FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



宮崎県内経済情勢 下方修正

九州財務局宮崎財務事務所が6月発表の「宮崎県内経済報告」(http://kyusyu.mof.go.jp/miyazaki/miya_keizai/pdf/miya_jousei_1106.pdf)によると,ことしの1~3月までの期間は、新燃岳の噴火活動に加えて、震災の影響で個人消費の落ち込みが見られることなどから,景気判断を3期ぶりに下方修正した。

それによると,ことし1月から3月までの期間は、新燃岳の噴火活動や、鳥インフルエンザの被害に加え、消費者の買い控えなど震災の影響が広がり、部品の供給不足もあって自動車や住宅の販売が去年の同じ時期より落ち込み、さらに観光施設も利用者が大幅に減った。
 また、企業が前の3か月と比べて景気が良いと見るか、悪いと見るかのいわゆる景況感は、県内の93社を対象にした調査では,大幅に悪化したという結果がでた。

 このため宮崎財務事務所は、ことし3月までの経済情勢について、「一部で弱い動きが見られる」として、景気判断を下方修正した。


 


    *******:::::::*******:::::::::*****

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記


エリアマーケティング実践セミナー  2011/07/19~07/20,11/10~11/11産能マネジメントスクール
 -「地域対応のマーケティング」が求められる時代です
    http://seminar.hj.sanno.ac.jp/s/3097


「身の丈」を強みとする経営』(日本経済新聞出版社)では,性急な業容拡大は弊害が多いとして,堅実な発展を目指して,自らの分を知り,ライバルの動きに惑わされることなく,マイペースを貫きながら存在感を発揮するという経営姿勢を貫く経営姿勢を「身の丈経営」とし,縮小の時代の小売業経営のあり方を考察しています。

     セブンネットの本






スポンサーサイト