FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 2013年7月の参院選の岩手選挙区(改選数1)で、生活の党の小沢一郎代表(71)が擁立した関根敏伸氏(57)が惨敗し、地元・岩手県で小沢氏の影響力低下が鮮明となった。かつて圧倒的な支持基盤の固さを誇った「小沢王国」の崩壊である。

 おひざ元の奥州市内の得票数は、3選を決めた無所属の平野達男前復興相(59)が2万8671票だったのに対し、生活新人の関根敏伸氏(57)は1万2578票と半分にも満たなかった。県全体では平野氏の24万3368票に対し、関根氏は9万1048票にすぎなかった。

           ■  ■
 なぜ小沢氏への期待が薄れていったのか。関係者は「この1年間だけでも政党が次々と変わり、政策も共産党などの野党と変わらなくなった。その変化に県民がついていけなくなった」と分析する。
 また,2011年3月の東日本大震災で岩手も甚大な被害が出たのに小沢氏が初めて被災地入りしたのは10カ月も後の2012年1月。被災者の目に被災地入りが遅れた小沢氏は冷たく映った。
スポンサーサイト





 神戸市は、神戸空港(同市中央区)の運営権を売却する。新関西国際空港会社(大阪府泉佐野市)は、2014年度に関西国際、大阪(伊丹)両空港の運営権を民間事業者へ売却する予定で、神戸市は、その取得事業者への売却を視野に入れている。市は3空港を一体運営し、発着枠を振り分けて柔軟に運用できれば、神戸空港の旅客数増加も可能とみている。

 神戸空港は、建設から運営までを市が手掛ける「市営空港」。市によると、1日の発着回数が国内線の30往復のみに制限され、自由な運用ができない。

◆神戸空港利用状況

旅客数

搭乗率

2005年度((開港~3月末)

354,146人

72.5%

2006年度(平成18年度)

2,738,143人

60.4%

2007年度(平成19年度)

2,972,212人

67.0%

2008年度(平成20年度)

2,576,726人

67.8%

2009年度(平成21年度)

2,335,407人

70.9%

2010年度(平成22年度)

2,215,092人

69.2%

2011年度(平成23年度)

2,565,405人

70.3%

2012年度(平成24年度)

2,406,832人

64.2%

2013年度(平成25年度)(6月末)

567,594人

61.4%

開港からの累計

18,731,557人



旅行ガイド【近畿近畿の温泉・お風呂マップ
中国旅行ガイド中国の温泉・お風呂マップ四国の温泉宿 お客さま評価ランキング