FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 トヨタ自動車は,2011(平成23)年に操業開始の宮城県大衡(おおひら)村の新工場で,ハイブリッド車(HV)を生産する構想で検討している。

 トヨタ子会社のセントラル自動車(神奈川県相模原市)が,本社工場を移転して稼働させる新工場で生産する。車種はト「ヴィッツ」級の小型車が有力。基幹部品のHV用電池は,トヨタ子会社のパナソニックEVエナジー(静岡県湖西市)が宮城県大和町で来週半ばにも稼働させる新工場で生産,供給する。
 周辺にはほかにも自動車部品を生産するグループ会社の進出がすでに決定してる。

            *☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

今がわかる時代がわかる日本地図(2010年版)
価格:¥1,680 ショップ:楽天ブックス
商品副データ特集:景気、雇用 Seibido mook成美堂出版株式会社/正井泰夫成美堂出版この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年11月登録情報サイズ:ムックその他ページ数:255pISBN:9784415108117この商品の関連ジャンルです。本 > 旅行・留学・アウトドア> 地図 (詳細ページ)


エリアマーケティング実践セミナー産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/course/course.asp?no=09134
[トヨタ 東北地方をHV生産の拠点とする構想]の続きを読む
スポンサーサイト