FC2ブログ

エリアマーケティング 

地域性に対応のマーケティングを考える
「日本一厳しい」広告規制 兵庫県芦屋市,条例案提出へ


 日本有数の高級住宅街がある兵庫県芦屋市 http://www.city.ashiya.lg.jp/ は,閑静な住環境を守ろうと,屋外の広告物の種類や規模を規制する条例案を12月議会に提出する。市は一部の規制項目について,同様の条例を定める京都市などと比べても「日本一厳しい」とする。

 条例案では屋上広告や,アドバルーンを全面禁止。建物側面に設置する突き出し広告も禁止か規模を制限し,のぼり旗が出せる地域は一部に限定する。広告に使う色も厳しく規制し,文字の大きさも抑える。

 市によると,現在市内にある広告物の4割弱が規制基準に抵触するという。なお,この条例が市議会で可決されれば来年4月に施行される。

>>>芦屋市のまちづくり(概要)  芦屋市HPより

芦屋市は兵庫県の南東部、大阪と神戸のほぼ中間に位置し、面積約1,857ha、東西約2.5km、南北約9.6kmと南北に細長いまちで、北は六甲の山並み南は大阪湾に面し、気候温和な自然環境と便利な交通環境など、生活条件に恵まれた住宅都市です。
昭和26年に「芦屋国際文化住宅都市建設法」が制定され、国際性と文化性あふれる住宅都市の形成をめざした魅力あるまちづくりを進めてきました。
平成7年1月17日の「阪神・淡路大震災」によって壊滅的な被害を受けましたが、復興とともに安全で快適なまちづくりに取り組んできました。
第4次総合計画(平成23年策定)では、『自然とみどりの中で絆を育み、“新しい暮らし文化”を創造・発信するまち』を将来像として掲げています。
スポンサーサイト