FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 08年焼酎年度、焼酎出荷2年連続減少--08焼酎年度14万9531キロリットル 「事故米の風評被害残る」

 鹿児島県県酒造組合が発表した08焼酎年度(08年7月~09年6月)の需給状況によると、鹿児島県内の焼酎全体の出荷量は14万9531キロリットル(前年比1・7%減)と,値上げの影響で減少に転じた07年度に続き、2年連続の減少となった。この背景としては,「事故米の風評被害」があげられる。

 原料別の生産量は、芋焼酎13万1380キロリットル(同2・1%減),麦焼酎6万2134キロリットル(同10・4%減),黒糖焼酎1万1250キロリットル(同4・7%減),米焼酎2865キロリットル(同8%増)--である。

 出荷先は県外が8万6351キロリットル(同1・9%減)で10年ぶりに減少に転じた。業界では,北海道や東北地方への販路拡大を目指すと共に,中国など国外市場にも目を向けて消費拡大を図るとしている。

         。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




★ 09年版 九州経済白書★






★図説 九州経済 2008年★

スポンサーサイト