FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 JR上田駅と別所温泉を結ぶ上田交通。このカラオケの映像は,上田交通の前身,上田丸子電鉄時代の別所線の映像。この曲の,1番から2番に入る間奏と2番のはじめの部分に,千曲川の鉄橋を渡る別所線の電車の映像が挿入されています。電車の型からして1970年代の映像と思われます。

     セブンネットの本


スポンサーサイト



杉並区――伝統と若者文化が共存共栄する「全国初」「東京初」が多い街



杉並区データ
面積 34.02km2(8位)人口と世帯  
・総人口/ 53万9,156人
(平成22年10月1日現在)
住民登録
・人口/52万7,845人  男性/25万4,142人  女性/27万3,703人
・世帯/29万2,364世帯

夜間人口 53万9629人(6位)
昼間人口 43万9379人(14位)


 武蔵野台地にあり,東京23区の西端に位置する。面積は34.02平方キロメートルと23区中8番目の広さ。杉並区は東京の発展とともに,比較的自然に恵まれた住宅都市としての性格をもち,自然の恵みに包まれた閑静な環境と,新宿・渋谷に直結する便利さのこの二つを併せ持つ杉並区
 戦前は,「西の鎌倉、東の荻窪」といわれたほど人気の高い住宅地であった。

 緑が豊かな区(2007年の緑被率は21.8%) 
 区の名前に植物がつく杉並区。区内の2割以上が緑に覆われている緑豊かな区である。

◆人口構成
 年齢構成から,若者の区という特徴が浮かび上がってくる。高校卒業後の若者(18歳~29歳)の割合は、中野区、豊島区に次いで3位。女性では2位。男性は4位である。

 昼夜間人口比率82.2%で20位。製造業の従業者数23位。卸・小売業の従業者数18位。区内にこれといった産業がないため,他府県からの通勤者の割合は23区で最も低い。


◆地場産業は“アニメ”-70以上のアニメスタジオが集結
 杉並区の産業として忘れてはならないものがアニメである。全国にアニメスタジオは、約600あるといわれているが,そのうち,70以上が杉並区に集まっている。
 そこで杉並区は,アニメを区の重要な産業と位置づけ、「アニメの杜すぎなみ構想」に基づき,支援を続けている。

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

エリアマーケティング実践セミナー  2010/11/08~2010/11/09産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)



消費も市場も縮むなか黒字を続ける小売・サービス業がある。キーワードは「自社分析」「個性化」「人材」そして「近場ニーズ」だ。安売り・値下げを競う消耗戦からいち早く抜け出した個性派企業に学ぶ生き残り戦略。