FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 富山県は,1833(明治16年)年に石川県から分県し誕生した。本県は日本海に面し本州の中央北部に位置し,東南西を山に囲まれ,北は海に面する半盆地形の地形の中に,富山平野が広がっている。東は新潟県と長野県,南は岐阜県,西は石川県に隣接している。東に立山連峰が連なる3,000m級の北アルプス,南に飛騨山系,西に医王山から加越国境の丘陵,さらに能登半島基部の山地が連なる。

 “トヤマ”の由来は,「山の外にある地」という意味の「外山(とやま)」と呼んだことによる等の説がある。また「富山」は当て字である。富山と言えば,東に北アルプス,南に飛騨山系,西に加越国境の丘陵と,三方を峰々に囲まれた,自然豊かな土地としても知られる。

県民性
 富山県県民性は、骨身を惜しまず黙々とよく働き,勤倹貯蓄を心がける実直さ,そして合理指向で,実行力がある、進取の気性に富み,家族を大切にし助合い、信仰心も厚い、思想面では保守的だと言われている。
 こうした気質は,一つには氾濫を繰り返す急流河川との闘いの歴史,冬季積雪下での忍耐の歴史に育まれたのであろう。

 08年4月,全国一斉に行われた全国学力・学習状況調査(学力テスト)で,富山県は前回に続き,小6,中3とも全教科で平均正答率が全国の平均を上回った。全教科区分で5位以内と好成績を収めた。
 好成績の背景として,県教委や教育関係者らは,実体験を通した学習などの取り組みと,教育熱心で勤勉な県民性などを挙げている。
  こうした,教育的な背景に加えて,「生活が安定しており,学校での学習に向き合える環境が整っているのではないか」とし,その背景として県民性があげられる。

●富山,石川の比較

 隣接する石川県とは人口規模が同一レベルであり,かっては富山県の方が上回っていたが,近年,人口の差は開くばかりである。富山県は,昭和初期から昭和50年頃までの約50年間だけ石川県の人口を上回た。

 富山県の人口千人当たり出生率は,全国で下から2番目(最下位は東京都)であるだが,1人の女性が生涯に産む子供の数を示す富山県の合計特殊出生率は,全国平均よりも高い。

 富山,石川両県の人口増加の大部分は,県庁所在地富山,金沢両市とその周辺地域で起きている。したがって,その都市的魅力の差が,両県の人口格差の要因とも考えられる。明治維新前後に,金沢は,13万人を超える大都市であり,これは名古屋よりも大きかったのである。これに対して,当時,富山は金沢の4分の1の人口にすぎず,以来,金沢と富山の都市的格差は縮まっていない。新潟県の1人当たり県民所得は平成9年度で3,003千円で,全国平均に比べて187千円低く,全国20位である。就業率は63.3パーセントで,全国平均より2.5ポイント高く,全国9位,女性の就業率も51.3パーセントで同じ4.0ポイント高く,全国9位と高いレベルにある。


【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)

[地域性・県民性 富山県]の続きを読む
スポンサーサイト