FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える

 出版不況の中でも安価で手軽な文庫本への支持は根強く,出版科学研究所によると,2012年の文庫本の推定販売金額は1326億円で2年連続の増加です。単行本などを含む書籍が,6年連続の減少となる8013億円と落ち込む中,堅調さが際立ちます。

 このブログでは,エリアマーケティングの事例として,未来堂書店(イオンモール)と八重洲ブックセンター(セブン&アイショッピングセンター),ときわ書房,さらに書店売上高一位のTUTAYA書店の店頭展示コーナーの書籍を定点観察しています。

◆文庫本ランキングの注目点

・『永遠の0
 「娘に会うまでは死ねない」。そう言い続けたパイロットの宮部は終戦直前に、特攻で散華した。60年後の夏、祖父の生涯を調べていた健太郎は、驚愕(きょうがく)の事実にたどり着く。人気作家、百田尚樹さんのデビュー作『永遠の0 (講談社文庫)』は、すでに240万部を超え、年末には映画も公開されます。
・『キケン』(有川浩)と入れ替わり『不緒の鳥』(小野不由美)が,新たに4位に入りました。

今週 未来屋(2013/07/24)調べ    

文庫本ランキング        
1位 真夏の方程式 東野圭吾
2位 永遠の〇 百田尚樹
3位 ようこそ我が家へ 池井戸 潤
4位 不緒の鳥 小野 不由美
5位 100回泣くこと 中村 航
           

先週 未来屋(2013/07/17)調べ    
文庫本ランキング    
1位 真夏の方程式東野圭吾
2位 永遠の〇百田尚樹
3位 ようこそ我が家へ池井戸 潤
4位 キケン有川 浩
5位 100回泣くこと中村 航

 
 ・・・・・・・。「なぜ、今日まで生きてきたのか、今、わかりました。この話をあなたたちに語るために生かされてきたのです」。宮部の元部下は、がん病棟で健太郎にこう語る。「関係ない」とふてくされていた元部下の孫は、祖父の戦争の日々を初めて聞かされて号泣する。・・・・・・・・・・・・

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


スポンサーサイト



 資源エネルギー庁が発表した,鹿児島県内のレギュラーガソリンの平均価格は,先週より1.9円高い,1リットル当たり163.9円でした。
 これで,4週連続の値上がりで,4年9カ月ぶりの高値水準です。

 鹿児島県石油商業組合では,今後も,さらに値上がりが続くとの見方を示しています。

⇒⇒ 資源エネルギー庁  石油製品価格調査石油製品小売市況調査(都道府県別)   平成25年7月31日 14:00公表 
     http://www.enecho.meti.go.jp/info/statistics/sekiyukakaku/sekiyukakaku1.htm

◆石油製品小売市況調査(都道府県別)                                       
                        平成25年7月31日 14:00公表 
                        

項目             
  ハイオク(\/㍑) レギュラー(\/㍑)
 地域 7月22日 7月29日 7月22日 7月29日
北 海 道 局 166.9 168.4 156.3 157.9
    166.7 168.4 155.8 157.6
  164.3 166.5 153.5 155.6
  163.5 165.7 152.8 155.1
  169.8 171.3 159.3 160.8
神奈川 166.9 169.5 156.1 158.6
    167.5 169.2 156.6 158.4
    168.5 170.2 157.4 159.1
    167.9 169.6 157.1 158.9
    168.4 170.2 157.7 159.5
    165.9 167.9 155.2 157.2
  168.6 170.7 157.6 159.7
  171.1 173.1 160.3 162.4
長  崎 171.7 174.5 161.3 163.9
  168.7 169.7 157.9 159.0
  171.6 172.5 160.7 161.6
宮 崎 166.1 168.0 155.7 157.5
鹿児島 171.7 173.5 162.0 163.9
    164.8 167.0 154.5 156.6
         167.8 169.5 157.0 158.8