FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


イオンモール 佐久に新たな出店 佐久市の樋橋地区へ

 佐久市樋橋(とよはし)地区の土地区画整理事業で,イオン(千葉市)のイオンモール(同)が,出店を検討している。計画地はイオンモール佐久平(敷地面積約5・3ヘクタール)の南側で,アミューズメントを中心とした施設を計画中という。同組合は6月の総会で,一帯を商業地と宅地に分けて活用する方針について説明し,約80人の組合員の了承を得ているという。

 樋橋地区は,JR佐久平駅南側の主に水田が広がる一帯で約20ヘクタール。周辺には市立国保浅間総合病院があり,中部横断道佐久南インターからも近い。

 イオンモール広報部は,「現段階ではコメントできない」としている。なお,イオンモールは,須坂市の上信越道須坂長野東インター北側に出店を検討中で,松本市では旧松本カタクラモール一帯を再開発し,「イオンモール東松本(仮称)」の出店を予定している。
スポンサーサイト