FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える



 八重洲ブックセンター「イトーヨーカ堂八千代店」は,児童書と絵本に絞り込んで店頭陳列しています。

 八重洲ブックセンターイトーヨーカドー八千代店は,児童書に絞り込んで店頭陳列しています。
 ここで並んでいる本のタイトルと表紙を見ているだけでも,何かほのぼのとしてきます。殺伐とした時代ですが,童心にかえり,何かほのぼのとしたものがこみ上げてきます。


 八重洲ブックセンターイトーヨーカドー八千代店の店頭陳列では,主に小学生向けの児童書を約100冊程陳列しています。今回は,そのうちから“千葉県読書感想文コンクール課題図書”のうちから展示している本をリストアップします。


2013年8月05日 観察
八重洲ブックセンター  
マリアンは歌う パム・ムニョス・ライアン/文  ブライアン・セルズニック/絵
子ども落語家りんりん亭りん吉 藤田富美恵/作 
いのちのヴァイオリン 中澤宗幸/著    
森をつくる
夜の小学校で 岡田淳/作 
うさぎの庭 広瀬寿子/作  高橋和枝/絵  
ふたごのでんしゃ 渡辺茂男/作  堀内誠一/絵  
はやくはやく 飯野由希代/作  藤田ひおこ/絵  
ふたごのでんしゃ
ラブレター物語 丘修三/作  ささめやゆき/え  
闇を照らす六つの星 小倉明/著    
インカの村に生きる 関野吉晴/著   
宇宙人のいる教室 さとうまきこ/作  勝川克志/絵



スポンサーサイト



 「ビジネスと観光の両方で需要を見込める」とし,金沢市の中心部に北陸新幹線開業の開業効果を見込み,ホテルや外食企業の進出が相次いでいる。銀行やオフィスが中心だった街並みが生活感もある景色に様変わりようとしている。

 ホテルは百貨店の大和香林坊店隣に「ホテルトラスティ金沢」が6月、北国銀行本店そばに「ドーミーイン」が2015年12月をメドに開業する。既に金沢駅から徒歩2分の場所に「ドーミーイン金沢」があるが,新たなホテルは観光客が食を楽しめる近江町市場にも近く、価格が高めの「プレミアム」版とし、すみ分けを図る。

 外食では、金沢中心部が居住地にもなりつつある。喫茶店のコメダ(名古屋市)は4月、JTB金沢支店の2階に「金沢武蔵店」を開いた。店の特徴は380円のコーヒーに無料でパンや卵がつくモーニングサービス。既存店は周辺住民が多く通うことで知られる。王将フードサービスはめいてつ・エムザ近くで6月に「餃子の王将金沢武蔵店」をオープンした。