FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
千葉県-貝塚,全国1位の739カ所 

都道府県別の貝塚の数
           
※出店:7文化庁「平成24年度周知の埋蔵文化財包蔵地数」より(消滅したものを含む)

 (1)千葉県  739(18.7%)

 (2)茨城県  381 (9.7%)

 (3)沖縄県  347 (8.8%)

 (4)宮城県  309 (7.8%)

 (5)岡山県  290 (7.3%)

    全国  3946



 千葉県の代表的な古代遺跡といえば、主に魚介類の食べかすなどを捨てる場所として集落ごとにつくられていた「貝塚」である。その数は全国1位の739カ所で、国内の約2割が集中する。太古の昔から千葉県が温暖な気候と海の幸に恵まれ、多くの人が暮らしていたことを物語っている。

・日本最大級の縄文貝塚-加曽利貝塚:千葉市若葉区桜木8丁目33番1号


 
     出所:千葉市ウエブサイト https://www.city.chiba.jp/kyoiku/shogaigakushu/bunkazai/kasorikaizuka/images/youkosojyomonnosekaie.png 

加曽利貝塚では竪穴住居での生活土器づくりや火起こし,縄文人の料理の再現など、工夫を凝らして当時のリアルな暮らしぶりを五感で味わえる体験型施設となっている。



                   ◇

 




 千葉パルコ((千葉県千葉市中央区中央2-2-2)が2016年11月末に閉鎖される。千葉県内では郊外に大型商業施設の開業や増床が相次ぎ、顧客の流出を食い止められなかった。2016年2月期第2四半期決算で、閉店に伴う特別損失を約19億円計上する。

 1976年に開業した千葉パルコは,JR千葉駅から徒歩で10分ほどの市内中心部の千葉銀座通りに立地。売り場面積は約4万平方メートル,若者向けファッションを中心に約110のテナントが営業。ピークだった1992年2月期の売上高は約230億円に上ったが,2015年2月期は約57億円と4分の1に落ち込んでいた。

 千葉パルコの業績低迷の背景に,県内で相次ぐ大型商業施設の開業や増床がある。今年に入ってからは,「三井アウトレットパーク幕張」(千葉市)や「酒々井プレミアム・アウトレット」(酒々井町)が増床開業。客足は千葉市内中心部から郊外に向く傾向が強まっている。

 千葉パルコの建物は複数の地権者が区分所有しており,店舗閉鎖後の活用法は今後、地権者間の話し合いで決める。


           ***********     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::


◆三井アウトレットパーク幕張
:千葉県千葉市美浜区ひび野2-6-1
 137店舗営業の京浜幕張駅前立地の大規模アウトレットモール。

 JR海浜幕張駅前に立地の「三井アウトレットパーク 幕張」。店舗数は「アングローバルショップ(ANGLOBAL SHOP)」や「マツモトキヨシ」など137店舗。

 2000年に開業した三井アウトレットパーク 幕張は、東京都心や千葉県内からのアクセスが良く、仕事帰りの女性の利用も多いという。

 成田・羽田の両空港から高速バスで約40〜50分の立地を活かし、外国人観光客に対応するため、外貨両替機の新設や免税対応店を倍増させる(2015年4月15日時点)などのサービス面を強化。外来客に人気のテナントとして「マツモトキヨシ アウトレット」が初出店するほか、今後は近隣ホテルとの連携サービスも導入していく。



◆酒々井プレミアム・アウトレット:千葉県印旛郡酒々井町飯積2-4-1
 183店舗が営業。「酒々井プレミアム・アウトレット」は、国内9カ所目のプレミアム・アウトレットとして、2013年4月に開業。都心から車で約50分、成田空港から車で約10分とアウセス至便な立地。国内外より年間約600万人(2013年度レジ客数)が来場している。






>>>京葉工業地域の将来像で議論=内外情勢調査会千葉支部会合</span>

戦後の日本を支えてきた千葉・京葉臨海工業地域。千葉市で15日に開催された内外情勢調査会千葉支部会合で、進出企業の生産合理化で規模縮小がみられる中、同地域の将来像について関係者による議論が交わされた。

 パネルディスカッションに参加したのは、東京理科大学大学院の橘川武郎教授、安藤久佳関東経済産業局長、千葉県の麻生恵商工労働部長、東京ガスの荒井英昭常務、出光興産の丹生谷晋取締役の5人。

東京ガスの荒井氏は,茨城県日立市の液化天然ガス(LNG)基地建設に当たりインフラ整備を加速・促進するため、茨城県と包括協定を結んだことを例に挙げ「公助の観点から、行政にも理解をいただきたい」と協力を要請。

出光興産の丹生谷氏は、遊休地に東京ガスや九州電力と共同で火力発電所を設置する取り組みを紹介し、「地域の雇用に貢献できる上、企業の枠を超えて固まればアジアでまだまだ戦える」と団結を呼び掛けた。

千葉県の麻生恵商工労働部長は,「検討中を含めるとこの地域には3カ所の発電所計画があり、1兆円近い投資案件で、一定の雇用も生まれる。県も協力するのでぜひ実現を」と応じた。

東日本大震災に資源エネルギー庁資源・燃料部長だった安藤久佳関東経済産業局長は,国土強靱(きょうじん)化に関する国民の認識がまだ不十分とした上で「千葉にはエネルギーインフラが集積しており、特に北部、北総地域は東京のバックアップ拠点になるのではないか」との考えを示した。

東京理科大学大学院の橘川武郎教授は,「千葉には鉄鋼会社が二つあり、電力もガスもある。日本で一番水素があるのも千葉。ものすごいポテンシャルがある。千葉から国を動かすことが大事だ」と話し、議論を締めくくった。

一般社団法人内外情勢調査会は、公正な世論の醸成を目的に、報道機関の株式会社時事通信社の関連団体として、1954年12月に設立された。
全国各地の企業経営者や諸団体のトップらが会員として入会し、会員への講演活動や資料提供により、国内外の諸情勢について知識の向上と理解の増進を図っている。




プレミアム商品券、千葉県内全54市町村が発行 売れ行きには明暗


 政府が掲げる「地方創生」の目玉施策とされるプレミアム(割増金)付き商品券。地域経済活性という趣旨のもと,商品券は国や県の交付金を原資に,各市町村が20~40%のプレミアムを付けるものである。
 千葉県内では54市町村全てで販売される(販売済みを含む)。各市町村は子育て世帯に優先販売を行ったり、用途を限定したりと、さまざまな特色を出そうとしているが,大人気の地域がある一方で売れ残る地域もみられるなど,明暗が分かれている。

 千葉市-大人気で入手の倍率は3・1倍を超えた。

 プレミアム率を20%に設定した千葉市は5月、市内全戸に応募はがきを同封したダイレクトメールを送付。通常の紙タイプは1セット1万円で24万セットを準備した。応募は74万5812件と,入手倍率は3・1倍を超えた。

 一宮町の40%のプレミアム付-4千セットが即,完売

 昨夏、同様の商品券が販売した際は完売まで1カ月を要した一宮町では,県内最大となる40%のプレミアム付き商品券を販売した。

 防災無線で広報するなどのアピール効果もあってか,20日から販売した計4千セットはすぐに完売した。同町は「昨年は使用できる店舗が少ないとの指摘があった。今回は職員が店舗を訪問するなどして交渉し、2倍の約200店に増やした」。

 鎌ケ谷市-約1万6千セットが売れ残る。

 鎌ケ谷市は,千葉市を上回る30%のプレミアムで4万6千セット(1セット1万円)を用意したが,約1万6千セットが売れ残った。応募には往復はがきの郵送が必要で、市には「手続きが面倒だ」といった声も寄せられていたという。
 鎌ケ谷市では、余った商品券を7月3日から販売所で先着販売することを急遽(きゅうきょ)決めた。同市では、1セットの額面1万3千円分のうち,大型店舗でも使える共通券が5千円分、中小店専用の券が8千円分となっており、このことも売れ行きに影響したとみられている。

 八千代市はプレミアム25%-8万セットを用意したが、申し込み数は約6万セット。 
 八千代市は,商品券全てを大型店舗で使えるようにすると,地域経済活性という趣旨からずれてしまう」として,1冊の商品券に中小店専用券(1,000円券×5枚)、大型・中小店共通券(1,000円券×7枚、500円券×1枚)の13枚と,中小店限定の券を混ぜるセットを売り出した。8万セット用意したが,約2万セットが売れ残った。
 

 市川市-「お祭り用」の券など特色のある商品券を用意
  市川市は通常の30%のプレミアムが付いた「市ローズ商品券」10万セットを27日から販売する。これを第1弾として、特色のある商品券を今後、計4種類発売する予定である。
 第2弾は市内の祭りやイベントでのみ使用できる券で、1セット1千円で40%のプレミアムが付く。「スーパープレミアム商品券」と題した第3弾は1セット5万円で、同じく40%のプレミアムがつき7万円分使える。おつりが出ないにもかかわらず、2万円券3枚と1万円券1枚という強気の設定で、高額商品の購入を想定している。
 秋に予定されている第4弾は飲食店でのみ使用できる。市側は「あまり前例のない商品券もあるが、人気が出るはずだ」と期待している。

                   ◇                     ◆


 各市町村における商品券プレミアム率
                     (カッコ内は市町村数)  ※千葉県経済政策課まとめ

 【40%】一宮、睦沢、長生、白子、長柄、長南  (6)

 【30%】銚子、市川、松戸、野田、茂原、成田、佐倉、旭、柏、流山、我孫子、鎌ケ谷、君津、富津、浦安、四街道、八街、印西、白井、富里、匝瑳、山武、酒々井、栄、神崎、多古、東庄、九十九里、芝山、横芝光(30)

 【25%】船橋、習志野、八千代  (3)

 【20%】千葉、館山、木更津、東金、勝浦、市原、鴨川、袖ケ浦、南房総、香取、いすみ、大網白里、大多喜、御宿、鋸南  (15)


プレミアム商品券の発行元は,自治体や商工会議所

2015-04-pr01

プレミアム商品券とは,消費者がお金を出して一定額の商品券を買うと地元でプレミアム分を上乗せした金額の買い物ができる商品券である。発行元は,市町村などの自治体や地元の商工会議所など。
日本商工会議所による全国の商議所向けアンケート調査によると,2013年度までの5年間のうちにプレミアム商品券を発行した実績があるのは全体の約75%。自治体からの要請も多く,この割合はさらに高まりそう,という。





 千葉県人口は2011年に初めて減少に転じた。出産適齢期とされる20~30代の女性の人口も今年4月の約72万8千人から,2040年に約50万3千人まで減ると予測されている。
東ガス,千葉ガスなど3社を統合 

 東京ガスは,いずれも子会社の千葉ガス(佐倉市),筑波学園ガス(茨城県つくば市),美浦ガス(同県美浦村)の3社を2016年5月1日に東ガスに統合する。

 統合でガス料金の値下げや効率的な事業展開を目指す。千葉ガスは2013年度末現在,成田・酒々井など9市町の約12万7千件にガスを供給している。


 千葉県は、全県下で統一して使用する消防救急デジタル無線システムと、20カ所の消防本部の指令業務を一元管理する
共同消防指令システムを開発した。

 消防指令センターを共同運用することで、市町村境界区域には近隣地区の消防隊を同時に出動させるなど、状況に応じた柔軟な対応が可能となるほか、効果的なリソース配分が行え、特定の地域に119番通報が集中した場合の受信・処理能力が向上する。
 新機能として、119番通報者の住民と共同指令センター、消防本部間の3着間で通話できるシステムを導入した。指令
センターで通報場所を確定できない場合に3者通話によっていち早く災害場所の特定や詳細情報の確認が行える。システムはNECが開発した。

◆ 
 災害発生時、消防指令センターでは119番通報を受信し、無線通信を用いて対象となる消防本部に消防車や救急車の出動指令や、火災・災害地点までの誘導などを行う。これらの消防指令業務を支えるシステムとして、消防救急無線システムと消防指令システムが活用されている。

 従来,千葉県内では市町村や事務組合ごとに消防指令センターを設置していた。それが消防指令センターを共同運用することで、市町村境界区域には近隣地区の消防隊を同時に出動させるなど、状況に応じた柔軟な対応が可能となった。また、大規模災害や同時多発的に発生した災害等に対しても情報の素早い収集・一元管理により、初動体制の強化や迅速な支援が可能となった。

 また、共同運用により効率的なリソース(人員・システム規模など)活用が可能となることで、特定の地域に119番通報が集中した場合の受信・処理能力が向上するなど、消防防災活動の充実が図られた。

ホームページ『マーケティング&マニュアルゼミ』では,経営実務に役に立つ情報を発信しています。
マーケティング&マニュアル・ゼミ
   ・エリアマーケティング 
 (リージョナルマーケティング)
 流通のいま   マニュアル講座 
     県民性 身の丈経営 著作・論文集




「身の丈」を強みとする経営―

縮小の時代に勝つ「新リージョナルマーケティング
小林 隆一
日本経済新聞出版社

ビジュアル 流通の基本 (日経文庫)
小林 隆一
日本経済新聞出版社

 今年は4月に消費税が上がるため、4月以降の消費低迷が懸念されている。

 千葉市の熊谷俊人市長は、消費税増税による4月以降の消費低迷抑止のため、来年度に「プレミアム(割増金)付き商品券」を発行する考えを表明している。割増率は10%程度を予定している。お得な商品券で3月に予想される駆け込み需要を4月以降の消費に振り替え、増税による影響をできるだけ抑えたい考えでsる。

 千葉市商工会議所や千葉市商店街連合会などと連携して実施する計画で、千葉市や同会議所によると、千葉市でプレミアム付き商品券が発行されるのは初めてになるという。市議会3月定例会で来年度予算に計上して、来年度のなるべく早い時期に発行する。


「ふなっしー」とコラボ 江崎グリコ

2014-01-funa


グリコ プリッツサラダ<9袋> 153g×5個グリコ プリッツサラダ<9袋> 153g×5個
()
プリッツ

商品詳細を見る


 ◆江崎グリコ(0120・917111)の焼き菓子「プリッツ〈梨汁ブシャー味〉」

 江崎グリコは21日から、千葉県船橋市の非公認ご当地キャラクター「ふなっしー」をモチーフにした菓子「プリッツ 梨汁ブシャー味」を数量限定で発売した。1963(昭和38)年の発売以来、これまで100種類超が販売されてきた「プリッツ」だが、ゆるキャラとのコラボは今回が初めて。

 「プリッツ 梨汁ブシャー味」は,人気菓子「プリッツ」と千葉県船橋市のご当地キャラクター「ふなっしー」がコラボレーションした商品。カスタード味のクリームを塗って焼き上げた生地に、梨風味の香料を加えた。ふなっしーの持ちネタである「梨汁ブシャー」にひっかけた。

 さっぱりした味わいとまろやかな甘さを楽しめる。パッケージにはふなっしーをあしらった。駅員や女子高生、舞子の格好をしたデザインもある。内容量は40グラムで、数量限定。

 数量限定のため、販売は2月末ごろまでを想定しているが、すでに小売店からは注文や問い合わせが殺到しており、「早めに完売してしま」状況という。




ふなっしー 決めポーズぬいぐるみ (千葉県船橋市 非公認ご当地キャラクター)ふなっしー 決めポーズぬいぐるみ (千葉県船橋市 非公認ご当地キャラクター)
()
ふなっしー

商品詳細を見る



 千葉県白井市と順天堂大(本部・東京都文京区)は、まちづくりや健康、スポーツ振興で連携する協定を結んだ。

 順天堂大は,白井市の隣の印西市にキャンパスがあり、1996年ごろから教授陣が市の政策アドバイザーや生涯学習講座の講師を務めてきた。今後、健康や防犯の講座を協力して開催し、学生たちが地域の行事に参加していく。順天堂大学が同様の協定を結ぶのは県内で4市目。

 伊沢史夫市長は協定締結を受け「大学のノウハウを生かし、市民が健康で元気に暮らしていけるまちを目指したい」と語っている。木南英紀(こみなみえいき)学長は「市と大学が組織的に連携し、スポーツ健康科学や医学など大学の資源を活用できたら」としている。