FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
新潟市BRT開業初日からトラブルが続出 ほぼ全線,終日無料

 BRT(バス高速輸送システム)が開業したばかりの新潟交通は2015年9月7日,ICカードシステムの不具合のため、ほぼ全線で運賃を終日無料とした。新潟交通によると、終日ほぼ全線が無料になるのは初めてだという。

 新潟市の新バス交通システム「BRT」について、バスを運行する新潟交通は、「復旧作業は完了したが、運用の万全を期すため」として8日も市内の大半の区間を無料にして運行している。

 新潟市では利用者減少への対策や中心部への交通手段を強化を図り,バス路線を再編し,BRTを9月5日からスタートさせている。BRTは一部区間で優先レーンを走るため,遅延が起きにくい。またバス2台を連結させた「ツインくる」を投入し,大量輸送ができると見込まれていた。
 だが開業初日からトラブルが続出。「ツインくる」に乗ろうとする乗客で満員が続くなどしてダイヤが大きく乱れた。さらにICカードシステムに不具合が発生し,運賃を誤徴収するトラブルもあった。

 2015-BRT.jpg
        9月5日から運行が始まったBRT「ツインくる」(画像は新潟市サイトから)



新潟市の新バスシステム始動 中心部と郊外を分離運行

 新潟市の路線バス網が再編され,新バスシステムが5日から運行となった。中心部を運行する基幹軸と郊外部を運行する支線に分けてバスの効率的な運用をめざす。新潟駅から万代地区,古町地区,市役所を経て西区青山に至る「万代橋ライン」が基幹軸となる。バス利用者が最も多く,市が中心軸と位置づけた区間には連節バス4台を導入し,バスを2台つなげた格好で輸送量の強化を図った。
 バスの運行事業者は従来と同じ民間企業の新潟交通である。新潟交通はバス事業が低迷し,有利子負債の利払いが経営を圧迫し,設備投資する余力は乏しい。そこで,新潟市が新型バスや待合所など施設の整備費用など一連の投資に,国の補助金などを含め13億円をつぎ込んだ。今後,市はバス運営に関与し,市民の声を吸い上げ運営に反映させる。
 

スポンサーサイト



>>>沖縄県 5月の過去最高を記録
 沖縄県文化観光スポーツ部が6月発表の5月の入域観光客数は,611,400人で、前年同月比5万人(8.9%)増となった。この数字は,5月の過去最高であり,外国客も単月の過去最高を更新した。国内客と外国客の内訳は外国客が21.9%で,外国客が2カ月連続で2割を超えた。(出所:沖縄タイムス)


>>>山梨県 観光客3千万人超 外国人宿泊者が前年比91%増


  写真の出所:http://www.yamanashi-kankou.jp/y-tabi/eco/bosyuchu/images/0462.jpg

 山梨県が観光庁が定めた基準に基づいて398地点で調べた観光客数調査によると,2014年,山梨県内を訪れた観光客は前年より1・1%多い3001万7千人で、同じ基準で調査を始めた2010年以来、初めて3千万人を突破した。宿泊者は13・4%増の739万3千人。外国人宿泊者は94万2千人と前年から91・3%増えた。

 地域別では、富士山観光でにぎわう富士・東部が最も多い1387万人(46・2%)で、峡東561万9千人(18・7%)、峡中439万1千人(14・6%)、峡北404万7千人(13・5%)、峡南209万人(7・0%)だった。峡東は前年比で4・5%増え、県は富士山とのアクセスの良さが主な要因とみている。峡中、峡北、峡南の3地域は前年より2・7~4・5%減った。

     ⇒⇒ いい旅やまなしナビ (公益社団法人やまなし観光推進機構) 
                                  http://www.yamanashi-kankou.jp/