FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
◇静岡県がテストマーケティングの好適地といわれる理由

1 全国市場に近い特性をもっている  静岡県は年齢別人口構成比など、デモグラフィック要因が全国と近い。経済数値や意識調査データは全国平均。民力など様々な指標が全国平均を上回り、テストのリスクが相対的に低い。

2 気候が温暖で気象条件による差異が少ない

3 適度な市場規模を持っていること。  全国の約3%の市場規模でテストがしやすい。市場規模に見合ったコストで展開できる。

4 媒体コストが首都圏や関西エリアと比べて安価
 静岡県内だけの放送網があり、電波メディアが外に漏れない。逆に他県からの電波は入りにくい。新聞は静岡新聞が世帯普及率約60%で行き渡っていて、1紙でカバーできる。

5 マーケットとして独立したエリアである
  静岡県には、ほぼ同レベルのエリアパワーをもつ東部・中部・西部という三つの経済圏があり、それぞれのエリアの産業構造が異なっている。(それらが県レベルで合成されることにより、日本の全体市場に類似する。)それぞれのエリアの特性を比較しながら同時にテストを進行することができる。

スポンサーサイト