エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 日本各地には,旧国名がつく地名やそれを組合せた呼び方で鉄道,道路の路線名,などが付けられています。

・磐城(いわき)→いわき市
・常陸(ひたち)→常陸太田市,ひたちなか市
・武蔵(むさし)→武蔵野市,武蔵村山市,武蔵野線(JR・鉄道)
・安房(あわ)→安房郡,房州うちわ,房州びわ,
・越後(えちご)→越後平野,越後山脈,越後獅子,越後三山,越後杜氏,越後鉄道
・信濃(しなの)→信濃町南信濃村,信州そば,(信濃川:新潟県),しなの鉄道
・美濃(みの)→美濃市,美濃加茂市,美濃和紙,美濃焼
・甲斐(かい)甲州(こうしゅう)→甲府市,甲府盆地,甲州ぶどう,甲斐路

▼ブログ-バックナンバー

県民性・地域性 4 「地名にみる地域性」


県民性・地域性-3 「歴史が育んだ地場産業」


県民性・地域性-2


県民性・地域性-1




⇒ 関連HP ⇒ style="COLOR: #99cc00">エリアマーケティング http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm


⇒ 関連HP ⇒ style="COLOR: #99cc00">県民性-風土記  http://kobayashi.clever.mepage.jp/cha/kenmin0.htm









スポンサーサイト

環境省は、花粉飛散開始日は、ダーラム法(又はロータリー法)で1平方センチメートルあたりの花粉数が2日連続して1個以上になった最初の日としています。

 


2012-224-kafun



◆飛散開始日
 2月 8日:千葉県 
 2月15日:長崎県,高知県,和歌山県,静岡県
 2月16日:熊本県,鹿児島県,高知県
 2月21日:神奈川県
   出典:スギ花粉開始マップ http://pollen-net.com/KAFUNMAP/kafunmap.html



◇環境省花粉観測システム(はなこさん)

 環境省では花粉症対策として、花粉飛散量の予測及び観測、関連する調査研究等を実施しています。環境省花粉観測システム(はなこさん)を通じて,平成24年の花粉飛散状況の提供は2月上旬より順次開始しています。



⇒⇒スギ花粉飛散開始マップ http://pollen-net.com/KAFUNMAP/kafunmap.html




 愛媛県の今治は,タオルが地場産業となっています。温暖な気候と水に恵まれて発展した百十余年の歴史と伝統を受け継ぎながら,日々技術開発に努め先進的な商品づくりに挑戦し,JAPANブランドとして世界を視野に新たな発展をめざしています。

 同県の四国中央市では,「お札と切手以外は何でも揃う」といわれるほど,江戸時代より手漉き和紙の地場産業集積地として長い歴史を有し,現在でも多様な紙産業が集積しています。近年,ダム建設による工業用水の確保や,港湾整備が行なわれ大王製紙,丸住製紙,愛媛製紙,ユニ・チャームといった有力企業が操業し,今日では紙・パルプ紙加工品などの製造品出荷額は約4,800億円と日本一の紙のまち成長しました。2011年年3月には多目的国際ターミナルが供用を開始し,港湾機能のより一層の充実が図られています。

 石川県での伝統工芸が隆盛した起源は江戸初期にあります。外様ながら百万石の雄藩であった加賀前田藩は江戸幕府に謀反の意志のないことを示すため,惜しみなく工芸に藩の財源を注ぎました。以来,400年にわたり,この地方で工芸は潰えることなく,いまに続いて来ました。 金沢の伝統工芸に連関して産業が生まれました。手仕事の技から繊維を織る産業ができ,そこから工作機械が生まれました。そして産業がまた文化を支える。そうやって街が栄えてきたのです。森の工房では,春,夏,秋,冬と,四季折々の自然を楽しむことができます。

 小豆島に醤油造りが始まって400年。いまも「マルキン忠勇」「ヤマロク醤油」など19軒の醤油醸造所があり,その歴史は続いています。この地では,もともと良質な塩が作られていたことに加えて,海上交通の発達が大豆や小麦の運搬を容易にしました。さらに酵母の発達と熟成に適した温暖な瀬戸内気候も手伝い,小豆島は醤油の一大産地となりました。時間のかかる熟成をじっくりと待てる心のゆとりという,島の人たちの大らかな気質が小豆島の醤油をおいしくしています。

 醤油の小豆島で佃煮産業が盛んなのは当然のようですが,その始まりが戦後と意外です。第二次大戦の敗戦後の食糧難時代に,身近にあった醤油でサツマイモのツルを炊いたことに始まります。いまでは醤の郷を醤油ゾーンと佃煮ゾーンに分けるほどの地場産業になっています。

 岡山県は,南は昔より水運に恵まれた瀬戸内海に臨んで四国に,北は山陰地方と接し,中四国地方の交通の要衝として古くから重要な位置にあるという地理的条件。そして,古代から,大和地方と並んで古代吉備の文化発祥の地として栄え,現在に至るという風土やなど地域に根ざした学生服,ジーンズ,ワーキングウェアなどの繊維産業,製鉄関連の耐火物や石灰産業,県中北部は木材産業などの企業が生まれています。

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記  http://kobayashi.clever.mepage.jp/cha/kenmin0.htm

▼ブログ-バックナンバー

県民性・地域性 4 「地名にみる地域性」


県民性・地域性-2


県民性・地域性-1







 街づくり・店づくりの総合展示会「街づくり・流通ルネサンス2012」が、3月6日(火)~から9日(金)までの4日間、東京ビッグサイトで開催される。

 この展示会は,「建築・建材展」、「JAPAN SHOP」、「LED Next Stage」など、7つの展示会で構成される。入場料は一般1500円(全展共通、税込み)。3月5日までにウェブサイトから事前登録すれば無料となる。

■「建築・建材展2012」(第18回) 東5・6ホール  
     
http://h.nikkeibp.co.jp/h.jsp?no=021401 

 安全で快適な住環境、商環境づくりに求められる住宅・店舗・ビル用建材や設備機器 などを紹介する、国内有数の建材総合展。今回は、震災を経て大きな課題となった、耐震と省エネ・創エネ関連の出展を集めたゾーンを新設し、20社が屋根一体型ソーラ ーシステムや制震ダンパーシステム、遮熱・断熱フィルム、外断熱工法などを展示・ 紹介する。会期中には、住宅の省エネ化や木質建築などをテーマとした各種セミナーも実施される。

■「JAPAN SHOP 2012」(第41回店舗総合見本市) 東4・5ホール
                    http://h.nikkeibp.co.jp/h.jsp?no=021402
消費者を引きつける魅力的な店づくりと、安全・安心で暮らしやすい街づくりのための最新情報を発信する、国内最大級の店舗総合見本市。商空間デザイン・ディスプ レー、店舗什器・設備、サイン・看板、店頭SP・POPツール、グラフィックス製作機
器などが一堂に会し、新素材・技術を活用した店舗空間の演出や、売り場の活性化を促進するためのツール・ソリューションなど、多彩な提案が行われる。


◇〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 ㈱東京ビッグサイト TEL:03-5530-1111 ( 代表 )




ビジュアル流通の基本
は,小売から卸、物流、マーケティングまで、流通に関わる基本知識を80のキーワードで図解。主要業態の特徴を描き出すとともに、「勝ち組」企業の強さの秘訣もわかるよう、具体的なケースをあげて解説した。EDIなどのIT化、電子マネーを使った情報管理、業態を超えて進む合従連衡など、最先端の状況がひと目でわかる。一般消費財からコメ、生産財まで、個別の流通事情についてもわかりやすく解説。

県民性や地域性は,風土・歴史によって育まれる--今に残る藩制度の名残



2012-225-kennminnsei01

 日本の地方分権は平安時代からの荘園,そして江戸時代に完成された藩で成り立っていました。江戸時代には,大は加賀100万石から小は1万石そこそこといった小藩まで260以上の藩が存在していました。こうした名残は,いまも全国各地に残っています。

 県域における著しい「土地柄」の違いを示す象徴的な事例として,長野県があげられます。長野県は長野,上田,佐久,松本,伊那と六つの盆地それぞれのが生活・文化・経済圏を形成しています。幕末に松本,諏訪,上田,など11藩があり,異質な地域社会が構成されていたものを,廃藩置県で一つの県にまとめたという経緯から,長野県は信州合衆国だ」と言い切る県民もいるほどです。
 

 古代,愛知県は尾張国(木曽川・庄内川地方),三河国(西三河の矢作川地方),穂国(東三河の豊川地方)の3国に分かれていました。大化の改新後,尾張,三河の2国となり,これが江戸時代まで続きました。

 明治4年の廃藩置県で,尾張(知多郡を除く)は名古屋県に,三河と尾張の知多郡は額田県となり,明治5年に名古屋県は愛知県と改められ,同年額田県を廃して愛知県の管轄に移し,尾張国,三河国は愛知県として統一されました。こうした経緯からか,尾張と三河では,土地柄,気質ともに異なります 

 同様な事例は,青森県の弘前vs八戸,山形県の山形市vs酒田市,広島県の広島市vs福山市,静岡県の静岡市vs浜松市など全国各地に見られます。
  この丘はちょうど森の中央に位置しており,森の中を散歩したり,自然の中で遊んだりするときにも,ちょうどいい拠点になります。森全体を見渡すことも可能で,夜は満点の星空を満喫できます。



⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記  http://kobayashi.clever.mepage.jp/cha/kenmin0.htm

▼ブログ-バックナンバー
県民性・地域性 4 「地名にみる地域性」


県民性・地域性-3 「歴史が育んだ地場産業」


県民性・地域性-1





 3/11キッズフォトジャーナルというプロジェクトがあります。
 これは、東日本大震災で被災した子どもたちが見つめている「震災後」を、世界に向けて、写真と文章で伝えるプロジェクトです。岩手、宮城、福島3県の小中学生33人によって結成され、既成のメディアとはまったく異なる内側の視点から、被災地の歩みを伝えています。
 そんな子どもたちが作った1冊が、本書3/11キッズフォトジャーナル 岩手、宮城、岩手、福島の小中学生33人が撮影した「希望」 です。
 メンバーたちの活動テーマは、「写真を通して世界中の人びとにメッセージを伝える」です。「仮設住宅に住む人たちの笑顔を撮りたい」「津波で流された父の寿司屋が、再建する様子を撮影したい」「放射能から逃れるために引っ越した親友に、ふるさとの様子を見てほしい」――メンバーたちは被災後の日々を、何を見つめ、何を思いながら過ごしているのでしょう。小1から中3までの少年少女のまっすぐな思いを、写真と文章で世界中の人たちに届けます。

■参加小中学生の内訳は、岩手県16人(大槌町、宮古市、陸前高田市、釜石市から)、宮城県7人(気仙沼市、石巻市、仙台市、名取市から)、福島県10人(南相馬市、いわき市、会津若松市、伊達市、避難先の広島県福山市から)となっています。








 島国で南北に細長い日本。古来の呼び名「豊葦原瑞穂国(とよあしはらみずほのくに)。その日本の各地方ごとに,地勢や気候風土,さらには遠く律令の時代にさかのぼる国,藩幕といった地域固有の歴史に育まれた独自で個性的な文化を築きあげてきました。そこから派生した価値観,気質そして,風習や暮らしぶりといった地域固有の文化,価値観を県民性と定義し論を進めます。
 そして,都道府県といった行政区分を軸として北海道から九州までの全国各地の地域性とその中核都市の地域性を概括し,加えて地域文化の変化の方向を探ります。

 なお,個々人の性格は生まれ育った土地の風土のみならず,性別や両親や友人の影響,その後の生活環境など後天的なものから形成されていきます。 したがって,生まれ育った土地が同じだからといって,地域に暮らす人たちが,みな同じ気質ということはありえません。だが,その土地ならでの独特の気質や生活慣習など,ある種の共通性が存在します。

 豊かな海に四方を囲まれた日本列島の内陸は,険しい山と川にへだてられ,小さな地域社会の連合体が形成され,各地域に個性豊かな文化を生み出してきました。情報化社会の進展によって文化の画一化が進み,地方や郷土の特徴がなくなりつつあります。
 だが,歴史が育んだそれぞれのお国柄,特有の気質といった地域性は今も健在です。同じ地域の中で生きていてお互いに「文化を共有」していることから,物の見方や考え方,生活習慣や嗜好といったものに,そこに一定の傾向が見られることは必然性を持ちます。

 いま,交通網が整備され,広く県境を越えて人々の移動が日常化しました。こうした状況にあっては,県あるいは地域といった行政区分でのくくりで地域性を見るのはナンセンス」,との指摘もあります。しかし,人それぞれが生活し仕事を営んでいる行政域単位で地域性を探り,その変化の方向を観察していくことは,地域を理解する上で興味深く,また有意義でもあります。
 
 元禄時代(17世紀末~18世紀初頭)の書,『人国記・新人国記』(じんこくき・岩波文庫)では,武蔵・上野・信濃三国の様相を次のように描写しています。武蔵については,「当国,西は山深く,東に江海(こうかい)を受け,広大の国なり。古昔(いにしえ)は武蔵野とて曠原相(こうげんあい)続いて,自ら人の心も活気なり。」(「新人国記」巻之上,以下同じ)と評しています。「熊谷・鴻巣辺は上州の風に異ならず。寒暑中正(ちゅうせい)の内,余寒猶(なお)多し。烈風宇常に多し」と述べ,熊谷・鴻巣辺の風土は上州(上野)と変わらないとしています。
     
 上州については,「当国も山谷(さんこく)多く,甚だ大国なり。‥…・坂東(ばんとう)の国の中にて,地形高く広大にして,開きたる地もあるゆゑに,上野(こううずけ)の国と云ふにや。……民俗……人の心堅固な。」と,上州人気質を分析しています。また「当国の風俗は,碓氷・吾妻(あづま)・利根三郡は,信州に似たり」ともあります。
 このような,いにしえの生活模様は,いまの世にもに通じる所,多です。
                          (出典・参考 「街道の日本史17 中山道  山田忠雄著・吉川弘文館刊」

⇒ 関連HP ⇒ エリアマーケティング http://kobayashi.clever.mepage.jp/area/area_index.htm
⇒ 関連HP ⇒ 県民性-風土記  http://kobayashi.clever.mepage.jp/cha/kenmin0.htm

▼ブログ-バックナンバー
県民性・地域性 4 「地名にみる地域性」


県民性・地域性-3 「歴史が育んだ地場産業」

県民性・地域性-2



 環境省発表によると一定量のスギ花粉が、2月15日の長崎に続いて,2月16日には熊本県,鹿児島県,高知県で観測されました。

 環境省は、花粉飛散開始日は、ダーラム法(又はロータリー法)で1平方センチメートルあたりの花粉数が2日連続して1個以上になった最初の日としています。
 この条件に適合する量のスギ花粉が飛んだことが、2月15日までに長崎県内でことし初めて確認されたことから,環境省は、花粉の飛散が国内で本格的に始まったと発表しました。

2012-22-kafu-map222 
 
 

   出典:スギ花粉飛散開始マップ http://pollen-net.com/KAFUNMAP/kafunmap.html

◇環境省花粉観測システム(はなこさん)
  環境省では花粉症対策として、花粉飛散量の予測及び観測、関連する調査研究等を実施しています。環境省花粉観測システム(はなこさん)を通じて, 平成24年の花粉飛散状況の提供は2月上旬より順次開始しています。

◆スギ花粉飛散開始マップ http://pollen-net.com/KAFUNMAP/kafunmap.html

関連記事--▼林野庁 スギ雄花に含まれる放射性セシウムの濃度の調査結果について(中間報告)http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/hozen/111227.html

 農林水産省は、森林における放射性物質の分布状況調査等を進めています。

 独立行政法人 森林総合研究所が、スギの雄花とその内部の花粉に含まれる放射性セシウムの濃度の調査結果(福島県内87箇所)を、中間報告として取りまとめました。

 調査の結果、スギの雄花に含まれる放射性セシウム(Cs134+Cs137)の濃度は、最も高いスギ林で1キログラム(乾燥重量)あたり約25万ベクレルとなりました。

 また、一部のスギの雄花と、その内部の花粉に含まれる放射性セシウム(Cs134+Cs137)の濃度を比較したところ、およそ同程度のレベルでした。

なお、調査結果の最終取りまとめは、平成24年2月上旬に公表する予定です。




ファミリーマートと山形県は、2012年2月17日、県産品オリジナル商品の開発や観光情報・振興に関することなど、県の広範囲にわたる事業を協働して実施するための「地域活性化に関する包括的連携協定」を、締結した。現在ファミリーマートは山形県内に85店舗を展開している。
 なお、ファミリーマートが同様に多分野にわたる包括的な業務提携協定を締結している自治体は、山形県が34府県目となる。


▼山形県とファミリーマートとの 「地域活性化に関する包括連携協定」締結記念 「山形県包括協定記念フェア」実施!

 ファミリーマートは、山形県との「地域活性化に関する包括的連携協定」締結を記念して、山形県産の食材を使用したオリジナル商品全9種類を販売する「山形県包括協定記念フェア」を、2月17日(金)から3月12日(月)まで(一部商品を除く)、東北地方(山形県・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・福島県)及び新潟県内のファミリーマート店舗約640店で実施する。






◇関西6選挙区に候補立てず=公明の協力狙う―維新の会


 地域政党「大阪維新の会」の代表を務める橋下徹大阪市長が公明党の白浜一良副代表(参院大阪選挙区)と会談し、公明党が次期衆院選で候補を立てる大阪府と兵庫県の計6選挙区について、維新の会の擁立を見送る方針を伝えた。
 
 公明党は現在、小選挙区の議席を持っておらず、次期衆院選に関し、関西圏では大阪の4選挙区、兵庫の2選挙区での勝利を至上命令としている。一方、維新の会は国政進出を目指しているが、これらの選挙区で候補を出さないことで、公明党の協力を引き出す狙いがあるとみられる。 


◇維新との合流を示唆 みんなの党・渡辺代表

 みんなの党の渡辺喜美代表は2月18日午前のよみうりテレビ番組で、大阪市の橋下徹市長率いる地域政党「大阪維新会」との合流を示唆した。維新の次期衆院選マニフェスト(政権公約)となる「維新版・船中八策」とみんなの党の政策がほぼ同じであることを強調する渡辺氏は、合流の可能性を問われると「そういう選択肢もあるかもしれない」と述べた。

 消費税増税をめぐり、容認の立場の橋下氏との違いを指摘された渡辺氏は「橋下氏は大阪に消費税をくれたら半年で値上げしますということだ。今の中央集権の体制のまま、消費税をやるとは一言もいってない」と指摘。「道州制をやるなら消費税は全額地方財源になる。そういう制度をわれわれは主張している」と述べ、消費税に関して考え方に違いはないことを強調した。





検索:




「世界最大級の太陽電池工場,宮崎で稼働」

 世界最大級となる太陽電池工場が宮崎県国富(にとみ)町で稼働している。昭和シェル石油の100%子会社のソーラーフロンティア(本社東京 http://www.solar-frontier.com/jp/company/profile.html)が運営。同工場は年間で,住宅用太陽光発電システムの電力の約30万世帯分に相当する900メガワットの太陽電池を生産できる。2011年2月から生産を始め,7月にはフル稼働に入った。設備投資額は1千億円で,単独の工場としては世界最大級である。

 同社は,宮崎県内で2つの太陽電池工場を稼働させており,新工場を加えた3工場で現在の国内需要をほぼ賄うことができる生産能力を持つ。

 製造した電池の7割は海外向けで,同社によると,「中国や韓国,台湾勢が生産能力を拡大している。価格競争は厳しいが,国内外で積極的に販売したい」としている。



◆神奈川県年齢別人口統計調査結果(平成23年1月1日現在)

 国勢調査の調査票情報を独自集計した年齢別人口を基礎数値とし、住民基本台帳法、外国人登録法及び戸籍法に定める出生、死亡、転入、転出等の年齢別異動人口を加減して推計しているものです。

>>年齢(3区分)別人口・・・人口増加するも、構成比では、年少人口、生産年齢人口は低下、老年人口は上昇
 平成23年1月1日現在の総人口は905万1028人で、これを年齢(3区分)別にみると、年少人口(0~14歳)が118万7930人、生産年齢人口(15~64歳)が598万6215人、老年人口(65歳以上)が182万4655人となっています。
2012-0217-kanagawa18


 平成22年1月1日現在の調査(以下「前年調査」という。)と比べると、総人口で4万2896人の増加があり、その内訳は、年少人口が1万155人の減少、生産年齢人口が475人の減少、老年人口が3万9861人の増加となっています。

 年齢(3区分)別人口の構成比は、前年調査に比べ、年少人口は0.2ポイント低下し13.2%、生産年齢人口は0.2ポイント低下し66.5%、老年人口は0.4ポイント上昇し20.3%となっています。全国平均と比べると、生産年齢人口では2.9ポイント高く、老年人口は2.8ポイント低くなっています。







 2012-peach01

 関西国際空港を拠点にする日本初の格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーションhttp://www.flypeach.com/jp/Home.aspx は,1月12日、新たに関空から長崎、鹿児島、沖縄、台湾、香港を結ぶ5路線を順次開設すると発表した。

 3月1日に福岡、新千歳便、5月1日に韓国・仁川便の就航が決まっており、アジアなどからの旅客誘致に向け、ネットワークを強化する。

 3月25日に長崎便を、4月1日に鹿児島便をそれぞれ1日2往復就航する。また7月以降に沖縄(那覇)と台北(桃園)、香港線を設ける。運賃は後日公表する。

 新千歳と那覇にはスカイマークも3月25日から関空に就航するため、価格競争力の高い航空会社同士が競合となる。

2012-peach-price


◇ピーチが運賃発表 関空-長崎3780円~、鹿児島4280円~ 
 
 ピーチ・アビエーションは1月25日、3月25日に就航する関西国際空港-長崎線と4月1日に就航する関空-鹿児島線の運賃を発表した。

長崎線は片道3780~1万1780円、鹿児島線は同4280~1万3280円。

 航空券の発売は長崎線が1月26日、鹿児島線が27日からで、6月30日までの搭乗分が対象。同社のホームページか電話で購入できる。


⇒⇒プレスリリース:大阪 (関西 )=長崎 、鹿児島 線の運賃を発表 の運賃を発表 の運賃を発表  http://www.flypeach.com/Portals/1/PressReleases/2012/20120125-Press-Release-J.pdf

⇒⇒facebook  http://www.facebook.com/peach.aviation


・本社所在地 :大阪府泉佐野市
・設立 :2011年2月10日
・事業内容 :航空運送事業(国内線・国際線)
・代表者:井上慎一(代表取締役CEO)
・資本の額 :150億5万円(うち資本金75億1,505万円)
・主要株主 :全日本空輸株式会社 (38.67%)、First Eastern Aviation Holdings Limited (33.3%)、 株式会社産業革新機構 (28.00%)





金柑  きんかん
2012-miyazaki-kinkan



 〝太陽″の形をしたきんかんは、南国みやざきの特産。金色の柑橘、「金柑」と書くきんかんは、みかん科のキンカン属の植物で中国南東部の逝江省が原産地。


 温暖な宮崎県内では南部のJAはまゆうを中心に中山間部の西郷村などでもハウス栽培が広がっている。1374ヘクタール→1600トン、金額にして8億5000円を生産している〝日本一〟のきんかん産地。


 11月上旬からハウス早出しきんかん。次いで11月中下旬から露地栽培の早出しきんかんの出荷がはじまる。その中から直径3・3センチ以上の大玉で糖度が柑度以上の完熟きんかんを選んで〝たまたま″のブランドで〝太陽の国〟みやざきから出荷されている。 
 いちばん寒い季節に出荷する春を待つ〝冬の使者″でもある。


◆みやざき完熟きんかんの総称が『たまたま』に!!

平成22年1月出荷より「みやざき完熟きんかん」の総称が『たまたま』に変わりました!

 宮崎のきんかんは、完熟、温室、露地の3つの区分があります。そこで、生食用の完熟きんかんを「たまたま」の名称に統一することで、より分かりやすく、シンプルにまとめました。 --JA宮崎経済連HPより

       (今までは)          (これからは)
      ・まるかじり →→→→→  ・たまたま
      ・たまたま  →→→→→  ・たまたまエクセレント



   --------------    -------------  
生で食べられる、宮崎県産の完熟きんかん「たまたま」は糖度・サイズの基準をクリアした最高峰の品!「たまたま」は数少ない完熟きんかんの1つで毎年、品薄になる超人気商品です。「たまたま」はさすがに厳選されているだけあってジュワっとしたフルーティーな口触りと後に残る甘さがあります。まさに高級フルーツの味わい!!糖度は16度以上です。


宮崎県産 完熟きんかん「たまたまエクセレント」2L 約1kg




宮崎県産 完熟きんかん「たまたまエクセレント」3L 約3kg
「この記事は,2/15-10:36掲載の2稿です。]

 橋下徹大阪市長が提唱の「大阪都構想」を,ウォッチングしています。



 維新の会は13日、全体会議を開き、橋下代表が維新八策の骨格を説明。首相公選制や参院廃止など憲法改正を伴う事項や、道州制を含む統治機構改革を柱として打ち出した。3月開講予定の政治塾での討議を経て完成させる予定だ。
 橋下大阪市長が打ち出した「船中八策」の骨格は,▽統治機構改革、▽行財政改革、▽公務員制度改革、▽教育改革、▽社会保障制度、▽経済・税制、▽外交・防衛、▽憲法の8つの柱で構成されている。

 憲法では、国民が直接、選挙で総理大臣を選ぶ首相公選制を導入することや、参議院を廃止することも含めて検討するとしている。そして、これらに必要な憲法改正の発議の要件を現在の衆参両院で3分の2以上から2分の1以上へと緩和するとしている。
 また、統治機構改革では、地方分権を進めるため道州制を導入し、社会保障制度では、各自で年金を積み立てる方式を基本に高額所得者には年金を掛け捨てにするとしている。
 さらに、外交・防衛では、日米同盟を基軸にオーストラリアも含めた同盟関係を強化し、経済・税制では、TPP=環太平洋パートナーシップ協定に参加することを挙げている。大阪維新の会は、橋下市長が示した骨格を基に「船中八策」の具体的な中身をさらに詰め、今月末に取りまとめたいとしている。


 大阪市の橋下市長らが率いる「大阪維新の会」が、参議院の廃止や首相公選制の導入などを盛り込んだ次期衆議院選挙での公約の骨格をまとめたことについて、自民党と公明党からは実現可能性を疑問視する発言が相次いでいる。

 自民・石原幹事長は「(道州制については)中央の政治の仕組みも変わってくる。そこをですね、言うのは簡単なんですね」と述べた。

 公明・山口代表は「制度として首相公選制や参議院の廃止を訴えるなら、憲法改正という主張と同義ですから。いささか性急な印象を受ける」と述べた。

 一方、大阪維新の会との連携を模索しているみんなの党の江田幹事長は、「著作権料をもらいたいという、率直な感じだ」と述べ、みんなの党の政策との一致点を強調した。

   *******    ***********       **********

>>>公明の性急批判に維新・松井知事「これが僕らのスピード」

 大阪維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は15日、同会の次期衆院選に向けた事実上の公約「維新八策」の骨格について公明党の山口那津男代表が「性急だ」と指摘したことに対し「これが僕らのスピード感。国政の皆さんとは、ずれがある」と反論した。「道州制も行革もすべてできる体制を国に求めていきたい」とも強調した。

 同会代表の橋下徹大阪市長も「国の統治機構を否定しているから国会議員はのめないだろう」と指摘、維新八策の狙いについて「国と地方を対決させるくさびになる」との認識を示した。

 




 福岡市の2011年6月1日時点の推計人口が147万5328人となり、京都市の147万3967人を抜き、政令市で全国6位となった。

 福岡市には、九州各県からの人口流入が続き、近年は年間1万人以上のペースで増加。昨年6月からの1年間では、約1万6千人増加した。

 政令市の推計人口は、横浜が約369万人(6月1日現在)でトップ。2位大阪、3位名古屋、4位札幌、5位神戸となっている。

⇒⇒関連HP「なるほど福岡」「県民性-福岡県



 2010年実施のた国勢調査の速報値によると,千葉県内の人口は2005年の前回調査と比べ,16万657人増の621万7119人。

 世帯数も2005年より18万9988世帯増の251万5220世帯となり,人口,世帯数ともに過去最高。一世帯の人数は2005年より0.13人減り2.47人だった。

 市町村別の人口は,千葉市が最多で96万2130人。千葉,船橋,松戸,市川,柏の五市で全体の47.2%を占めた。前回比で人口が最も増えたのは船橋市で3万9246人増。増加率では13.86%で白井市。最も人口が減ったのは銚子市の7万0225人で4795人減(-6.39%)だった。 





検索:

 千葉県の1月1日現在の人口は620万6334人で,去年1年間で1万693人,率で0.17%減少しました。

 千葉県の人口が前の年より減ったのは,大正9年に国勢調査が始まって以来,初めてです。死亡者が出生者を上回ったのも初めてで,523人の減少となりました。また,県外への転出が転入を上回り,1万1418人の減少となりました。

 千葉県の人口は大正時代に統計を取り始めてから増え続けてきましたが,去年1年間の増減を反映させた人口が初めて前の年を下回り,県は,震災の影響もあるとみて,今後の動向を注視していくことにしています。
 千葉県は,人口は平成29年まで増え続け,その後,減少に転じると予想していましたが,それより7年早く人口の増加が止まったことになり,「復興や除染が進めば人口が戻るのか,今後の動向を注視して原因を見極め,県の施策を考えたい」としています。

 特に,震災で災害救助法の適用を受けた旭市,香取市,山武市,山武郡九十九里町,浦安市,千葉市美浜区,我孫子市,習志野市など8市区町では,習志野市をのぞいて,いずれも県外への転出が転入を上回り,あわせて3313人の減少となりました。






検索:


 総務省統計局発表の「2010(平成17)年国勢調査人口等基本集計結果」によると,県別の人口減少率では秋田県が5.2%と最も高く,次いで青森県(4.4%),高知県(4.0%)など38 道府県で人口が減少 した。

◇高知市の人口減少対策

 高知市は2011年,都会の若者に田舎暮らしや起業を指南する塾「土佐山アカデミー」を開校した。05年に高知市と合併した旧土佐山村は高知市を流れる鏡側の源流域に位置する山間部にあり,人口はこの10年で2割減り1千人を切った。
 このままでは36年後に人口はゼロになると市は試算する。地域おこしに関心のある移住者を呼び込み,地域の人たちと交流することが再生のカギを握る。

                        *********        *******
   

平成22年国勢調査 人口等基本集計結果の概要(高知県)
  
(1)高知県の総人口
 高知県の人口は764,456 人で2005年と比べ31,836 人,4.0%減少しました。

(2)市町村別人口
平成17 年と比べ人口増加があったのは,香南市(289 人増加・増加率0.9%)のみで,
その他の市町村は減少しました。
減少率が最も高いのは大川村(△23.6%),次いで大豊町(△14.1%),梼原町(△13.9%)
と続いています。


(3)年齢(3区分)別人口
平成17 年と比べ構成比では,15 歳未満人口は0.6 ポイント低下,15~64 歳人口は2.2
ポイント低下し,65 歳以上人口は2.8 ポイント上昇しました。
高齢化率は,28.8%(H17:25.9%)で高齢化が進んでいます。全国平均は,23.0%で,
都道府県では,秋田県(29.6%),島根県(29.1%)に次ぐ全国第3 位となっています。


○市町村別65 歳以上人口割合
最も高いのは大豊町(54.0%)で次いで仁淀川町(50.3%),大川村(44.3%),土佐町
(43.0%)の順となりました。


2.配偶関係(未婚率)
15 歳以上の配偶関係をみると,有配偶率は男性が60.1%女性が51.7%,未婚率は男性
が29.5%,女性が20.8%となり男性が高くなっています。
なお,25 歳から39 歳では平成17 年と比べ未婚率は男女ともに上昇しました。




>>>埼玉――武蔵野銀,個人地主へ融資強化(地域金融ダイジェスト)

 埼玉県を事業領域とする武蔵野銀行は賃貸マンションやアパートを建設する個人地主向けの融資を強化している。住宅ローンなどを担当する部署にファイナンシャルプランナー(FP)を配置し,資産運用の観点から相談に応じ,資金需要を掘り起こす。景気低迷で不動産市況が悪化するなかでも,保有不動産を有効活用したいと考える富裕層は多いと判断したことによる。


>>武蔵野銀,営業担当地域を細分化 3カ年計画 ーー

 武蔵野銀行の2013年3月期を最終年度とする3カ年の新中期経営計画を遂行している。地域ごとに法人開拓や個人営業など幅広い業務を1人の行員が担当するなど営業体制のもと,収益リスク管理システムを導入し,融資の実態を把握しやすくしている。

 埼玉県は首都圏で唯一,人口の転入超過数が増え,豊富な資金需要を巡り県外地銀などとの競争が激化している。不動産・建設業界を中心とした不良債権処理を10年3月期で一段落させ,顧客基盤を強化する。

 これまで店舗営業は中小企業や個人商店など分野ごとに担当を分けていた。短期的な営業成果を求めがちで,きめ細かい対応を徹底できなかったと判断。4月からは担当地域を細分化し,行員一人ひとりが法人,個人向けのどちらの業務もこなす。地域とのパイプづくりが狙いだ。


>>>氷点下32・6度、今冬の全国最低気温…北海道

 札幌管区気象台によると、北海道枝幸(えさし)町歌登(うたのぼり)で2月3日午前7時17分に氷点下32・6度を記録し、この冬の全国最低気温となった。

>>>-埼玉・熊谷市で39.8度 6月の最高気温記録を更新2011年

 6月24日、埼玉県熊谷市で39.8度を観測するなど、内陸部を中心に記録的な猛暑となった。気象庁によると、埼玉県鳩山、寄居両町、群馬県高崎、館林両市などの5地点で39度以上となり、国内での6月の最高気温を20年ぶりに更新した。これまでの最高は1991年6月に静岡市で観測された38.3度。記録的猛暑だった昨夏でも、最高気温は岐阜県多治見市の39.4度(7月)だった。

 

>>>「近未来の縮図」長野県小海町・2

 厚生労働省が公表の人口推計によると,2060(平成72)年の日本の人口は8674万人まで減る。2010年の1億2806万人に比べ50年間で4⊥32万人(32・3%)減少し、関東地方の1都6県の人口(約4200万人)が消失する計算となる。65歳以上の高齢者の割合は、10年の23・0%から60年には39・9%に達する。

 小海町の人口は,2010(平成22)年の国勢調査では65歳以上が1833人でその割合が35.2%)と,日本の50年後の数字に近い。なお,15~64歳は2794人。0~14歳は553人である。
 若い世代の減少と高齢化の進行は,地域社会に様々な陰を落としている。

2012-nougyou-jinkou


▼成り立たぬ農業
 町の基幹産業である農業は,最も深刻な若者不足の影響を受けている。白菜やレタスの栽培・収穫は,中国人実習生なしでは成り立たなくなっている。


▼伝統行事も人手不足
 町の伝統行事の存続にも影響を及ぼしている。町東部の集落で行われる豊作を祈る祭りでは、以前は集落内で祭りの演者をまかなったが、いまは町内全体から集めなければならない。

▼たくましさに欠ける-競争原理が希薄となる

 町では3人目以降の子供は保育料無料。18歳までは医療費も無料である。だが,子供の減少で保育所や小学校は統廃合が進み、町内に3つあった保育所は1つに。2校あった小学校も、今春から1校となる。人数が少ないことから,「保育所と同じ顔ぶれで中学校まで育つ」という家族的な雰囲気で大事に扱われるためか,「のびのび育つ半面,競争原理は働きにくい恐れも懸念される。
 村の担当者は,「この環境で、この子たちはたくましい大人に育ってくれるだろうか」。と,心配顔である。

◇関連ブログ
「近未来の縮図」長野県小海町・1 http://misuzukaru.blog90.fc2.com/blog-entry-555.html


                                          。+゜☆゜+。Y⌒Y⌒Y。+゜☆゜+。Y⌒Y⌒Y。+゜☆゜+。Y⌒Y⌒Y+

 

年金破綻、かさむ高齢者医療費、就職できない若者。少子高齢化の進む今、生まれた年によって受益と負担の格差が出てしまう「世代間格差」は、日本の現状と先行きを考えるうえでは避けて通れない問題である。なぜ世代間格差が生まれてしまうのか。格差はいかに解消すべきか。本書は経済学的見地から世代間格差を考察し、実行可能な処方箋を提示する。社会保障・日本型雇用・少子化対策などの問題点を多角的に検証し、新たな経済社会システムの構想を鮮やかに描き出す。

 

日本の人口は、現在の1億3千万人が50年後に9千万人に、100年後には4千万人にまで減ると予想されている。この変動が政治や経済や労働環境、家族関係や恋愛のあり方までをも大きく変えてしまう。それは、滅びゆく寂しい社会なのか、それとも意外なユートピアなのか?歴史人口学の第一人者が数々のデータを駆使して描き出す、人口という名の未来予想図。










>>>氷点下32・6度、今冬の全国最低気温…北海道 枝幸町歌登

 札幌管区気象台によると、北海道枝幸(えさし)町歌登(うたのぼり)で2月3日午前7時17分に氷点下32・6度を記録し、この冬の全国最低気温となった。
 同町では、この低温で小中学校2校が始業時間を約1時間繰り下げた

>>>-埼玉・熊谷市で39.8度 6月の最高気温記録を更新 2011年

 梅雨の晴れ間の2011年6月24日、埼玉県熊谷市で39.8度を観測するなど、内陸部を中心に記録的な猛暑となった。気象庁によると、埼玉県鳩山、寄居両町、群馬県高崎、館林両市などの5地点で39度以上となり、国内での6月の最高気温を20年ぶりに更新した。これまでの最高は1991年6月に静岡市で観測された38.3度。記録的猛暑だった昨夏でも、最高気温は岐阜県多治見市の39.4度(7月)だった。


 
「近未来の縮図」長野県小海町・1

 小海町は,長野県の東部、南佐久地域のほぼ中央に位置し、東は北相木村、西は八ヶ岳連峰を境に茅野市、南は南牧村・南相木村、北は佐久穂町(旧八千穂村)にそれぞれ接している。
 東西21キロ、南北16キロほどの小さな町の中央を南北に流れる千曲川に沿って帯状の平坦地が形成され、ここを国道141号、JR小海線が走り、町の主要な交通路となっている。

 白菜やレタスなど高原野菜の産地として知られるこの町の人口は,2010(平成22)年の国勢調査では65歳以上が1833人。15~64歳は2794人。0~14歳にいたっては553人である。、約5200人の人口の5人に2人が65歳以上の高齢者,1年間に生まれる子供は20~30人というこの数字から,専門家は「50年後の日本の人口構成に近い町」と指摘する。 。


 「30年前は家族連れでにぎやかだった」という商店街も,今は空き店舗が目立つ。日中も人通りはほとんどない。中心部には、デイサービスが受けられる介護支援施設などが6施設。その一つ、社会福祉センター「やすらぎ園」には、1人暮らしの高齢者が格安の家賃で暮らせる集合住宅が整備されている。
 認知症予防のため、定期的にお年寄りを集めて子供との交流会などを行うななど,高齢化に伴い、町は高齢者が生活しやすいよう整備が進んでいる。

 町の平成23年度予算の歳出35億9500万円のうち、社会保障費にあたる民生費と衛生費は全体の3割を占める計約10億5400万円。勤労世帯に投資して町を活性化したいが町財政には余力がないため,現実には高齢者の生活を守ることで精いっぱいだという。

2012-koumimat-map

 出典:小海町HP http://www.koumi-town.jp/office/archives/townprofile/koumi-town-gaiyou.html

◇関連ブログ
「近未来の縮図」長野県小海町・2 http://misuzukaru.blog90.fc2.com/blog-entry-558.html




「身の丈」を強みとする経営 縮小の時代に勝つ「新リージョナルマーケティング」

いま考えるべきことは「成長・発展」ではない。なんとかして生き残ることである。そのヒントは拡大主義と「ガンバロー」の精神論を排した身の丈経営=考える経営にある。市場を小さく見て、「ムリ・ムダ・ムラ」を省く。人材さえ育てれば、カネとモノは後からついてくる。




追跡-「大阪都構想」1 「都」協議に堺市は不参加/「非常にいい」経団連会長


 橋下徹大阪市長が提唱の「大阪都構想」を,ウォッチングしていきます。

◆「都」協議に堺市は不参加
 大阪府と大阪、堺の両政令市を再編する「大阪都」構想をめぐり、竹山修身堺市長は2月3日、府庁内で松井一郎知事、橋下徹大阪市長と会談し、同構想の制度設計を話し合う協議会に参加しない意向を伝えた。これを受け松井氏と橋下氏は、府と大阪市が先行する形で協議会を発足させることもやむを得ないと判断。2月開会の各議会に設置条例案を提出する方針。 

 都構想の実現を目指す松井、橋下両氏は、3府市の首長と議会で構成する協議会の新設を竹山氏に呼び掛けていたが、竹山氏は会談で「政令市として一体的に発展していくことが堺市民の大半の願いだ」と強調。堺市の分割につながる都構想に難色を示し、2月市議会への条例案提出を見送る考えを示した。


◆大阪都構想「非常にいい」=経団連会長

 経団連の米倉弘昌会長は2月2日、大阪市で記者会見し、橋下徹市長が掲げる大阪都構想について「改革を積極的に進めていく動きが出ているのは非常にいいことだ」と評価した。また、「府市行政一体化で無駄を省き、大阪エリア全体で産業政策を展開すべきだ」と指摘。さらに「道州制へ向かって動きを加速すれば、もっと大きな効果が出るのではないか」と述べ、経団連が目指す道州制につながることに期待を示した。

◆「大阪都構想」で意見聴取へ=大都市制度で本格論議-地制調小委

 首相の諮問機関の「地方制度調査会」の専門小委員会(碓井光明委員長)は2月2日、都内で会合を開き、大都市制度の本格論議に着手した。

 会合では今後、地方から出ている大都市制度改革の提案について意見聴取する方針を決定。16日の次回会合では橋下徹大阪市長が提唱する「大阪都構想」について、大阪府・市から説明を受けることにした。
 会合では、総務省が東京都・23区や政令市制度の変遷のほか、都道府県と市区町村の役割分担、3大都市圏の人口データなどを説明。
 いま品川駅の構内アナウンスはやたらと中国語が飛び交っています。春節で中国観光客が多いので,JRが気をきかせているのでしょうか?

秋葉原のヨドバシカメラ,ラオックスの店内では,日本語のPOP広告は隅に押しやられ,中国語のポスターやPOPが幅をきかしています。まさに中国語オンパレードなんです。

 東京は,スッカリ中国の傘の下に入ってしまったかのようです。

◇春節(今年は1月23日)
中国では、春節(今年は1月23日)を挟んで通常で1週間、個人商店や一部企業では数週間の長期休暇に入る。こうした長期休暇を利用して海外旅行を楽しむ中国人は年々増加しており、日本も人気のある目的地の1つに数えられている。昨年は、東日本大震災の影響で大幅に減少したものの、最近になってようやく回復してきたという。

 日本百貨店協会は、東日本大震災後に激減した中国人観光客数が、春節を迎えて例年の9割程度まで回復してきたと推計している。また、東京・池袋地区のホテルが受け入れた中国人観光客の数は、昨年同時期に比べて2.5倍に増加している。

 百貨店を中心とする小売業界は、多くの中国人観光客が来日するこのチャンスを逃すまいと、割引セールの実施や中国語対応スタッフを増員するなど、様々な対策を講じている。

ある研究機構は、中国人観光客のショッピングによって、春節期間中に日本の小売業界の売り上げ高が10%以上増加すると予測している。



ビジュアル流通の基本
は,小売から卸、物流、マーケティングまで、流通に関わる基本知識を80のキーワードで図解。主要業態の特徴を描き出すとともに、「勝ち組」企業の強さの秘訣もわかるよう、具体的なケースをあげて解説した。EDIなどのIT化、電子マネーを使った情報管理、業態を超えて進む合従連衡など、最先端の状況がひと目でわかる。一般消費財からコメ、生産財まで、個別の流通事情についてもわかりやすく解説。


「ギョーザ日本一」宇都宮2位転落、首位は…


 総務省が1月31日に公表した昨年12月の家計調査の集計結果によると,ギョーザの世帯当たりの購入額で,栃木県宇都宮市が15年間守ってきた日本一の座から陥落し、静岡県浜松市が2011年の首位になった。
 2011年の世帯当たりのギョーザ年間支出(購入)額は、浜松市が4313円で首位、宇都宮市は3737円で前年の6133円から大幅に減り、首位から2位に転落。東日本大震災後のスーパーなどの休業が影響したとみられる。

2012-gyouza-kakei01



 ニラや白菜が特産の宇都宮市は1990年、「ギョーザ日本一」を宣言。市内には専門店が80以上あり、99年から「餃子祭り」を毎年開催している。
 対して,浜松市はモヤシを添えたギョーザが人気で、市内に約80の専門店がある。


 宇都宮市は1990年ごろから「餃子のまち」として売り出して全国的に有名になった。市の玄関口・JR宇都宮駅前には「餃子像」が立つ。 一方の浜松市は、独自の調査を基に07年に「餃子消費量日本一」を宣言して以来、 両市はライバル関係にある。


 家計調査で対象にしているのは、スーパーなどの小売店で購入した生や加工のギョーザに限る。総務省によると、宇都宮市に約80あるギョーザ専門店の店内や持ち帰りで食べたものは「外食」と分類され、カウントされない。自宅で手作りしたギョーザは「ニラ」や「白菜」、冷凍ギョーザは「冷凍食品」の支出とみなされるという。


⇒⇒総務省 「家計調査報告(二人以上の世帯)―平成23年12月分速報―」
   http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.htm





『ビジュアル流通の基本』は,小売から卸、物流、マーケティングまで、流通に関わる基本知識を80のキーワードで図解。主要業態の特徴を描き出すとともに、「勝ち組」企業の強さの秘訣もわかるよう、具体的なケースをあげて解説した。EDIなどのIT化、電子マネーを使った情報管理、業態を超えて進む合従連衡など、最先端の状況がひと目でわかる。一般消費財からコメ、生産財まで、個別の流通事情についてもわかりやすく解説。


楽天元副社長本城氏 南三陸町に高台移転用地を購入寄付

2012-anriku-map01

 河北新報 の記事によると,東日本大震災で被災した宮城県南三陸町戸倉地区の高台移転用地として町が取得を目指したものの、町議会で議案が否決された同町戸倉のゴルフ場開発跡地106ヘクタールを、楽天元副社長の本城慎之介氏(39)が購入し、町に寄付した。

 土地登記によると2011年12月に、所有する東京の投資会社から本城氏が土地を購入、26日に南三陸町に寄付された。

 町では同跡地を高台移転の住宅用地のほか、土地利用計画案に学校や公民館など被災公共施設の建設用地を盛り込むなど戸倉地区の中心市街地再生の核になると見込んでおり、寄付により復興計画の加速が期待される。


 河北新報社の取材に対し本城氏は「多くの知り合いができた南三陸町は特別な場所。一日も早く日常を取り戻してもらうには何かできないかと考え寄付した。復興のため町民で議論して有効に使ってほしい」と語っている。

本城 慎之介(ほんじょうしんのすけ、1972年 - )
株式会社音別代表、元株式会社楽天取締役副社長、

 本城氏はインターネット仮想商店街「楽天市場」の創設に関わった。震災後はボランティアで南三陸町を訪れたほか、11年8月に開かれた「子ども夢花火」の資金確保のため、打ち上げる花火を楽天市場の仮想店舗で購入してもらうアイデアなどを提案した。

◇南三陸町 http://www.town.minamisanriku.miyagi.jp/
南三陸町 http://www.town.minamisanriku.miyagi.jp/ は、宮城県の北東部、本吉郡の南端に位置します。東は太平洋に面し、三方を標高300~500mの山に囲まれており、海山が一体となって豊かな自然環境を形成している。
また、沿岸部はリアス式海岸特有の豊かな景観を有し、南三陸金華山国定公園の一角を形成している。

 発生当時約40人が市庁舎内におり、このうち佐藤町長ら約30人が屋上に避難したが,津波は3階屋上をも包み込んだ。屋上に避難した約30人のうち、生存が確認できたのは10人だけ。町内には「壊滅」した集落も複数ある。











 総務省統計局発表の「2010(平成17)年国勢調査人口等基本集計結果」によると,県別の人口減少率では秋田県が5.2%と最も高く,次いで青森県(4.4%),高知県(4.0%)など38 道府県で人口が減少した。

▼高知県
 高知県は全国と比較して,人口減少で15年,高齢化で10年先行している。特に,山間部をはじめとする過疎地域での人口の減少と高齢化の進展が著しい。

 高知県は,春野町と高知市の合併で,県内の34市町村のすべてが中山間地域を含む市町村になった。(11市17町6村)高知県の中央部を除く全面積の92%が中山間地域というのも過疎化が進んだ一因である。

▼平成22年国勢調査 人口等基本集計結果の概要(高知県) 
 http://www.pref.kochi.lg.jp/uploaded/attachment/59206.pdf

①高知県の総人口:高知県の人口は764,456 人で平成17 年と比べ31,836 人,4.0%減少した。

②市町村別人口:平成17 年と比べ人口増加があったのは,香南市(289 人増加・増加率0.9%)のみで,その他の市町村は減少しした。
減少率が最も高いのは大川村(△23.6%),次いで大豊町(△14.1%),梼原町(△13.9%)と続いている。

③年齢(3区分)別人口:平成17 年と比べ構成比では,15 歳未満人口は0.6 ポイント低下,15~64 歳人口は2.2ポイント低下し,65 歳以上人口は2.8 ポイント上昇した。
高齢化率は,28.8%(H17:25.9%)で高齢化が進んでいます。全国平均は,23.0%で,
都道府県では,秋田県(29.6%),島根県(29.1%)に次ぐ全国第3 位となった。

④市町村別65 歳以上人口割合:最も高いのは大豊町(54.0%)で次いで仁淀川町(50.3%),大川村(44.3%),土佐町(43.0%)の順である。

⑤配偶関係(未婚率):15 歳以上の配偶関係をみると,有配偶率は男性が60.1%女性が51.7%,未婚率は男性が29.5%,女性が20.8%となり男性が高くなってる。なお,25 歳から39 歳では平成17 年と比べ未婚率は男女ともに上昇した。

◇関連ブログ
「近未来の縮図」長野県小海町・2 http://misuzukaru.blog90.fc2.com/blog-entry-558.html

「近未来の縮図」長野県小海町・1 http://misuzukaru.blog90.fc2.com/blog-entry-555.html




『ビジュアル流通の基本』は,小売から卸、物流、マーケティングまで、流通に関わる基本知識を80のキーワードで図解。主要業態の特徴を描き出すとともに、「勝ち組」企業の強さの秘訣もわかるよう、具体的なケースをあげて解説した。EDIなどのIT化、電子マネーを使った情報管理、業態を超えて進む合従連衡など、最先端の状況がひと目でわかる。一般消費財からコメ、生産財まで、個別の流通事情についてもわかりやすく解説。