FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
宮本常一 : 逸脱の民俗学者宮本常一 : 逸脱の民俗学者
(2013/08/26)
岩田 重則

商品詳細を見る




 『宮本常一 逸脱の民俗学者』は、日本を代表する民俗学者、宮本常一(つねいち)(1907~81年)の生涯と思想のバックグラウンドを、“宮本が残したな記録の資料分析に基づきその生涯の軌跡を追っている。司馬遼太郎が敬愛した存在でもあった宮本常一。氏の縄文以来の日本人の生活や文化についての深い学識が、全国の村々を実際に歩いた経験と重ね合わせられ、宮本民族学の本質が分析されている。

◆内容紹介
宮本常一は、ありきたりな観察者の位置を踏み越え、とおりいっぺんの民俗学者からも逸脱し、徹底した資料分析とフィールド調査に基づく慧眼を土台に、独創的かつ横断的な〈宮本総合学〉の完成へ向かった。その生涯の軌跡を追う。

【目次】
1 故郷周防大島からの出発
◎生活体験の客体化
◎調和と共同
◎生活体験の延長線上に

2 逸脱の「民俗誌」学者
◎柳田民俗学と渋沢民具学の学習
◎地域「生活誌」学者としての出発
◎保守主義者としての完成

3 創造的人文科学者の誕生
◎社会経済史学者としての再出発
◎保守主義者のかなしみ・疑問・批判
◎総合社会史学としての完成





◆宮本常一  1907-1981 民俗学者。
 明治40年8月1日生まれ。小中学校の教員をつとめながら,近畿民俗学会に参加。昭和14年渋沢敬三のアチック・ミューゼアム(現日本常民文化研究所)所員となる。全国の離島や辺地を踏査し,縄文以来の日本人の生活や文化についての深い学識が、全国の村々を実際に歩いた経験と重ね合わせられ,独自の民俗学をきずいた。39年武蔵野美大教授。昭和56年1月30日死去。73歳。山口県出身。天王寺師範(現大阪教育大)卒。著作に「海をひらいた人びと」「忘れられた日本人」など。
 司馬遼太郎が敬愛した存在でもあった。
スポンサーサイト





■------------------------------------------------------------------■
     千葉 1月2日  震度2の地震発生
■------------------------------------------------------------------■

情報発表時刻2014年1月2日 16時52分
発生時刻2014年1月2日 16時48分ごろ
震源地千葉県東方沖
緯度北緯35.3度
経度東経140.6度
深さ30km
マグニチュード4.2


震度2

千葉県



勝浦市 
市原市 
いすみ市 
大網白里市 
千葉一宮町 
睦沢町 
長南町 


震度1

千葉県



千葉中央区 
千葉稲毛区 
千葉若葉区 
千葉緑区 
館山市 
茂原市 
成田市 
東金市 
鴨川市 
君津市 
香取市 
山武市 
九十九里町 
長生村 
白子町 
長柄町 
大多喜町 


 ┏━┓                          
 ┃┃ 2013年 千葉県内の地震の回数は、12月30日までに241回 
 ┗━╋…──────────────────────────────

 2013年の一年間に千葉県内で観測された体に感じる地震の回数は、12月30日までに241回にのぼりました。この数字は、東日本大震災の前と比べて2倍を超える水準となっていることから,銚子気象台は十分注意するよう呼びかけています。

銚子地方気象台 http://www.jma-net.go.jp/choshi/ によると、千葉県内で観測された体に感じる地震の回数は、
・東日本大震災のあった2011年は1498回
・2012年は473
・2013年は12月30日までに241回
となっています。

▼安全に退避


防災ずきん 防災頭巾 フリーサイズ 震災時 にかぶるだけ 防災ヘルメット よりも簡単 緊急...防災ずきん 防災頭巾 フリーサイズ 震災時 にかぶるだけ 防災ヘルメット よりも簡単 緊急...トーヨーセフティー/TOYO SAFETY 児童用防災ヘルメット 黄 約54~60cm No.215-OTB【即納】AP 防災ヘルメット/安全ヘルメット/避難ヘルメット ABS材質 APHM001




★今こそ再確認を!防災グッズ特集★
>>>東急、好決算は相直効果だけにあらず -


 2013年3月16日から始まった副都心線と東急東横線との相互直通運転(相直)により,西武池袋線、東京メトロ有楽町線、東武東上線、みなとみらい線を含めた5社6線のネットワークが実現したことで、副都心線の利便性は大幅に向上した。昨年4月~9月までの副都心線の1日平均の輸送人員は前年同期比10.9万人増の47.0万人と、実に3割も増加した。

東京急行電鉄は,相互直通運転の効果で,5期ぶりの好決算。2013年11月に発表の2013年度上半期決算は、売上高は5166億円と前年同期比0.5%減となったが、営業利益は同10.3%増の365億円。通期の営業利益予想は従来の580億円から600億円(前期比7.6%増)に上方修正した。600億円の大台に乗せるのは、5期ぶりのことである。

 東急百貨店東横店の閉鎖などが減収要因となったが、利益率の高い不動産収益が増加し、営業利益を押し上げた。さらに、鉄道(軌道含む)が想定を上回る輸送人員を記録した。4~9月で前年同期比1.7%増の5.6億人と、上半期としては過去最高を更新。年間でも11.1億人(前期比2.2%増)と、当初予想(同2.0%増)から上方修正した。2年連続で過去最高を記録する見通しだ。

 「相互直通運転の効果や沿線人口の増加などが寄与」した。特に。2013年4月に武蔵小杉駅に開業した「武蔵小杉東急スクエア」は、当初の見込み以上に集客である。98店舗、売り場面積1.1万平方メートルと、コンパクトな商業施設。主に武蔵小杉駅の利用者が日常的に利用してもらうことを想定していたが、駅直結の商業施設が近隣駅に少なかったこともあり、鉄道沿線から広く集客している。