FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
100118-nitigin1

【図表は,日銀鹿児島支店HPより】

 今年の鹿児島県内経済について, 日本銀行鹿児島支店は「前半は厳しい状況が続くものの,後半は景気の持ち直しが予想される」という見通しを示しました。

 日銀鹿児島支店がまとめたリポートによると,景気を下支えしてきた公共事業の発注額が今後減少すると予想されることなどから,県内経済は,今年前半までは厳しい状況が続くものとみられています。

 だが,後半に入ると,国内全体で輸出主導による景気回復の動きが予想されるのに加えて,来年春の九州新幹線の全線開業に向けた設備投資など,鹿児島固有のプラス要因もあり,県内景気は持ち直しに向かうものと予測しています。

 ただし県内では,輸出型の製造業のウエイトが比較的小さいため,世界経済の回復の恩恵を直接受けにくい構造となっていて,先行きの不透明感などから設備投資などが回復しない場合は,持ち直しの動きが進まない可能性もあると指摘しています。

::::::****** ::::::::******* ::::::::*******


◆1 個人消費は,耐久消費財は持ち直しているが,全体としては弱い動きが続いている
 11月の大型小売店販売額は,消費者の節約志向が一層強まる中,気温による冬物衣料品の不振もあって,前月よりも前年比マイナス幅が拡大した。年末年始商戦は総じて盛り上がりに欠けたものの, 気温低下による冬物衣料品の持直しや所調 「巣ごもり消費」関連の売れ行き増加から,12月の前年比マイナス幅は11月対比縮小する見通し。

 11月の主要ホテル・旅館宿泊客数,主要観光施設入場者数は,新型インフルエンザ流行の影響などもあって, それぞれ前年を大幅に下回った。

 耐久消費財については,11月の乗用車新車登録台数(含む軽自動車)は,エコカー減税などの影響から4か月連続で前年を上回った。また,家電販売はエコポイント制度の影響から, 薄型テレビなどを中心に持ち直しの動きが続いている。

◆2 公共投資は増加している
 11月の公共工事請負金額は, 予算の着実な執行から, 国, 市町村を中心に6か月連
続で前年を大幅に上回り,09年度累計でも前年比l6.7%増加している。

◆3 住宅投資は極めて低い水準で推移している
 11月の新設住宅着工戸数は,持家が9か月振りに前年を上回ったものの,貸家,分譲 (主にマンション) を中心に12か月連続で前年を下回った。

◆4 生産は増加を続けている
 鉱工業生産指数は,持ち直しの動きが続いている。 季節調整済指数でみると,10月の生産水準はリーマン・ショック前の水準 (08年上半期) 対比で98%まで回復した。

◆5 雇用環境は極めて厳しい状況にある

有効求人倍率(季節調整済)は,5月以降ほぼ横遁いで推移しているが,ll月で0.37倍(全国0.45倍)と極めて低い水準にある。鹿児島県の調査によれば,年末一時金の妥結額は前年比▼7.2%と調査開始以来最大の落込みとなった。








何でも揃う楽天市場★

スポンサーサイト