FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


衆議院本会議で7月28日、改正公職選挙法が成立した。これを受けて、鳥取・島根および徳島・高知の各選挙区が統合されることとなる。

参議院選挙の1票の格差を是正するため、改正公職選挙法では、徳島県と高知県、鳥取県と島根県で「合区」を行い、定数を合計「4」削減する。

鳥取県は1871年の廃藩置県で誕生した後、1876年に島根県に編入、その後1881年に分立したという歴史がある。徳島県も一時高知県に編入され、1880年に再置されている。

こんな経緯から,何かと比較して見られやすい県同士。「合区」についての賛否はさておき,“県ごと合併しちゃえ”という声も外野席からは出ている。


>>>島根県
世界遺産の石見銀山遺跡や、神々が集う出雲大社で有名な島根県。歴史的文物に富む土地柄ながら、昨今は人口減少率が高止まり。加えて65歳以上比率が全国第2位(29.1%)と高齢化のトップランナーともいうべき状況である。

・面積  6,707平方km 19 377,954.84 H23.10.1
・人口 約71万人
・世帯数 約27万8千世帯

>>>鳥取県
山陰地方の東側を占め、東は兵庫県、西は島根県、南は中国山地を挟んで岡山県・広島県に隣接。西日本有数の豪雪地帯でもある。全国47都道府県中、面積は3,507平方kmで7番目に小さく、人口は約59万人で最も少ない。また、市の数も4氏とも少ない。県庁所在地は県東部の鳥取市

・面積:3,507平方km
・人口:約59万人
・世帯数:約21万世帯
・市町村数:4市14町1村
スポンサーサイト