FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 児童養護施設を舞台にしたテレビドラマ「明日、ママがいない」をめぐって、熊本市の慈恵病院が、施設の子どもや職員に誤解と偏見を与えると抗議し,放送中止を申し入れた。


 日本テレビ http://www.ntv.co.jp/ 系列で今月15日から児童養護施設で暮らす子どもたちを描いたとするドラマ「明日、ママがいない」の放送が始まった。

 このドラマでは,主人公の9歳の女の子が、親が育てられない子どもを匿名で受け入れる「赤ちゃんポスト」に預けられていたことを理由に、あだ名で「ポスト」と呼ばれている。
 「赤ちゃんポスト」を運用する熊本市西区の慈恵病院は16日、「預けられた子どもを傷つけ、子どもに対する精神的な虐待、人権侵害にあたるのではないか」と抗議。日本テレビに対して、ドラマの放送中止と、養護施設に暮らす子どもや職員への謝罪などを申し入れるとした。
 このドラマについては、全国児童養護施設協議会も子どもの権利侵害につながるおそれがるとして、対応を検討しているという。

 日本テレビは,「このドラマでは子供たちの心根の純粋さや強さ、たくましさを全面に表し、子供たちの視点から『愛情とは何か』ということを描く主旨のもと、子供たちを愛する方々の想いも真摯に描いていきたいと思っております」とし,今後も継続する意向を示している。

⇒⇒ 日本テレビ ⇒ 「明日、ママがいない」 http://cu.ntv.co.jp/?utm_source=ntv.co.jp&utm_medium=ct_ntv&utm_campaign=rectangle_201401

┏┓
 熊本県 慈恵病院 赤ちゃんポスト-「こうのとりのゆりかご」

2013-01-kouno01

  全国初の赤ちゃんポスト、「こうのとりのゆりかご」が熊本県熊本市慈恵病院に設置されたのは2006年でした。そこには,2011年9月末までに81人の赤ちゃんが預けられています。

医療法人聖粒会 慈恵病院
 〒860-0073 熊本県熊本市西区島崎6-1-27
 電話096-355-6131(代表) FAX 096-359-8221


24時間無料電話相談  赤ちゃんとお母さんの相談窓口
0120-783-449       
 

こうのとりのゆりかご設立にあたって-慈恵病院ホームページより
 現在の社会情勢を見ますと、親が子供を殺すケース、子供が親を殺す等殺伐とした事件が増えております。厚生労働省のまとめによると、2003年度の全国の児童相談所が処理した児童虐待に関する相談件数は、前年度に比べ約6,000件多い、26,500件にも上っており、更に2000年11月から2003年末までに159人の児童が虐待により死亡しており、このような社会の趨勢をみると、今後赤ちゃんを捨てるケースも増えていくのではないかと危惧せずにはおられません。
    出典:慈恵病院ホームページより http://jikei-hp.or.jp/cradle-of-the-stork1/
 






揺れるいのち―赤ちゃんポストからのメッセージこうのとりのゆりかご検証会議・最終報告「こうのとりのゆりかご」が問いかけるもの―いのちのあり方と子どもの権利―こうのとりのゆりかご」は問いかける―子どもの幸せのために (熊日新書)
スポンサーサイト