FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 栃木県は関東地方の東北部に位置する海なしの内陸県である。1868(明治元年)年の廃藩置県で,真岡代官領地8万石を受け継ぎ「真岡県」としてスタートした。東は茨城県,西は群馬県,南は茨城,埼玉,群馬の3県,北は福島県に接する。面積は6,408k㎡(平成14年4月現在)で全国第20位。09年10月現在の人口2,009,70人,世帯数742,304世帯。
  
 平安時代、下毛野(しもつけぬ)国と那須国があった。7世紀後半、統一されて下野国となり、現在の栃木県の原型が作られました。徳川家康が江戸に幕府を開くようになると、天領や旗本領に細分化された大名や旗本が支配しました。

  南の平野部を除けば大部分が山地で,内陸特有の寒暑の差が著しいという寒暖の激しい気候は,中国北部と似ている。北部から西部にかけての山岳地帯は日光国立公園に指定されており,日光,鬼怒川,川治,栗山,塩原,那須などの,温泉,高原,名所・旧跡,ゴルフ場など観光資源を豊富に持つ有数の観光県でもある。 

●栃木県の地域区分

 県中央部は広大な平野が広がり、北部から西部にかけての那須連山、帝釈山地、足尾山地の山岳地帯と、中央部の那珂川、鬼怒川、渡良瀬川の沿岸平野部の3地域に大別される。

●県民性
 下野国は中仙道が走り,上野国から新潟,長野を経て都と連なっていた。栃木県の歴史で特筆されるのは,足利尊氏が出たことである。抵抗の英雄として,いまも栃木県人に反骨の気概が受け継がれている。
 江戸時代,字都宮藩が6万石,あとは十の小藩に分かれ,さらに天領と日光山領が入り組むという統治体制であった。小藩制であったゆえにゆえにまとまりがなく,郷土意識は低いともいわれる。
 なお,気性の荒い北関東地域にあって,茨城や群馬のような際だった個性はみられず,穏やかな印象を持たれている。こうした中で,県民性として,強気と弱気,打算性と非合理性,反抗性と消極性,向こう見ずとだらしなさ,といった二律背反の性格の混在しているとも,いわれている。
 この事例としてソニー創業者の井深大氏,足尾鉱毒事件に立ち向かった田中正造氏があげられる。
 田中正造の生涯は,抵抗反発と正義愛好によって貫かれている。終始,理想主義に情熱を傾け,正義に殉じ,何回もの入牢や拷間に耐えながら足尾鉱毒という公害告発に一生を捧げ,酬いを求めず,不遇の中て死んでいった。田中正造の生涯は,この県の人に流れている抵抗と強気の典型であり,強い正義愛好の理想像ともいえよう。

 --豆腐の地域性は強い。足利など北関東ではソフト木綿,埼京線沿線は木綿が主流。--

 『おとなしく目立たず』が信条との,世評も聞かれる。  

●県庁所在地-宇都宮市
 県都宇都宮市は,東京から90km,JR東北新幹線で約50分の位置にある。江戸時代には城下町として栄え,また,奥州と江戸を結ぶ交通の要衝として,参勤交代や日光東照宮の造営などにより往来も多く,「小江戸」と呼ばれるほど繁栄した。
 1884年に栃木県庁が置かれ,1889年に町制,1897年に市制が施行された。09年2月現在,人口総数 510,223人,世帯数 209,048世帯。72年に東北自動車道が,83年には東北新幹線が開通するなど交通網は充実し,96年には中核市となりました。00年には北関東自動車道の一部が開通し,南北・東西の動脈の結節点として、人やモノの交流が活発化しています。
 


●栃木の方言 
 『でれすけ』→ ばか
 『だいじ』 →大丈夫


●栃木の見所と栃木の小京都 

烏山町:「那須の小京都」 城下町,古い土蔵や商店,山あげ会館,烏山和紙会館。

栃木市: 日光例幣(れいへいし)使街道の宿場町として栄えた。栃木市は水運によって栄えた「蔵の町」。川の両岸に蔵屋敷や黒板の壁が続く風景は,まるで映画のセットのよう。市街地には450を超える蔵があり,江戸時代の面影を残している。太山寺の前庭にある「枝垂れ桜」は江戸幕府4代将軍,徳川家綱の母が植えたもの。春には多くの観光客でにぎう。見世蔵や土蔵が軒を連なる。

足利市(板東の京都): 日本最古の大学,「足利学校」,世界最大の陶磁器美術館「栗田美術館」などがある。

●ランキング-ベスト&ワースト 栃木県の主要農産物はいちご- 産出額250億円,シェア 14.9%,にら-産出額53億円,シェア22.4%,水稲,生乳などが,生産量で全国上位を占める。ビールの原材料・二条大麦の収穫量・出荷量は,38,100 トン,シェア30.7%で日本一。
 農産物の大消費地である首都圏に位置する地理的優位性を生かした首都圏農業を積極的に進められており,米麦等の土地利用型農業,野菜や果樹・花といった園芸作物,牛乳や肉用牛等の畜産のそれぞれの特徴を生かした生産を目指して,産地の規模拡大と品質の向上が図られている。

 白いヒモ状の姿からは想像しにくいが,かんぴょうは夕顔の実を薄く長く剥いて乾燥させたもの。江戸時代に上方から栃木県へもたらされたが,今では日本一の生産である。             
 1712(正徳2年)年,鳥居伊賀守忠英(とりいいがのかみただでる)が近江国水口から下野(しもつけ)国へ転封となった。かんぴょうは,その折にもたらされたと伝えられている。かんぴょう(干瓢)作りは,夕顔の実(瓢ふくぺ)のなる夏の盛りに行われる。

●日経リサーチの地域ブランド調査で全国最下位 
 日経リサーチが実施している,「地域名称」と「名産品」のブランド力を評価する調査-地域ブランド調査で,「住みたいか」「行きたいか」「名産品を知っているか」といった設問を通じて,独自性や愛着度などから都道府県を評価を,全国の約400人に聞いたところ、栃木県は,全国最下位だった。
 この,「地域ブランド全国最下位」の汚名返上に向け,県経済同友会が募集した「最下位脱出キャッチフレーズ」の優秀作は,「来てみたら住みたくなった栃木県」。今後,観光協会などと連携しながらキャッチフレーズの浸透を図りつつ,栃木の知名度アップを目指す,という。 
             地域ブランド戦略サーベイ(日経リサーチ)

▼都道府県ランキングTOP10  
1位 北海道 ,2 位 京都府,3 位 沖縄県, 4 位 大阪府 ,5位 東京都 ,6位 神奈川県,7位 兵庫県, 8位 福岡県,9位 鹿児島県 ,10位 奈良県


⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

エリアマーケティング実践セミナー  2011/ 7/19~20,11/10~11/11産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097








★ゼンリン電子地図帳Zi PROFESSIONAL7 DVD全国版★






スポンサーサイト



関東「ド・マンナカ」を宣言=茨城県古河市

 関東地方のほぼ真ん中に位置する茨城県古河市はこのほど、3市町による合併5周年を記念して「関東ド・マンナカ宣言式」を行った。10月に開催予定の関東ド・マンナカ祭りで、新開発の「ド・マンナカスイーツ」を発表するほか、北海道の中央に位置する富良野市の協力も得て、市の知名度アップを図る。
 関東7都県と近隣県を扇に見立てると、古河市その要となるという。宣言式では、室町時代に古河市を拠点にした武将の足利成氏に扮(ふん)した白戸仲久市長が「関東の中心、中核的な都市として発展することを目指し、関東ド・マンナカであることを宣言する」と、巻物に書かれた宣言文を読み上げた。
 祭りでは「へその街」をうたう富良野市の「へそ踊り」が披露される予定。【もぎたて便