FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
新燃岳-「依然として噴火続く」

 噴火活動を続ける霧島連山の新燃岳について、火山噴火予知連絡会は22日、「最盛期に比べると噴火の規模は低下しているが、噴火活動は今後も続く」という見解をまとめました。

2011-2-24-kokubu
【photo-鹿児島県霧島市側から】


 火山噴火予知連絡会は22日、東京で会合を開き、鹿児島,宮崎県境の新燃岳について「噴火の規模や頻度は最盛期に比べると低下した状態になっている」と分析しました。
 その上で、新燃岳の地下深くのマグマだまりは再び緩やかに膨張していて、大量にマグマが上昇することがあれば噴火活動は再び活発化するという見通しを示しました。
 これを受けて気象庁は、新燃岳の噴火警戒レベルについて、入山規制の「3」を継続する一方、大きな噴石が3キロを超えて飛び散る可能性は低くなったとして、これまで4キロとしていた大きな噴石への警戒範囲を3キロに縮小しました。
 新燃岳は今月13日を最後に、噴火は観測されていませんが、気象台では引き続き、噴石や火砕流への警戒を呼び掛けています。

2011-0224-miyazaki
【photo-宮崎県高原町側から】


◇新燃岳(1,421m)
 中岳の北西に位置し、霧島連山のほぼ中央にそびえる山です。頂上には、ほぼ円形の火口(直径約750m、深さ約180m)を有し、紺青のとても美しい水面は、直径約150m、深さ約30mの火口湖となります。山頂南側に溶岩の突出があり、遠くからラクダの背のこぶのように見えます。中岳と同じくミヤマキリシマの群落地で登山者も多い山です。昭和34(1959)年2月17日、北西部外壁から噴火しています。


★熊本駅周辺のホテルを地図で探す★


宮崎駅周辺のホテルを地図から探す

鹿児島中央駅周辺のホテルを地図から探す




宮崎駅周辺のホテルを地図から探す

鹿児島中央駅周辺のホテルを地図から探す
スポンサーサイト



鹿児島産そら豆に微量の放射性物質…台湾で検出

 台湾当局は21日、日本から輸入したすべての生鮮食料品、ミネラルウオーターに対する放射線検査を開始した、と発表した。

 20日、台湾に輸入された鹿児島産のそら豆からごく微量の放射性物質が検出された。そら豆は、17日に成田空港経由で台北郊外の桃園国際空港に運ばれたもので、さやからセシウム137、ヨウ素131が検出されたという。放射線量は基準値以内で、食べても健康に影響はないという。ただ、輸入業者は販売を取りやめた。ヨウ素131の検出はまれで、当局は福島第一原発の事故の影響と見ている。

 台湾当局は、20日からは、12日以降に日本で製造されたインスタントラーメン、米菓、チョコレートなどの加工食品を対象としたサンプル抽出検査も始めた。
                                                 〈source-読賣新聞3/21)































佐賀市


 佐賀市は,佐賀県の東部に位置し,鍋島36万石の城下町として栄えた佐賀。佐賀市は,竜造寺一族の居館を中心に発達した町で,竜造寺の跡を継いで肥前の国の藩主におさまった鍋島直茂が作った町である。2006(平成18年7月末日)の人口206,967人,世帯数 79,339世帯 。

■商店街と百貨店は苦戦が続く
 佐賀市を中心とする佐賀平野には,潅漑用の堀(クリーク)が網の目のように張り巡らされている。佐賀市は,これらクリークを利用して作られた町である。佐賀市は,道路事情の悪さと郊外への大型店の出店などによる中心部の商業の地盤沈下といった問題を抱えている。交通,道路を中心としたインフラ整備と商業活性化が,当面する課題である。
 佐賀市で,中心市街地は疲弊が進んでいる。中心市街地の核店舗的な存在だった呉服町名店街の老舗スーパー「窓乃梅」が05年に閉店,その後もシャッターを閉める店が相次いでいる。
 市中心部にあり,商店街にも近い百貨店・佐賀玉屋。創業200年を超える老舗企業も売上げ減に苦しんでいる。年間売上高は96年の165億円をピークに減少に転じ,08年は105億円。 


えびす像の数日本一」でまちおこし-佐賀市

 豊漁の神、商売繁盛の神などで知られるえびすさま。佐賀市内では街中至る所にえびすの石造が置かれており、昨年の調査で総数775体と確認された。このほど各分野の日本一を登録している「日本一ネット」(http://www.nippon-1.net/)から「えびすの数日本一」の認定を受け、市民グループなどがまちおこしに役立てようと取り組んでいる。

  えびす像は市の南部地域に集中しており、「よその町で は神社や店先など 限られた場所にまつられているが、佐賀では街角や一般道など日常的な場所にあるのが特徴。子どもを抱いた「子 育て恵比須」、2体が手をつないでいる「仲良し恵比須」などユニークな像もある。

 なぜ佐賀市にえびす像が多いのかについては,①旧鍋島藩主が兵庫県の西宮神社からえびす像を譲り受けてまつったのを見て、周辺住民にも広まったというのが通説。さらに、②商人や武士が往来した長崎街道沿いで旅の安全を祈願し た、③有明海の猟師 や海運業者が商売繁盛を願った、といった説もある。

◆関連HP

 マーケティング&マニュアルゼミー


     セブンネットの本