FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える


植木出荷全国1位・千葉県

 千葉県は,九十九里沿岸の匝瑳市(そうさし)を中心に植木の生産が盛んであり,植木の出荷額で全国一位の産地となっている。千葉県の植木出荷額は,2011年が63億5400万円,2012年は67億9100万円,2013年は74億200万円と,増加傾向にある。
 県内はイヌマキを中心とした大木が多い上,職人の伝統技術によって付加価値を高めていることから,他県と比較して生産者一戸当たりの出荷額も多くなっている。
 近年では海外での植木の人気は高まり,中国の富裕層による“爆買い”もあり,輸出が急増している。

 ◆販路を海外にも

 現在は日本的な広い庭を有する家が減り,マンション居住者などが増加していることから,植木の国内需要は縮小傾向にある。そこで販路を海外に見いだすことで,出荷額を増やしてきた。

 2013年の輸出額は42億円超と,5年前より20億円以上増えている。輸出先はアジアやヨーロッパなどである。

   ◇                                    ◇

 ■植木出荷額と栽培農家数の全国順位(2013年)

    出荷額(百万円)  栽培農家数(戸) 

 1位 千葉県(7402)    福岡県(2433) 

 2位 福岡県(4736)    愛知県(2117) 

 3位 愛知県(4254)    千葉県(1490) 

 4位 埼玉県(1902)    埼玉県(1239) 

 5位 三重県(1896)    三重県(1072) 

               ※出所:農林水産省「花木等生産状況調査」
スポンサーサイト