エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える

03/26 16:00、03/26 16:24 更新

「道南・青函フェア」を開催中の函館市アンテナショップ=20日、東京都中央区のローソン京橋駅前店

 【函館】函館市が東京都心のコンビニ店内に設けているアンテナショップの本年度売上高が600万円を超え、過去最高となる見通しとなった。商品数を増やしたり、商品説明に外国語表記を加えたりと「売るための工夫を重ねたことが奏功した」と市はみており、函館のPRに一役買っている。

 アンテナショップは、市が函館物産協会を通じてローソン(東京)に委託し、2011年12月、東京都中央区のローソン京橋駅前店内に設けた。約5平方メートルのスペースに専用の棚や平台を常設し、函館や道南各地で生産された加工食品などを販売している。

 売上高は11年度が4カ月間で約220万円、通年販売となった12年度は約520万円に伸びたが、13年度は約500万円と微減した。このため14年度は、売り場の商品数をそれまでの約100点から130~150点に増強した。外国人客にも手にとってもらえるように一部商品の説明書に英語表記を用いた。

 13年度から、中央区内の複数のアンテナショップを巡る区主催のスタンプラリーにも参加していることも、新規顧客の開拓につながったようだ。

 現在は、北海道新幹線開業1年前を記念し「道南・青函フェア」を4月上旬まで開催中。函館と青森の有名ラーメン店2店の味が楽しめる「青函海響ラーメン」(2食入り、648円)や、青函プリン(1個216円)など、新幹線で結ばれる青函にちなんだ8商品を用意した。市商業振興課の柏弘樹課長は「道南や青函の魅力をPRし、首都圏の人たちに足を運んでもらうきっかけにしたい」と話す。(鈴木孝典)
スポンサーサイト
セブン-イレブン,3/6に高知へ初進出 四国全県で出店果たす

セブン-イレブンが、3月6日に高知へ初出店しました。1号店は高知市内で,高知駅内のKiosk 高知駅店,高知丸池町店、高知稲荷町店の3店舗が同日にオープン。香美市にも3月中に2店舗を展開する予定です。同社は,高知県では,地元スーパーの系列企業とのフランチャイズチェーン(FC)契約と,JR四国との提携によるJR駅構内の出店の2方式で展開します。

今回の高知進出により、四国地方の4県すべてにセブン-イレブンが出そろいました。セブン-イレブンは,2013年に四国地方へ初進出を果たしました。まずは香川と徳島に出店し、2014年には愛媛にもオープン。2015年2月末の時点で、3県合わせて200店舗以上のセブン-イレブンが誕生しています。四国全体では,2019年2月末までに累計約590店舗を展開する予定です。

>>>高知への出店で,セブン-イレブンの出店エリアは44都道府県に
これでセブンーイレブンの残る空白県は沖縄,鳥取,青森の3県となりました。青森は今年の夏の出店を計画するほか,鳥取についてはJR西日本との提携で数年後には店舗を開く予定となっています。




2012-07-kumamo

2014年「くまモン」商品,売上高643億 2000万円と過去最大

 熊本県は6日,県のPRキャラクター「くまモン」を利用した商品の小売り段階の売上高が,2014年は少なくとも643億 2000万円に達したと発表した。前年の1.4倍で調査開始以来,過去最大。1億7000万円は中国やタイなど海外の売上高で,県の担当者は「今後も海外 市場の拡大が期待できる」とみている。売上高は,2014年は文具などのグッズが148億2000万円と前年比で1割以上減ったが,食品は494億9000万円で1.8倍に増えた。



 遡ると,2013年の売上げが(約449億4500万円),2012年の売上げが(約293億6200万円),2011年の売上は(約25億5600万円)と,くまモン人気が右肩上がりで持続している。






 東京電力福島第1原発事故に伴う福島県内の除染廃棄物を保管するため,中間貯蔵施設建設予定地(同県双葉,大熊両町)への搬入が3月13日に始まる。県内には仮置き場が約千カ所,自宅の庭先などでの保管が7万5千カ所以上あり,放射性物質を積んだ大型車が県内各地を走ることになる。輸送路で交通量が激増する可能性があり,事故や渋滞への対策など課題は多い。

 全村避難が続く飯舘村では除染が本格化し,避難先の福島市から飯舘村に通う通勤者も多く,朝は渋滞になることも多い。福島市からはほとんどの道が2車線(片側1車線)で,急カーブや寒さによる凍結などで事故も少なくない。昨年は福島市から飯舘村に向かう途中の川俣町内を走る国道114号で12件,県道原町川俣線で5件の事故が起きている。

福島県の2014年10月の交通量調査によると,除染や復興関係の車両が増加したため川俣町川原田の国道349号では震災前の平成2010年に比べ348%増,南相馬市原町区の原町川俣線では同じく213%増である。

 環境省は廃棄物の輸送ルートとして,1日に全線開通した常磐自動車道を主に利用する。環境省の試算によると,中間貯蔵施設への廃棄物輸送が本格化すると,常磐道を走る大型車は1日当たり片道約1500台,東北自動車道は500~千台になる。現在は大熊,双葉両町にインターチェンジ(IC)がないため,周辺の常磐富岡,浪江両ICでいったん降りてから国道6号などを使うため,一般道の渋滞も予想される。
環境省は交通誘導員の配置や注意喚起を促す看板を設ける。さらに渋滞が予想される路線を抽出して国や県,県警などと対策を検討する方針である。
長野停電は着雪と強風が原因 送電線の接触防止不備も

2015-03-tei01 ※:出典:毎日新聞


 長野県内で2日に発生した最大約38万世帯に上る大規模停電で、中部電力は、送電線に雪が付着、強風で揺れて電線同士が接触し、ショートした可能性が高いと明らかにした。雪が付いた状態で強風が吹きつけ、電線が上下に激しく動く現象が起きた。

 送電線同士が50センチ程度接近した場合でもショートするとされる。今回ショートが起きた送電線は電線間を離す対策を講じていたが、電線の揺れに伴う接触や接近を防ぐ装置は備えていなかった。

 中部電管内では、接触防止装置を取り付けている箇所もあり、中部電は「装置の設置を含めて再発防止策を検討したい」とする。

>>>2日朝の停電
 中部電力の送電線の故障により長野県の広範囲で起きた2日朝の停電で、鉄道などの交通網や商業施設の機能が一時停止し、市民生活に大きな影響が出た。

  長野県教委によると、停電の影響で2日午前9時半現在、公立小中学校と高校の計6校が休校した。

 長野県警によると、県東北部、中部を中心に最大2400基の信号機が停止。長野市内の国道19号で3キロなど、各地で渋滞が発生した。午前9時15分ごろ、長野市内の交差点で軽トラックと乗用車が衝突し、軽トラックの運転手の男性が軽傷を負う事故が発生した。

スカイマークの9〜10月路線計画,福岡―茨城線を減便

 民事再生手続き中のスカイマー発表の,9月1日〜10月24日の路線計画によると,米子空港を発着する便をすべて運休するほか,茨城空港発着の札幌(新千歳)、福岡線も8月31日までの1日2往復から1日1往復に減便する。米子発着便は再開の時期は示さなかった。一方、比較的高い搭乗率が見込める札幌―中部、神戸―那覇は1往復ずつ増やす。

 計画では、直行便を1日65往復から1日63往復に圧縮する。スカイマークは経営再建に向けて不採算路線の一部縮小や廃止を実施する方針を既に示しているが、比較的高い搭乗率が見込める時期のため、路線の縮小は小規模にとどめた。

 10月25日以降の冬ダイヤでは、搭乗率の厳しい仙台―神戸などについて、引き続き廃止や減便を検討する。ただ、空港のある自治体は路線の維持を求めており、スカイマークの路線計画に影響を与える可能性もある。

 また、神戸経由で運航していた羽田―長崎と茨城―那覇は廃止し、乗り継ぎに切り替える。

 茨城空港

 2010年3月11日、国内98番目の空港としてオープンした茨城空港は、シンプルでコンパクトなターミナルビル,トーイングカーを利用しない自走による出発など、開港当初からローコストキャリア(LCC)をターゲットにした戦略をとる。

 茨城空港は、羽田、成田という巨大空港を抱える首都圏にあって,茨城空港は建設当初からしばしばその存在意義を問われてきた。だが茨城空港 は、ローコストキャリアの誘致をコンセプトの主眼に置くことでドメインを確立し、成田,羽田空港との差別化に成功した。 




<ご当地ナンバー>全国10地域交付開始 

 自動車や二輪車などの「ご当地ナンバー」第2弾の交付が昨年11月17日より,全国10地域で始まっっちる。地方からの発信の「走る広告塔」などとして期待されている。なお,現在使用中の自動車についても,希望によりご当地ナンバーへの変更も可能である。


○導入決定地域:10地域
 
ご当地ナンバー
地域名

都県名
対象となる市区町村名
盛岡(もりおか) 岩手県 盛岡市(もりおかし)八幡(はちまん)平市(たいし)滝沢市(たきざわし)紫波郡(しわぐん)紫波町(しわちょう)矢巾町(やはばちょう)
平泉(ひらいずみ) 一関市(いちのせきし)奥州市(おうしゅうし)胆沢郡(いさわぐん)金ヶ崎町(かねがさきちょう)西磐井郡(にしいわいぐん)平泉町(ひらいずみちょう)
郡山(こおりやま) 福島県 郡山市(こおりやまし)
前橋(まえばし) 群馬県 前橋市(まえばしし)北群馬郡(きたぐんまぐん)吉岡町(よしおかまち)
川口(かわぐち) 埼玉県 川口市(かわぐちし)
越谷(こしがや) 越谷市(こしがやし)
杉並(すぎなみ) 東京都 杉並区(すぎなみく)
世田谷(せたがや) 世田谷区(せたがやく)
春日井(かすがい) 愛知県 春日井市(かすがいし)
奄美(あまみ) 鹿児島県 (あま)()()大島郡(おおしまぐん)大和村(やまとそん)宇検村(うけんそん)瀬戸内町(せとうちちょう)龍郷町(たつごうちょう)喜界町(きかいちょう)徳之島町(とくのしまちょう)天城町(あまぎちょう)伊仙町(いせんちょう)和泊町(わどまりちょう)知名町(ちなちょう)与論町(よろんちょう)
 
 

上野東京ライン 変わる人の流れ-沿線住宅開発 都心へ時間短縮PR

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は3月14日,宇都宮線・高崎線・常磐線と東海道線を結ぶ「上野東京ライン」の運行を始める。従来,上野駅止まりだった北関東方面からの在来線が東京駅以南まで乗り入れるようになり,人の流れが大きく変わる。街のにぎわいにも影響を与えそうである。

 宇都宮線と高崎線が通るさいたま市の大宮駅。東京駅までの移動時間は上野駅で乗り継ぐのに比べ,9分短縮して36分になる。

 千葉県柏市:「東京」も「品川」も思いのまま――。常磐線の品川駅までの直通運転で,東京までの所要時間は7分短縮し,39分となる。柏駅周辺では,マンションの開発が相次いでいる。


◆上野東京ラインとは

 現在は上野止まりの宇都宮線,高崎線,常磐線が東京駅と上野駅を高架線で結ぶ「東北縦貫線」を通って品川方面に乗り入れ,「上野東京ライン」としてつながる。上野での乗り換えが不要になり,所要時間が短くなる。

 宇都宮線や高崎線は東海道線と相互直通運転になり,神奈川県方面へのアクセスが容易になる。品川発着になる常磐線を使った茨城県への移動も改善し,観光への好影響が期待される。

 ラッシュ時は約200%(上野―御徒町間)と混雑が激しい山手線の乗車率が「180%以下になるのでは」(JR東日本)と,乗客の分散による「痛勤」緩和も見込んでいる。
常磐道あす全通、物流改善 観光活性化に期待

3月1日,常磐自動車道が全線開通した。東京電力福島第1原発事故で一時停滞していた工事が完了し、常磐富岡(福島県富岡町)―浪江(同浪江町)の通行が可能になる。首都圏と仙台圏を結ぶ新たな「大動脈」の誕生に、東北だけでなく首都圏の企業も物流や観光などで商機拡大を伺う。福島の復興にも弾みがつきそうだ。

 2014年12月6日、浪江―南相馬(18.4キロ)、相馬―山元(23.3キロ)の2区間が開通し、常磐富岡―浪江の14.3キロが常磐道で唯一の未開通区間として残っていた。同区間の開通により、宮城県亘理町と埼玉県三郷市を結ぶ全長300.4キロの常磐道が全線開通となる。