FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
100813-tyuukaku-city

中核市一覧
1.函館市 2.旭川市 3.青森市 4.盛岡市 5.秋田市 6.郡山市 7.いわき市 8.宇都宮市 9.前橋市 10.川越市 11.船橋市 12.柏市 13.横須賀市 14.富山市 15.金沢市 16.長野市 17.岐阜市 18.豊橋市 19.岡崎市 20.豊田市  21.大津市 22.高槻市 23.東大阪市 24.姫路市 25.尼崎市 26.西宮市 27.奈良市 28.和歌山市 29.倉敷市 30.福山市31.下関市 32.高松市 33.松山市 34.高知市 35.久留米市 36.長崎市 37.熊本市 38.大分市39.宮崎市 40.鹿児島市

◎青印は中核市移行を目指している市:1.高崎市 2.八王子市 3.四日市市 4.吹田市 5.枚方市 6.豊中市 7.藤沢市

 中核市とは、地方自治法の改正によって新しく創設された都市制度で、政令指定都市に準じる権限を持つ都市のことです。政令指定都市以外の都市で規模能力が比較的大きく、その地域で中核的な機能を果たしている都市を対象に、政令指定都市に準じる事務権限を移譲するものです。

 姫路市や堺市、岡山市など当初12市でスタートした中核市制度は、2010年8月現在では、全国で40市が指定されています。

その要件は、人口30万人以上の都市とされており、この要件を満たし、中核市への移行を検討している市もあります。

 中核市に移行したことで、政令指定都市が処理することのできる事務のうち、国道・県道の管理などを除いた事務が県から移譲され、市で処理できるようになりました。例えば、以前は申請から交付まで約2か月かかった身体障害者手帳の交付期間が大幅に短縮されたり、養護老人ホームや保育所などの社会福祉施設の設置も市で認可できるようになりました。また、屋外広告物についても市独自に条例を定め、市の個性を生かした景観形成が行えるなど、きめ細かい市民サービスが可能になりました。

100813-tyuukakushi-matter

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

エリアマーケティング実践セミナー  2011/07/19~20,11/10~119産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097


【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)













★ゼンリン電子地図帳Zi PROFESSIONAL7 DVD全国版★






★顧客最接近強化書★








スポンサーサイト