エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
都心ほど従業者減 商店減り郊外へ流出か 九経調調査

 九州経済調査協会(福岡市) http://www.kerc.or.jp/index.html が調査分析の,九州・沖縄・山口の人口10万人以上の32市を対象とした,都心部(市役所)からの距離別に算出した従業者数と事業所数の増減率の推計結果によると,人口は都心部に近いほど増加している一方で,従業者数と事業所数は都心に近いほど減少幅が大きい傾向にある。

 九州経済調査協会は,32市を500メートル四方単位に区分けして推計。人口は2005年と10年,従業者数・事業所数は09年と12年の数値を比較し、各市役所から1キロごとの区分の増減率を算出した。
 人口は、市役所から1キロ圏内の区分で約3%増加、1〜2キロ圏内も約1%増加。逆に市役所から離れるほど減少幅が大きくなった。半面、従業者数で見ると、0〜3キロ圏内ではいずれも5%台の減少となり、1〜3%台の減少に収まった郊外とは対照的な結果となった。事業所数も0〜1キロ圏内が約8%減少とマイナス幅が最大だった。

 この分析結果は,都心部への人口集中が進んだが,商店街など小さな事業所が減り、郊外に増える商業系施設に働く場所が移っていることを示した。

 九経調は「中規模都市の都心にある商店街や事業所がマンションに再開発されている側面もある。都心部の『買い物難民』対策が課題になる」と指摘している。
スポンサーサイト


2015-09-suwa100 ←【満足度と重要度の相関 】 画像クリックで拡大


 諏訪市は,施策に対する「市民満足度調査」(回答者数:982人)の結果をまとめた。それによると,満足度の最下位は3年連続で「にぎわいのある商業地」で,5点満点中2.40。都市基盤整備や雇用面などの満足度も昨年同様に低かった。評価を尋ねた51施策のうち,満足度の平均値は3.06で昨年度に比べて0.08ポイント上昇。中間点の3点以上となった施策は22から33に増えた。

 満足度ワーストの2位は「都市基盤の整備」(2.61),3番目は「農業を守り育てる」(2.72)だった。同市では,JR上諏訪駅前の開発事業などが課題となったままで,「商業地のにぎわい」の満足度が上がらない要因とみられる。

 都市基盤整備の満足度の低さも相変わらず。市企画調整課の担当者は「地区要望を聞いて改修しているが…。改修規模が小さいなどで実感できないかもしれない」とする。

 居住地区別で満足度に対する差も出た。「利便性の高い公共交通の確保」では上諏訪地区の満足度が3.18と高めなのに対し,湖南地区は2.53と低い。同課は「理由を分析し,対応を考えないといけない」と話す。

 満足度が高い上位1,2位は2年連続で「安定した水の供給」,「公共下水道の整備・維持」。施策の重要度のトップは「消防・救急体制の充実」,最下位は「国際化と多文化共生の推進」だった。

 調査は5月に実施。20歳以上の市民3000人を抽出し,総合計画に基づく重点施策46項目,基本方針5項目の計51施策の満足度や重要度を1~5段階で尋ねた。回答者数は982人で回収率は32.7%。

⇒⇒ 諏訪市 ⇒ 市民満足度調査   https://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=6427






全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)は,2013(平成25)年度から全員参加方式になった。3年に1回は理科も行われ,今回は初めての全員参加の下で実施された。その中で,富山の小学理科の正答率が67.5%と全国平均を6.7ポイント上回り全国1位に。中学理科でも3位に入った。


>>>「理科」トップの富山,なぜ?-小学校を訪問,50年続く「サイエンスカー」という取り組み

富山では「サイエンスカー」という全国的に珍しい取り組みも。専門の教員が県内の小学校を訪問し,理科工作や実験を行うもので,子どもたちが楽しみながら科学への興味・関心を高めてもらおうと約50年前から始まった。すでに3代目で,全国では富山をはじめ,4県と北海道で取り組まれている。

>>>小中高校生を対象に「科学オリンピック」を実施

富山県では,小中高校生を対象に2011(平成23)年から「科学オリンピック」を行っている。子どもたちの科学的な才能や可能性を伸ばそうと,自然科学から人文・社会まで幅広い分野の問題を出題するもの。「科学オリンピックに対しては,難しかったけれども楽しかったという声も聞こえてきており,小学生の受験者も少しずつ増えてきている」とは県教委の担当者の弁。


      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

┏┓
 全国学力テスト 秋田県「日本一」維持 教育長「望ましい習慣の成果」

 全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果で,秋田は小6の国語A,Bと算数A,Bが全国1位,理科が3位,中3の国語A,Bが1位,数学A,B,理科が2位と,8回連続で全国トップ級で,「学力日本一」を維持した。中3の国語Bは前回2位だったが,福井と順位が入れ替わった。

 生活習慣などを問うアンケートでは,家で授業の復習をしていると答えた割合が小6で90・2%(全国平均54・5%),中3で87・2%(同52%)と,全国平均を大幅に上回った。習慣的に家庭学習に取り組んでいる状況がうかがえる。

 米田進県教育長は,「児童・生徒の望ましい生活習慣,学習習慣と,学校での一人一人へのきめ細かな指導や授業改善の取り組み,家庭や地域の教育力といった,秋田県の財産ともいえる素晴らしい教育環境の下で成し遂げた成果だ」と語った。
ウインカー遅い、無理に割り込む…千葉県民も自覚!? 運転マナー調査「悪い」が4割超
                         
参考:産経新聞 9月21日(月)19時0分配信
 
  日本自動車連盟(JAF)千葉支部(千葉市)の交通安全実行委員会は,今年の4~7月に18歳以上の免許所持者を対象に,運転マナーに関するアンケート調査を実施した。この調査では,同支部サイトの閲覧者や交通安全講習会受講者、自動車関連団体社員らから約2千件の回答を得た。有効回答数は1526件。回答者の性別は男性が87%で,千葉県居住者が93%を占めた。

 このアンケート調査によると,千葉県内の自動車運転マナーが「悪い」と感じている人が約4割強である。マナー違反として指摘が多かったのが車線変更や割り込みである。進路変更マナーの悪さが県内の運転の特徴とみる県民が多いようだ。

 ■「悪い」が「良い」の3倍

 調査結果によると,千葉県のドライバーマナーについて、「悪い」「やや悪い」と答えた人は全体の43%で,「良い」「まあまあ良い」とした15%の約3倍。
 マナーの悪さで上位に指摘された(複数回答可)のは、「ウインカー(方向指示器)が遅い」「急な車線変更や右左折」「無理な割り込み」など。携帯電話をかけながらの運転やスピードオーバー、信号無視など。

 マナー改善策については,「警察の取り締まりを強化する」が最も多く、「免許取得時や更新時に教育する」が続いた。

 
 ■県内地域別では…

 千葉県警交通総務課は,平成25年から今年7月までの2年半について,千葉・京葉▽東葛▽佐倉・成田▽北総▽東金▽内房▽房総-の7地区に分け、地区ごとに,交通事故総件数に占める個別違反件数の割合を算出している。

 北総、房総の両地区で割合が平成25~27年の3年とも30%を超えたのが「前方不注意(脇見・漫然)」で、特に今年は両地区とも約35%と高い。「指定場所一時不停止等」の割合も他地区に比べ高めである。

 内房地区では、「信号無視」の割合が他地区より多い。

 スピードを緩めずに交差点に進入したり、駐車場から車道に出たりする際の接触事故などがあてはまる「安全不確認」は、事故全体の30%台前半を占める地区が多い。その中で、常に割合が40%を超えるのが都市部の千葉・京葉地区である。東葛地区もほぼ毎年40%台に達している。

 佐倉・成田地区では運転ミスの「操作不適」が平成26年から今年にかけて多い傾向がある。東金地区では今年、歩行者らの動きをよく見ていない「動静不注視」の割合が高め。


交通事故の発生件数は減少傾向にある
 千葉県警ホームページによると、交通事故の発生件数は減少傾向が続いており、今年は9月7日現在で前年比289件減の計1万2525件。一方で、死者は同15人増の111人である。



⇒⇒ 千葉県警 交通事故発生状況  http://www.police.pref.chiba.jp/trouble/accident_state/






地域に希望あり――まち・人・仕事を創る (岩波新書)



地方消滅と名指しされた村を「守る側になる」と増えたIターン・Uターンの移住者。地元合意に立脚してプライド高き商店街を再生した、まちづくり株式会社。自然エネルギーや有機農業で半農半Xを推し進めるビジネスマインドのNPO――経済成長よりも共感に軸をおく人々のチャレンジは止まらない、その最新の現場報告。

内容(「BOOK」データベースより)

「地方創生」の掛け声より早く、魅力ある地域を創ってきた取り組みがある。山村の可能性、有機農業や自然エネルギーによる循環経済、復活した商店街、「消滅可能性一位」の村へ向かう移住者、協働の場を拓く地元の人材―地元愛と環境共生型のビジネスマインド、そして「豊かさ」の新しいモデルの現在を丁寧にルポ。



滋賀県の「全国1位」

 勤労者世帯1世帯あたりの貯蓄現在高が1602.5万円で全国1位、有価証券保有現在高も238万円で1位と、経済的にとっても豊か。一方で琵琶湖に代表される豊かな自然に恵まれ、自然公園面積割合の高さ(県土総面積に対する割合)も37.2%で全国1位である。

 意外なところでは、「FTTH(光回線)世帯普及率」が61.8%で1位。「1000世帯あたりの所有数量」では、スマートフォン(1281台)、ノート型パソコン(1072台。モバイル・ネットブックを含む)、食器洗い機(482台)などがいずれも1位。システムキッチンやホームベーカリー、LED照明器具などの所有数は2位と、滋賀県民は実は“先進的”である。

なお,滋賀県は,国宝指定件数が東京、京都、奈良、大阪に次いで全国5位。国の重要文化財指定件数では、大阪を抜いて4位にある。

魚津水族館-日本最古の水族館-


    ※ 出所:魚津水族館ウエブサイト


日本三大深湾のひとつである水深1000メートル超の富山湾は,対馬暖流が流れ込む表層水と,日本海固有の深層水との間で海水温が30℃~2℃と激変。この差が豊かな生態系を生んでいる。この恩恵を受けたとびっきりの魚が集結しているのが,日本最古の水族館・魚津水族館である。大正2年に開館した魚津水族館(魚津市三ケ1390) http://www.uozu-aquarium.jp/   は,日本海側にできた最初の水族館であり,日本初のアクリル製トンネルを導入したことでも知られる。



                         
                  ※ 出所:魚津水族館ウエブサイト


出世魚“ブリ”が泳ぐ富山湾大水槽


富山湾大水槽では,「フクラギ(関東ではイナダ、関西はハマチ)→ガンド(ワラサ、メジロ)→ブリ」という“出世魚”の成り上がり過程を年中観察できる。


 『 日本国勢図会〈2015/16年版〉 』

 多様な切り口の統計データがふんだんに掲載され、一冊にまとめられている。交通事故件数と死者数の推移や、ビールの生産量、不登校者数・中途退学者数、産業廃棄物の排出量、ブロードバンドサービスの契約数、生命保険の契約数など、知りたい市場動向がすぐ把握できる。また自衛隊のPKO業務や自然災害など、タイムリーなテーマの関連データも盛り込まれており、時代の流れをつかむ参考となる。



日本国勢図会〈2015/16年版〉
   2685円(+税)
厳選した最新のデータをもとに、日本の社会・経済情勢を表とグラフでわかりやすく解説したデータブック。


 J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店の名古屋店(名古屋市)は,2016年春に店舗改装を行う。その投資額は約17億円。専門の売り場面積を拡大するなどして富裕層の男性顧客の取り込み強化を図る。なお,松坂屋名古屋店は,男性客向けのブランドが十分でなかった面もあるとし,改装でブランド数を増やしていきたいとする。

・名古屋店は本館,南館,北館で構成され,このうち北館の1〜3階を紳士服の専門売り場とする。2016年度の売上高で約40億円の増収効果を見込む。

・紳士服売り場の改装に伴い,寝具や家具など生活関連の売り場を大幅に縮小する。

 なお,名古屋店にはことし11月,家電量販店大手のヨドバシカメラが中部地域で初めて出店する。
<大雪山系>黒岳山頂付近で初雪確認
                          出典:毎日新聞9月15日(火)19時33分


▼ 大雪山 忠別湖東 -気象庁火山カメラ 2015/09/16 04:42


2015-0916-dai01


 北海道上川町の大雪山系黒岳(1984メートル)でロープウエーを運行するりんゆう観光は15日、山頂付近で初雪を確認したと発表した。昨年より1日早く、ほぼ平年並みという。

 同社によると15日午後0時15分ごろ、標高1890メートル地点にある黒岳石室(いしむろ)避難小屋の前で、管理人がみぞれに近い雪を確認した。気温は0度で、雪はすぐにやんだという。

 旭川地方気象台によると、北海道の上空5000メートルに10月中旬並みの寒気が入り、山頂付近の天候が悪く降雪になったとみられるという。気象台が観測する同じ大雪山系の最高峰・旭岳(2291メートル)では、雪は確認されなかった。


  2015-09-gan01 画像:NHKテレビニュース画面より

 国立がん研究センター http://www.ncc.go.jp/jp/ は2007年に治療を始めたがん患者を追跡調査し,5年後の生存率を都道府県別や部位別にまとめました。それによると,日本人の5年後の生存率と比べた,がん患者全体の相対生存率は64.3パーセントあった。

 がんの「5年相対生存率」は,がん患者を治療によって,どのくらい救えたかを示すもので、特定の年齢の日本人が,5年後も生存している確率を100%とした場合に,同じ年齢のがん患者が,治療後に何%生存しているかという,相対分析で計算している。今回のデータは,国立がん研究センターが,2007年に全国177のがん拠点病院で治療を受けた患者およそ168,000人(n=168,000)のデータによりまとめた。それによると胃がんや肝がん,それに乳がんなどすべてのがんを合わせた「5年相対生存率」の全国平均は64.3%であった。

>>>都道府県別の生存率
 都道府県別の「5年相対生存率」では,1位が東京都で74.4%、次いで、長野県が70.5%、新潟県が68.9%で、最も低かったのは、沖縄県の55.22%であった。

 また、がんの部位ごとに生存率の全国平均は,乳がんが最も高く92.2%,次いで大腸がんが72.1%、胃がんが71.2%、肺がんが39.4%、肝がんが35.9%であった。
 これを都道府県別にみると,乳がんでは長野県が最も高く96.1%,青森県が最も低く81.1%,大腸がんでは香川県が最も高く79.6%,青森県が最も低く63%,胃がんでは東京都が最も高く78.8%,群馬県が最も低く60.9%。肺がんは,長崎県が最も高く50.7%,沖縄県が最も低く20%,肝がんは富山県が最も高く51.3%、香川県が最も低く22.6%で,いずれのがんもがんを早期発見できた患者の割合が高い都県で生存率が高くなる傾向が見られた。

  ⇒⇒  【プレスリリース】 ⇒   がん診療連携拠点病院の院内がん登録による5年相対生存率初集計
 鳥取市は,人口減少を食い止めるための素案,“市の人口ビジョンと総合戦略”を公表している。

 鳥取市の人口は6月末現在で19万2175人。国立社会保障・人口問題研究所は,2040年に約15万6000人(約19%減),2060年に約12万人(約38%減)になると推計する。

 人口ビジョン素案では、2040年に16万6000人,2060年に14万人を目標に設定した。 そのうえで,総合戦略素案に,今年度から5年間の基本目標を提示している。それによると,
    ・合計特殊出生率を1.55から1.8に
    ・5000人以上の雇用創造
    ・1年あたりの移住定住者200人以上――
 とした。具体的な施策を盛り込み,9月まで修正を加えるという。
長野県の人口,2060年に4割減…県が対策案

 長野県は,人口減少に特段の対策を取らなかった場合,2010年に215万人だった県人口が,2060年には128万人にまで減少するとの推計をまとめた。将来展望を示す「人口ビジョン」で明らかにしたもので,50年間で4割減少となる。

 なお,人口ビジョンでは,県が10月にも策定の県版総合戦略に基づいて減少を抑えれば,2060年の県人口は160万人にとどまるとする。人口ビジョンで160万人と算出した前提は,合計特殊出生率(女性1人が生涯に産む子どもの数)が2010年の1・53から,2025年には1・84に,2035年には2.07に持ち直すと想定している。また,転出数から転入数を差し引いた人口の社会減が2025年には均衡状態になることも考慮した。

 しかし,結婚や出産,子育て支援に加え,産業の活性化や移住促進などを進めない限り,人口減はさらに深刻化する。あわせて公表した2100年時点での推計では,対策を講じた場合の人口は146万人,講じなかった場合は現在のおよそ3分の1の70万人まで減少するとみている。

◆長野県版総合戦略の骨子案

 人口減少に歯止めをかけるため、県は人口ビジョンとともに県版総合戦略の骨子案を公表した。同戦略は、地方創生を政策の柱に掲げる政府が策定を求めている。

 この骨子案では、〈1〉人口の自然減を抑制〈2〉人口の社会増への転換〈3〉仕事と収入の確保〈4〉暮らしの安心と地域の活力を確保――を基本目標に設定。達成に向け,住み慣れた地域で医療・介護が受けられるまちづくりや、県内産業の「稼ぐ力」の向上など,7項目の戦略を掲げて実践していくとしている。
 長野県は今後、具体的な施策や数値目標を詰め,10月中の総合戦略策定を目指す。

 ホンダはこれまで中国で生産していた国内向けの小型スクーターを,9月11日から大分県大津町(おおづまち)の熊本製作所 http://www.honda.co.jp/kumamoto/  での生産に切り替えた。

 ホンダが中国から国内に生産を移したのは排気量が50ccのスクーターで,9月11日から大津町の工場で生産が始まった。ホンダは国内で販売する50ccのスクーターの9割を海外で生産し,輸入していましたが,このところの円安や人件費などのコスト上昇を受けて生産体制の見直しを進めていた。来年までにはベトナムで生産している2種類のスクーターも,同じ大津町の工場に生産を切り替える計画である。

 これによって,この工場の50ccのスクーターの生産台数は来年度,およそ7万台増えて94,000台となり,ホンダが国内で販売する50ccのスクーターの大半を生産することになる。


>>>熊本製作所 熊本県菊池郡大津町平川1500  -二輪車をはじめ多機種の製品を生産している工場-

熊本製作所は,ホンダで四番目の製作所。昭和51年に操業を開始した。ホンダの国内事業所のなかで最も広い敷地,そして最も恵まれた自然環境にある。
この工場では,二輪車と汎用製品などを量産。エンジンや各部品の生産加工から,完成車組立まで,一貫して行われている。



>>>大津町 人口 (平成27年7月末現在)

    前月比 前年比
世帯数

13,423戸

(+   7)

 +220

人口

33,913人

(△  4)

 +223

16,683人

(+   5)

+139
17,230人 (△  9) + 84


>>>自治体の「徴税姿勢」は,ずいぶんと違う。

       出典:朝日新聞デジタル  2015年8月31日05時00分  http://digital.asahi.com/articles/DA3S11939933.html

地方税をどう徴収し、滞納をどう扱うか。自治体の「徴税姿勢」はずいぶんと違う。

■自治体の姿勢に差

 地方税をどう徴収し,滞納をどう扱うか。自治体の「徴税姿勢」は異なる。政令指定市の人口あたりの差し押さえ件数を比べてみると,最多の岡山市と最少の相模原市では7倍以上の開きがある。

>>>●横浜市- <市税の徴収「均衡が第一」> 
 横浜市は2013年度,税金の滞納に対して約3万7千件の差し押さえを実施した。人口あたりの差し押さえ件数では,20の政令指定市の中では岡山市に続いて2番目に多い。ピークの19988年度末に494億円あった滞納残高は,2014年度末は81億円まで減った。
 課税額に対する徴収できた額の割合を示す「徴収率」は2014年度が98.7%で政令指定市中2番目に高い。差し押さえの効き目のようにも見える。

>>>●滋賀県野洲(やす)市-<「滞納はSOS」救済の手>
 野洲市の2013年度の徴収率は96.9%で,全市町村平均の94.9%を上回る。

 「ようこそ滞納いただきました」。よくこう話す首長がいる。琵琶湖の南に位置する滋賀県野洲(やす)市(人口約5万人)の山仲善彰市長である。
 「税金を払いたくても払えない人こそ,行政が手を差しのべるべき人。滞納は貴重なSOSだ」。市長は真意をこう説明する。

 滞納者は市税(個人住民税)や固定資産税だけでなく,国民健康保険税や介護保険料なども納めていないことが多い。野洲市では,滞納者とやり取りするそれぞれの課が,その市民の生活が行き詰まっていると感じたら,市民生活相談課に案内するようにしている。

 市役所の正面入り口近くにある市民生活相談課では,9人の職員がさまざまな境遇の市民に対応する。

 野洲市の市税の徴収率は滋賀県内の自治体では高い方だが,納税推進課は「徴収率ありきで困っている人の生活を壊してまで取り立てたりはしない」とする。

 市民生活相談課も「困窮者をどう助けるかという発想が必要だ。徴税部門と福祉部門が早くから連携できれば,一時的には滞納が増えても,生活保護費が抑えられるなど行政全体のコストが減らせるはずだ」という。


>>>政令指定市の場合
 政令指定市の人口あたりの差し押さえ件数を比べると,最多の岡山市(人口千人当たり15.7)と最少の相模原市(人口千人当たり2.1)では7倍以上の開きがある。

  差し押さえ件数  人口千人あたり

札幌    13,292     6.9

仙台     5,555     5.3

さいたま   6,002     4.8

千葉     5,848     6.1

横浜    37,178    10.0

川崎     4,077     2.8

相模原    1,524     2.1

新潟     3,074      3.8

静岡     1,982         2.8

浜松     5,514      6.8

名古屋   14,935        6.6

京都     9,271         6.5

大阪    17,998         6.8

堺      4,281           5.0

神戸     8,194         5.3

岡山    11,056         15.7

広島     3,812          3.2

北九州    8,842         9.0

福岡    14,230          9.7

熊本     2,726         3.7

20市平均    ―       6.6

東京23区 43,153         4.8

 (朝日新聞社が各自治体から聞き取り。川崎は14年度、その他は13年度。東京23区は固定資産税・法人住民税などの分を除く)



実質2,000円で,その数倍分の商品を!

2015-09-さとふる



 “地方創生”を政策課題とし,「東京一極集中の解消と地方の活性化」を目指す安倍政権は,「ふるさと納税」を推進している。

 ふるさと納税は厳密に言うと「税金」ではない。それは,「
実質2,000円の寄付で,その数倍分の商品がもらえる制度」である。

 なぜ「2,000円払うだけで数万円の商品がもらえる」のかと言うと,全国の自治体に控除上限額の範囲内で寄付(これが便宜上「納税」ということになっている。すると,その2,000円を超える部分の金額が控除 または還付される。そして寄付した自治体からは「お礼品」としてその地方の特産品などがもらえるという仕組みである。この「お礼品」は自治体によって工夫が凝らされており,寄付する金額によっては数万円を超えるものも多く,お得というわけである。

手軽で便利-納税ポータルサイト「さとふる」  http://www.satofull.jp/
ソフトバンクグループの「株式会社さとふる」が運営するふるさと納税ポータルサイト「さとふる」 http://www.satofull.jp/  では,全国の自治体のお礼品を見比べながら寄付する自治体を選べる。全国37の県市町村が参加しており,お礼品の選定から寄付の支払いまでこのサイトで行える。

 「さとふる」では「自治体」「お礼品の種類」それぞれから検索が出来て、寄付金の金額で絞り込むことも出来る。選んだ商品は「カートに入れる」「寄付手続きへ進む」をクリック。ネットショッピング感覚でお礼品を選び寄付できるので,誠に手軽で便利である。


    


地方企業,設備投資上向く メーカーが国内回帰
                    出典: 日本経済新聞 電子版   2015/7/17 14:04

 地方の企業の設備投資が上向きつつある。円安が定着するなか、大手製造業の国内回帰の効果が少しずつ広がってきた。

日銀が7月発表した全国企業短期経済観測調査(短観)では、全国32支店のうち約8割で、今年度の製造業の設備投資が前年度を上回る見通し。ただ,人口減を背景に投資を抑える地方の小売業も多く,非製造業では慎重な姿勢も目立つ。

 製造業で増額しているのは取引先の輸出や海外販売が好調な企業。精密板金加工のタカノ(長野県松本市)は約7億円を投じ,新工場を12月に建設する。取引先の液晶や半導体の製造装置メーカーが輸出を増やしており,生産能力を1.5倍に高める。省力化機械設計などの生産設備製造の島根自動機(松江市)も新工場の建設に着手した。

 東京五輪に向けてオフィスの建設増を見込んだ投資も出てきた。石川県小松市に本社がある間仕切りメーカーの小松ウオール工業は今期、過去最高となる32億円を投資する。来年4月にはドア製品を製造する新工場の稼働を見込む。

 集成材メーカーの秋田グルーラム(秋田県大館市)は8億円を投じて同市内にプレカット材の新工場を建設する。非住宅の木造建築物の需要が増加しており,生産能力を2倍に引き上げる。

 スズキは浜松市内に二輪車の新工場の建設を進めており,2017年に全面操業の予定。投資額は約610億円。ただし,国内需要の大幅増が見込みにくいことから,取引先が増産投資に踏み切るまでは至っていない。


新潟市BRT開業初日からトラブルが続出 ほぼ全線,終日無料

 BRT(バス高速輸送システム)が開業したばかりの新潟交通は2015年9月7日,ICカードシステムの不具合のため、ほぼ全線で運賃を終日無料とした。新潟交通によると、終日ほぼ全線が無料になるのは初めてだという。

 新潟市の新バス交通システム「BRT」について、バスを運行する新潟交通は、「復旧作業は完了したが、運用の万全を期すため」として8日も市内の大半の区間を無料にして運行している。

 新潟市では利用者減少への対策や中心部への交通手段を強化を図り,バス路線を再編し,BRTを9月5日からスタートさせている。BRTは一部区間で優先レーンを走るため,遅延が起きにくい。またバス2台を連結させた「ツインくる」を投入し,大量輸送ができると見込まれていた。
 だが開業初日からトラブルが続出。「ツインくる」に乗ろうとする乗客で満員が続くなどしてダイヤが大きく乱れた。さらにICカードシステムに不具合が発生し,運賃を誤徴収するトラブルもあった。

 2015-BRT.jpg
        9月5日から運行が始まったBRT「ツインくる」(画像は新潟市サイトから)



新潟市の新バスシステム始動 中心部と郊外を分離運行

 新潟市の路線バス網が再編され,新バスシステムが5日から運行となった。中心部を運行する基幹軸と郊外部を運行する支線に分けてバスの効率的な運用をめざす。新潟駅から万代地区,古町地区,市役所を経て西区青山に至る「万代橋ライン」が基幹軸となる。バス利用者が最も多く,市が中心軸と位置づけた区間には連節バス4台を導入し,バスを2台つなげた格好で輸送量の強化を図った。
 バスの運行事業者は従来と同じ民間企業の新潟交通である。新潟交通はバス事業が低迷し,有利子負債の利払いが経営を圧迫し,設備投資する余力は乏しい。そこで,新潟市が新型バスや待合所など施設の整備費用など一連の投資に,国の補助金などを含め13億円をつぎ込んだ。今後,市はバス運営に関与し,市民の声を吸い上げ運営に反映させる。
 

>>>沖縄県 5月の過去最高を記録
 沖縄県文化観光スポーツ部が6月発表の5月の入域観光客数は,611,400人で、前年同月比5万人(8.9%)増となった。この数字は,5月の過去最高であり,外国客も単月の過去最高を更新した。国内客と外国客の内訳は外国客が21.9%で,外国客が2カ月連続で2割を超えた。(出所:沖縄タイムス)


>>>山梨県 観光客3千万人超 外国人宿泊者が前年比91%増


  写真の出所:http://www.yamanashi-kankou.jp/y-tabi/eco/bosyuchu/images/0462.jpg

 山梨県が観光庁が定めた基準に基づいて398地点で調べた観光客数調査によると,2014年,山梨県内を訪れた観光客は前年より1・1%多い3001万7千人で、同じ基準で調査を始めた2010年以来、初めて3千万人を突破した。宿泊者は13・4%増の739万3千人。外国人宿泊者は94万2千人と前年から91・3%増えた。

 地域別では、富士山観光でにぎわう富士・東部が最も多い1387万人(46・2%)で、峡東561万9千人(18・7%)、峡中439万1千人(14・6%)、峡北404万7千人(13・5%)、峡南209万人(7・0%)だった。峡東は前年比で4・5%増え、県は富士山とのアクセスの良さが主な要因とみている。峡中、峡北、峡南の3地域は前年より2・7~4・5%減った。

     ⇒⇒ いい旅やまなしナビ (公益社団法人やまなし観光推進機構) 
                                  http://www.yamanashi-kankou.jp/

大牟田市が「10年後10万人」目標の総合計画案


目指す都市像  
   人が育ち,人でにぎわい,人を大切にする ほっとシティ おおむた


 福岡県大牟田市 http://www.city.omuta.lg.jp/  は,2016年度から4年間のまちづくりの指針となる「市総合計画案」をまとめた。市の人口は減少が続き,今年8月で11万9822人。計画案では目標を10年後の25年で10万人とし,魅力ある街づくりに取り組むとしている。

 国立社会保障・人口問題研究所は2040年の人口を約7万9千人と推定する。市外転出が続けば約7万5千人と厳しい予測もある。人口減に加え、空き家・店舗の増加が想定されることも踏まえ、市は市街地などの都市基盤を活用し,多様な機能を拠点に集積したコンパクトな都市づくりを進めるとする。

 施策の方向性として,
・多様な子育て支援
・市内事業所への就業支援
・世界文化遺産に登録された三池炭鉱関連施設など郷土史の学習
・同施設を生かした観光推進−
 などを掲げている。

 大牟田市は,計画案を今月号の広報おおむたに掲載。月末まで市役所などでも閲覧でき,市民からの意見を募る。諮問した審議会から10月,答申を受ける。来年3月に計画を決める方針である。


⇒⇒ (仮称)第5次大牟田市総合計画策定に係る総合計画審議会 
     http://www.city.omuta.lg.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=6747



◆大牟田市 世帯数・人口 【平成27年8月1日 現在】
世帯数: 57,216世帯
男: 55,114人  女: 64,708人  合計: 119,822人



新潟市の新バスシステム始動 中心部と郊外を分離運行

 新潟市の路線バス網が再編され,新バスシステムが5日から運行となった。中心部を運行する基幹軸と郊外部を運行する支線に分けてバスの効率的な運用をめざす。新潟駅から万代地区,古町地区,市役所を経て西区青山に至る「万代橋ライン」が基幹軸となる。バス利用者が最も多く,市が中心軸と位置づけた区間には連節バス4台を導入し,バスを2台つなげた格好で輸送量の強化を図った。
 バスの運行事業者は従来と同じ民間企業の新潟交通である。新潟交通はバス事業が低迷し,有利子負債の利払いが経営を圧迫し,設備投資する余力は乏しい。そこで,新潟市が新型バスや待合所など施設の整備費用など一連の投資に,国の補助金などを含め13億円をつぎ込んだ。今後,市はバス運営に関与し,市民の声を吸い上げ運営に反映させる。
 

日銀那覇支店は、最近の沖縄県内の景気について、外国人観光客が大幅に増えるなど観光が引き続き好調で,個人消費も堅調に推移していることなどから,24か月連続で「拡大している」という見方を示した。

 日銀那覇支店まとめの,金融経済概況によると,「観光」は、国内からの観光客数が2か月連続で前の年を下回ったが,航空路線やクルーズ船の寄港回数が増えたこにより,外国人の観光客が前の年と比べて約77パーセント増と,好調に推移している。

 「個人消費」は,百貨店やスーパー,コンビニエンスストアの売上高がいずれも前年同月比を上回り,自動車の販売台数も伸びたことなどから,堅調に推移していると分析している。

 こうしたことから日銀那覇支店は,沖縄県内の景気は24か月連続で「全体として拡大している」という見方を示した。


  ┏┓
  ┗ 関連情報  鹿児島銀行が沖縄支店を9月開設- 取引先企業の輸出業務支援

 鹿児島銀行は,沖縄支店(那覇市)を9月28日に開設する。沖縄県外の地方銀行が沖縄に支店を出すのは戦後初めてである。

 鹿児島銀行は,沖縄に進出している取引先企業約40社の輸出業務を支援。住宅ローンを中心とした個人向けの営業にも力を入れる。支店が入るビルには地域の情報収集などを担う沖縄事務所も併設する。

 

 日本政策投資銀行実施の設備投資計画調査によると,首都圏1都3県の2015年度計画額(土地投資を含む)は,全産業で3兆3361億円と14年度実績比12.2%増える。2020年の東京五輪を見据えた不動産の再開発などで非製造業が増加するほか,企業収益の改善を追い風に製造業が大幅に伸びる。ただ千葉県の非製造業が落ち込むことなどが影響し,全国平均(13.3%増)を下回る見通しである。
 
 設備投資計画を都県別にみると、東京、神奈川、埼玉の1都2県はそれぞれ14~18%台の伸びを見込む。一方で千葉県は11.3%減と唯一のマイナス。 2014年に木更津市にショッピングセンターのイオンモールが開業するなど,商業施設の新設投資が一段落したことなどが影響した。
 産業別では全体の8割弱を占める非製造業が9.2%増で2兆5546億円の見通し。その内訳は,「不動産」が23.6%増と,五輪関連の再開発プロジェクトがけん引役となる。「運輸」も15.3%増。航空機材購入や船舶関連の投資に加え,鉄道会社による不動産開発も目立つ。

 製造業も23.7%増と大きく増える。内訳では工場の能力増強などで「化学」が32.8%増、ガソリンスタンドの高付加価値化などで「石油」が35.4%増。14業種のうち,11業種で前年度の実績を上回るなど「幅広い業種で伸びたのが特徴」である。

▼千葉県
 千葉県では江崎グリコが約180億円を投じ,野田市の既存工場隣接地にアイスクリームなど冷菓の新工場を建設する。9月に着工し17年に稼働を始める予定。神奈川県では医療・介護用の装着型ロボットを手掛けるサイバーダインが,川崎市に研究所を新設する。操業開始は17年で、投資額は159億円を見込む。

▼埼玉県
 埼玉県では繊維メーカーの片倉工業がJRさいたま新都心駅(さいたま市)近くで商業施設「コクーンシティ」を開発。既存の「コクーン1」に加え,4月に「コクーン2」,7月に「コクーン3」を相次ぎ開業した。

>>> 地域別設備投資計画調査

日本政策投資銀行は,地域別設備投資動向の把握を目的として,「地域別設備投資計画調査(調査対象企業:原則として資本金1億円以上の民間法人企業)」を年1回発表しています。


⇒⇒ 日本政策投資銀行  ⇒ 地域別2015年度設備投資計画の特徴 (PDF:268KB)         

                     首都圏 (357KB)



東葉高速線八千代みどりが駅に出店の「文教堂」と,駅に隣接のイオンモールに出店の『未来屋書店」の週間総合ランキング。


未来屋(2015/08/27)今週のランキング
1位 火花     又吉 直樹
2位 流     東山彰良
3位 命の授業   ゴルゴ松本
4位 JAPAN CLASS  
5位 スクラップ・アンド・ビルド 羽田圭介
未来屋(2015/08/27)先週のランキング 総合
1位 流     又吉 直樹
2位 君の膵臓   東山彰良
3位 命の授業   ゴルゴ松本
4位 君の膵臓をたべたい 住野 よる
5位 スクラップ・アンド・ビルド 羽田圭介




今週 文教堂(2015/08/27)調べ  総合  
         
1位 火花       又吉 直樹  
2位 人間の分際     曽野 綾子  
3位 大放言     百田尚樹  
4位 流       東山彰良  
5位 身近な人が亡くなったときの手続き    
           
先週 文教堂(2015/08/19)調べ  総合    
         
1位 火花     又吉 直樹  
2位 大放言   百田尚樹  
3位 家族という病   下重暁子  
4位 身近な人が亡くなったときの手続き    
5位 流     東山彰良  
           





知名度不足のブランド牛 生き残りかけ統一 秋田・青森・京都

 神戸牛,松阪牛,近江牛の「3大和牛」に加え,宮崎,飛騨などの主要産地と全国には幾つの牛肉ブランドがあるのか。自治体などを通じて数を調査する食肉通信社(大阪市)によると,把握しているだけで2015年4月現在,327種。
 このように,産地名を冠したご当地牛が乱立する中,産地としての知名度に欠ける自治体などでは,生き残りかけブランドを一つにまとめる動きがでている。

◆秋田牛
 秋田の肉牛は全国シェア0.8%と都道府県30位にとどまる。こうした状況の中で「秋田牛」は,秋田県が音頭を取り,2014年10月に生まれた全県統一の新ブランドである。秋田県内では「のしろ牛」「横手黒毛和牛」など25の銘柄があるが、県は一本化に向け条件を設定した。県内育ちは当然として、「出荷前の半年以上、一定量の米を食べた黒毛和牛」など,米どころの条件を満たせば,県や生産者団体などが作る推進協議会が「秋田牛」と認定する。

◆青森県
 青森県ではTPP交渉を見据え,ブランド確立が急務だとして,JA全農あおもりの主導で出荷量の多い「あおもり倉石牛」「十和田湖和牛」を中心に統一の動きがある。

◆京都府 「Kyoto  Beef 雅(みやび)」
 京都府は古都のイメージを生かし,府内産牛肉を輸出向けに限り「Kyoto  Beef 雅(みやび)」と一本化した。2015年2月からはシンガポール向けに初めて輸出が始まった。

産業創出で人口減克服 福島12市町村,復興庁検討会が提言



復興庁の有識者検討会は,東京電力福島第1原子力発電所事故で被災した福島県12市町村(田村市,南相馬市,川俣町,広野町,楢葉町,富岡町,川内村,大熊町,双葉町,浪江町,葛尾村,飯舘村)の将来像に関し,長期目標として「世界が注目する最先端の産業・研究拠点」の整備も掲げた。そして,新産業の創出や自治体の広域連携を進め,人口減少を克服するよう訴える提言をまとめた。

 その内容は,12市町村の復興は「国の責務」と強調。原発廃炉関連の研究施設やロボット産業,新エネルギー産業を集積する「福島・国際研究産業都市構想」を実現し,医療や教育などの公共サービスで市町村の連携を進める方針を打ち出している。

 まちづくりについては住民意向調査でも全員が帰還を希望しているわけではないことを踏まえ,震災前より一層コンパクトな計画にするよう提案している。

 政府はこの提言を受け,12市町村が地域づくりの中心とする「復興拠点」の整備や産業誘致を進める。復興庁などは2016年度予算の概算要求に必要経費を盛り込む。

 提言ではこのほか,道路整備や鉄道復旧で住民の帰還を支援しつつ,他地域からの移住も受け入れ,「地方創生」のモデルケースとして12市町村の復興を進める方針を示した。


 最近,東京23区内では,城北エリアの歴史ある街並みが注目度を高めている。池袋をターミナル駅とする城北エリアは,歴史的にも評価の高い魅力的なロケーションの街が幾つか存在する。

 JR埼京線沿線では,十条駅から西に行くと,かつて加賀藩の下屋敷があった街並みが広がる。池袋3キロ圏という都心近接にありながら,豊富な緑が今もなお多く残されている。強調文加賀の地名は江戸時代,この地が加賀藩前田家の下屋敷(別荘地)であったことに由来する。住民が主体となった街づくりが実践されている。また地区計画が定められていることもあって,良好な住環境がいまも守り続けられている。

 西武池袋線沿線では,旧将軍家鷹狩場である、江古田駅南から江古田の森公園にかけての一帯である。

 東武東上線沿線では,「板橋区の田園調布」とも呼ばれる,ときわ台駅周辺。

 そして,明治時代の高級住宅地として知られる豊島区駒込,北区西ヶ原や滝野川一帯。このエリアは本郷通りで結ばれ,滝野川を過ぎると,江戸時代から桜の名所として名高い飛鳥山(王子駅)に至る。

>>>東京23区を城北,城東,城南,城西に4区分する---

城北:北区・豊島区・板橋区練馬区など東上線に近い北部。

城東:江東区・墨田区・江戸川区葛飾区・足立区ど。

城西:中野区・杉並区,練馬区の西武新宿線沿線など南部、世田谷区の京王沿線など北部。

城南:目黒区・大田区・品川区,世田谷区の東急沿線など南東部。

 なお千代田区・中央区など概ね山手線の内側は都心中心部であって城北・城東・城南・城西のどれにも含まれない。