FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 長野県の調査では2009年末の県内製造業の海外事業所(生産、販売、駐在)数は981。10年前より30%以上増えた。円高対策や新興市場での需要取り込みをにらみ、今後も増加は必至だ。一方で全国的に海外を敬遠する若者は多い。産業能率大学が今年の新入社員に調査したところ、49%が海外で「働きたいとは思わない」と回答。

 こういう状況のなか、信州大学は昨年12月、留学生のみを対象にした初の合同企業説明会を開いた。県内を中心に約20社が参加。東南アジア進出を目指すオリオン機械も含まれていた。学生は信大、長野大学などから約50人で中国人、ベトナム人、韓国人などだった。

























スポンサーサイト





 1980年代までの秋葉原アキバ)は、家庭電化製品の街だった。それが1990年代にはパソコンの街になり,いま,オタクの街となった。
 
 アキバは家庭,ビジネス需要に対応する街から,若者を中心に生まれた新たな文化に対応する街へと転換したのである。

「身の丈」を強みとする経営(日本経済新聞社刊)-消費も市場も縮むなか,長期にわたる高収益を持続する小売業もある。キーワードは「がんばらない」「革新」「時代対応」そして「人材育成」である。店の大型化や安売り・値下げを競う体力勝負の消耗戦からいち早く抜け出した個性派企業の考える経営に学ぶ生き残り戦略。

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)





ビジュアル流通の基本第4版

ビジュアル流通の基本第4版

価格:1,050円(税込、送料別)