FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



 石川県は北陸地方の中部に位置する。東は富山県と岐阜県に,南は福井県に接し,北は能登半島となって日本海に突出している。地形は,西南から東北に向かって細長く,東西100.4km,南北198.5km,海岸線は約581.5kmの延長を有し,現在金沢市ほか7市27町6村から成る。廃藩置県の際,加賀一国が金沢県に,能登および越中の一部をあわせた地域が七尾県となり,その後,分離合併を経て現在の行政区域となった。

 石川県で,伝統工芸が隆盛した起源は江戸初期に遡る。外様ながら百万石の雄藩であった加賀前田藩は江戸幕府に謀反の意志のないことを示すため,惜しみなく工芸に藩の財源を注いだ。以来,400年にわたり,この地方で工芸は潰えることなく,いまに続いて来た。

●県庁所在地-金沢市-百万石の城下町 
県都の金沢の面積 467.77k㎡ ,人口455,486人,世帯数 184,004(06年12月1日現在)。そのイメージは,「謡が空から降ってくる町」。金沢の町の起こりは,農民を中心とした信者が「金沢御坊」として建立,以来,寺のまわりに,後町,南町などの町がつくられたことがはじまりと言われている。
 金沢は江戸時代,多くの文学者,芸術家を輩出し「天下の書府」と呼ばれた。

 時代の変化は伝統工芸にも影を落とし,徐々に需要が減っている。そこで「もう一度金沢の工芸を盛り上げうと,金沢市は,04年に「金沢ファッション都市宣言」を謳い,05年1月にはその実践機関である「金沢ファッション産業創造機構」を設立。



県民性 
「富山,福井と一緒にしないで」といった,加賀100万石のプライドが今も根付く。海の幸,山の幸に恵まれた豊かな県。勤勉な北陸気質ながら経済的な豊かさはのんびりしたお坊ちゃん気質を生んだともいう。また,保守的で何事も控えめ・忍耐強い気質という見方もある。
 なお,江戸時代,加賀に独自の文化が生まれ育たなかったのは,加賀藩の町人や農民に対する圧政によるとの見方もある。また,前田家の上下関係の厳しさ,秩序を重視する姿勢が,「保守的」「控え目」「忍耐強い」という県民性を作り上げたとも言われている。 
 石川県は加賀(金沢市・小松市)と能登(七尾市・玖珠市)の二つの地方から成り,県民性も若干相違する。能登地方は,金沢を中心とする南部に比べて保守的であり,開発が遅れていて消極的だが,人柄は誠実で信義に厚い。
 

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

エリアマーケティング実践セミナー  2010/11/08~2010/11/09産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097




 ***:::        :::::******    ******:::::



新刊  「身の丈」を強みとする経営  縮小の時代に勝つ「新リージョナルマーケティング」 ―日本経済新聞出版社刊
[県民性.地域性 - 石川県]の続きを読む
スポンサーサイト