FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
>>>東京の人口、2060年に2割減 ピークは五輪の2020年 高齢者の割合39%に上昇

 東京都は2010年に実施された国勢調査を基に、5年ごとの人口を独自に推計している。それによると東京の人口は,今後50年で約300万人減り、2060年には1036万人にまで落ち込む。
 日本の総人口は2008年をピークに減っているが、東京は地方からの転入者数が多いことから,東京五輪・パラリンピックが開催される2020年までは増加し、2010年より20万人多い1336万人になると予測している。

 その後は減少に転じ、2040年には1242万人、2060年には1036万人と,1963年の水準まで落ち込むと推計している。出生数減少に加え、全国的な人口減で転入者の増加ペースが落ちるためで、転出入による人口増は、2005年からの5年間で54万7000人だったが、2055年からの5年間は3万8000人になる見通し。また、出生数は10年までの5年間で約53万人だったが、55~60年は約23万人に減る見通しである。

 都内の生産年齢人口(15〜64歳)は現在より4割減る。その一方、65歳以上の高齢者は265万人から407万人へと大幅増。75歳以上の後期高齢者は122万人から260万人へと2倍以上となる。60年には15~64歳の1.4人で高齢者1人を支える構図となりそうである。

 日本の消費、経済を先導してきた東京も人口減が加速することが鮮明になったことから,23年まで10年間の都政の「新たな長期ビジョン」(仮称)の骨子案に盛り込んでおり、都は少子高齢化対策を強化する。



産能マネジメントスクール

 -新エリアマーケティング実践-小商圏市場戦略を考えるー 


 開講日程第59回 2014年09月01日~02日
第60回 2014年12月09日~10日
 ねらい


1.支店・営業所のエリア単位での市場分析と、それに基づく具体的な営業計画の立て方を学ぶ

2.現在のエリア営業戦略の適合性、妥当性を検証するための手段を学ぶ

3.現顧客の満足度を高め、新たな顧客層を開拓する策を学ぶ




 概 要




地域別に販売組織を組んでいる企業の方々が参加対象です。自社の特定エリアの活性化策を実際に策定する演習を通して、「地域対応のマー
ケティング」の実践的進め方を学んでいただきます。お客様の現状、ニーズ、具体的に欲している事柄をひとつひとつ明確にしていくことによってマーケットセ
グメンテーションを見直し、営業活動や販売促進のあり方を再構築します。


  特 徴・ SWOT、PPMなど基本的なマーケティング戦略手法を織り交ぜながら、ワークシートに戦略を整理していきます
・ 他社事例や作られたケースではなく、自社・自身の担当エリアを題材にしてワークを進めます 
・ 生産財と消費財、メーカーと小売業でワークシートを分け、それぞれの業種業態の特徴に合った形で戦略策定の検討ができます 
・ アメリカや東南アジアなど一部の海外市場についても、地域データなどを提供し対応していきます
 
  プログラム1.地域(エリア)対応の営業戦略とは何か

2.地域対応の営業活動成功のための条件

3.営業活動の現状を把握する

4.エリア(地域)分析

5.業績向上に向けての課題抽出

6.営業活動の方向性を決める

7.エリア(地域)対応の営業計画立案

8.実績・目標管理
参加費:75,600円       講師:小林 隆一 

  お問い合わせ先:産能マネジメントスクールへ 0120-113644

  会場(東京・代官山)         
   セミナー Q and A (セミナーで何を知り,実務にどのように役立つか)

スポンサーサイト