FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 全国で相次ぐ百貨店閉鎖相次ぐ 消費不振,都心に波及  百貨店の不振に歯止めがかからない。2010年に閉鎖した百貨店は全国で11店とこの10年で最も多かった。市場縮小が進む地方の店舗に加え,西武有楽町店(東京・千代田)など都心の主力店も撤退を余儀なくされた。景気低迷による消費不振は根強く,高額品を品ぞろえの中心とする百貨店は生き残りに向けた正念場を迎えている。

全国に広がる百貨店閉店の流れ-----------------------

◆山形県酒田市の「中合清水屋店」閉店

 東北地方などで百貨店を経営する「中合」は,山形県酒田市にて展開する「中合清水屋店」の運営から2月末で撤退する。

  同店は1950年に設立の「清水屋」を前身とし,1978年には酒田大火の復興事業として建設された複合商業施設にキーテナントとして入居。1994年には「中合」との合併で現在の形となり,以降は市街地の中心的存在であった。しかし,景気低迷による個人消費の落ち込みや,大型商業施設との競争激化で近年は売上が悪化。店舗単体では5期連続の赤字に陥るなど経営は限界に達し,やむなく撤退に至ったもようである。

 中合はダイエー子会社で,清水屋店のほかに十字屋山形店(山形市)などを運営。10年2月期の売上高は328億6200万円で前期比6.9%減少した。2期連続で債務超過となったが,今年7月にダイエーから50億円の資金支援を受け解消した。 ⇒中合2010年2月,福島県会津若松市の店舗を閉店 中合は,2010年2月に,建物の老朽化などを理由に福島県会津若松市の店舗を閉店している。

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記

エリアマーケティング実践セミナー 2011/07/19~20,2011/11/10~11《産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

【送料無料】「身の丈」を強みとする経営

価格:1,470円(税込、送料別)


 消費も市場も縮むなか黒字を続ける小売・サービス業がある。キーワードは「自社分析」「個性化」「人材」そして「近場ニーズ」だ。安売り・値下げを競う消耗戦からいち早く抜け出した個性派企業に学ぶ生き残り戦略。

スポンサーサイト



1004-6ku

目黒区
 中目黒,自由が丘,そして学芸大学や都立大学など,東横線沿線に好イメージの街が点在する目黒区。その人気は根強く,「住みたい街」や「憧れの街」など各種ランキングで常にトップクラスにあります。
 
 西小山商店街に代表される商店街や大鳥(おおとり)神社など寺社仏閣など昔ながらの風景も色濃く残り,住み心地はおだやかそのもの。JR山手線,東急東横線をメインに,都心へのアクセスにも便利な場所です。

 人口当たりの犯罪件数は6区中でも最も低く,便利さと安全に彩られた,豊かな暮らしを望む人には適した街でしょう。

杉並区
 新宿,渋谷のターミナル駅へどちらもアクセス至便な杉並区。小劇場やライブハウスなどがひしめく高円寺,阿佐ヶ谷と,独特の文化圏を形成しているJR中央線沿線エリアの顔と,永福町,浜田山といった閑静な住宅街の顔,両方の顔を合わせ持ちます。

 「すぎなみ子育て応援券」など独自の子育て支援制度もあります。人口当たりの公立幼稚園数は6区内でも第3位と,子育て世帯が多い地域にしてはやや少なめですが,区立保育園や私立の認可幼稚園の定員増など行政の対策を進めており,育児環境の向上が期待できます。


エリアマーケティング実践セミナー産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097

     セブンネットの本