FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
佐賀県は,日本の近代化に貢献
鉄を精錬する反射炉,動力を得る蒸気機関など,明治の近代化を支えた技術の先駆者は,佐賀藩だった。鎖国をしていた江戸時代にも,出島のある長崎に隣接していた佐賀藩は列強の情報をいち早く入手できたことによる。

磨けば光る-佐賀の資源
有田焼,佐賀牛,佐賀の海苔,呼子のイカ,さがほのかというイチゴ,それから吉野ヶ里遺跡,......。佐賀には資源がたくさんある。そこに付加価値をつけて磨きをかければ,佐賀の発展が見込める。
スポンサーサイト



阿藤さん小田原PRにも尽力

今月の14日に大動脈瘤(りゅう)破裂胸腔(きょうくう)内出血のため死去した俳優阿藤快(あとう・かい)さん(本名公一=こういち、享年69)。小田原市出身の俳優・阿藤快さんの死で,地元にも悲しみが広がった。ふるさと大使として,市のPRにも尽力してきた阿藤さん。加藤憲一市長は「あまりに突然の訃報を受け入れることができません」とコメントを寄せた。

 阿藤さんは1994年に小田原城下町大使となり,2010年からふるさと大使を務めてきた。毎年5月の北條五代祭りでは「北条早雲」に扮(ふん)して騎乗するなど,小田原の顔だった。

北条 早雲(ほうじょう そううん)
 北条 早雲(ほうじょう そううん)は,室町時代中後期(戦国時代初期)の武将。戦国大名となった後,北条氏の祖である。伊勢宗瑞(いせ そうずい)とも呼ばれる。早雲の活動は東国の戦国時代の端緒として,歴史的意義がある。