FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


 最近,東京23区内では,城北エリアの歴史ある街並みが注目度を高めている。池袋をターミナル駅とする城北エリアは,歴史的にも評価の高い魅力的なロケーションの街が幾つか存在する。

 JR埼京線沿線では,十条駅から西に行くと,かつて加賀藩の下屋敷があった街並みが広がる。池袋3キロ圏という都心近接にありながら,豊富な緑が今もなお多く残されている。強調文加賀の地名は江戸時代,この地が加賀藩前田家の下屋敷(別荘地)であったことに由来する。住民が主体となった街づくりが実践されている。また地区計画が定められていることもあって,良好な住環境がいまも守り続けられている。

 西武池袋線沿線では,旧将軍家鷹狩場である、江古田駅南から江古田の森公園にかけての一帯である。

 東武東上線沿線では,「板橋区の田園調布」とも呼ばれる,ときわ台駅周辺。

 そして,明治時代の高級住宅地として知られる豊島区駒込,北区西ヶ原や滝野川一帯。このエリアは本郷通りで結ばれ,滝野川を過ぎると,江戸時代から桜の名所として名高い飛鳥山(王子駅)に至る。

>>>東京23区を城北,城東,城南,城西に4区分する---

城北:北区・豊島区・板橋区練馬区など東上線に近い北部。

城東:江東区・墨田区・江戸川区葛飾区・足立区ど。

城西:中野区・杉並区,練馬区の西武新宿線沿線など南部、世田谷区の京王沿線など北部。

城南:目黒区・大田区・品川区,世田谷区の東急沿線など南東部。

 なお千代田区・中央区など概ね山手線の内側は都心中心部であって城北・城東・城南・城西のどれにも含まれない。
スポンサーサイト