FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 九州の百貨店の初売りは1月2日が通例であったが,井筒屋の本店・コレット・黒崎店(いずれも北九州市)、くまもと阪神(熊本市)、トキハわさだタウン(大分市)が元日から営業する大型ショッピングセンターなどにへの対抗策として, 元日に初売り営業を行った。

 報道によると,井筒屋本店では午前10時の開店前から行列ができ、開店時間を約40分早めて対応。客らは目当てのセール品などを買い求めた。消費不況の中、各店は


 日本百貨店協会によると、今年、元日営業するのは全国の257店のうち33店で、東北地方が多い。


エリアマーケティング実践セミナー産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097

http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097/


伊勢丹の最新儀式110番

スポンサーサイト



京成電鉄は,昨年7月17日から北総線経由の新鉄道「成田スカイアクセス」で新型スカイライナーを,上り28本,下り26本の計54本,運行間隔は20~40分で午前7,8時台のピーク時は1時間に3本運行している。
 電車と車内のインテリアは,ファッションデザイナー山本寛斎がデザインしている。
100616-keise-2


 成田スカイアクセスでは,新型ライナーのほか,停車駅が多く特急料金不要の一般特急「アクセス特急」も計51本運行。日中は都営浅草線経由で成田空港と羽田空港を結ぶため,日暮里・上野は通らない。

 京成高砂までは従来のスカイライナーと同様に京成本線を走り,京成高砂からは京成本線を離れ,北総鉄道を走る。

 京成本線で従来運行していたスカイライナーは「シティライナー」へと名称変更。新型ライナーの運行開始に伴い運行本数は現行の54本から14本へと減らし,日中は1時間に1本間隔で運行している。ただし,通勤時間帯に運行するモーニングライナーとイブニングライナーは従来通り。

100616-keisei-1


1006-narita2



⇒京成電鉄 広報:「 成田スカイアクセス開業!!
⇒ 動画 You Tube京成3000形&3050形試運転@成田スカイアクセス
  

▼Narita Sky Access will Debut on July 17th!

Nicknamed "Narita Sky Access", this new brand Keisei Sky Liner connects Tokyo and Narita Airport and travels at 99.5 miles per hour.
The vehicles and car interior were designed by well-known fashion designer Kansai Yamamoto, who used the theme “wind" for the vehicle's exterior and "poise" for the interior. He also designed the uniform for the station and cabin attendants.
Narita Sky Access will cut travel time between Nippori Station and Narita Airport Terminal 2 Station from 51 minutes to 36 minutes.

 出典:welcom to Japan's

        :*   *:  :*   *:   :*    *: 




★まち楽-房総-首都圏の食を支える 房総★