FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 仙台市,福島県で地元の名物や文化を核に地域振興に向けて,自治体や企業がPRに知恵を絞り,活動が活発化しています。

 「杜(もり)の都」、「楽都」に「学都」と様々な顔を持つ仙台市家計調査によるとゼリー消費量が多いことから,これを街づくりに生かし「ゼリーの街」の呼び名を定着させようと,今年4月に地元企業が協議会を発足しました。これに,ゼラチン製造のゼライス(宮城県多賀城市)など地元企業12社が参加しています。

 今年から7月10~16日は「ゼリーウイーク」として、各種イベントが開かれる。百貨店の藤崎はお中元会場などに「ゼリーの街 仙台」ののぼりを立て、喫茶店の「ガネッシュ・ティールーム」はゼリーと紅茶を楽しむお茶会を催しました。


 音楽が盛んで「東北のウィーン」を掲げる福島県郡山市は今年から、「ウィーン少年合唱団」を招くなど,市民音楽祭をスタートさせました。

201012-ra-men

 福島県喜多方市は,札幌、福岡とともに日本三大ラーメンの地であるほか、2006年の5市町村合併で,蔵、そば、太極拳、ボート、グリーンツーリズムが加わりました。
[名物や文化を核に地域振興 - 仙台「ゼリー」,郡山は「音楽」, 喜多方は「何に」]の続きを読む
スポンサーサイト