エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
yamagataya

 11月6日より,25日まで鹿児島市の百貨店山形屋で開催の「北海道の物産と観光展」。 46回目を迎えた今年は300社1万アイテムの「北の味覚」が一堂に並びました。

 全国数ある物産展の中でも、鹿児島の北海道物産展が日本一の売上げとあって、初日は入場制限が出るほどの大混雑となるなど,盛況裏に終わりました。

 一番人気はポテトチップチョコレート。今年は、ホワイトチョコも登場し生チョコも大人気でした。 詰めかけた買い物客は試食をするなど、鹿児島にいながらにして「北海道気分」を満喫していました。

 北海道の物産と観光展は,入場者は20日間で延べ60万人を予想、売上は、約7億7千万円を達成染ました。




★坂の上の雲 特集★

スポンサーサイト
内閣府 地域経済動向  北海道や東海、景気「持ち直しの動き」 景況判断上向き

 内閣府は今月27日発表した11月の地域経済動向で、東海や北陸など5地域の景況判断を上方修正した。自動車の生産などが回復しているほか、エコポイントなどの効果で各地域で家電などの個人消費も増えている。雇用情勢も持ち直しているが、地域によっては失業率がなお高く、経済活動の水準自体は低迷している。

naikaku-toukei

 上方修正は、北海道、北関東、南関東、東海、北陸。北海道と北関東、東海は「持ち直しの動きがみられる」、南関東と北陸は「下げ止まっている」とされた。北関東、南関東と東海は自動車関連の生産が堅調。北陸は機械、北海道は電子部品などの生産が増えている。

 判断が据え置かれた他地域も「持ち直しの動き」や「下げ止まり」とされているが、沖縄だけが「悪化しつつある」のまま。新型インフルエンザなどの影響で観光客が減り、主力の観光業の低迷が続いている。内閣府の津村啓介政務官は会見で「緩やかな景気回復が全国に波及しているが、雇用は厳しく、弱い回復状況だ」と述べた。

 調査は主に7~9月の統計をもとに各地域の景況判断をまとめた。内閣府は各四半期のデータがまとまる2、5、8、11月に発表している




★楽天 バーゲン・セール★
◆補正予算の一部執行停止で、実質GDP1兆2640億円(0・24%)引き下げる
 民間シンクタンクの関西社会経済研究所は26日、民主党政権の政策の効果などをまとめ、自・公政権が打ち出した今年度補正予算の一部を執行停止した影響で、実質GDP(国内総生産)が1兆2640億円(0・24%)引き下げるという試算を明らかにした。

 一方、子ども手当などのマニフェスト(政権公約)の政策効果は、実質GDPで平成22年度は1400億円(0・03%)だが、23年度には1兆2千億円(0・2%)に拡大すると分析した。

   ◆出典:産経新聞 http://bioimpact.jp/news/detail/99000




★何でも揃う楽天市場!★
穴吹工務店:会社更生法の適用申請 負債総額1403億円

 分譲マンション大手の穴吹工務店(高松市)は24日、東京地裁に会社更生法の適用を申請し、保全管理命令を受けたと発表した。

 負債総額は約1403億円。穴吹英隆社長は同日付で解任され、取締役に退いた。同時に関連会社2社も更生法を申請、3社の負債総額は計1509億円。民間信用調査会社によると、負債総額では今年5番目の規模。

091108-az

昨年5月、NHK総合「ドキュメントにっぽんの現場」で,「千客万来、まちの“不夜城”,鹿児島・巨大スーパー」のタイトルで阿久根市(人口24391人)のAZストア(牧尾英二社長)が取り上げられ,一躍同社は全国的にも注目の的となりました。

  まず,NHKのHPから番組の紹介文を抜粋,掲載します。(出典 NHK ドキュメント にっぽんの現場
http://www.nhk.or.jp/nippon-genba/200805.html#0517

▼ 
 鹿児島県北西部、人口2万5千人の阿久根市。年々過疎化が進む町にちょっと“不釣り合い”な24時間営業の巨大スーパーマーケットがある。5千坪の広大な店舗に食料品から軽自動車まで33万品目の品揃え。年間の来客数は実に600万人をこえる。過疎地でなぜこれほど賑わうのか。周辺に店がなく、買い物バスに30分乗ってやってくる高齢者。

 ここに友人とやってくるのが唯一の楽しみだという主婦グループ。高校生たちは「町にはファストフードの店もゲームセンターもない」と少々不満を云いながら、放課後、友達とのおしゃべりに興じる。スーパーは深夜でも人の姿が消えることはない。残業に追われこの時間しか買い物ができないと、子供連れでやってくる家族もいれば、仕事の疲れを癒すため、帰宅前ここで一人の時間を過ごす女性もいる。

 過疎化が進む町で人々が集まる巨大スーパー。浮かび上がってくる地方での暮らしを見つめる。

  上の赤字をつけた箇所に関しての私見を,次回のブログで述べます。

利益第二主義 過疎地の巨大スーパー「A-Z」の成功哲学  /牧尾英二/著 [本]

利益第二主義 過疎地の巨大スーパー「A-Z」の成功哲学 /牧尾英二/著 [本]



▼amazonのコメントを転載---------------------------
 利益第二主義―過疎地の巨大スーパー「A-Z」の成功哲学

◆「内容紹介--常識外れなのに伸び続けているのはなぜか?
 マスコミと業界関係者がこぞって訪れる繁盛スーパーの秘密を創業者が初めて語る。

◎過疎化と高齢化が進む田舎町に年中無休24時間営業の巨大スーパーを出店!
◎生活必需品がどんどん増えて36万点、効率を無視したオール品揃え!
◎集客チラシはお盆・正月・創業記念日だけ。原則として限定販売は行わない!
◎マニュアルはいっさいなし、社員教育もなし、定年制度もなし!
◎片道100円でお客様の自宅まで送迎する「買物バス」を運行!
◎お年寄りと身体の不自由なお客様に5%キャッシュバックする「A-Zカード」を発行!
・・・「地域の生活者のお手伝い」を第一に据えた著者は、何を思い、どう行動したのか?

▼商品の説明  内容紹介

 本書は、鹿児島で躍進を続けている巨大スーパー「A-Z」の創業者・牧尾英二氏の初めての著作です。

 牧尾氏はもともと自動車メーカーの技術者でしたが、家庭の事情で否応なくホームセンターの経営に携わることになり、自らを納得させるために、小売業を「天職」であり「天命」であると定めました。

 天職であれば、損得よりも善悪を優先させよう、故郷の田舎町(鹿児島県阿久根市)で不便な生活を強いられている生活者が便利さを享受できるような店をつくろう。そう考えるようになり、いくつもの挑戦が始まりました。

 1997年3月、日本で初めの24時間営業の大型小売店「A-Zスーパーセンター」を阿久根市に出店。過疎化と高齢化が進む小商圏に巨大な生活総合店をつくるという発想は、従来の小売業界にはなかったものです。しかも、集まったのは小売りの経験のない素人集団。周囲では「うまくいくはずがない」「いまに閑古鳥が鳴く」などと囁かれていました。

 しかし、そこからA-Zの躍進が始まりました。店は閑古鳥が鳴くどころか、常識外れの施策を次々に展開し、昼夜を問わずお客様で賑わったのです。およそ12年が経った現在、A-Zあくねの年間来客数は650万人、1日平均1万7800人が訪れています。1995年11月には2号店(A-Zかわなべ)を出店、2009年3月には3号店(A-Zはやと)を出店し、いずれも売上を伸ばし続けています。

 本書は、小売業界の常識にとらわれずに、効率無視、前例否定、利益第二主義の経営を貫いている「A-Z」のユニーク経営の秘密を創業者自らが明らかにするものです。

 この不況下でも、A-Zはなぜ伸び続けているのか。小売業界の関係者ならずとも、ビジネスのヒントをきっとつかめると思います。




★坂の上の雲 特集★

sogou-sinsaibasi.jpg


旧そごう心斎橋店跡に「大丸心斎橋店『北館』」開店

 11月14日、大丸心斎橋店北館がオープンした。旧そごう心斎橋本店をリニューアルした「大丸心斎橋店北館」は,地下鉄心斎橋駅に直結する地下1・2階は,開放的な吹き抜け空間を生かしたヤングファッションフロアに変身した。

 今年8月末に閉店した旧そごう心斎橋本店の土地・建物をJ.フロントリテイリングが取得し,展開ブランドやショップをリニューアル。地下鉄心斎橋駅に直結する地下フロアにヤングファッションを多数集積している。
 本館,南館の主要ターゲットが40~60代であるのに対し,北館は18~24歳の「ヤング」、25~34歳の「アラウンド30」を主要ターゲットに据え,「心斎橋への来街率が高い世代への対応を強化する」(同社)。

 北館のオープンにより,大丸心斎橋店は本館・南館と合わせた3館体制に。売り場面積は従来の2倍以上の約7万7500平米となり、関西最大級の百貨店となった。2010年度の売上高は250億円を見込んでいる。

 茨城県のつくばと秋葉原を45分で結ぶつくばエクスプレス(TX)。この沿線で茨城県などが進める開発事業は,未売却地の地価下落などにより,県の将来損失は現時点で約860億円と試算されている。
 地権者との契約などから事業規模を「縮小」することはできず,土地の安売りといった「攻勢」もかけられない苦境に陥っている。 

 県や都市再生機構,守谷市などは,事業費は計4180億円で守谷市とつくば市,つくばみらい市にわたるTX沿線八地区の計約1700ヘクタールを住居系,商業系などの街区に整備する土地区画整理事業を進めている。

 このうち1998年度に着工した守谷東地区は既に事業が完了したが,全事業の完了は2022年度の予定で,残り七地区の平均整備率は現時点でわずか約2割。8地区の人口10万2千人の計画に対し,まだ1万人しか居住していない。

 県が区画整理をして,これから販売する未売却地270ヘクタールについては,地価下落などで販売額が2294億円程度の見込み。一方,TX開業が5年遅れたことによる金利増大などで土地の借入金返済額は2175億円とほぼ同額と見積もられる。

 県の試算では,今後膨らむ借入金の利息や区画整理工事費979億円を差し引くと,860億円の将来損失が見込まれる。
 
 県としては未売却地を電線地中化や街路樹整備などで付加価値を高めたり,土地を値下げしたりして“攻め”の販売に打って出たいとしているが,巨額の将来損失が見込まれる状況では積極策も取れない。

 
 つくばみらい市の実施した市民アンケートでは,農業のあり方としては,「必要最小限の開発は容認するが,基本的には農地は保全する」が最も多い。
 http://www.city.tsukubamirai.lg.jp/sec/tosikei/pdf/gp_digest.pdf


マルチ運転室展望 つくばエクスプレス(DVD)

マルチ運転室展望 つくばエクスプレス(DVD)









 緑深い山並み,満々と水をたたえる球磨川。その絶景を縫って鹿児島,宮崎,熊本の3県をつなぐ肥薩線。11月21日に全線開通100周年を迎えます。



 1927(昭和2)年に現在の鹿児島本線が開通するまでは,現在の肥薩線が鹿児島本線でした。1901(明治34)年,鹿児島を起点に国分(現在の隻人釈)までの区間が開通し,1903(明治36)年には吉松まで開通しました。熊本側からは明治岩41年に八代~人吉間が開通。験しい峠を越える人吉~吉松間もスイッチバックや山を迂回するループ線といった仕組みを使い,1909(明治42)年に,鹿児島(隻人駅)~熊本(八代駅)を結ぶ全線が開通しました。

 ゆったりとした時間が流れる肥薩線沿線のそこかしこには,昭和の風情が漂います。経済産業省の近代産業遺産群にも設定されている肥薩線沿線には,100年を越える歴史を刻む駅舎や,昭和の原風景が残っています。



▼関連ブログ--楽天ブログ

100年レイル肥薩線 吉松駅


100年レイル肥薩線 - 大隅横川駅


にっぽんの車窓絶景  DVD


肥薩線の駅  霧島温泉駅


肥薩おれんじ鉄道沿線の見どころ  紅葉めぐり-曽木の滝


肥薩線沿線の見どころ 霧島と紅葉


黒特急・肥薩線「はやとの風」2  肥薩線の駅  隼人駅


神話の里、霧島へ誘う--黒特急・肥薩線「はやとの風」


黒特急・肥薩線「はやとの風」 1


ばんえつ物語号のもの語り7 会津若松



ばんえつ物語号のもの語り 





にっぽんの車窓絶景「日本鉄道旅行地図帳」より 3号

にっぽんの車窓絶景「日本鉄道旅行地図帳」より 2号

にっぽんの車窓絶景「日本鉄道旅行地図帳」より 1号





松本空港の経済効果は55億円 松本市が算出

 松本市は11月17日、県営松本空港が地域にもたらす経済波及効果は年間55億1千万円に上るとする試算を公表した。試算は、長野経済研究所(長野市)の元調査部長の平尾勇・市商工観光部長が行った。

 乗降客へのアンケートなどから、松本を訪れた人が宿泊や飲食で使った消費額を1人約3万8千円、松本を出発した人が出発の準備に使った消費額を同約9千円などと試算。2008年度の同空港発着便の発券データを基にした発着客の人数に掛け、空港関連施設の維持管理費、従業員の所得などを加算して算出した。

 試算では、これらを積算した総額は35億8千万円。このうち約22億円が、県内で直接消費されると見込み、さらに波及効果が約33億円あるとした。波及効果が生み出す雇用は532人と推計している。

長野県の歴史散歩   [本]

長野県の歴史散歩 [本]
▼三越鹿児島店の跡地に2010年春開業する新しい商業施設の名称が,「マルヤガーデンズ」に決まる
090404-mitukosi


 09年5月に閉店の三越鹿児島店の土地建物の約6割を所有している丸屋は,テナントを誘致し、複合商業施設「マルヤガーデン」として,再出発する。

 施設は丸屋が運営し,マルヤガーデンズには,書籍販売の大手「ジュンク堂」や,ブライダルに対応するレストランなどの入居が決まり,売り場スペースのおよそ8割が埋まったということである。

 関係者は,残りのスペースに鹿児島に店舗がない婦人服メーカーなどを誘致し,マルヤガーデンズの魅力を高めたいと話している。

 同店は地上8階,地下1階で売り場面積1万8700平方メートル。


▼関連HP

エリアマーケティング講座
   http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm   

⇒ 産能大セミナー エリア担当者のためのマーケティング戦略実践


鹿児島県の歴史散歩   [本]

鹿児島県の歴史散歩 [本]



基本エリアマーケティング 地域対応の「売れるしくみ」づくり  /小林隆一/著 [本]

基本エリアマーケティング 地域対応の「売れるしくみ」づくり /小林隆一/著 [本]

 「無印良品」の全商品をそろえた大型店として,「無印良品池袋西武」の新店舗が9月に西武百貨店の池袋本店内に開店した。

 売り場面積は511坪と,「無印良品有楽町」(1075坪)に次ぐ都内2番目の規模である。これに伴い,7月に無印良品池袋西武を閉店している。

 新店舗は女性向けの売り場作りを重視し,スキンケア商品売り場を標準店舗(売り場面積200―250坪)の2.5倍にするほか,婦人服売り場を拡充している。また住居関連品の売り場はファブリック,ファニチャーを中心に200坪を確保し,専任スタッフを4人配置して間取りの提案などを行う。


■関連情報
良品計画のWebサイト http://ryohin-keikaku.jp/


無印良品の「改革」 なぜ無印良品は蘇ったのか  /渡辺米英/著 [本]

無印良品の「改革」 なぜ無印良品は蘇ったのか /渡辺米英/著 [本]





 


 かごしま遊楽館
は、鹿児島の特産品や農産物、観光情報などの受信・発信を行うほか,企業誘致や鹿児島県企業の首都圏でのビジネスサポート,U・Iターン相談を行っています。




▼特産品-さつまいもの館東京店 本場鹿児島のさつまいも加工品をはじめ、「かるかん」や「げたんは」などの郷土菓子、揚げたてのさつま揚げや人気の黒豚加工品など郷土色豊かな特産品を販売しています。
 本格焼酎(芋、麦、黒糖)、紫いも加工品、黒酢なども数多く取り揃えております。



▼レストラン(遊食豚彩いちにいさん) 

 本場かごしま黒豚・黒牛、きびなごなどを肴に、鹿児島の本格焼酎を手軽に楽しめます。


【遊楽館所在地】:千代田区有楽町1-6-4千代田ビル 1~3F、9F 
TEL (03)3506-9177  FAX (03)3506-9178

【交通】 :JR有楽町駅日比谷口より徒歩2分 ,地下鉄日比谷線日比谷駅A4出口前







★楽天 メニューへ★

 ヤマダ電機は,70~80億円を投じて,2009年末に,中国(瀋陽)に海外1号店を出店する。

 過熱気味であった中国の不動産市況が落ち着いたことから,2010年後半の進出計画を前倒し,上海よりも消費変調が少ないと判断し,瀋陽を選定した。
富裕層向けに、主に日本製品を販売し,200~300億円の売上げを目指す。

中国市場開放プログラム   [本]

中国市場開放プログラム [本]
0911-tottori-map
鳥取県人口の減少幅,60万人を割る

 全国で最も人口が少ない鳥取県で,人口減少に歯止めがかからず,60万人の大台を下回り,ことし2月1日現在の県人口は,59万4千58人。
 なお,鳥取県公表の,人口移動調査2008年集計結果によると,出生と死亡による自然動態と,地域間移動に伴う社会動態を合わせた年間の人口減少数は4937人で,12年連続のマイナス。人口の県外流出による社会減が著しく,全体の減少幅は,丙午(ひのえうま)で出生が少なかった1966年を上回り,資料が残る55年以降,最大となった。

 社会動態は県外への転出が1万4140人,県外からの転入が1万938人。転出から転入を差し引いた「転出超過」は3202人で7年連続の減となり,自然動態を合わせた減少数全体の64.9%を占めた。

 ◆ちなみに,千葉県船橋市は09年11月1日で世帯数257,071世帯,人口600,487人(男303,007,女297,480)と,鳥取県とほぼ同じくらい。なお,県庁所在地鳥取市は,2009年9月30日現在,人口197,994人,世帯数76,610世帯である。

 http://www.city.funabashi.chiba.jp/johoseisaku/toukei/jinko/index.htm

 と,だいたい同じくらいである。


日本人はどこまで減るか 人口減少社会のパラダイム・シフト  /古田隆彦/著 [本]

日本人はどこまで減るか 人口減少社会のパラダイム・シフト /古田隆彦/著 [本]



日本の人口減少社会を読み解く 最新データからみる少子高齢化   [本]

日本の人口減少社会を読み解く 最新データからみる少子高齢化 [本]


【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)


 いま経済界では農業の重要性が見直されていますが,三井物産の事業戦略にもその動きが見られます。

○三井物産、農業・環境など6分野 九州で重点

 三井物産九州支社(福岡市)は,本年度。農業,アジアとの物流,環境など6分野を今後の重点事業としている。「農産物の流通には無駄が多い」とし,三井物産が開発した需要予測や生産管理ができる情報システムを活用したり,経営指導を行ったりすることで農家の経営安定化を後押し,農産物の取引拡大につなげる。


・農業では独自の情報システムを活用し,生産者を後押し。アジア物流では10月に福岡市東区に物流センターを開設し,自動車部品の輸出に活用する。


>>>「九州データ・ブック」

「九州データ・ブック」は西日本新聞社が毎年発行しているデータ・ブックで、九州の経済、人口、産業などのさまざまなデータを豊富に掲載しています。
テーマごとに解説文とデータ表、わかりやすいグラフ、マップなどで構成。エリアマーケティングとして活用できる各種データに分析を加えて収録しています。市場開発・販売促進などマーケティングの情報源として、また九州の“今”と“これから”を読み解くガイドとしてご活用ください。


九州データ・ブック エリアマーケティングのために 2009 [本]

九州データ・ブック エリアマーケティングのために 2009 [本]

 
・環境では三井物産が東京電力と共同で,羽田空港で実施する太陽光発電事業にならい,九州でも大規模な発電装置を設置する。佐賀県鳥栖市の流通基地など複数の候補地が挙がっており,今後,九州電力と協力しながら設置する場所や時期を詰める。

・福岡市東区には2万3000平方メートルの物流施設を整備。高付加価値の自動車部品を中心に取り扱う予定。
influenza-kagoshima

  鹿児島県内で今月1日までの1週間でインフルエンザの患者の発生が急増したことから,鹿児島県は4日、県内全域にインフルエンザ注意報が出された。


 県健康増進課によると、10月26日~11月1日の保健所ごとのインフルエンザ定点(医療機関)当たり患者報告数は、鹿屋(29.88人),名瀬(28.00人)、鹿児島市(26.68人)の3保健所管内で警報レベルの30に迫る勢いである。また伊集院(17.83人)、姶良(13.82人)、志布志(10.80人)の3保健所管内で注意報レベルの10人を超えた。6保健所管内の人口が県人口の71%に当たり、県内全域の注意報発令基準の30%を上回った。


 インフルエンザ注意報は、例年、真冬の1月ごろ出されていたが,この時期にインフルエンザ患者が急増しているのは、ほとんどが新型インフルエンザとみられる。県では、今後4週間以内に大きな流行が発生する恐れがあるとして、4日、注意報を出すとともに、県のホームページに,手洗い、うがいや人ごみを避けるなど感染予防とともにかかってしまったらかかりつけ医に相談して早めに医療機関で受診し、休養や水分、栄養を充分取るようといった,「インフルエンザについて」の注意事項を掲載して注意を呼びかけている。
 
▼「九州データ・ブック」

「九州データ・ブック」は西日本新聞社が毎年発行しているデータ・ブックで、九州の経済、人口、産業などのさまざまなデータを豊富に掲載しています。
テーマごとに解説文とデータ表、わかりやすいグラフ、マップなどで構成。エリアマーケティングとして活用できる各種データに分析を加えて収録しています。市場開発・販売促進などマーケティングの情報源として、また九州の“今”と“これから”を読み解くガイドとして役立ちます。


九州データ・ブック エリアマーケティングのために 2009 [本]

九州データ・ブック エリアマーケティングのために 2009 [本]


北陸の百貨店「大和」(東京・大阪証券取引所上場)が4店舗の閉店と470名の人員削減に踏み切る

 北陸地方で百貨店を7店舗を展開する「大和」(本社 金沢市・資本金 34億6,270万)円 は,そのうち,新潟県内の新潟店・長岡店・上越店と石川県内の小松店の計4店舗を閉店する。
 これにより,同社が運営する百貨店は香林坊店・富山店・高岡店の3店舗のみとなる。

 経営資源を主力店である香林坊店・富山店に集中することで危機を乗り切りたいとし,採算が悪化している4店舗の閉鎖により収益改善を目指す。

 また,4店舗閉鎖に伴い,全従業員を対象にした希望退職者の募集による,約470名の人員削減も合わせて行う。

 なお,同社は2010年2月期通期連結業績予想を下方修正,純損益で85億円の赤字に陥る見通し。
 商店街をめぐる環境は、大型店の郊外展開や少子高齢化の進展などから、年々厳しさを増している。

 経済産業省が2007年6月29日に発表した、平成18年度商店街実態調査の結果概要(PDFファイル)によると、商店街の最近の景況について、「停滞しているが衰退する恐れがある」「衰退している」と答えた商店街が70.3%に上る。
空き店舗問題経産省の実態調査によると、06年中の一商店街における空き店舗数は平均で5.33店。同省は「空き店舗問題は未だ歯止めのかからない状況が続いている」と分析している。

 ◆山口市 中心商店街 広大な空き地が広がる 
 
 山口市のJR山口駅に近い中心商店街の一角に、約2800平方メートルと広大な空き地が広がる。9年前、閉店した地場スーパー・アルビの跡地である。「にぎわいを取り戻したい」とし,1月、市出資の第三セクター・街づくり山口と地元の商店街組合が、共同で運営する2階建て商業施設「やまぐちマーケットプラザ(仮称)」の建設は,入店予定者との交渉は長引き、当初見込んだ「来年秋開店」は遅れる見通し。

 プラザ(延べ床面積2600平方メートル)2階は飲食店で、隣接する古民家や土蔵も改修してイベントに活用し、集客施設に整備する。1階には、アルビ跡地から北へ約200メートル離れ、築50年と老朽化が進む川端・公設両市場の約15店舗を移転させ、市場跡地にはバスの乗り換え場などを再整備する計画である。

 山口市は,相次ぐ郊外への大型店舗出店や不況の影響から中心市街地の小売業の年間販売額(衣料、食料関係)は、96年の141億4900万円から03年の107億3100万円と、7年間で34億円減である。

 宮城県では,感染症法に基づき感染症発生動向調査を実施しておりますが,第40 週(9/28~10/4)において,仙南保健所管内で下記のとおりインフルエンザの定点当たり患者報告数が注意報基準を超えており,宮城県全域でも,1定点医療機関当たり患者報告数が,流行の目安とされている1.0 を超えた第34 週の1.07 から第40 週では5.55 となるなど,増加傾向となっています。

 県内で現在流行しているインフルエンザの多くは、新型インフルエンザ(A/H1N1)であると推測され,今後さらに,県内全域において流行が拡大する可能性がありますので,予防には十分注意が必要です。
 急激な発熱,咳,咽頭痛,関節痛などの症状が見られた場合には,早期に医療機関を受診し,咳やくしゃみなどが出る場合は,感染が広がらないようにマスクをする等の咳エチケットを徹底されるようお願いします。
 休日夜間診療所は,待ち時間が長くなる場合がありますので,最寄りの医療機関を平日の診療時間内に受診することをお勧めいたします。


○仙南保健所管内のインフルエンザ患者報告数
11.88人(1定点医療機関当たり患者報告数):(全患者報告数95人 / 8定点医療機関)

○宮城県全域のインフルエンザ患者報告数
5.55人(1定点医療機関当たり患者報告数):(全患者報告数533人 / 96定点医療機関)

報道発表資料(平成21年10月8日発表)

2009年新型インフルエンザ対策マニュアル   [本]

2009年新型インフルエンザ対策マニュアル [本]

0911-yamada1

 ヤマダ電機のLABIブランドの16店舗目,「LABI1 日本総本店 池袋」(店舗面積 約2万3000平米)が,池袋三越の跡地に10月30日にオープンした。

 同社の都市型店舗ブランド「LABI(ラビ)」店は,1号店の大阪・難波,仙台、池袋、新橋、秋葉原、吉祥寺、高崎、渋谷、三宮、自由が丘の15店舗が出店している。

 “日本総本店”という店名に違わず,“世界最大級”をうたう約150万点の品揃え。売り場は地下2階から6階まであり、家電はもちろん、食品や日用品、化粧品、医薬品、書籍も販売。特に1階フロアの大半を占めるテレビは330アイテムと国内最大級の品揃え。ほかにも、PCは450台、ブルーレイディスク(BD)のソフトは現在販売されている全1500タイトル中1200タイトルを品ぞろえしている。

 同店のキャッチフレーズは,「家電維新」「この店を見ずして、家電は語れない!」―



ヤマダ電機〈激安戦略〉勝利のシナリオ 「家電量販」戦国時代のゆくえ  /田川克巳/著 [本]

ヤマダ電機〈激安戦略〉勝利のシナリオ 「家電量販」戦国時代のゆくえ /田川克巳/著 [本]


家電&デジタルAV業界がわかる  /西田宗千佳/著 [本]

家電&デジタルAV業界がわかる /西田宗千佳/著 [本]