FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
 日本は港湾の国際競争力強化に向けて,重要港湾,特定重要港湾,スーパー中枢港湾,日本海側拠点港などとし,集中投資する港を絞り込んでいる。2010年8月に国際コンテナ戦略港湾として阪神港(神戸,大阪港)と京浜港(東京,川崎、横浜港)を選定した。が,いまの所,成果は出ていない。

■日本主要港コンテナ取扱量(2013年)

順位 港      取扱量 前年比
(1)東京     486万 2・3%
(2)横浜     289万▲5・4%
(3)名古屋    271万 2・0%
(4)神戸     255万▲3・6%
(5)大阪     249万▲0・6%
(6)博多      87万 2・2%
(7)北九州     49万▲3・6%
  ※取扱量はTEU,▲はマイナス
                  国土交通省,各港管理者まとめ

 
>>>釜山のコンテナ取扱量に,日本上位7港合わせても届かず

 基幹航路の寄港地になると,背後の消費地の発展を促すことから,アジア各国の港は北米や欧州などと直接結ぶ大型コンテナ船の国際基幹航路の誘致合戦を繰り広げている。寄港地になれば,背後の消費地にとって荷物の積み下ろしの日程やコストも読める。そこで,アジア各国は国策で絞った港に集中投資して,ハード面では岸壁やクレーン整備,ソフト面では岸壁使用料や荷役費用の大幅な引き下げなどで,誘致を促している。

◆釜山新港
 国際基幹航路が集まる釜山新港で貨物を仕分けして、日本の地方港に直接配送すれば、阪神や京浜港で仕分けして輸送するより物流コストを15%削減できる という。さらに付加価値をつけるため、物流団地に倉庫を建て、集荷した家具などの部品を倉庫内で組み立てて輸送している。同団地への日本企業の進出が相次いでいる。昨年9月までに海外企業74社が進出したが、うち32社が日本企業だった。


■世界主要港コンテナ取扱量(2014年)

順位 港     取扱量 前年比
(1)上海    3529万 4・97%
(2)シンガポール3387万 3・96%
(3)深セン   2396万 2・92%
(4)香港    2227万▲0・37%
(5)寧波    1945万 12・10%
(6)釜山    1868万 12・10%
(7)広州    1660万 8・43%
(8)青島    1658万 6・83%
(9)ドバイ   1525万 12・13%
(10)天津新港  1405万 8・08%
                 ※取扱量はTEU、▲はマイナス  海国際海運研究センターまとめ

スポンサーサイト