FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 地方都市の多くの百貨店が苦境にある。地域経済の低迷に加えショッピングモールや駅ビル、専門店チェーンなどの台頭、ネット通販の普及などでが重なり,客の流出が止まらない。

 1月31日,そごう呉店(広島県呉市),西武沼津店および大丸新長田店の3つの百貨店が閉店した。地方都市で百貨店の閉店が止まらない。店舗が小型または地方や郊外にある地方百貨店の多くは,品ぞろえや利便性で勝るショッピングセンター(SC)や郊外型専門店などに客を奪われ、収益が低迷していた。
 日本百貨店協会によると、昨年末までの3年間で閉店した26の百貨店のうち、7割に当たる18店が地方・郊外に立地の店である。

┏┓
 1月閉店の地方都市の百貨店
・そごう呉店(広島県呉市)
・西武沼津店(静岡県沼津市)
・大丸新長田店(神戸市)
・大丸ららぽーと横浜店
・福屋竹原店(竹原市)

┏┓
 2月閉店の地方都市の百貨店
・近鉄松下百貨店(山口県周南市)

┏┓
 3月閉店の地方都市の百貨店
・浜屋百貨店大村店(長崎県大村市)

セブンネット


  • 定価:750円
  • 販売価格:750円


  • 【特集】
    ●価格競争再燃
      「流通業界2013年全予測」
     ◎大手スーパー、コンビニエンスストア、百貨店
      食品スーパー、ホームセンター、ドラッグストア
      家電量販店、生協、通販、外食、卸売業


    【新春恒例トップアンケート】
    ◆スーパー、コンビニ24社の経営者に聞く2013年の行方


    【新春特別インタビュー】
    ◆横山 清 アークス社長
      「創発的破壊で最強の連峰経営を構築する」
    ◆井阪隆一 セブンイレブン・ジャパン社長
      「質と価値にこだわって自社商品の比率をもっと高める」
    ◆星野三郎 イオンリテール取締役兼執行役員副社長
      「世の中の変化に備えるGMS改革の基盤は整った」


    【特別寄稿】
    ◆低価格競争を抜け出すデフレ脱却の処方箋
      (湯元健治 日本総研副理事長)


    【激流レポート】
    ◆「顧客の財布の中身まで囲い込むアークス新カード戦略が始動」
    ◆「低成長期突入で再構築を迫られる中国小売業の試練」
    ◆「シティ・スーパー 中高所得層を虜にするスーパー(超)な買い物体験を提供」 






スポンサーサイト