を開き,訓示で3年後に迫った東京五輪・パラリンピックの準備加速などを指示した。2025年から東京でも人口減少が始まることを見据え,知事として2年目は高齢者対策に力を入れる考えも示した。

都知事就任1年を迎えた8月2日には,幹部職員を集めた庁議で「世界や未来を見据え,戦略的かつ大胆に政策を磨き上げていくように」と訓示した。


この1年間,私は待機児童問題の解消や首都直下型地震をにらんだ防災都市づくり,激化する都市間競争に対応する国際金融・経済都市への種まきをしてきた。今後はその種をしっかりと芽吹かせ,さらに,超高齢化社会への対応など必ずやってくる事態に備えた政策をより発展していく段階に入る。

 そこで大切なのは「人」というキーワードである。これまでの都政が経験したことがないほど都民,国民の注目は集まっている。その中で,私は従来の都政の延長線上ではなく,都民一人一人が輝く東京を創りあげていきたい。今だからこそできる,今だからこそしなければならない「人」にフォーカスをあてた政策を進めていくつもりだ。

 東京都は,昨年策定した2020年に向けた「実行プラン」に基づき,私の掲げる「セーフシティー」「ダイバーシティー」「スマートシティー」という3つのシティー実現に向けた政策を展開しているが,これらをさらにブラッシュアップしていく。7月21日に発表した重点政策方針2017「人が生きる,人が輝く東京へ」は,その一環である。

 待機児童解消に向けて,昨年打ち出した7万人の定員を増やすプランに加え,今回の重点政策方針は,保育施設でも特色のあるプログラムを取り入れていくことを盛り込んだ。「量」だけでなく,「質」の充実も図っていくのがポイントである。

 また,高齢者福祉施設と保育所との「一体型」施設も重要だ。世代を超えた交流の場をつくり,子供の成長を温かく見守るとともに,大先輩たちが知恵と経験を伝授していく。

 そこにひとつの「コミュニティー」が生まれ,地域のつながりが深まり,お互いに助け合っていく精神がより育まれていけば,東京のマンパワーはこれまで以上に発揮されるのではないか。「人に優しい首都」を目指した重点政策方針は,新たな発想を採り入れていく挑戦でもある。

 私が2年目に力を入れていきたいのは,超高齢化への対応だ。2025年には首都・東京も人口が減少に転じ,団塊の世代の皆さんが,どっと後期高齢者入りされることになる。

 私は,特養などのベッド数確保もさることながら,退職後の皆さんが,ずっと肩書付きの名刺を持てる環境作りをしたいと考えている。勤勉な日本人の最善の健康維持策は社会での居場所の確保とそれを証明するツールの工夫だと思うからだ。生涯学び続けられる場作りも必要だろう。

 先の都議会議員選挙で,医師や弁護士など,スキルや専門性に富んだ「新しい議会」が誕生した。政局や根回しが上手といった従来の「政治のプロ」たちでは決してないが,それぞれの分野の第一線で活躍してきた議員が,これまでとは違う切り口で政策的提案をするだろう。都民の期待に応えるべく,行政と議会がより良い政策を競い合っていくことがいま求められていると感じている。

 孫子の兵法の「迂(う)を以て直と為し,患を以て利と為す」は,たとえピンチの中においてもチャンスを探すことの大切さを教えてくれる。人を活かし,人とともに成長していく首都づくりを戦略的かつ大胆に進めていく決意である。

 政策を競い合う緊張感のある議会との両輪ならば,ピンチに打ち勝つ処方箋を共につくりあげられると信じている。

時代を超えて成功者たちに読み継がれ、

今なお絶大な影響力を持つ名著!




この世界最高の「人生戦略の書」をどう読むか!



・「長期戦」は絶対にしてはならない

・致命的な痛手をこうむって勝つより、余力を残して負けよ

・“逃げるが勝ち"――逆転勝利をつかむための兵法

・「がむしゃらに頑張る」のは計画に無理があるからだ

・「だます」のはまったく卑怯なことではない

・自分が必死になるな、部下を必死にさせよ



ある意味で、人生もまた戦いである。

深手を負ったり、苦境に突き落とされることもあるはずである。

そんな苦境をどう乗り切るか。

『孫子』を読むことによって、

いくつもの貴重なヒントをくみとることができるに違いない。

                            ――著者





東武「70000系」が運行開始 日比谷線直通の新型車両


東武鉄道は7日、東武スカイツリーラインで新型車両「70000系」の運行を始めた。相互直通運転をする東京メトロ・日比谷線の新型車両と仕様を共通化。ドアの数や優先席の配置などを統一して乗客の利便性を高める。

70000系は1両20メートル・4ドア車の7両編成。従来は3ドア・5ドアが混在する1両18メートルの8両編成だったが、東京メトロが3月に運行を始めた「13000系」と仕様を揃えた。

南栗橋~中目黒間で運行する。2017年度中に10編成、19年度までに計22編成を導入し、現行の20000系と置き換える予定である。
 東京都議選では,小池百合子知事が自ら率いる地域政党「都民ファーストの会」や選挙協力を結ぶ公明党など,知事の「協力勢力」が過半数の64議席を大きく超えて,79議席を獲得した。自民党は大幅に議席を減らし、過去最低の23議席という壊滅的な結果となった。

世界の新しい潮流

 世界の新しい潮流。フランス大統領選で極右のマリーヌ・ルペン候補を破った、エマニュエル・マクロン候補は、続くフランス議会選でも新しい政党を率いて約6割の議席を獲得し、既存政党を破った。

 英国のEU離脱や米国のドナルド・トランプ大統領の登場によ台頭したナショナリズムであるが,トランプ政権の混乱などによって,早くも失速した。続いて台頭してくるのは、右派でも左派でもない,既存政党に属さない政治勢力による「新しい中道主義」である。

 都議選における小池知事と都民ファーストの会の地滑り的大勝利は、日本においても「新しい中道主義」が台頭する可能性を示しているのではなかろうか。国民は,右派と左派のイデオロギー的対立を望んではいない。国内外の様々な難しい課題に対して、現実的な「中道」の議論を求めているのである。

 この新しい潮流を理解し,古い枠を破り,「新しい中道主義」の政治勢力結集に動くべき時である。


 
vol,2は「消費・行動編」。さまざまなデータから見えてくる47都道府県の個性。 各自治体の現在の傾向を知り、ビジネスの即戦力として役立つ県別ランキング掲載項目(都道府県別):特産品/マップ/ご当地料理/ご当地調味料/てっぱん"食"みやげ/特色/現地で役立つ方言etc/外国人旅行者/観光名所/祭り・イベント/お土産・民芸品/血液型分布/郷土と県民性/全国ランキング100選/基本データ/生産と消費/情報化/店舗数と出荷・販売額
 さまざまなデータから見えてくる47都道府県の個性。各自治体の現在の傾向を知り、未来の対策を立てるのに役立つ最新版県別ランキング。
 42選挙区(127議席)で実施された都議選は,「誰も想定しなかった自民党の歴史的惨敗」となった。自民党は,現有の57議席から30議席以上減らし、当選者は史上最低の23人にとどまった。
 小池知事が代表を務めた地域政党「都民ファーストの会」が追加公認も含めて55議席を獲得,選挙協力した公明党などとの合計は79議席で過半数(64議席)を大きく上回り,「小池与党」が"都議会制圧"を果たした。都民ファーストは50人の公認候補のうち49人が当選し、推薦した民進党離党組などの無所属の当選者6人も直ちに追加公認した。

 東京都議選では,小池知事の「協力勢力」が圧勝した。再び政権交替が起きるには「自公分断」と「民進党分裂」が必要だが,今回の都議選で小池知事はそのいずれにも成功している。一方,自民党は「公明党の組織力依存症」とでもいうべき組織の脆弱性が明らかになった。
都民ファースト大躍進 「小池ガールズ」は全員当選の勢い



 7月2日投開票の都議選。今回の選挙は,42の選挙区で127の定員に対して259人が立候補していて,都民ファーストの会や公明党など小池都知事を支持する勢力が過半数の議席を獲得するのか,自民党が第1党を維持するのかが焦点となっている。今回の都議選は,豊洲市場(江東区)への移転問題など小池都政の評価が争点。学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題などで安倍政権への逆風が強まる中での選挙戦となり,選挙結果次第では安倍晋三首相の政権運営にも影響を及ぼす。

 予想では自民は38議席という過去最低記録を更新しそうな大逆風。一方,小池都知事率いる都民ファーストの会(都ファ)は大躍進で,「小池ガールズ」は全員当選の予想も出ている。

 都ファは公認50人中,17人が女性。都ファの候補者が女性1人だけの選挙区はどこもトップ当選の可能性が出ている。1人区の中央区でも,都ファの候補が自民と大接戦がが先行している。

 都ファの候補者が2人いる選挙区でも,ともに女性の江戸川区は2人揃って当選圏内。男女1人ずつ(無所属都ファ推薦含む)擁立した選挙区では,女性候補が男性候補より優勢である。

女性議員は最大5割増か

 定数127の都議会で現在,女性議員は25人。この人数も最大5割増となりそう。都ファ17と無所属2のほか,自民2,公明3,共産11,生活者ネット1の合計36人の女性候補に当選の可能性がある。

>>>自民党の高木啓幹事長 政活費の不適切支出
 東京都議会自民党の高木啓幹事長(51)が、高級クラブなどの飲食費に政治資金を使っていたことを認め、「不適切だった」と謝罪した。2016年10月6日、日本テレビの取材に答えた。高木氏は、飲食費に使った40万円の返金処理を終わらせたと説明している。誰と行ったのかは覚えていない、とも話した。高木氏の政治資金収支報告書には、13年に新宿・歌舞伎町のバーに1回で20万円、銀座の高級クラブに2回で19万円以上を「政策懇談会」の名目で支出したという記載があった。この問題は、「週刊文春」10月13日号(10月6日発売)に「ドン内田一派の『政活費』を暴く!」と題して掲載された特集の中で指摘されていた。
東京都議選 都民46,自民42 公明と連携,小池与党が過半数突破 民進党は「1」で大惨敗か 
                                      出典:「夕刊フジ」 2017年6月15日

 東京都議選(23日告示,7月2日投開票)は,小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」(小池新党)と,宿敵・自民党の対立に注目が集まる。政治ジャーナリスト,鈴木哲夫氏の議席予測によると,「小池新党=46議席,自民党=42議席」との結果が出た。自民党は42議席で第2党に転落。民進党は蓮舫代表のおひざ元ながら,1議席と大惨敗を喫する-。

 小池氏が告示直前にブチ上げるとされる「豊洲新市場移転,築地再活用」方針と,学校法人「加計学園」(岡山市)問題の影響とは。予測通りなら,小池新党が公明党などとの連携で,都議会の過半数を握ることになる。

 鈴木氏は「都議選の最大の争点は『築地市場の豊洲新市場への移転』問題になるはずだったが,小池氏が事前に豊洲移転の方針を固めたことで,大きな争点が消えてしまった」と語る。

 なお,投票率は,前回2013年が43・5%,09年が54・5%,05年が44%で推移してきた。40%台なら組織票を固めた政党が有利だが,50%を超えると無党派層の票が動く。こうした浮動票は小池新党,共産党に有利に働く。
>>>日本維新の会,東京本腰進出の動き

 日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)が東京進出に本腰を入れ始めた。維新は18日,東京都内で初開催となる「維新塾特別セミナー」を開き,来年夏の都議選で2桁台の当選者を目指す方針を示した。松井氏は都政改革をめぐる小池百合子都知事の本気度に疑問を呈し,連携に消極的な姿勢である。
 都議選をにらんで,すでに小池百合子都知事も政治塾を立ち上げて候補者を擁立する考えを表明している。
石原兄弟“落選危機” 豊洲疑惑直撃 

 共産党は各小選挙区で2、3万票を持っており、これが野党統一候補に流れると、石原兄弟“落選”は,現実の問題となる。

 石原兄弟の三男の宏高氏は東京3区(品川区、大田区の一部)が地盤で、前回の2014年衆院選では、11万5623票を獲得して当選した。だが、民共連携が成功した場合、前回の得票数を当てはめると、民進党の松原仁元国家公安委員長は14万5648票(民主党票+共産党票)となり、宏高氏は約3万票もの大差を付けられて小選挙区の議席を失うのだ=別表参照。

 長男の伸晃氏は東京8区(杉並区)で、14年衆院選で11万6193票を獲得して当選した。これも民共連携ケースで単純計算すると、民進党候補は11万1136票となり、ほぼ横並びになる。
>>>池袋“新中華街”「日常の中国」




 東京・池袋に中国人が集中し「新チャイナタウン」と呼ばれるようになって久しい。この地域で昼間の中国人人口は約3万人,「店の数だけなら横浜中華街より多い」ともいわれる。池袋では横浜,神戸,長崎といった伝統的な中華街にはない「日常の中国」を体験できる。だが一方で,「中国系不良」の拠点化といった治安面では懸念される。

 池袋駅北口を出ると中国の食料・雑貨品店の看板が目に入る。通りを挟んだビルには食料品店や書店が出店している。そこから数百メートル四方に広がる繁華街の中は中国語の看板は点在する程度でそれほど目につかない。

 「一般の人には見えないが,ほぼ全部が中国系の店や会社といった雑居ビルがいっぱいある」と説明。食料・日用品のほか,飲食店,水商売から旅行社,自動車学校,保育園,理髪店まで何でもあると言い「誰も数えてないが,飲食店で200~300,全業種を合わせると600以上ある」という。

 中国人留学生らが池袋に集まり出したのは80年代後半。理由は(1)周辺に日本語学校が多いこと(2)都内中心部では比較的家賃が安いこと,さらに安い埼玉県の玄関口になっていること―などによる。

 「チャイナタウン化」で伝統的な中華街では手に入らない食材などを求めて来る日本人も増えるなど町が活気づいた半面,治安面の不安も。至るところで配布されているフリーペーパーには怪しげな広告があふれる。