FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
>>>2014年 東北6県のソバ生産状況
2015-09-touhoku-soba
       出典:「グラフと図で見る東北の農業・農村2015」を取りまとめました[平成27年8月6日プレスリリース] 東北農政局


 東北農政局まとめた2014年の東北6県のソバ生産状況によると,県別の作付面積では,1位山形4.9千ha,2位福島3.7千ha,3位秋田3.1千ha,4位青森1.8千ha,5位岩手1.6千ha,6位宮城0.7千haである。

 収穫量は,1位山形2100トン,2位福島1900トン,3位秋田1300トン,4位岩手900トン,5位青森700トン,6位宮城200トンである。


スポンサーサイト



>>>県別で秋田県「日本一」を堅持

文科省は8月25日,全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表。それによると,昨年度に続き秋田県が小6の国語A、Bと算数A、Bで全国1位、理科が3位、中3の国語A、Bが1位、数学A、B、理科が2位と、8回連続で全国トップ級で,「学力日本一」を維持した。中3の国語Bは前回2位だったが,福井と順位が入れ替わり,1位となった。

 生活習慣などを問うアンケートでは、家で授業の復習をしていると答えた割合が小6で90・2%(全国平均54・5%)、中3で87・2%(同52%)と、全国平均を大幅に上回った。習慣的に家庭学習に取り組んでいる状況がうかがえる。

 
>>>県別間の格差縮まる

学力テストの傾向としては,昨年度に続き自治体間の成績差が一層縮まり、全国的な学力の底上げが進んだ。平均正答率で下位3県の平均と全国平均との差が7科目で前回より0・1~0・4ポイント縮まり、差が拡大した科目はなかった。

                   出典:http://www.iza.ne.jp/topics/events/events-7888-m.html