FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える

 鹿児島県の「1人あたりの県民所得」は平成20年度で,225万3000円と前の年度より4.9%減り,全国で42位である。内閣府が,4月26日に公表した平成20年度の都道府県ごとの所得によりますと,鹿児島県のサラリーマンの所得や企業の利益などを合計した「県民所得」は,3兆8689億円であった。

「県民所得」を県の人口で割った1人あたりの県民所得は,225万3000円で前の年度より11万7000円,率にして4.9%減である。

 この数字は,全国平均の275万4000円より鹿児島県は50万円あまり少なく全国47都道府県の中では沖縄県,高知県,宮崎県,長崎県,島根県に次いで6番目に低い上位から42番目となった。 ちなみに1位の東京都と比べると190万円少ない。

▼お隣の熊本県は,----

県民所得 ▲6.5%(4兆4114億円 → 4兆1250億円)
一人当たり県民所得 ▲6.1%( 2413千円 → 4兆2265千円)


【熊本県経済の概要】
平成20年度の熊本県の経済成長率は,名目▲3.2%、実質▲2.1%と、名目で4年ぶり,実質で6年ぶりのマイナス成長となった。
○これを生産面から見ると,製造品出荷額等が6年ぶりに減少に転じた製造業と,金融・保険業の減少がマイナス成長の主要因となった。

関連ホームページ

・なるほど鹿児島index 
 http://kobayashi.clever.mepage.jp/47nav/kyusyu/kagoshima_index..html

・なるほど熊本index
http://kobayashi.clever.mepage.jp/47nav/kyusyu/kumamoto_index.html

                 ★。*・。.☆。・*・。.★.。*・。*・。.☆。・*・。.★.。*・。☆

 『 「身の丈」を強みとする経営』(日 本経済新聞出版社刊)。本書は,性急な業容拡大は弊害が多いとして,堅実な発展を目指して,自らの分を知り,ライバルの動きに惑わされることなく,マイ ペースを貫きながら存在感を発揮するという経営姿勢を「身の丈経営」とし,縮小の時代の経営のあり方を考察しています。



     セブンネット




◆関連HP
 マーケティング&マニュアルゼミー

スポンサーサイト