FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
2010世界農林業センサス(概数値)によると、岐阜県の農業就業人口は46,866人と5年前の66,102人から29.1%減少,さらに平均年齢は69.4歳と4.3歳上昇しており、新たな担い手の育成が急務となっている。

2014-01-nougyou01
(※ http://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo-koyo/nogyo/ippan/ugoki/index.data/H25-3-08sankou.pdf#search=%27%E5%B2%90%E9%98%9C%E7%9C%8C++%E6%8B%85%E3%81%84%E6%89%8B%E8%82%B2%E6%88%90%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%881000%27)

 岐阜県は2014年度,新しく農業に就く人を3年間で1000人生み出す新規事業「担い手育成プロジェクト1000」をスタートする。計画では,農家と県,市町村,それとJAでつくる県内12カ所の「地域就農支援協議会」への補助事業を強化する。

 県農業経営課によると、2012年度に県内で就農した人は、農業を展開する法人に就職した人も含めて227人。「3年間で1000人」を達成するには、100人程度上乗せして年間300人超を確保する必要がある。その実現のため、就農支援協には希望者向け農業研修会を開いたり、JAの店舗に相談窓口を置いたりしてもらう。また県は4月、海津市海津町に県就農支援センターを開場し,1年間の無料研修でトマト農家を毎年4人ずつ養成する。

 農林水産省が5年に一度行う農林業センサスによると、2000年に約8万人だった岐阜県内の農業人口は、2010年には6割以下の4万6866人まで減少した。平均年齢は69.4歳で高齢化が進み、後継者の育成と若返りが課題になっている。

スポンサーサイト