エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
>>>走れど走れど赤字ダルマか「北海道新幹線」

 来年3月26日に結ばれるのは,青森県の新青森駅と北海道の新函館北斗駅間。東京から乗り換えなしで北の大地まで行くことができるとあって、地元の期待は高まるばかりである。だが,営業開始後の3年間で,約145億円もの赤字が見込まれるというのである。

「2016年度の収入額は約108億円に対して支出額は約160億円。初年度だけで約52億円の赤字。支出の内訳は,施設維持費に約78億円,線路を敷設した独行法人への使用料が約4億5000万円。そこに、乗務員などの人件費が加わりる。

 毎年約50億円もの赤字が続くとは穏やかでない。“カネ食い虫”なのは、海底部で世界2位の長さをの青函トンネル。開業から30年弱で塩害による腐食もあり維持費がかさむ。

「JRは、先の試算と競合する航空会社の料金を考慮して新幹線の運賃を設定したが,東京から新函館北斗まで指定席を利用した場合は2万2690円。同じ距離で比較すると,東海道・山陽新幹線の1・58倍となり、“日本一高い”新幹線となる。

 東京から函館まで飛行機を使うと,大手航空会社より安い正規運賃を設定するエア・ドゥでも3万円前後だが,所要時間は約1時間半。対する新幹線は約4時間半かかるのも、赤字の一因になっている。



スポンサーサイト
あと半年に迫った伊勢志摩サミットで,百五経済研究所(津市)は,開催による経済効果を全国で五百億円,三重県内では百三十億円と推計する。インフラ整備や,警備や報道関係者の宿泊など直接的な効果が中心だとする。

 大和証券(東京)によると,観光客の増加による波及効果が三重県内で年間三百五十億円と予測している。サミットに関する海外での報道で知名度がアップし,外国人旅行者が増加するという。同証券は,「三重県を訪れた外国人旅行者が,名古屋や高山など中部の観光地に足を延ばすといったプラスの効果も出るだろう」と分析している。


 ゼンショーホールディングスが運営する牛丼チェーン「すき家」は,従来はすべてを本社で管理していたすき家事業について,全国7エリアの事業会社に分社化し,アルバイトの採用権限なども委譲した。それにより「地域に根付いた採用をスムーズに行えるようになった」という。

 同社は,昨年2月に手間のかかる「牛すき鍋定食」を発売して以降,深夜バイト従業員の大量退職が生じ人手不足による店舗休業が相次いだ。バイト離れに歯止めがかからない中,対策として深夜のワンオペを廃止し,複数人員を確保できた店舗で順次,深夜営業を再開する方式に切り替えた。

 さらに,
三重県の経済効果、130億円見込む

 あと半年に迫った伊勢志摩サミットで、百五経済研究所(津市)は、開催による経済効果を全国で五百億円、三重県内では百三十億円とはじく。インフラ整備や、警備や報道関係者の宿泊など直接的な効果が中心だという。

 さらに大和証券(東京)によると、観光客の増加による波及効果が三重県内で年間三百五十億円に達すると見込まれる。サミットに関する海外での報道で知名度がアップし、外国人旅行者が増加するという。同証券の木野内栄治ストラテジストは「三重県を訪れた外国人旅行者が、名古屋や高山など中部の観光地に足を延ばすといったプラスの効果も出るだろう」と分析した。

 一方、パリ同時テロの発生を受け、各国首脳など要人の警護やテロ防止の重要性もあらためてクローズアップされた。サミット開催に伴う警備では、三重県警に加え、全国の警察から少なくとも一万人超の警察官が集まり、厳戒態勢を取る。県警によると、賢島周辺の検問などの警備は開催数カ月前から始まるという。観光シーズンとなるゴールデンウイークへの影響を抑えるため、住民に通行証を発行することも検討している。
熊本県の地方創生総合戦略最終案-流出人口2019年度までに半減 

 熊本県は10月,人口減に対応する県版の地方創生「総合戦略」の最終案をまとめた。それには,2060年に県人口を144万人程度に維持するビジョンの実現に向け,2019年度までの5年間で,進学や就職などによる県外への人口流出の半減を目指し,農業やバイオ分野の成長産業創出といった施策を盛り込まれている。

  総合戦略は,蒲島郁夫知事が県政運営の指針に掲げる現行4カ年戦略(2012〜2015年度)を基に立案。「活力と雇用をつくる」「世界の中で輝く」「安心・希望を実現する」「未来の礎を築く」の4本柱を示し,それぞれの施策ごとに,計80の最終年度の業績評価指標を設定した。

 具体的には,
1 県独自の農業者育成の仕組みを構築し,農林水産業の新規就業者数を現状より5%多い年660人に増やす
2 産学官連携で、県内大学の卒業生の県内就職率を10ポイント増の54・4%に上げる
3 新規国際路線誘致などを進め、熊本空港の利用者数を約2割増の年380万人に増やす
4 小規模保育の充実などにより、659人いる待機児童をゼロにする
      −など。

 同時に示した県人口ビジョンの最終版は,合計特殊出生率(女性1人が生涯に生む子どもの推定人数)を、現状の1.64から,2040年に2.1に引き上げ,2020年以降の実質的な人口流出を0にする前提で,国立社会保障・人口問題研究所推計で118万人に減少すると見込まれる2060年の県人口を,144万人程度で維持することを目指す。

   ◇   ◇

 ■地方創生の「総合戦略」は,来春知事選の争点に

 熊本県が最終案をまとめた地方創生の「総合戦略」は,来年春に予定される知事選の争点になりそうである。

 戦略立案を主導した蒲島郁夫知事(68)は「3期目で実現するのが私の責務」と強調する。 一方,知事選出馬を表明している元熊本市長の幸山政史氏(50)も「持続可能な県土のグランドデザインを描く」と、地方創生を公約の柱に据える考え。県が掲げた人口144万人を維持する将来展望については「地域偏在が進む中で実現しても、県全体にとって望ましいと言えない」として精査が必要との立場をとる。


「日本一厳しい」広告規制 兵庫県芦屋市,条例案提出へ


 日本有数の高級住宅街がある兵庫県芦屋市 http://www.city.ashiya.lg.jp/ は,閑静な住環境を守ろうと,屋外の広告物の種類や規模を規制する条例案を12月議会に提出する。市は一部の規制項目について,同様の条例を定める京都市などと比べても「日本一厳しい」とする。

 条例案では屋上広告や,アドバルーンを全面禁止。建物側面に設置する突き出し広告も禁止か規模を制限し,のぼり旗が出せる地域は一部に限定する。広告に使う色も厳しく規制し,文字の大きさも抑える。

 市によると,現在市内にある広告物の4割弱が規制基準に抵触するという。なお,この条例が市議会で可決されれば来年4月に施行される。

>>>芦屋市のまちづくり(概要)  芦屋市HPより

芦屋市は兵庫県の南東部、大阪と神戸のほぼ中間に位置し、面積約1,857ha、東西約2.5km、南北約9.6kmと南北に細長いまちで、北は六甲の山並み南は大阪湾に面し、気候温和な自然環境と便利な交通環境など、生活条件に恵まれた住宅都市です。
昭和26年に「芦屋国際文化住宅都市建設法」が制定され、国際性と文化性あふれる住宅都市の形成をめざした魅力あるまちづくりを進めてきました。
平成7年1月17日の「阪神・淡路大震災」によって壊滅的な被害を受けましたが、復興とともに安全で快適なまちづくりに取り組んできました。
第4次総合計画(平成23年策定)では、『自然とみどりの中で絆を育み、“新しい暮らし文化”を創造・発信するまち』を将来像として掲げています。
東急ハンズ,東北に初出店

 JR東日本の仙台駅に建設中の商業施設に,東急ハンズ(東京)が出店し2016年3月に開業する。東急ハンズが期間限定を除き,常設の店を東北に構えるのは初めて。
佐賀県は,日本の近代化に貢献
鉄を精錬する反射炉,動力を得る蒸気機関など,明治の近代化を支えた技術の先駆者は,佐賀藩だった。鎖国をしていた江戸時代にも,出島のある長崎に隣接していた佐賀藩は列強の情報をいち早く入手できたことによる。

磨けば光る-佐賀の資源
有田焼,佐賀牛,佐賀の海苔,呼子のイカ,さがほのかというイチゴ,それから吉野ヶ里遺跡,......。佐賀には資源がたくさんある。そこに付加価値をつけて磨きをかければ,佐賀の発展が見込める。
阿藤さん小田原PRにも尽力

今月の14日に大動脈瘤(りゅう)破裂胸腔(きょうくう)内出血のため死去した俳優阿藤快(あとう・かい)さん(本名公一=こういち、享年69)。小田原市出身の俳優・阿藤快さんの死で,地元にも悲しみが広がった。ふるさと大使として,市のPRにも尽力してきた阿藤さん。加藤憲一市長は「あまりに突然の訃報を受け入れることができません」とコメントを寄せた。

 阿藤さんは1994年に小田原城下町大使となり,2010年からふるさと大使を務めてきた。毎年5月の北條五代祭りでは「北条早雲」に扮(ふん)して騎乗するなど,小田原の顔だった。

北条 早雲(ほうじょう そううん)
 北条 早雲(ほうじょう そううん)は,室町時代中後期(戦国時代初期)の武将。戦国大名となった後,北条氏の祖である。伊勢宗瑞(いせ そうずい)とも呼ばれる。早雲の活動は東国の戦国時代の端緒として,歴史的意義がある。



 警察庁のまとめによると,タクシーが原因となった交通事故は,全国的には2008~2012年で約15%も減少した。だが,大阪府内に限れば2008年も2012年も2320件台とほぼ横ばいの状態が続く。
 府内のあるタクシー運転手は,府内でタクシー事故が減少しない現状についてこう指摘する。 「『5000円超分5割引』という大阪独特の料金制度のあおりで,タクシー運転手は収入が少ない。乗客を増やそうとして業務に余裕がなくなっている面が影響しているのかもしれない」。


植木出荷全国1位・千葉県

 千葉県は,九十九里沿岸の匝瑳市(そうさし)を中心に植木の生産が盛んであり,植木の出荷額で全国一位の産地となっている。千葉県の植木出荷額は,2011年が63億5400万円,2012年は67億9100万円,2013年は74億200万円と,増加傾向にある。
 県内はイヌマキを中心とした大木が多い上,職人の伝統技術によって付加価値を高めていることから,他県と比較して生産者一戸当たりの出荷額も多くなっている。
 近年では海外での植木の人気は高まり,中国の富裕層による“爆買い”もあり,輸出が急増している。

 ◆販路を海外にも

 現在は日本的な広い庭を有する家が減り,マンション居住者などが増加していることから,植木の国内需要は縮小傾向にある。そこで販路を海外に見いだすことで,出荷額を増やしてきた。

 2013年の輸出額は42億円超と,5年前より20億円以上増えている。輸出先はアジアやヨーロッパなどである。

   ◇                                    ◇

 ■植木出荷額と栽培農家数の全国順位(2013年)

    出荷額(百万円)  栽培農家数(戸) 

 1位 千葉県(7402)    福岡県(2433) 

 2位 福岡県(4736)    愛知県(2117) 

 3位 愛知県(4254)    千葉県(1490) 

 4位 埼玉県(1902)    埼玉県(1239) 

 5位 三重県(1896)    三重県(1072) 

               ※出所:農林水産省「花木等生産状況調査」
■沈む企業城下町:鳥取

 地域に立地する有力企業に頼る「企業城下町」は,危ういものがある。「城」として頂点にあった大手メーカーの縮小・撤退によって,下請け・孫請けへと連なるピラミッドは崩壊し,地域経済は衰退しかねない。

 長らく地元経済を牽引(けんいん)してきた鳥取三洋の撤退で,地域経済は大きなダメージを受けた。

 JR鳥取駅(鳥取市)から南東約1キロの県道沿いに,広大な空き地がある。三洋電機の工場跡地(約5・1ヘクタール)で,サッカー場が7面入る広さである。ここは,2012年まで,三洋の炊飯器やホームベーカリーなどをつくっていた工場だったが,解体された。
 三洋が鳥取に進出したのは,高度成長期の1966年。働き口を求める若者の県外流出を止めようと,地元の強い要望で誘致された。「トリサン」と愛称で呼ばれた鳥取三洋は,ピークの90年代後半に従業員数が約3千人,売り上げは2千億円に達した。三洋と関連会社の製造品出荷額は,鳥取県全体の2割ほどを占めていた。

 >>>鳥取市
・総人口 192,107人  ・男    92,543人  ・女    99,564人 ・世帯数  78,863世帯  (平成2015年10月31日現在)

 鳥取市は,2005年10月に特例市に移行。鳥取県の県都として、政治、経済、文化の中心的役割を担っている。
豊かな自然と山海の幸に恵まれた風光明媚な地域でる。6月にはらっきょう,8~9月は梨,11月には松葉ガニと旬な食材に恵まれている。
福島県の15年産米、750万点が基準値下回る 野菜なども

 福島県内の本年産米の全量全袋検査で,10月末までに検査した約750万点全てが食品の放射性セシウムの基準値(1キロ当たり100ベクレル)を下回った。このうち99.99%は検出限界値未満で、残る約0.01%(392点)は放射性物質が検出されたが,基準値を下回った。

 福島県によると,本年産米の検査は8月20日から始まった。今後も続き、最終的には昨年産米と同等の約1100万点の検査が見込まれている。玄米は1袋当たり30キロの検体のほか、ライスセンター(穀類乾燥調整施設)で管理しているものは1袋当たり1トンの検体を検査している。

 なお,野菜・果実,畜産物,栽培キノコも全て基準値以下となっており,福島県内で取り組まれている放射性物質対策の効果が裏付けられた。




JR中央線の謎学 (KAWADE夢文庫) ロム・インターナショナル 編集

 東京都内の交通の大動脈を担うJR中央線。本書はその中央線にまつわる様々な疑問や都市伝説について解説する雑学書である。
 例えば、中央線は自殺者が多いことで有名だ。このため、JR側は気持ちを鎮静させる効果に着目。青色LED照明装置が、東京~高尾間の24駅に導入されているという。しかし実際に自殺者が減らす効果があった
のかは不明。このううなエピソードが満載の一冊である。
テレビ熊本,熊本の近代養蚕業の開祖・長野濬平ドラマ化

テレビ熊本(TKU)は,熊本県山鹿市出身で,秋蚕の技術を確立し,明治時代に熊本の蚕糸(さんし)業の礎を築いた実業家,長野濬平(しゅんぺい)にスポットをあてたドラマ「長野濬平~近代養蚕業の開祖」(長野濬平役 渡辺いっけい)を制作し, 11月1日午後4時5分~5時20分,FNS系列の九州7局で同時放送された。

 TKUが平成5年に始めた郷土の偉人を取り上げるドキュメンタリードラマのシリーズ第23作目である。

 長野濬平は江戸末期の文政6(1823)年,山鹿郡稲田郷庄村(現・山鹿市鹿本町庄)の儒医の家に生まれた。20歳の頃,思想家,横井小楠の門をたたいた。横井は農業をはじめ,実学にも造詣が深く,長野はここで養蚕に初めて触れた。その後,私塾を開くと,塾舎の周囲に桑を植えて自ら蚕を飼い,「養蚕富国論」を提唱した。

 明治2(1869)年,46歳の長野は私塾を閉じ,本格的な養蚕技術取得のため,富岡製糸場(群馬県)など先進地の視察に出た。熊本へ戻ってからは九品寺養蚕試験所設立に関わり,西日本初となる製糸機械を設置した。

 大型台風や西南戦争などの試練に遭遇しながらも,研究を重ねた。それまで蚕の飼育は毎年春だけだったが,秋にも飼育する「秋蚕(あきご)」にも成功した。明治16年,熊本市に熊本製糸会社を創立し,熊本の近代養蚕業の開祖とも呼ばれる。

 TKUは9月23~27日,企業運営の桑畑など山鹿市周辺10カ所でロケ撮影を実施,1時間15分のドラマ番組に仕上げる。




>>>下條村 全国1位 14年度実質公債費比率 マイナス6・4%


 総務省は30日、全国の市区町村別に、2014年度決算での借金返済の重さを示す実質公債費比率を発表した。地方債の繰り上げ償還を進め、財政健全化を図ってきた長野県下伊那郡下條村がマイナス6・4%となり、初めて全国の市区町村で最も低くなった。実質公債費比率がマイナスとなるのは、借金の返済に充てられる地方交付税額が元利償還金額などを上回っているためで、長野県内市町村で唯一。

 下條村の実質公債費比率は06年度にプラス6・0%で、翌年度から毎年低下し、09年度に初めてマイナスに転じた。13年度はマイナス5・4%で、東京都杉並区のマイナス5・8%、同江戸川区のマイナス5・7%に次ぐ全国3番目の低さだった。

 地方債の繰り上げ償還は、20年以上前から同村が取り組む行財政改革で浮いたお金を充ててきた。人件費削減を進め、1981(昭和56)年に59人だった村職員数は現在39人。92年度には村が地域住民に資材を提供し、村民が自らの手で村道や農道などを整備する「建設資材支給事業」を始め、14年度までに累計で1612カ所の村道や農道、水路などで工事を実施した。

 少子化対策も進めており、97年度から06年度まで、子育て世代などを対象にした若者定住促進住宅を村内に10棟建設した。村の行財政改革を学ぼうと、毎年多くの自治体や大学教授らが視察に訪れており、集計を取っている03年からこれまで488団体に上るという。

 伊藤喜平村長は、全国最低となった実質公債費比率について「村民全員が目的意識を持って、無駄を省いてきた積み重ねによる尊い数字。今後も財政基盤をもとに村づくりにまい進したい」と話している。

奇跡の村 地方は「人」で再生する (集英社新書)




●内容紹介

少子化対策に目覚しい成果をあげて全国の自治体関係者から「奇跡の村」と呼ばれている長野県下條村など、
独自の移住促進策で「消滅論」に抗う各地の山村を取材した、希望のルポルタージュ。
内容(「BOOK」データベースより)

少子高齢化と人口減少により「地方消滅」が叫ばれて久しい。そんな中、長野県下伊那郡下條村は、全国の自治体関係者から「奇跡の村」と呼ばれている。少子化対策に目覚ましい成果をあげてきたからだ。「陸の孤島」と揶揄される人口約四〇〇〇人の山村が、一九九八~二〇〇二年の五年間平均出生率で長野県トップを記録。現在でも、全国平均一・四三人を上回る一・八八人(二〇一三年)と、トップクラスの高い出生率を誇る。その秘密はどこにあるのか?この下條村を中心に、独自の移住促進策で「消滅論」に抗う各地の山村を取材。この先の社会に光を点す、希望のルポルタージュである。


裏が,幸せ。

   
北陸新幹線開業で どう変わる? 日本海側の「裏性」の魅力
                      
 北陸新幹線が金沢まで開通し,おおいに賑わっている北陸地方。私も一番列車に乗って富山へと行ったのですが,あちらはまさに,お祭りのように盛り上がっていました。駅の近辺は,新幹線に乗ってきた人,これから乗る人,見物の人などでごった返し,
「富山じゃないみたいだ……」 と,地元の方が呆然とつぶやいておられました。

 東京の者からすると,北陸新幹線の開通によって,北陸方面への旅がぐっと楽になるわけです。便利な手段が一つ増えた,という感覚でしょう。しかし富山の方にお話をうかがうと「新幹線は本当に,五十年来の悲願だったんですよ」と,噛みしめるようにおっしゃいます。
「子供の頃から,新幹線が走る走ると言われていたのに実現が遅れに遅れて,どうしてこちらだけ差別されるの,って思っていました。親にしても祖父母にしても,新幹線を楽しみにしていた人達は皆,あの世に行ってしまい……。だから皆の気持ちとともに,この新幹線に乗るつもりです」 とも。
 富山から東京の直線距離は,約二百五十キロ。京都・東京間よりも百キロ以上近いですし,名古屋よりも近いのです。しかし今までは新幹線が存在しなかったために,鉄路では乗り換えを余儀なくされて,京都に行くよりもずっと時間がかかっていました。空路も,特に冬季は悪天候のために欠航になったり,途中で引き返したり。
 富山が日本海側に存在し,東京との間には山があるからこそ,直線距離は短くとも鉄路で行くには難儀をしていたわけです。しかし,「そこに山があるから」 こそ,守られていたものもあるのではないかと,私は思うのでした。日本海側に旅をすると,美しい水と自然,少ない人,美味しい食べ物に感動するもの。それは,東京等の大都市との行き来が多少不便で,大都市との問に山がたちはだかっているからこそ保たれた「清さ」なのではないかと思うのです。北陸三県の幸福度が軒並み高いのも,その辺りと関係しているのではないでしょうか。

『裏が,幸せ。』では,日本海側の各地域における,裏であるからこその幸せの数々について記してみた私。東京から行くとびっくりするほど美しい景色や澄んだ空気がふんだんにあるのが日本海側であるわけですが,あちらに住む皆さんは,「いやぁ,こっちには何にも無いから」 とおっしゃいます。その「気づいていない感じ」がまた,東京のようなギラギラした街に住む者からすると,たまらないわけですが。
 日本海側はかつて「裏日本」と呼ばれていたことがあります。不快に思う人もいるということで使用されなくなり,今となっては若者が,「裏日本っていう言葉があったんですねぇ。なんか,格好いい!」
 と言うのでした。誰にでも開かれている「表」なんかダサい,「裏」 の方がそそられる……ということらしい。
 若者にとってのみならず,表っぽいものは日本のあちこちにあるため,既に飽き飽きしている私達。特に今,右肩上がりのイケイケの時代が終わったことを自覚する日本人にとって,しっとりと落ち着いた〝裏感〟というものが,いかに貴重なことか。

 新幹線によって,北陸の地は東京と直接つながりました。が,私は彼の地の裏っぽさを,大切に残していただきたいと思う者。雪,湿度,曇天……といった気象条件も,あちらの人にはうんざりするものかもしれませんが,乾いた冬の東京から日本海側に行く度に,湿度を伴う清い寒気に包まれて,私はほっとするのです。
 今であるからこそ強力な観光資源となる,裏性。新幹線の開通によって,真性をしっかりと活用できる時代が始まったということなのでしょう。

                     出典:『本の窓』2015年5月号 p2~p3 酒井順子著