FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
九電が東電へ15万キロワット送電 東日本大震災
(2011 03/14 06:30)
 九州電力は12日から、東京電力に向け15万キロワットの送電を開始した。東日本大震災で設備に被害を受けた東電側が、供給不足が懸念されるため要請した。
 15万キロワットは、約5万世帯の需要を賄える量。九電の電力は、静岡県などにある変換所を経由し周波数を変え、関東甲信越地方に届けられる。14日午前6時から15日午前0時までは20万キロワットを送電する。
スポンサーサイト



 東京電力・福島第一原発では、空だき状態となった2号機で、きょう未明、放射性物質を含む蒸気を放出しました。

茨城県の放射線量の状況 3月15日 12時00分現在(健康に影響はありません)

 福島第一原子力発電所1号機の爆発後、北茨城市役所に可搬型モニタリングポストを設置し、放射線量を確認しております。
 数値に変化はありますが、健康に影響のあるレベルではありません。

 15日4時現在の北茨城市の数値4,870ナノシーベルト/時間は、胸部レントゲン(50,000ナノシーベルト)の約10分の1です。

神奈川県内における放射線量の測定状況について
  
本県では、空間放射線量を常時測定するため、茅ヶ崎市の衛生研究所内に1基、川崎市及び横須賀市にある原子力施設の周辺に13基のモニタリングポストを設置しています。

本日、5時頃から測定値の上昇がみられ、最大値で212.8ナノグレイ/時間※を記録していますが、この数値は、健康に影響のあるレベルではありません。

▼福島県 市町村避難所一覧

http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=BA81B2B0D3D397D5BB1497D92149D181?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=22675

 ・市町村別避難所・避難施設一覧(PDF)


▼茨城県 平成23年東北地方太平洋沖地震関連情報
  平成23年東北地方太平洋沖地震への対応について
   http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/



▼千葉県 災害・危機管理情報」や水道復旧
 http://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/homepage/saigai20110314.html

 ・避難所開設情報
  http://www.bousai.pref.chiba.lg.jp/portal/index.html

 ・千葉県ホームページ携帯電話対応版
  http://www.pref.chiba.lg.jp/k/

▼埼玉県 原発事故に関する健康相談窓口を開設しました。
 ・原発事故に関する健康相談
  http://www.pref.saitama.lg.jp/page/gen-kenko-soudan.html

▼神奈川県
 ・緊急地震情報
  http://www.pref.kanagawa.jp/sys/bousai/portal/6.html

  3月15日: 神奈川県内における放射線量の測定状況について(第2報)
  3月15日: 神奈川県内における放射線量の測定状況について

◆ 東北地方太平洋沖地震・東京都知事緊急メッセージ
  http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/eq2011_tomin.htm

(冒頭の一部)
先般の東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りするとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

 現地では時間の経過と共に、未曾有の被害が広範囲で明らかになっており、まさに国難と呼ぶべき事態であります。被災地には、これまで、首都圏の電力需要を支えていただいてまいりました。こうした事態にあって、国家にも匹敵する様々な対応力を有する首都東京の責務として、あらゆる手立てを尽くさなければなりません。

 今回、現場を預かる東京都知事として緊急のメッセージを発信して、都民の皆様・首都圏の皆様のご理解・ご協力を得たいと思います。・・・・・・・・・

 会社が一番大切にすべきなのは、株主でも顧客でもなく、社員である。そして,2番目は外注、下請け企業の人たちだ。こうした考え方のもとで,『日本でいちばん大切にしたい会社』では、そうした経営を行っている全国の企業を紹介しました。

伊那食品工業株式会社

48年という長きにわたって増収増益を続けた企業がある。本社は長野県伊那市と、決して地の利に恵まれているわけではない。しかも、扱っているのは「寒天」という地味な成熟商品だ。にもかかわらず、1958年の創業以来、階段を上るように、一段一段、着実に成長してきた。

 この会社の名は伊那食品工業。国内シェアは約80%、世界シェアでも15%を占める寒天のガリバー企業である


中村ブレイス株式会社 - 義肢装具の製作技術でアート性を追求
 中村俊郎社長は、京都と米国で義肢づくりの「修行」を積んだ後、32年前に、石見銀山の遺跡のある故郷に戻って、過疎化が進む当地で10坪の納屋を改造して企業を起こした。ゼロからの出発・起業化であったため、当初は地元の若者を1人ずつ育て、顧客の人生に役立つためのモノ作りにこだわりながら、一歩一歩確実な前進を積み重ねることに専念した。

○中村俊郎氏,「平成19年度地域づくり総務大臣表彰:個人表彰」を受賞
 総務省は、地域づくりへの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを趣旨に「地域づくり総務大臣表彰」を実施しています。
 中村俊郎氏は長年にわたる地域活動と社会貢献活動に対する取り組みが評価され、「個人表彰」部門で「地域づくり総務大臣表彰」を受賞しました。

  →【動画中村俊郎  「ふるさとを世界遺産の町へ」

         **::         **::         **::

エリアマーケティング実践セミナー産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097

     セブンネットの本