FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



 千葉県は全国有数の植木生産県です。

植木の街-匝瑳市  
 匝瑳(そうさ)市の植木生産は明治時代に始まったといわれ、大正時代になって職業として本格化しました。当時の植木生産農家はわずか5~6戸で,限られた富裕層を対象に小ぶりの観賞用樹木を細々と供給しているにすぎませんでした。
 それが,大正12年、大阪府池田の植木買い付け業者の阪上亥之助が病害虫や寒さに強い八日市場のイヌマキに目をつけ,これを関西方面に出荷したことがきっかけとなり,植木生産が広まりました。現在では日本有数の栽培面積を持つ一大産地となっています。

 植木栽培は市内各所で行われていますが、特に線路から南側の地域で盛んです。また、農家の垣根として”槙塀”がよくみられ、なかには高さ4mほどのものまであります。

千葉県植木伝統樹芸士・植木銘木100選 
 植木産地発展の基礎を築いた伝統的な樹芸技術を保存継承し、今後の植木生産に役立てるため、「千葉県植木伝統樹芸士・植木銘木100選」を認定しています。

 植木伝統樹芸士は、植木屋さんのなかでも特にその実力が認められている存在です。県内で26名おりますが、半数の13名は市内在住者です。

 植木銘木は、植木職人の技により造形木として芸術的な美しさを持っています。平成19年度末現在32本がその認定を受けていますが、20本が市内にあります。

 
天然ガス
 千葉県の茂原市,九十九里地域一帯は,全国有数の天然ガスの生産地です。可採埋蔵量は,このエリアを含む南関東一帯で3500億立方メートル,千葉県天然ガスは約55万世帯で利用されています。

 千葉県天然ガスは塩分を含んだ地下水(かん水)の中に溶け込んだ水溶性ガスでsづ。地下約千メートルからくみ上げられたかん水は分離槽に送られて,天然ガスが採取されます。このかん水には大量のヨウ素が含まれており,生産量は年間7630トン。日本全体の約8割,世界の約3割を占め,医薬品や液晶パネルの材料にも使われるヨウ素は欧米などに輸出されています。

 茂原市には,天然ガスを採取する井戸が各所に散在しています。ガス井の数は九十九里地域一帯で約650本。自家製の井戸を掘って、田んぼなどから湧出(ゆうしゅつ)する天然ガスをパイプで引き込み,家庭燃料に利用している民家も多くみられます。
 。

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

エリアマーケティング実践セミナー  2011/ 7/19~7/20,2011/11/10~11/11産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097


【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)





★ゼンリン電子地図帳Zi PROFESSIONAL7 DVD全国版★




スポンサーサイト





九州の真ん中に位置する熊本県の球磨(くま)地方は,古き良き日本の雰囲気が色濃く残る地域である。

 球磨川は,九州山地から球磨の中心地・人吉を経て,熊本県第二の都市・八代に流れている。流域の人吉-八代間は,川べりまで山が迫り交通の便が悪かった。
こうした立地条件もあって,球磨藩は鎌倉時代初期から廃藩置県が行われるまで約700年もの間,相良氏が領主を務め,独自の地域文化を育んだ。 

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)